上村雅史 | Official Blog | Short Hope

ブログの説明を入力します。


テーマ:

2017.11.29

【 極楽蝶ハ東へ飛ンダ 】

渋谷 Club asia Tour Final
来てくれた皆様感謝します、どうもありがとう

ど平日の夜だというのに、沢山の方が色々な所から来てくれました

本当に嬉しく思います★

{8DA238B1-730C-4803-A549-510C41328BE7}

フラジールとの約半年に及ぶツアーは


実に実りのある時間でした


馴れ合いやグダグダになる事など一切無く


毎回が勝負のステージをさせて貰いました


バンドやボーカルスタイルなど


フラジールと麒麟は正反対なカラーですが


学ぶべき事が沢山あり


特にボーカリストとして


タクロヲ君は沢山の魅力を兼ね備えた男


色々な事を気付かせてくれた素晴らしいボーカリスト


そんなバンドと一緒に過ごせた事を誇りに思います


フラジールの皆さん


どうもありがとう



そして麒麟ですが


第五期麒麟


フジカケのラストステージ
{5C5760A4-B132-4CD2-B1B7-8BEDB3AD55C5}

{F1ED10A2-939A-41DF-A820-3C3F4BF5F203}

{5B94BFC1-B55C-4B38-9BE9-1B4F2E9F6EBD}

{13FDA4AE-A384-4CA3-8C86-E7165E6EAD41}

{266EBA54-AE51-46C1-82BA-33963481734A}

例えばLiveであったり


リハーサルであったり


CDであったり


聴いていて心地良くなる


音の背後に風景が浮かぶギターを掻き鳴らせる男はまずいない


隣で弾いている彼は俺の自慢でした


これ以上ない最高のギタリストだったと思います

{4F20BA2A-9A8F-4D23-BFD3-443A92F78214}

LIVEは総てを出し切り、全開でイキました


ステージから見える皆の笑顔が最高だった


藤掛重人を応援してくれた皆さん


最後のステージを見届けてくれた皆さんに感謝します

{A6909AEE-CC15-4EA2-B9DC-6CEDA41636C4}

{EB78CDB5-6195-453C-B083-787685A9F32F}

アンコールのセッションでは


フラジールの代表ナンバー


【モンシロチョウハ東へ飛ンダ】


素敵なナンバーを歌わせて貰いました

{D54B3E5D-AC3B-4BE7-8E7A-6FBEDF710037}

{847874F1-712F-47DA-B3D4-81D37DB91467}

フラジールには名曲が沢山あり


色々と悩みました


そしてどれも本気で難しい


ここはサラッと


「練習? した事ないゼ」


なんてカッコつけて言いたいところですが


正直、麒麟の本編よりも歌い込み


個人練習に明け暮れまくりまくりました


どう歌えば自分の色に、どういうステージングなら世界観を出せるのか?


他人様の歌


そしてフラジールのファンの前での演奏


敬意を込めて

{76E7BA71-672D-4432-BAE3-8FE07BF6DA73}

そして


タクロヲ君が歌った「狂った太陽」


漢気が溢れ過ぎたあの太陽には


誰も勝てないでしょう笑

{57D44FE6-10FC-4980-9279-26D90AFD396D}

他人が歌う麒麟の曲は新鮮で


ステージ袖ではなく


客席から楽しみました

{A785279C-FF16-4124-9A67-719AB3BDB283}

{AF91A2C6-6C6A-40B2-9992-4D7BDD0B79CD}

気付けばあっという間のツアーとファイナル


これからフラジールも


フジカケも


そして麒麟もまた新しい道へ進むと思います


それぞれの想いを



それぞれの胸に



新生麒麟



どうぞ、御期待下さい★






沢山頂いた写真はFacebook等に後ほど、またそちらをご覧下さい


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

麒麟 オフィシャルサイト

そしてFacebookやTwitterなどで

発表しましたが

2017年11月29日のツアーファイナルをもって

ギタリスト 藤掛重人が脱退を致します。




突然の事で驚いた人もいると思いますが

俺等の中では以前から話し合っていた事であり

絞り出した結果となりました





脱退の理由など良く聞かれる事が多いですが

理由なんてものは一つでは無く


やりたくてもやれない状況や


色々な事が重なり、悩み、決断するモノです


そして最後に残るのは


「やるのか」

「やらないのか」


コレだけだと思います


喧嘩別れや


音楽の方向性の違い


そんなものは鼻で笑ってしまいます


共に歩いて来たメンバーを


感謝こそすれ恨む事など何一つ無い


麒麟がそんな奴の集まりなら


2秒で解散しているでしょう


藤掛重人という男


彼はとても優しい人柄で


ギターに取り憑かれた様な拘りを持つ


最高のギタリストです


新たに麒麟の可能性を広げ


十何年前に完成出来なかった楽曲を完成させてくれた


「Picaresque」というアルバムは


フジカケじゃないと一緒に作れない作品でした


そして「QuattroValvole」


4人で一つという意味を込めたこのアルバム、そしてタイトルには誇りを持っています


誰にも文句は言わせない


間違いなく最高の麒麟だったと


これから新たに、もっと良い作品を共に作りたかったと悔しさが残ります





バンドのメンバーというのは不思議な関係で


決して友達ではない


なのに家族よりも長い時間を共にしている


やはり戦友という言葉が似合うのでしょうか


他のバンドは分かりませんが


麒麟はそういう感じでしょうか


そして運命共同体


バンドの為なら個を殺さないといけない


バンドの為には個を強調しないといけない


個人的な事を言えば


その中で舵をとり、麒麟のセンターに立つ俺には責任があります


しかし、その前に


人一人の人生があります


その人生をどう使い


どう生きるかは自由


音楽は誰の為でも無く


自分の為にするものだと強く思います


完璧な奴などいない


良いところや悪いところ


総てを含め、アーティストとして惚れているから一緒に演る


本当に


ただそれだけだと思います


麒麟はこれまでに何度も脱退を経験しましたが


皆んなそれぞれ個性や光るモノがあり


嘘でも格好をつける訳でも無く


今でも全員に惚れています




先日、台風の影響で沖縄には行けませんでしたが


フラジールとのDoubleFacetour
「極楽蝶ハ東へトンダ」


ファイナルを残すのみとなりました


互いに意識を高め合い


走ってきたtourですが


最後の最後に脱退LIVEとなってしまった事


フラジールの皆さん


そしてファンの皆さんには申し訳なく思います


その分


しみったれたLIVEなど微塵もするつもりは無いので


第五期 麒麟


ラストダンス


全開でイカセテ頂きます


そして


Mr.ZEMAITIS


フジカケはソロやサポートなど


これからは彼なりの演り方でまた音楽活動をしていくと思いますので


ご声援のほど宜しくお願い致します






最後に


麒麟結成して間も無くの頃でしょうか


ある占い師の方にこう言われました


「麒麟という名前は神様の名前なので

その名前を使うという事は

成功までにかなりの試練が与えられます

覚悟をしておいて下さい」




「上等やんけ」


若かりし頃


今でもその言葉が胸に残っていますが


麒麟の看板背負った時から


根性キメてます


光を目指して飛翔び立つ先には


晴れ間は続かない


当たり前過ぎるだろう


そう思います


第五期 麒麟は幕を降ろしますが


必ず


俺等は最高のギタリストを探し


また新たな麒麟としてステージに返り咲きます


応援してくれるファンの皆様


新たな麒麟を楽しみに


お待ち下さい★



麒麟 上村雅史



{59FB0517-D46E-450F-8216-57E345A102E7}










AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

焼ける潮風





狂った太陽





海岸通り





俺の海





単車





単車





ピノ♫





単車


{939BF515-B9A3-47E6-BC1D-E4E7390D3DEA}

I Love KAWASAKIのこの俺が





唯一 心を奪われてしまう





真紅のヨンフォア

{2CCA9AEF-5350-4D0C-9A15-FF3794FAE615}

美し過ぎるフォルム





ヨシムラ集合





モリワキ手曲げ





prettyヤンチャ管





ガソリンスタンドのBMW





助手席から降りたピンヒール





陽射しに透ける





栗色の巻き髪





巻き込み確認 注意





見惚れてあふれた




ハイオクの香り





トンネルのカルテット

{5F26A457-21BE-48CE-8C08-6D941BC881B1}

空冷四発の咆哮





血液のニトロが暴れ出す





時間の許す限り





台風でも全開





雨粒のカーブで 





焼けた素肌にRain dust





それが楽園

{6A8CCFD0-7C9A-4DDA-BD9D-381B06166DD7}

細胞から湧き上がる





抑えられない想いを





擦り付けて走る





真夏のパルファム

{D5B1C9D4-23B3-49D1-86F6-4B239D9A753D}


その前に...





ピノ♫
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
梅雨が明け


夜のしじまを突き破る


蝉のLIVEが始まった


命を削って吠えるシャウトは


訳せば多分


「I Love Kawasaki ‼︎‼︎」





麒麟


フラジールとのDoubleFaceTour


『極楽蝶ハ東へ飛ンダ』


中盤を過ぎて色々な事を経験させて貰っています


初の九州ツアーでは


タクロヲ君の故郷という事もあり


沢山の人に麒麟を知って貰い


迎えて頂きました


詳しい話はメンバーがそれぞれブログで書いてくれていますので


そちらを読んで貰えれば


俺は少し違う視点から


初の九州ツアーという事で


麒麟を知らない人達ばかりの前


約30分というステージで


どうすれば俺等を知って貰えるか


印象付けられるか


引き込めるか


コレが何よりも大切な事だと定め


ステージングやセットリストなど


兎に角念入りに話し合い、突き詰めました


名前すら知らないバンドが


興味もない様なお客さんを振り向かせるのは並大抵の事では無い


総ては最初の5分が勝負


コイツをテーマに全開でイカセテ貰いました


行くからには、少しでも麒麟の爪痕を残さなければ行く意味がない


個人的な反省点などは多々有りますが


色々と爪痕を残せたという実感を味わえましたので、少し嬉しく思っています


熊本では沢山のタクロヲ君の地元の友達に


もてなして頂き、最高の時間を過ごさせて貰いました


話によれば、ほとんど中坊時代からの仲間だとか


今だにあれだけの人数が集まってくる、タクロヲ君の愛され方は素敵だった


総てはタクロヲ君の人柄と友達を大切に過ごしてきた事の証しでしょう


幼少時代にハンパこいた付き合いをしてきたなら、誰も集まってはこないからね


初めての土地で初めて逢う方ばかりの中


自分の地元に帰った様な、そんな素敵な気分にさせて貰いました


特に『いやさか』の眞ちゃんにはお世話になりました


男気全開のカッコイイ漢


のっけから単車と永ちゃんの話で意気投合


麒麟の為だけにと、東京では絶対に食べられない馬刺しやモツ煮
他沢山の料理をご馳走して頂きました


もうね


「麒麟の為だけに」なんて熱い事をされてしまうとね


俺は2秒でヤラれてしまう


それはモノよりも、行為よりも


その気持ちがタマラナイ


だから知り合いでも無く、友達でも無く


もうマブです


眞ちゃん愛してます



そして戦友フラジールとのツアーでは


色んな事を勉強させて貰っています


群れたり徒党を組んだりするのが何よりも嫌いな麒麟ですが


フラジールと一緒に廻って本当に良かったと心から思えます


バンドや個人的にも、足らない所や見直さなければならない所など


沢山の事を気付かせて貰えるバンドです


そんなイカしたフラジールが


明日


渋谷にて10周年を迎えるパーティーが行われます


★2017.7.29 Saturday★

フラジール10周年記念イベント
【東京ノスタルジア祭】

《会場》GARRET udagawa

◆open 17:30
◇start  18:00
◆adv  ¥2500
◇day  ¥3000
(ドリンク別)

出演
◆フラジール
◇麒麟
◆dotitem
◇ユーノ
◆WRECKIN' ZOMBIE
◇sabaku∞bakuhatsu

DJ: MAGUMI



色んな職業でも趣味でも



誰に何を言われ、どんな現状におちいろうが



自分が信じた事を10年



貫き通すという事は生半可な事じゃない



コレが




『つっぱらかる』ってヤツだ




俺の聖書にはそう書いてある



貫いた事の無ぇ奴には何一つ文句は言わせない



さぁ、麒麟


呼んで頂いたからには気合い入れてステージに立たせて貰おうと思います




土曜の夜だゼ?


フラジール10周年だゼ?


全開のパーティーとイキましょうか★




ok,
終わりの無い悲しみなど
そんなもの どこにもないんだよ
わかるだろアメリア
飛ぶしかないのさ♫

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
九州ツアーを無事に終え

想い返せば

行かなければ感じれない事

行かなければ届かないもの

沢山の素敵な出会い

写真を整理しながら

また改めてブログに★



6.29


今日は麒麟初代ギタリスト


トールの命日


もう15年くらいになるのか?


不思議な事に


トールと俺が出会った縁も


少しフラジールが関係している


詳しく話せば13時間と2秒かかるのでヤメますが


俺がタクロヲくんと出会うずっとずっと前の事


まだ麒麟というバンド名すらない

{A444C277-8DA2-4CE6-BD0E-8867B7A43D87}

そう思えば


今フラジールと一緒に演っている事が


何かしら昔から繋がっているような素敵な事なんよね


今回のアルバムでは


トールが残したナンバーがいくつもRerecしてカスタムされた


MVに抜擢された『Duck Tail Candy』


まさにトールの渾身のナンバー

{4422E9FC-55D1-4895-9B76-50234420B253}

今でも歌われ


今でも愛され


きっちりと形を残せるミュージシャンってのはカッコイイじゃねぇか★

{9E90C1DB-0ADB-40ED-AC21-A7D69FF3FDE5}

今夜はアイツに


甘いCoffeeとセブンスターを


死ぬほど吸ってくれ


Mr.リーゼント★

{FC68DB00-FB99-479C-8244-03DA5B962F2F}

ok,踊ろうゼ‼︎‼︎ Candy♬

{567AD244-E6F6-4FF6-8303-0F1AC135148E}























いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。