○○(マルマル)自転車生活

CANYON Ultimate CF9.0SLでロングライドやらポタリングやら。
基本的に山はのんびり登ります。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ にほんブログ村 猫ブログへ

テーマ:

いきなりですが「BRM1008東京400ぐるっと富士山」にエントリーしました。

 

昨年の定峰200に参加してから通算5回目のブルベとなります。

ちなみに4回目は「BRM1002定峰200秋」の予定ですので2週連続のブルベ参加です。

 

前回のブルベが300kmでしたらから400kmは未知の世界となりますが、主催となるランドヌ東京のサイトを見ますと気になる一文がありました。

 

”例年春先に実施していたコースを今年はシーズン最終盤に実施します。スタートから青梅までは定番のコースを走り、柳沢峠までひたすら登ります。その後甲府へ下り富士川町経由で富士川を南下します。駿河湾に抜け、沼津、三島、函南、鷹ノ巣トンネルを抜け、相模湾を右に見て葉山まで進み、国際湘南村、横浜、国道1号を経由してフィニッシュです。
コース・注意点

前半の山場柳沢峠で時間を使いすぎると後半きつくなるかもしれません。”

 

この柳沢峠を走った経験がなく、決して上り坂が得意とか好きとか言えない私にとって柳沢峠をどう乗り越えていくのかが完走のポイントのような気がしてきたので試走がてら走ってまいりました。

 

自宅からの自走では時間がかかりすぎるので奥多摩駅までバビュンと輪行。

奥多摩駅で一緒に走ってくれるしんぱちさんと合流です。

しんぱちさんはBRM1002にも参加予定ですので一緒に足慣らしといったところです。

 

奥多摩駅からはR411(国道411号)をひたすら走ります。

青梅街道とか大菩薩ラインとか色々別名はありますがR411です。

奥多摩駅からR411を西に向かって小河内ダムへ。

ここまででも地味に効いてくる上り坂で、しかもトンネルが頻繁に顔をだすので前後ライト点灯必須です。トンネル内は前日までの雨の影響か水が湧いている所が多くて自動車の他にも神経を使います。

小河内ダムを過ぎれば程なく山梨県丹波山村に入ります。

あっけなく山梨県に入りますが、まだまだトンネルが続きます。

上り坂も多いのですが時に斜度が緩んでくれるのでキツすぎることはありません。

 「道の駅たばやま」で補給&トイレ休憩。

表示される気温よりも湿度のせいか暑く感じる日ですでにジャージは汗びっしょり。

道の駅たばやまを10:30に出発。

ここから柳沢峠までは17km平均斜度は4.7%程度。

距離は長いのですが、斜度10%を超える場面は無いはずです。

道の駅たばやまを出発して程なく甲州市に突入。

柳沢峠は甲州市にあります。

GARMINさんによるとここから柳沢峠までは約9km。

 

斜度はキツくないのですが、常時7~8%でゆっくりと確実に脚を削られていきますが、時々斜度が緩んでくれます。

でも長いこと緩む区間も無くすぐにまた7~8%。

平均すれば4.7%というのも納得できますが、数字ほど優しい坂とも言えません。

例えるなら都民の森で料金所から先もずっと同じ斜度といった感じでしょうか。

長い距離をダラダラ登るのが好きな人向けです。

長い長い上り坂を半ば飽き飽きしながらもようやく12:10柳沢峠の茶屋に到着。

17kmを1時間40分ほどかかってしまいました。

お昼ごはんにはちょうど良い時間だったのでとろろご飯でお腹を満たして

柳沢峠で長めの休憩を取りました。

13:00に柳沢峠を出発。ここからは20km超のダウンヒルとなります。

道幅も広めで舗装状態が良いので気持ちよく走れますし、ところどころ景色のいい所があるので一目散に下ってしまうのはもったいないかも。

途中にはωがヒュンって萎縮してしまうような橋も。

高柴大橋というそうですがもう「タマヒュン橋」としか思えません。

 

ダウンヒルが終わる頃には甲府盆地に突入。

ちょうどぶどう狩りのシーズンであるこの時季には果樹園には多くの人、その他のもワイナリーやらBBQやらほうとうやら美味しそうなものだらけですが、この日の私たちには目的地がありました。

 

それがこちら。

ラ・ペスカさん。

桃のシーズンは終わってしまいましたがぶどうのシーズン真っ盛りということで

ぶどうのクリームソーダとぶどうのサンドイッチをオーダー。

ソーダの方は味なしの炭酸水にぶどうのシャーベットと皮付きのぶどうを放り込んでいて、サンドイッチの方は三種類のぶどうを甘さ控えめ生クリームと一緒に挟み込んだもの。

どちらも皮ごといただけてぶどうの香り、食感、味を堪能できます。

残念ながら今シーズンは9月いっぱいで営業終了とのことなので来シーズンの桃の時季にぜひ再訪したいお店です。

 

たっぷりとぶどうを堪能した後は山梨市駅から輪行して大月~八王子で乗り換えて帰宅。

 

走行距離は80.98kmながら獲得標高1357mを記録。

平均速度は19.7kph最高速度58.6kphでした。

 

ブルベの試走を兼ねたライドでしたので本番に向けて考えることも少々ありました。

「道の駅たばやま」から柳沢峠までは自動販売機はたまにあるものの整備されたトイレは少ないので道の駅で体勢を整えたほうが良さそう、通過時間にも寄りますがダウンヒルではウィンドブレーカーを来たほうが良いでしょう。

 

また本番ではGARMINのEdge520JとOregon600の2台体勢を予定していますが、Oregonのルート表示は逸脱がなく非常に見やすく、520Jで斜度を表示しOregonで地図を表示していると斜度とルートが同時に確認できて楽しいです。

ですがOregonの電池の持ちは絶望的に悪いのでここぞというときのみの出番としたほうが良さそうです。

 

この他にも荷物のパッキングとか課題はまだありますが、定峰200で試してみてぐるっと富士山に備えようと思います。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

7月の中旬に初めての本格的バイクフィッティングを受けたわけですが、あれから40日ほど経過したので「その後」的な感想です。

 

【フィッテイングで変わったこと】

前回のフィッテイングではハンドル周りはまるでいじらず、サドルを後退させて脚をまわすときに膝に空間的な余裕ができるようにセットされました。

また脚の長さが左右で違う分とカント角を調整するためにシムをシューズとクリートの間に入れています。

これによって膝が左右にブレずに回せるようになることと、クランクが12時方向になった時からパワーが伝達できるようになることを狙っています。

 

【その後のライドでは】

フィッテイングを受けてから500kmほど走っています。

最初は自宅から宅飲みをする友人宅までの往復40kmほどのライド。

途中で気になっていた「涼み屋」で

 

ティラミスのかき氷を食べていると女性ローディーさんが颯爽とやってまいりました。

その方と二言三言話してみたらTwitterでつながりのあったなおさんでした。

この日のなおさんはお目当てのバイクを探して神奈川県内のバイク屋さんをはしごしてきたそうですでに結構な距離を走っているはずですが、そんな疲れも見せずかき氷をお代わりして去って行きました。

なおさん一杯目のオーダーはカフェオレ。

涼み屋を後にした私は友人宅でしこたま食べてナイトライド気取りで帰宅。

(日本丸が写っていますがよく分からない)

この日のライドでは右膝の裏側にやや違和感が出ました。サドルを2ミリほど上げたせいなのか、サドルが高すぎた時に出やすい痛みでしたが僅かなものだったのでこのまま様子見ました。

 

7月の終わりには単独走で裏ヤビツへ。

フィッテイング後初めての本格登坂となりましたが、暑さがきつかったほかは思いのほか足が回り宮ケ瀬北原からヤビツ峠までは1時間7分と私としてはまずまずの良いタイム。

ヤビツ峠ではよーしさんげんさんとお会いして、かき氷の清水屋までご一緒しました。

(相変わらずのボリューム)

清水屋さんでお二人とお別れしてからは土山峠~宮ヶ瀬湖と通って帰宅。

この日は150kmほど走りましたが、前回同様の僅かな膝裏の違和感のほかは変わった症状は出ませんでした。

 

山の日にはHAOさんライドに参加して100km2000mUPと走りました。

久々の2000mUPでしたが脚が攣ることも無く、売り切れることもなく上野原駅まで走って輪行で帰宅となりました。

 

別日にはまたも単独でラッテ~プロペラカフェ~多摩サイを走ってみました。

ラッテで食べたりんごのジェラートは美味でしたね。

プロペラカフェのポテトの量は相変わらずハンバーガーとのバランスがおかしいのです。

近所の里山には距離は短いけれど厳しい坂もあって、自分の調子を見るには持って来いです。この頃には膝裏の違和感は無くなっていました。

 

【効果のほどは】

何を目的にフィッテイングを受けるのかというのが大事な気がします。

私の場合は長距離を走るために疲れにくく効率的に走れるポジションを求めてフィッテイングを受けました。

 

「速くなった?」とはフィッテイングを受けてから何度か聞かれた言葉ですが、キッパリと「速くはなってない!」と答えています。

 

しかしフィッテイングを受けてから疲れが翌日に残りにくい気がします。

今までは2000mUPの翌日は筋肉痛でまともに歩けなかったりすることもありましたが、今は当日の気だるい疲れは変わりませんが翌日まで痛みを引きずる事態にはなっていません。

ライドから帰宅して飲んでいたSAVASプロテイン飲まなくても、翌日平気です。

 

上り坂はもちろんキツくて、今まで同様に遅いのですが粘れるようにはなった気がします。

こんな激坂はどうしようもありませんが。

 

【私的結論】

今回受けたフィッテイングは私としては正解だったのかなと思っています。

あまり大きくポジションが変わらなかったので人によっては「なんのためのフィッテイングなのか?せっかく安くはない代金を払っているのに」と思うのかもしれません。

 

ただ今まで自己流のポジションで走ってきた私にとって、プロのフィッターの方に見てもらったポジションということでの安心感と、それによって確かに感じている効果は大きなものがあります。

もちろん誰にでも同じような効果が出るとは限りませんが、ある程度乗り慣れて自分のライドスタイルが分かってきた方はバイクフィッティングを受けるメリットはあると思います。

 

 

そんだけでーすw

(↑一度使ってみたかったwww)

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

前回の続きでございます。

醍醐林道から和田峠を抜けてラピュタ坂で撃沈した我々。

普通のライドならばここから藤野に抜けて国道20号で高尾に戻るのでしょうが、そこはHAOさんライド。まだまだ先は続くのであります。

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

ラピュタ坂を後にした我々は上野原まで降りてきてコンビニ休憩となりました。

ところでコンビニで皆さんはどんな補給をしていますか?今回ご一緒した皆さんの様子を観察してみました。

 トミィさんは

(©へるさん)

甘いもの食べない飲まない方なので補給はお水かお茶。ボトルもニオイが付くのが嫌なので使い分けているそうな。

 

 へるさんは

(©へるさん)

欲望の赴くままICE BOXにコーラぶち込んで一気飲み。

このままボトルに補給するわけではないようです。

 

 HAOさんは

100%オレンジ果汁ジュースでビタミンを摂って疲労回復を狙いつつカロリーも摂ろうというクレバーなロングライド向け補給。

 

 私は

基本的に何でもいい、スポドリと炭酸飲料のちゃんぽんでもOK。というかボトルの中身が炭酸飲料ってこともある悪食野郎。

 

それぞれに補給内容が違って面白いもんです。

 

それはさておき。

休憩の後は国道20号を甲府方面に向かい途中で右折。県道30号線に入ります。

この先にある和見という集落がなかなかに良い雰囲気だとことなのでそこを目指します。

(©へるさん)

斜度はきつくは無いけど長い上りを行くと和見の七不思議伝説って看板が出てきます。

 

 「川の音が五月蝿くて熟睡できなかったから法力で川の水を地下に潜らせるってなんて弘法大師無双状態www」

 

 「それより山王神社ってなんか雰囲気良さそうなので寄ってみましょう」

 

(©へるさん)

なかなかなワインディングが続き徐々に脚がやられていきます。

(©へるさん)

そして辿り着いた和見集落。道路の舗装状態が予想以上に良いのですが、それ以外はかなり牧歌的でいい感じ。

(©へるさん)

山王神社は予想以上に荘厳な感じ。4本の巨木に囲まれた社が時代の流れを感じさせてくれます。

(©へるさん)

和見集落の突き当りまで行くとそこからは和見棚頭線という林道に入ります。

(©へるさん)

道は荒れ気味ですが石などは少なく走りやすい林道です。ただ距離はちょっと長め。

(©へるさん)

ピークから脇にそれる林道跡の風情がまた格別。

(©へるさん)

景色はさほど見えませんが、走っていて気持ちのいい林道でした。

 

ここからは一気に下って談合坂SAで遅めの昼食を取ることにしていました。

 

珍しく私が先頭でダウンヒルして談合坂SAとの分岐で後続を待ちます。

ほどなくやってきたHAOさんによると

 「へるさんがパンクしたので10分ぐらいかかると思いますよ。」

 「うぇ~い」

しかし10分経っても20分経ってもへるさんとトミィさんがやってきません。

 「何かトラブルがあったんですかね?迎えに行きましょう。」

 「ふぁい」

 

正直上り返すのはめんどくさい体力的にきついのですが、ここまで遅れるのはタダ事ではありません。HAOさんの後について下ってきた道を登り返します。

 

15分ほど走ったところでしょうか?ようやく前方からトボトボと歩いてやってくるへるさんとトミィさんが見えました。

 

 「チューブバースト・・・交換後さらにパンク・・・もうチューブ無い・・・」

 (´-`).。oOお、久々のハニワ顔・・・

 

手持ちのチューブでへるさんのパンクを直してそそくさと談合坂SA向かいます。

談合坂SAは中央道にあるサービスエリアですが、一般道からも入場できるようになっています。というか最近のSA・PAではデフォの仕様のようです。

フードコートで各々食事を注文してしばしマッタリ。でもこの時点で15時過ぎてます。

そんな時にHAOさんがぼそっとつぶやきました。

 「この後20号線通って大垂水峠登って行くのかったるいな・・・上野原から輪行するかな」

 「ああ!それいいですね!私もそうします!」

 「ええ?僕ら輪行袋を高尾駅のロッカーに入れてきてしまいましたよ!」

 「なんで輪行袋持ってこないの?どうして?」

 

こういう時のHAOさんは容赦ありません。

 

 「ふん!途中で輪行袋強奪したるわ!」

  「させるか!」

 

そんなアホな会話をしながら談合坂SAをあとに県道30号線から国道20号に戻って上野原駅との交差点までやって来ました。

 

  「輪行袋よこせ~!」

  「いやじゃ~!」

ここで一合戦勃発しそうでしたが、そそくさと上野原駅方面に離脱した私とHAOさんは予定通り上野原駅から輪行。運良く急行が来たので八王子まではあっという間でした。

 

久々に林道をたっぷりと堪能できたこの日は108.78kmを16.8kphで走破。

獲得標高は2047m消費カロリーは2962calでした。

 

真夏のライドで街中を抜けるまでに使う体力を考えると輪行で目的地の最寄駅まで行って美味しいところだけ走ってまた輪行で帰るのは非常に合理的な形のように思えます。

加えて今回は天候にも恵まれ厳しい日差しが長続きすることもなかったので、快適に走れました。それでも大汗かきの私は体中から汁を吹き出していましたが。

 

ご一緒して頂いたお三方、ありがとうございました。

またよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

和田峠は八王子市恩方と相模原市藤野あたりをつなぐ、東京神奈川を代表する峠です。

相模原側が「裏和田」、八王子側が「表和田」と俗称されています。

 

これまで私は2度表和田から和田峠に挑み、2度とも脚付き敗戦を喫しています。

しかし八王子から和田峠に到達するにはもう一つ道があるそうです。

そのルートを行くライドが企画されていたので飛び入りさせて頂きました。

(©HAOさん)

メンバーは左からへるはうんどさん、トミィさん、HAOさんのRapha CLIMBERジャージ3人衆。

示し合わせてもいないのにジャージの色までシンクロする奇跡っぷり。

先が思いやられ楽しみです。

 

高尾駅集合ですが、私以外は皆さん輪行。

(©へるさん)

夏としては気温が高くなかった日なのですが、念のためWボトル体制で輪行袋を括りつけています。

へるさんとトミィさんはコインロッカーに輪行袋を預けて身軽になっていますが、この選択が後々響いてくることに・・・・。

 

高尾駅を出発して陣馬高原下まではもう皆さん走り慣れた道です。

(©へるさん)

ただし和田峠と入山峠の分岐をこの日は左折せず直進。

入山峠の入口もスルーして先に進みます。

(©へるさん)

 

このまま進めば第五林道を抜けて和田峠。斜度は表和田ほどでは無いけど一時的に和田峠よりも標高は高くなります。

 

第五林道ってことは第一から第四まではあるってことか!さすが相模原いよいよ林道につける名前も枯渇してきてナンバリング始めたか!

 

いやいやwww醍醐味の醍醐林道だから

 

素で勘違いしたことをさとられぬように表和田を通らずに和田峠に至る醍醐林道を行きます。

この日は山の日ということもあって高尾駅には多くのハイカーがいました。

あの人たちもきっと陣馬山目指して和田峠を登るだろうと言う予想のもとHAOさんが選んだルートでしたが、ハイカーとは全く出会わず林業関係の車両とたまにすれ違うだけで走れました。

(©へるさん)

路面は前日の雨のせいか若干ウェットで石も多かったのですが、登っているのでスピードが出ずに回避は比較的容易。

しかし表和田よりも斜度が無い分距離は長め。時々写真撮影タイムと称して脚付き休憩をはさみながら一桁スピードで進みます。

(©へるさん)

しかし醸しだされる雰囲気はもうトトロの森か?

鬱蒼と茂る木々の間を縫って走る林道が続きます。

最後にちょっとしたグラベル区間もありましたが、和田峠に到着。

HAOさんの言葉に嘘はなく、確かに表和田よりは楽。

でも距離長いので結局どっちもどっちでしょうか。

でもハイカーがいなかった分醍醐林道の方が楽かな?

 

(©へるさん)

和田峠で一息入れたら裏和田方面に下ります。

この裏和田にこの日のメイン激坂ラピュタ坂があるのです。

(©へるさん)

ラピュタといえば龍の巣の中にあると相場が決まっています。

なので龍の巣に向って進みますが、ここもすでに良い加減の斜度。

(©へるさん)

そしてたどり着いたのがここ。まさにラピュタの入口龍の巣を髣髴とさせる凶悪な斜度と狭い道幅。

   ああ、これアカン坂だ・・・

 

一同顔を見合わせますが、その表情は半笑いというか虚脱感満載というか・・・

ここまで来て挑まずに撤退するのも何なのでHAOさんから意を決して龍の巣に挑みます。

(©へるさん)

2番手で挑むのは私。

(©へるさん)

3番手はトミィさん。

写真に見える右カーブの斜度が緩むこと無く延々と続くのがラピュタ坂。

あまりの斜度と距離のため程々のところで、脚を付いてこれ以上行くのを諦めます。

今までの登った坂の中で一番あっさりと諦められました。

 

ちなみに一番上まで登ったのはへるさん。

絶妙なバイクコントロール見た目に反した強靭な体幹を駆使して脚付き無しで中盤まで登りますが

(©へるさん)

途中でバイクを投げ捨ててTHE END。

    これは無理!絶景もないので撤退!

 

しかしこのラピュタ坂の試練はまだ半分しか終わっていません。

(©へるさん)

これだけの斜度を登ったということは降りなければならないということなのですが、グレーチングに隙間があったりコンクリートが割れていたりで難易度はさらにアップ。

全員でバイクを押しておりましたが、これが結構肩や手に負担で地味にダメージを負ったのでした。

 

続く

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

スポーツバイクに乗っている人には当たり前ですが、自転車にはサイズが有ります。

洋服のようにS/M/Lで表記されていたり52/53/55といった具合にトップチューブ長で表記されていたりと各メーカーによって違い統一もされていないもの。

 

スポーツバイクの納車時にはお店でサドル高やハンドル角度など様々に微調整してもらいます。これが私の経験では大体1時間ぐらい。

これでしっくりとくれば良いのですが、走っているうちに膝や腰が痛くなったりと不具合が出てくる場合もあります。こうした時に今までは自転車を買ったお店に行って相談したり、自分の感じるままに微調整しなおしたりするものです。

 

私も今までにどうにも足の指の付け根に痛みが走ってしまうことがあってシューズのフィッテイングをしてもらったことがあります。その結果痛みが無くなってフィッテイングの効果は充分に実感していたはずでした。

 

今のバイクになってから約5ヶ月経ちましたが走行後の疲労感以外で体に痛みは出てきません。以前に乗っていたBMC GF01に近いジオメトリーのサイズを選んだ結果なのかもしれませんが、300kmブルベに参加してからフィッテイングを受ければもう少し効率的に走れるようになるのではないかという考えが頭をもたげていました。

そんな中で知ったのが多摩川沿いでフィッテイングサービスをしているTORQUEさん。

お店の場所もわりと自宅から近いし、基本料金が16000円と割りとリーズナブルなこともあってここでフィッテイングを受けることにしました。

 

早速予約を入れて訪問してみると普通の自宅マンションのリビングに機器を置いたフィッターさんに出迎えてもらいました。

 

このフィッターさんは現役でMTBレースにも参加しているそうで、脱サラしてフィッターさんを始めたそうな。

転職して自営業ってかなり勇気が要りそうです。

 

それはさておき。まずはフィッターさんとのお話からフィッテイングが始まりました。

自転車歴・負傷歴・現在のバイクで体が痛くなったりしないかどういうライディングを目指してフィッテイングを受けたいのかなどなど。

 

私の場合は現在のところバイクに乗っていての痛みはない、もっと効率的に(疲れにくく)走れるようになりたいといったところをお話しました。

 

その後はバイクをローラー台にセットしてケイデンス80~90くらいでしばらくペダリング。

フィッターさんはその間私のフォームを様々な角度から確認しています。

 

その次にフィッターさんの指示で6時地点でクランクを止める動作を何回かします。どうやらこれで下死点での膝の曲がり具合を計測した模様。28°~30°くらいが理想的だそうで私は28°で問題なし。

 

その次は同じくローラー台に乗ったバイクでペダリングして3時地点でペダルをストップ。

ここではペダル軸よりも膝が前に出ていないかを見ていました。計測には建設現場で使うレーザー測定器を右側から1台、前方から左右の膝に合う位置に2台の計3台を使っていました。これによって右側からの測定器で3時地点での膝の位置を確認します。

これによると私のペダリングでは12時地点では力が加わらずに2時ぐらいから力がかかり始めている模様。これを12時地点から踏めるようにサドルを20mm後退させます。

 

これで踏み出してみると

「!!!!!!!!!!」

明らかに踏み出しが軽くなりました。後退させる前は正直ローラー台の負荷がきつくてスムーズに回すのに苦労したのですが、後退させた後はその部分がかなり楽に回せるようになっていました。

フィッターさんによれば初見での私のフォームは一見スムーズだがやや膝周りが窮屈で下ハンが使いにくそうだったとのこと。

確かにサドルを後退させたことで膝周りが楽になってきて下ハン持った時も以前より楽に感じました。

 

サドルを後退させた後は前方から左右の膝にあてたレーザーを目安に膝の動きに注目します。この時には膝や拇指球や足の付根に目印となるシールを付けていました。

ペダリングした時にレーザーがどこに当っているのか、膝に貼ったシールからペダリング時にレーザーが外れないのを見ていました。

 

その結果によるとどうも左膝の動きが良くないようなので、マットに寝転んでフィッターさんに各部の可動状態を確認してもらいます。前屈は結構硬いが、膝は可動域がまあまあ広い、左右の足では左のほうが少々短いとの所見です。

 

左右の足の長さを揃えるためにスペーサーを入れて調整。

調整したシューズを履いてペダリング。

シューズを脱いで微調整といったことを2度ほど繰り返してペダリングの調整は終了。

その後にスペーサーが入った分サドルを2mmほど上げました。

 

最初にお店を訪れてから2時間半ほどでフィッテイング終了となりました。

お代は基本料金16000円にシューズのスペーサー代が4000円というところで合計20000円ほどでした。

帰路は裏尾根幹の触りを走ってみましたが、踏み出しが軽くなった意外に変化は感じません。

フィッターさんも言っていましたが、フィッテイングしたからと言って急に早くなるわけでないし登りに強くなるわけでもありません。

日々走っている中で体へのダメージを少しでも軽減するために受けたバイクフィッティングでした。

 

効果のほどはさて?

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。