○○(マルマル)自転車生活

CANYON Ultimate CF9.0SLでロングライドやらポタリングやら。
基本的に山はのんびり登ります。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ にほんブログ村 猫ブログへ

テーマ:

どーもこんにちは。

 

前回の更新で記事にしたBRM1029をもって今年のブルベシーズンは終了しました。

年始には思ってもみなかったSRが獲得出来たのですが、今年のブルベをかんたんに振り返ってみて来年への備えにしようかなと思っています。

 

よくテレビ番組でやっている「過去のお宝映像大放出スペシャル」的に新たなライドが無くてもなんとか更新できるというお気楽企画でもあります。

 

【BRM403定峰200春】

人生初めてのブルベとなったBRM926と同じコースを使う定番コースが2016年初っ端のブルベでした。

初ブルベとなったしんぱちさんと2015年SRのmomさん、そしてりょうへいさんといった面々と参加しました。

走り初めは雨でしたが、徐々に天気が回復。BRM926では11時間18分で完走と余裕があったことで調子に乗ってCafeKIKIさんに寄ったりして最後結構パッツンパッツンになっていまいながらもラストはmomさんの鬼曳きのおかげで12時間30分くらいで完走。

 

【BRM528秩父300】

200kmブルベを連続完走してさらに調子に乗った私は、しんぱちさんと300kmブルベに挑むことを決意。

比較的平坦区間が多いということでAJ千葉主催の秩父300kmに参加。

しんぱちさんは残念ながらメカトラでDNSでしたが、

 

 初めての定峰を一緒に走ったみもりさんが参加。

 

私がヒイヒイ言いながら登る二本木峠、有間峠をらくらく登った彼に平坦で何とか喰らいつき

 

さらに道中でぼんさんの声援を受けたおかげで17時間弱で完走。

 

完走後はとても自動車を運転して帰宅する気になれずビジホに泊まって、帰宅はお昼過ぎ。

嫁さんにスーパー睨まれたのもいい思い出です。

 

【BRM1002定峰200秋】

5月終わりのブルベのあとは夏の暑さを避けてブルベを回避。

暑さの収まった頃に、しんぱちさんのメカトラも治ったとのことなので三度の定峰200に参加しました。

この日は朝から反射ベスト忘れたり脚が攣りまくったり落車があったりと散々な内容。

寄り道もしなかったのに11時間30分以上かかっていました。

この頃からSRへの色気が出てきて大きなサドルバッグやフードポーチを実戦投入。

思えばこの後の400ブルベ、600ブルベへのテストライドという趣もありました。

 

【BRM1008ぐるっと富士山400】

初の400kmブルベとしてR東京のぐるっと富士山に参加しました。

前回のブルベから1週間経たずに次のブルベに参加するという、ワタシ的にはかなりのチャレンジ企画となりました。

R東京のスタート地点が自宅から7kmほどの等々力であることが多いのは大変な魅力です。奥多摩から山梨方面に抜ける柳沢峠を試走しておいたのですが、当日は雨も降り続いていて条件は悪く、柳沢峠からの下りはガスっていて見晴らしが悪く緊張を強いられました。

 

初の夜通し走行も経験しましたが、ヘルメットライトを取り付けっぱなしにしていたせいか、最後の最後は首が動かせなくなるくらいになりましたが23時間少々で完走。

SRに王手をかける事ができましたが、600完走に向けた課題も浮き出ていました。

 

400km完走後には今までに無かった体の異変も発生。

左足親指の爪が割れて内出血のような色になっていました。そしてこれは1ヶ月半以上たった

今でもそのままです。痛みはないのですが。

 

【BRM1029ぐるっと関東一周600】

そしてSRに向けての最難関600kmブルベ。

初めての600kmに不安と緊張を覚えました。

途中でmomさんと合流できて向かい風区間などで助けられながらも、気温が上がらずほぼ冬ブルベと言っても過言ではない状況でしたが何とか完走。

嫁さんには「いつから夜通し走るのが趣味になったの?」ときついジャブを喰らいながらも確かに夜通し走るのがちょっと楽しく感じたブルベでした。

 

しかし体へのダメージは甚大で右足首に異様な浮腫が発生し、数日後整形外科医に駆け込む羽目に。ロキソニン湿布を1週間ほど巻き続けて違和感が無くなりました。

 

【来年はどうする?】

今年SRを達成したことで、ぶっちゃけ来年はどうするか考え中です。

200~400kmブルベまでは完走後2日もすればまた走りたくなりましたが、600km後は今持ってもう一度600km走りたいと思えませんwwwwwww

走っているときは楽しいのですが、終わってからの体の痛みがけっこう長引きました。

200~400kmの時は体の表面的な疲れ・痛みがありましたが、600kmでは体の芯に疲れと痛みが残ってなかなか抜けない感じでした。これがイマイチ意欲がわかない原因かと。

 

この頃来年のブルベの予定が各主催者から発表されていますが、走ってみたいコースはチラホラあるのです。走れるかどうかは仕事との絡み次第かな。

 

装備面ではサドルバックとかは揃ってきましたし、どんなものを入れておけばいいかも把握しつつあります。ホイールはCANYONを買ったときのキシリウムプロエグザリットでは固いのか?

ステンレススポークのホイールを用意したほうがいいのか悩み中です。

 

あれ?結局来年もブルベ走る前提で考えてるwwwwwwww

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

前回の続きでございます。

 

320kmほど走って御老公の湯に到達した私とmomさん。

11時半に御老公の湯に入り2:30出発を約束して一旦お別れしたのです。

 

お風呂にさっと入って館内着に着替えて仮眠室でさあ仮眠!目覚ましは2:10にセット!

となったわけですが、なぜだか寝られない。

ウツラウツラはしていますが寝られない。

神経が逆だっているのか寝られない。

このままではまずいと思いながらも寝られない。

 

そんな半覚醒状態が続いて気がつけばすでに2時過ぎ。

遅れるわけにはいかないので、更衣室で着替えます。

この日(10/30)の水戸の朝の気温予想は8℃。

この先も日差しは期待できないようなので、汗取りインナー・防風インナー・半袖ジャージ・アームウォーマー・ウィンドブレーカーの上半身と起毛ビブタイツを着込みネックウォーマー装備の初冬仕様でスタートです。

 

【PC4~PC5】

PC4~PC5は群馬県伊勢崎市まで今回最長の155.3km。

途中通過チェックがありますが、前半の夜間山越えその後飽きるほどの平坦区間が続きます。

まずは通過チェックの宇都宮を目指して水戸を出発。

ほどなく水戸森林公園のアップダウンを越えて県道51号線で栃木県方面へ向かい、県境の城里町からは完全に街灯もない上り坂が始まります。

自分の前照灯をフル点灯にして挑みますが、光も吸い込まれるような深い夜。

ヘルメットにもライトを付けていますが、それでも周りの状況はよく分かりません。

一緒に走っていたはずのmomさんも前を走っているやら後を走っているやら・・・・

12kmほどのだらだらとした登りが終わるとそこは栃木県。

栃木県に入ってからはダウンヒルで茂木町へ突入。

「道の駅もてぎ」の目の前にあったコンビニで一休みです。

 

程なくしてmomさんがやってきたので、ああmomさんに先行していたのかとようやく理解できました。

そして宇都宮に向かう途中で夜明けを迎えて通過チェックセブンイレブン宇都宮中今泉店を6:36通過。宇都宮に来たからには餃子とかお土産に発送したいのですがさすがにこんな早朝では無理でした。

 

宇都宮市内は予想以上の信号峠。

「ここは都心か?」と思うほどでしたがさすがに長くは続かず。

宇都宮市内を抜けてからはコマメにやってくる右左折を繰り返しながら順調に距離を稼いでいきます。

そんな420kmを越えたあたりから私の右足首に違和感が発声。

「なんか重たい、トルクかけると鈍く痛い、そもそも動きにくい」

 

なんとかPC5まで騙し騙し持っていくのでした。

 

【PC5~ゴール】

PC5セブンイレブン伊勢崎安堀町店を11:47チェック。

群馬ということでコンビニ飯ながらもおっきりこみを頂きながら違和感が出ている右足首を確認します。

「シューズ脱いで、ソックス脱いで・・・っっっげ!!!」

ものの見事に腫れ上がり、ひどい浮腫です。

虫に刺されたか?ウェアとの摩擦のせいか?

原因らしきものが頭をかすめていきますが決定打はなく。

 

持ってきていた経皮鎮痛剤を塗り塗りしてウェアと直接触れ合わないように大きめの絆創膏を張ってと応急処置で再スタートです。

 

PC5からゴールまでは通過チェックを含む125km。

普段のライドなら問題ない距離ですがこの足首の状態でどこまで行けるやら不安を覚えます。

50kmほど走って越生高校に出ると定峰200で何度も走ったコースに出て

「いやあ、帰ってきたなあ~」

「あほか!まだ家まで100kmあるわ!」

なんて一人ノリツッコミも出てくるぐらいには走れていたようです。

 

越生から飯能駅の方へ抜けて青梅坂のクソっぷりに血反吐吐きながら通過チェックセブンイレブン青梅畑中3丁目店を17:02チェック。

ここからは車も多くスピードは見込めないので休憩少なめでリスタートです。

ただ時間制限の21:00まではまだ4時間あるのでこれ以上足首の状態が悪くなったりトラブルが起きなければ完走は見えてきました。

 

青梅からは先日走って「ぐるっと富士山一周」の逆打ちコース。

少々のミスコースもあったりしましたが何とか聖蹟桜ヶ丘~連光寺坂へ。

最後の最後にラスボスのごとく控えていた連光寺坂が思いのほか長くて辛くて、正直連光寺坂を舐めていましたすみません。

 

連光寺坂を越えれば交通量は多いものの平坦地を10kmほど走ってゴールのファミマ津田山駅北店に20:04到着。

momさんは途中で寒さに体調を崩しながらも気迫のゴール。

あとあとリザルトを見てわかったのですが38~39時間台でゴールしている人が多く、ゴールのファミマに多くの参加者がいたのは終わったという安堵から休んでいたり、途中で仮眠を取れば大体の人が同じような時間にゴールするものなのですね。

他のブルベのときってゴールでお会いする参加者って少ないものでちょっと新鮮な光景でした。

 

ゴールのファミマから認定会場のジョナサン武蔵中原店までは5kmほどの道のり。

ゴール後なのでどーでもいい区間ですがここで事故って認定会場のクローズに間に合わないのはアホなのでできるだけ慎重に進みます。

 

認定会場で無事に38:30ほどで認定を受けてまさかのSR達成となりました。

momさんの2年連続SRをお祝いして迎えに来た旦那さんも一緒にお食事をしてmomさんとはお別れ。

今回は心折れそうな区間もmomさんと一緒だったおかげで走りきれたと思います。だってどんなしんどいシーンでも走るのをやめる気配が無いものですから、こちらも必死についていったわけですよ。

時に千切られ時に先行してしまいmomさんの役に立った距離は短かったと思いますが、一緒に走る仲間の存在が本当に大きく感じるブルベでございました。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

前回の続きでございます。

 

600kmブルベに初挑戦し何とかPC1までやって来た私。

ここからPC2に向かう区間は今回のコースで楽しみにしていた区間なのです。

 

【PC1~PC2】

PC1からPC2のファミリーマート一宮海岸店までは房総半島を横断する63.4km。

獲得標高もそこそこありますが何と言っても楽しみはローカル線。

千葉県はローカル線が数多く走っていて、今回のコースでも久留里線、小湊鉄道を横断していきます。

特に鉄成分が強いわけでは無いのですが、乗物全般にテンションが上がるタイプです(/ω\)

 

PC1からしばらくはじわりと登ってはじわりと下るアップダウンが続きますが標高は最高でも200m弱。10%超え区間もあり結構しんどいのですが距離は短いので脚を使い切ることはありません。

この区間でリカンベントの参加者を見かけましたが、上り坂が苦手と言われるリカンベントでこの区間は相当にきつかったのではないでしょうか?

 

そんなアップダウン区間を33kmほど走り小湊鉄道の踏切を越えてすぐのところに現れるのがこちら。

手掘りのトンネル。手w掘wりwってwww

幅は軽自動車がやっとくらい。でもこの先で普通自動車に抜かされた気がするので通れるのかもしれません。

街灯は付いていますがなんともいえない雰囲気満点。

他の参加者の後に続いてエイヤッ!!!と突入します。

トンネル自体は向こうも見えているとおり短いのですが路面が荒れていて若干苔むしている注意を要するコース。

しかもトンネルの向こうはシクロクロスばりのダートコースが雨に降られて泥まみれという好条件。

 

ダートコースが終わったと思ったらさらに手掘りのトンネル。

その先にもいくつかトンネルがありましたがことごとく道幅が狭く「先入車優先」看板が置いてあるすれ違い不可のものばかり。

 

なんとも秘境感満載のたまらない区間でしたが、残念なことに走行中のローカル線に出会うことはなし・・・かなり残念でした。

 

一宮海岸到着は14:34。PC1から3時間半ほどかかりました。

 

【PC2~PC3】

PC3のサンクス銚子駅前店までは65.1km。

コースは平坦ですがこの日の天気予報では北風が7~8m吹くとのこと。

一宮からみて銚子は北東方面にあるのでこの区間は向かい風区間決定。

PC2からはmomさんと一緒に走って先頭交代しながら向かい風区間を乗り切る作戦です。

この区間の大半は九十九里ビーチラインという道路なのですが、北風をまともに食らってしまい私が前を牽いても22~3kph、momさんが前を牽いてくれると25kphほどと一体どれだけの時間北風を食らうのかと考えると気持ちが萎える区間でした。

 

途中からは私とmomさんよりも若干速い男性二人組の後ろにつかせてもらってコンスタントに25kphを超えるようなり、街中に入ったこともあって風が弱く感じたりもしましたが、街を抜ければやっぱりやまない北風に煽られてさらに気持ちが萎えていく悪循環。

 

そんな北風に耐えながら日も暮れた18:11サンクス銚子駅前店にチェック。PC2から3時間10分かかりました。

銚子電鉄は見えないな・・・

ここでガッツリと補給したいというmomさんのリクエストで駅前のマックへ。

私自身は数年ぶりのマックでテキサスバーガーとコーンスープを補給。

体が温まると不思議とやる気が復活します。

 

【PC3~PC4~御老公の湯】

PC4ミニストップ茨木町長岡店までは81.2km。

コースは平坦ですがまたも北風が(ry

この区間は鹿島神宮やら霞ヶ浦北浦とか塚原卜伝の墓とかがあっ立ち寄りたい場所はいくらでもあるのに、すでに夜だし風が強いし寒いしでひたすらペダルを回すだけの区間。

 

向かい風にめっぽう弱い私はmomさんを風よけに体力の温存図りますが徐々に引き離されていき、復活しつつあったやる気が急速にしぼんでいきます。

「もう次のPCでDNFしよう」

「御老公の湯で寝過ごそう」

「明日水戸から特急のグリーン車に乗って帰ろう」

「水戸のおみやげといえば梅か納豆か?」

などととにかく全力で後ろ向きのことばかり考えていました。

 

北浦の東岸を走っているときにははるか前方に見えるmomさんの尾灯が見えたり消えたりするような距離が空いてしまいさらに気持ちは萎えるばかり。

 

PC間が80km超と長い区間なので途中でどこかのコンビニで休もうと思っていましたがまるでコンビニも出てこない区間www

ようやく見えてきた明かりはコンビニなのかただの看板なのか・・・コンビニであってくれ・・・濃緑と青っぽいからファミマであってくれ・・・ファミマであってくれえぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!

ファミマでした。よくよく見ると参加者のバイクも多数止まっていてmomさんのバイクも見えます。

ああ、良かった追いつけたと思って店内に入って見た光景はイートインスペースに倒れ込む参加者たちwwww

ここまでで疲れが出てしまったのでしょう、仮眠というか気絶しているような方々の死屍累々とした光景が目に焼き付きました。

この生命のファミマでしばし休憩。

レッドブルをぶち込んで次のPCまでの40kmに備えます。

この休憩が良かったのかこの先は割りと脚が回り、北浦を越えて鉾田市・茨木町・涸沼を越えてPC4に23:10チェック。PC3からは約4時間かかりました。

PC4の先の御老公の湯で仮眠を取ることにしました。

 

momさんとは日付が変わった2:30に出発する約束をしてお風呂でサッパリ。

さらに仮眠室に入ってしばしの休息となったのです。

 

続く

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

調子に乗って200km300km400kmブルベに出走して認定を受けてSR(シュペール・ランドヌール)にリーチをかけた私。

 

最後にして最難関となる600kmブルベとしてランドヌ東京(R東京)主催BRM1029ぐるっと関東一周600kmに参加してまいりました。

 

川崎等々力アリーナ前を出発して銀座~富津~一宮~銚子~水戸~宇都宮~伊勢崎~青梅~津田山へと至る走行距離601km参考獲得標高2800m制限時間40時間となる死のコースです。

主催のアナウンスでは平坦区間が多いから難易度が低いとは限らないコースとのことでしたが、たしかに前回の400kmブルベでは獲得標高4000m以上でしたから600kmで獲得標高2800mは大したことないのかもしれません。

 

が!何と言っても問題はその距離。600kmなんて東京から大阪を通り越してその先まで行ける距離です。もちろん未経験の距離ですので勇んで申し込んでみたものの10月29日が近づくに連れて不安が増していきました。

幸いにして去年SR獲得のmomさんすでに今年のSRを決めているこもごもさんも出走される予定でしたので安心していましたが

工エエェェ(´д`)ェェエエ工

まさかのこもごもさんDNS!!!!

しかも天気予報によると10/29の明け方まで雨が残り、翌10/30の宇都宮の最低気温は8℃予想。ますます何を来ていって何を持って行くのか迷う展開です。

 

大雑把なタイムスケジュールは水戸の御老公の湯に23時までに入って10/30の02:30頃リスタート。宇都宮で夜明けを迎えてゴールの津田山には17時頃到着できれば良いなあなんて感じで考えていました。

 

【スタート前】

そして迎えた10/29。3時過ぎに起床して外を見ると幸いにも雨はやんでいて路面も乾きつつあり。

自宅から7kmほどの等々力アリーナには4:30到着。第1波となる5:00スタート組のブリーフィングが始まるところでした。momさんとご挨拶したらあきさんがお見送りに来てくれていました。そしてペンナローラのバイクを探していると・・・・見つけました、Twitterでは何度かお話させてもらっているたにゃこさんです。

初めてのご挨拶ですが、周りが暗くてさらに5:00発のブリーフィングが始まっていてあまりお話できず。

そのうちに車検終了した人からスタートになったのでmomさんをお見送り「早く追いついてね~ノシ」なんて言われましたが、まず無理です。

 

間もなく5:30組のブリーフィングが始まり、車検も受けてあきさんの声援を受けてスタート。

600kmに渡る長いブルベの始まりです。

 

【スタート~PC1】

まずは都内を抜けて千葉県に入って富津のPC1までの110km。途中習志野市のLAWSONあかね浜店が通過チェックとして設定されています。

この区間の難所はなんといっても都内の信号峠。

銀座などもさすがにこの時間は交通量が少ないのですが、信号の数は変わらず(当たり前www)時間は結構食いました。

隅田川・荒川・江戸川などにかかる大きな橋も車道は自転車通行禁止だったりで側道から歩道に入って階段で降りるみたいなコースでこれも時間がかかります(汗)

通過チェックLAWSONあかね浜通過は7:49。スタートから45kmほどなので参加者でごった返していましたがなんとなくデジャヴを感じる店構え・・・思い出させられました。

ここは以前のメインバイクBMC GF01で単独湾イチをやった時に、長い長いR16をひた走った果にたどり着いたオアシスのようなコンビニです。

なんとまあ、こんな機会に再訪することになろうとは・・・。

600kmということで結構な大荷物。これでも400kmの時よりは若干軽くなっていますが。

 

通過チェックを過ぎるとR16で南下していきます。

R16は言わずと知れた首都圏をぐるっと回る幹線道路ですから土曜日の朝といえどトラックも多いし路肩は凸凹荒れているしと走りにくいのにある程度速度を要求される区間。

途中で参加者の事故もあったようで小渋滞を繰り返しながら幕張メッセ・QVCマリンフィールドを通過して行きます。

 

PC1セブンイレブン富津千種新田店到着は10:50。スタートから5時間20分で110km。

やはり東京を抜けるのに結構な時間を使いました。

補給を終えて出発するmomさんを送りながら自分の補給も開始。

ここから上総一ノ宮までの房総半島横断区間が今回のブルベでは一番獲得標高を稼ぐ区間。

コースとして一番きつい区間なのでしょうが、一番楽しみにしていた区間でもあります。

 

続く

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

1周間の間にブルベに2本出るという自分としては信じ難い事をしてきたので、気をつけたことなど書いてみます。

 

【ライト】

前照灯としてVOLT300×2本

尾灯としてUSB充電1個乾電池式1個サドルにフィジーク専用のものをセット、これはサドルバッグに阻まれ全く用をなさずwww

ヘルメットにヘッドライト1個、尾灯1個

ヘルメットに取り付けたヘッドライトはとても軽かったのですが長時間つけているとかなりの負担となったようです。

これのバンドを取り除いて、タイラップでヘルメットに固定していました。

 

【GPSとキューシート】

GARMIN Edge520JをメインにOregon600を予備としています。

Edge520Jですと田舎道では実際の道から大きく離れたところを案内することがあります。今回ですと最大で1.7kmずれた場所を案内していました。

Oregon600では正確にルートをトレースしています。ファイル形式の問題でしょうか?

キューシートはR東京が出しているものに左右の曲がり角で色付けをしてサイズを変更したものをラミネートして財布と同じ袋の中へ。走行中に見ることは無く休憩中にこれからのルートを確認するために使いました。文字が小さすぎると疲れている時に見る気が失せるので要注意。

 

【バッテリー】

Ankerの20000mAhを1個をUSBケーブル2本ともにジップロックに入れてトップチューブバッグへ。

VOLT300用の交換バッテリー2個もフル充電して持参。

この他にもOregon600用や尾灯用に単三電池を数本持っていきました。

これでEdge520Jを2回40%程度→100%まで充電。雨がやんでいる間に行いました。

USB充電の尾灯も1回充電、VOLTは2本のバッテリーを使い果たしたので2本とも予備と交換。昼間にVOLT300にUSBケーブルを指して充電。これも雨が止んでいる時に。

乾電池式尾灯は一度電池交換。

Oregonは合計でも2時間ぐらいしか使わなかったので電池交換なし。

スマホはTwitterと時折写真を取っただけで完走後も50%ぐらい電池が残っていたので充電無し。

帰宅後Ankerを充電してみたら30%ぐらいしか使わなかったようなので600kmでも容量的には余裕か?

対象的にVIVOSmartHRは心拍数転送モードで30時間ほどでバッテリー切れ。

心拍数転送モードでなければ4~5日もつはずなのでブルベでは転送モード使わなくても良いかも。っていうかVIVOSmartHRはブルベにいらないかもwww時計とスマホの着信受信機として使いますか。

 

【機材】

納車からの走行距離が4000kmを超えてタイヤのサイドに細かな亀裂が入りだしたのでContinental4season25cに交換。

フロントチェーンリングも52-36から50-34に交換。

 

【バッグ】

トップチューブバッグ

Ankerのバッテリー、乾電池、手ぬぐい、チェーンロックを入れておきました。USB充電式の尾灯もトップチューブバッグに入れながら充電しました。

 

APIDURAおやつバッグ 

塩分タブレットとドリンクの粉末、コンビニで買った羊羹などの補給食を突っ込んでおきました。

 

ジャイアントサドルバッグ

輪行袋、レインウェア(モンベル)、レインシューズカバー、半袖ジャージ、ビブショーツ、タオル、替えのアンダーシャツ、ソックス等々を入れたら結構一杯になってしまいました。

写真はBRM1008PC2での様子。サドルバッグに雨で濡れたソックスをくくりつけてなんとか乾かないかと無駄な努力をしていましたw

 

【薬・サプリメント】

400kmブルベで気を使ったのがここ。

なにせ未知の距離なので何を用意したらいいやら・・・。

足攣り対策の2RAN、芍薬甘草湯、と痛み止めのロキソニンを3錠用意。

結局ロキソニンは3錠とも飲みきってました。

この他には大きな絆創膏と筒状の包帯を用意。

シャモアクリームは百均で買ったケースに小分けして休憩毎に塗り直し。

おかげでお尻の皮は軽微な破れで済みましたwww

 

【補給】

途中のコンビニでは果汁100%オレンジジュースを飲むように心がけました。

食べ物はその時食べたいものを食べていましたが、パスタとかよりはおにぎりやサンドイッチなど素早く食べられるものを選んでいました。

PC間の距離にかかわらずおやつバッグに入れておけるものも必ず買ってました。饅頭とか羊羹とかそんなやつです。

 

【ウェア】

基本的に夏装備。半袖ジャージとインナー、ビブショーツにパールイズミのコールドアームカバーとレッグカバーが基本スタイル。雨が降ってきたときや柳沢峠・熱函道路からのダウンヒル時などはウィンドブレーカーを着用。

気温が高かったので寒く感じることはまったくなく、ウェアの選択は雨の時どうするかだけが悩みどころでしたが結局レインウェア、レインシューズカバーは全く使用しませんでした。

 

【今後に向けて】

Di2化

いままで興味はありつつも踏み切れなかったDi2化ですが、300km超えたあたりからフロントの変速が結構労力を使っている感じになってしまい億劫になりました。

1回1回は大したことがない動作なのですが変速のためのストロークの繰り返しも疲労の蓄積という観点から馬鹿にできない気がしてきました。

トップチューブ下の活用

ブルベで時折見かけるトップチューブ下にケージを増設してツール缶などを装備する方法もやってみようかと思います。

通勤の時にタイラップで止めてみましたが安定感が無いので専用のパーツを発注しました。

初めての600kmチャレンジなので不安感から荷物が増えてサドルバッグは一杯になりそうですし。若干重心が下がって安定感が出るでしょうか?

カメラの検討

一応ブロガーの端くれなので写真は撮りたいのですが、使っているカメラが夏頃から不調で上手く機能しません。400kmブルベで久々に使ってみましたが

ご覧のとおり。レンズカバーが開ききりませんwwww

私の周りのローディーの標準装備とかしているRX100M3ほどのものは重量の面などで必要ないかもしれません。

NFCが付いててバッテリーカバーにロックが付いていて起動が速いコンパクトカメラが欲しいところですが、SONYは品薄状態で近隣の電器店には在庫がありませんでした。

600kmには導入したいけどどうなるでしょうか?

夏頃から同行していただいた方の写真でしのいできましたが、さすがにいつまでもこのままというわけにはいきません。

 

とりあえずカメラだけでも買っておいてDi2化は600おわってからにしましょうかね?

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。