KIKURINGの司法書士ライフと日常

司法書士・きくりんのひとり言

かなりミーハーなきくりんが日常生活や仕事で思ったことや考えたこと、はたまたどうでもいいことを書き記していきます。
NEW !
テーマ:
 先月の月報司法書士には「医療法改正の対応」が、そして今月の月報司法書士には「社会福祉法改正について」掲載されています。医療法改正と社会福祉法改正のポイントや登記に関することが分かりやすくまとまっているので助かりました。
 
 医療法人の登記は少なからずありますし、社会福祉法人の登記はウチで取り扱っている法人登記の中でも多いので、今回の医療法及び社会福祉法の改正に関する資料をチェックしていたのは言うまでもありません。
 
 今年に入ってから社会福祉法改正に関することを聞かれることが何度かあったので、今月の月報司法書士の記事は重宝しそうです。ゆえに、先月の医療法改正に関する記事とともにコピーしておき手元に置いておくようにしました。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:
 今日、ウチの事務所に10年以上前に解散登記をし、事業を辞めた方から相談がありました。会社の清算結了に関する内容だったので会社の登記簿を確認したところ解散日の記載の下にこんな記載がありました。
 
 「平成〇〇年〇月〇日商業登記規則第81条第1項による登記記録閉鎖」
 
 そう、商業登記規則第81条第1項によると「解散登記をした後に10年を経過した時は登記官は登記記録を閉鎖することができる」ことになっています。この会社もここ数年行われている休眠会社の整理の際に、登記官により登記記録を閉鎖されたようです。
 
 何だかキツネにつままれた感がありましたが、すでに登記簿が閉鎖されている以上は敢えて清算結了登記をする必要もないのではないかということになりました。これが司法書士として正しい判断なのかどうか分かりませんが…。
 
 ちなみに、休眠会社の整理によりみなし解散させられた会社についても、みなし解散の登記をした後10年を経過すると登記簿が閉鎖されます。
 
 また、商業登記規則第81条第3項によると、登記官が登記簿を閉鎖した後、会社が本店の所在地を管轄する登記所に清算結了していない旨の申出をしたときは、登記官の職権により登記簿が復活することになります。
 
 今回は相談だけで終わりましたが、まだまだ知らないことが多いことを実感させられたひと時でした。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 昨日から平成29年度の継続受付と会費徴収が始まりました。そう、毎年恒例の事務作業が始まっています。昨年は12月まで途切れることなく新入会者がいましたが、今年は今のところ新入会者はいないですね。そのため、既会員の継続受付がメインであります。

 

 受付期間は来月いっぱいまでなので、とりあえずは受付した方から順次処理を進めていくことになります。今年度から会費が変わりましたが、今のところ大きな混乱もなくスムーズに進んでいるので内心ホッとしているのは言うまでもありません。

 

 クラブの事務作業と成年後見業務は正直言って被る点が結構あります。クラブの事務作業の経験が成年後見業務にそのまま役立っていると言っても過言ではありませんね。「後見人に対してアドバイスをしてくれる親族が大勢いる成年後見業務」と言うことができるかもしれません。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 昨日に続き今日もテニスしてきました。これで今年最初の2日連続テニスになります。今日はそれほど風もなく暖かかったのでテニス日和だったかもしれません。

 

 練習で一汗かき、ゲームでさらに汗をかいたので心身ともにスッキリしたのは言うまでもありません。体を動かすってホントいいですね。

 

 来週は土曜日しか練習できないのが残念ですが、日曜日は泳ぐか走るかして一汗かきたいと思います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 今年最初の相談事業運営委員会は3月にある予定です。今回は地元支部の支部長として質問を挙げることにしました。内容はこの委員会で運営管理している地元本会主催の常設相談会の地元会場に関することになります。

 

 今年度で支部長職が終わる可能性があるので、今後のことを考えた上での質問になります。今まで通りにするなら支部長の引き継ぎ事項としてピックアップしておく必要がありますし、やり方を変えるのであれば支部役員への報告事項になります。

 

 支部長職の任期が残り少なくなってきたので、残りの期間は次の方への引き継ぎを意識した支部運営をしていくつもりです。まあ、今回の質問はその一環と言えばそうと言えますね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 今日は仕事の予定がなかったので今年2回目のテニスをしてきました。昨日の酒席で飲み過ぎたおかげで最初は体が怠かったですが、一汗かいたらスッキリしてきました。

 

 今年の初打ちから2週間近くやってなかったので今日は練習メインでしたが、2週間やってないとやっぱりダメですね。

 

 この土日は仕事の予定がないので、明日もテニスしてきます。今年は土日2日間ともテニスできる週末がどのくらいあるか分かりませんが、今年もテニスをやれる時は楽しもうとと思います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 昨晩は地元のお寿司屋さんで支部新年会がありました。雪予報で寒かったですが、雪が降らず一安心でした。

 

 今回は支部統合後初の支部新年会だったのでどうなるかと思いました。全員出席はならなかったものの、旧両支部会員同士で親交を深めることができたので良かったです。統合後支部の支部長として嬉しく思います。

 

 これが実質新年会第2弾になりますが、焼酎を飲み過ぎたようで自宅に帰宅後、不覚にも寝落ちしてしまいました。疲れがたまっていたのかしら…?

 

 支部長として出席する新年会は来週末の土地家屋調査士会の支部新年会です。昨年アマでは不動産業協会の新年会にも出ていましたが、今回は土地家屋調査士会の支部新年会と同じ日になってしまったため残念ながら地元支部の理事さんに代わりに行ってもらうことになりました。今回は30周年記念式典だったので出席できず残念でしたが仕方ないですね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 今日、昨年の休眠会社の整理作業によりみなし解散させられた株式会社の継続に関する相談がありました。話によると継続したいとのことなので手続について調べてみました。必要な決議は以下の通りになります。

 

○必要な株主総会決議

・会社継続決議

・取締役(及び監査役)の選任決議

・取締役会を設置する場合には取締役会設置会社の定めの設定決議

 

 なお、代表取締役については定款で定められた選任方法により選任することになります。また、会社継続の際に取締役会や監査役を廃止する場合にはそれに応じて必要な定款変更決議をすることになります。なお、解散すると取締役会設置会社の定めは抹消されてしまうため、継続後に取締役会を設置する場合はその旨の定めの設定決議をする必要があります。

 

 また、みなし解散させられた株式会社継続の際の登記の事由は以下の通りです。

 

○登記の事由

・平成○年○月○日清算人及び代表清算人の就任→法定清算人の就任登記

・会社継続

・取締役、代表取締役(及び監査役)の変更

・取締役会設置会社の定めの設定→取締役会を設置する場合

・監査役の監査の範囲を会計に関するものに限定する旨の定款の定めがある旨(必要があれば)

 

 これ以外に定款変更決議が行われた場合にはそれに応じて必要な登記をすることになります。ちなみに、必要書類は以下の通りになります。

 

○添付書類

・定款

・株主総会議事録

・株主リスト

・取締役及び監査役に就任した者の本人確認証明書

・代表取締役の選任を証する取締役会議事録もしくは取締役の互選書

・就任承諾書(選任議事録等の記載を援用することができる)

・取締役(及び監査役)全員の印鑑証明書

 

 なお、印鑑届については代表清算人としての印鑑届と代表取締役としての印鑑届が必要になります。

 

 こうやってみると、ここ数年の改正点も踏まえて必要な登記や書類を検討する必要がありますね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 現在受託している後見制度支援信託案件ですが、一昨日に裁判所に報告書一式を提出したところ、昨日の夕方には指示書を取りに来て欲しい旨の連絡がありました。提出から1週間くらいかかるかと思っていたらあっという間に指示書が手元にきたので逆に面食らってしまいました。

 

 とはいえ、年明け後に手続が一気に進んだとも言えるので、この勢いで信託銀行に提出する書類を揃え、信託申込書などに必要事項を記入しておきました。諸事情により預金をおろせるのが2月に入ってからなので、信託契約申込書等を信託銀行に提出するタイミングを窺っているところです。

 

 親族後見人が後見制度支援信託手続が終わるのに時間がどのくらいかかるかにつき気にしていたので、できるだけ早めに手続が終わるようにしたいところですね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 ワシが受託している後見案件でゆうちょ銀行の貯金があります。財産目録を作成する際に、総合口座通帳の現在高の欄に「振替(○○円)」と記載されていました。そこで、何か意味があるものだと思って調べてみました。

 

 ゆうちょ銀行の総合口座を開設する際に、通常貯金、通常貯蓄貯金のご利用上限額を設定します。通常貯金額若しくは通常貯蓄貯金額がその上限額を上回ると、上回った分が振替口座(振替貯金)に自動的に移動するそうです。

 

 振替口座(振替貯金)とは、銀行で言う「決済用預金」のことです。そのため、利子は付きませんが、万が一のことがあった場合でも預かり金全額が保護されることになります。

 

 このことは後見案件や財産管理業務を受託する際の豆知識の1つとして頭の片隅に入れておいてもいいかもしれませんね。

 

☆参照:総合口座のご案内(ゆうちょ銀行)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。