KIKURINGの司法書士ライフと日常

司法書士・きくりんのひとり言

かなりミーハーなきくりんが日常生活や仕事で思ったことや考えたこと、はたまたどうでもいいことを書き記していきます。

テーマ:

 本日、司法書士が行える債務整理の範囲に関して最高裁判決が出ました。この判決のポイントは以下の2点です。

 

1.債権者の主張する額を基準とする。
2.上限は借金の総額とはせず、個別の借金ごとに判断すべきである。

 

 よって、債権者の主張する額が140万円を超える場合には司法書士は裁判外の和解について代理することができないことになります。

 

☆平成28年6月27日最高裁第一小法廷判決

http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail2?id=85969

 

 この判決を素直に読むと債権者が主張する額は「引き直し計算前の金額」ということになるのでしょうね。ただ「個別の借金ごとに判断すべき」とのことなので、この点が明らかになったことは評価できると思います。

 

 日司連が唱えていた「依頼者が得る経済的利益を基準とする」考え方は少々強引過ぎたのではないかと思います。個人的には、正直言って妥当な最高裁判決だと思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 昨日は朝からお昼過ぎまでテニスをし、夕方から協会の会議がありました。まさにテニスづくしの1日でしたね。

 

 気温はそれほど高くなかったものの、湿度が高くジメジメしていたので、ゲームをするたびに汗だくになってしまいました。おかげでTシャツから短パン、靴下まで汗だくになってしまったのは言うまでもありません。

 

 夜はクラブの代表として協会の会議に出席してきました。昨日の会議は各クラブの代表者から意見や要望を吸い上げるためのものだったので、全青司で言えば代表者会議、本会で言えば支部長会と同じようなものです。昨日も様々な意見が出たので、来月行なわれる理事会で検討してもらうことになります。

 

 各クラブの意見を発表する場なので全クラブが出席してくれればいいですが、なかなかそうもいかないですね。まあ、同じような話をどの団体でも聞くので、一番の悩み処はどこも同じなのかもしれません。

 

 そんなわけで、昨日は朝から晩までテニスづくしな1日でした。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 ここのところ、ちょっと古い担保権の抹消がらみの依頼が続いています。だいたい20~30年くらい前に設定され、すでに全額返済しているにも関わらず抹消されていない担保権の抹消です。

 

 担保権が設定されてから20年から30年くらい経過していると、登記簿上の抵当権者が合併されたり商号が変わっていたり…などなどあるので、今現在どうなっているかにつき確認する必要があります。また、物件の所有者の名変登記や相続登記が必要だったりすることも結構ありました。

 

 ここのところ多かったケースは「名変+相続または贈与+担保権抹消」でした。名変でも住所が移転しているケースだけでなく氏名が変わっているケースもありました。また、担保権抹消の前提として担保権の承継登記が必要だったケースもありましたね。

 

 相続登記をしないと担保権抹消登記ができないので、すでに完済しているにも関わらず登記簿上担保権が残っているというケースはまだまだあると思います。相続登記や贈与による所有権移転登記の依頼を受けた際に、ちょっと古いと思われる担保権があった場合には、当たり障りのない程度に依頼者に確認してみるのもいいかもしれません。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 最近、新聞やニュースでも取り上げられているWindows10への強制アップデートですが、ついに消費者庁が注意喚起をしました。消費者庁のHPに「Windows10へのアップデートに関する確認・留意事項」として資料がアップされています。

 

 確かに、ウインドウズ10への強制アップデートは日本全国どころか世界中でも問題になっているので、ついに消費者庁が乗り出したという格好になっています。

 

 PCの使い方は利用者ごとに異なります。そういった事情も考慮せずにWindows7や8.1ユーザーを一括りにして強制アップデートさせようとするのは強引すぎるのではないかと思います。

 

 Windows10への無償アップデートは7月29日までとなっています。マイクロソフト社がさらに強引なやり方でWindows10に強制アップデートさせようとする可能性があるので、アップデートしたくない方は少なくとも7月29日までは注意が必要ですね。

 

☆Windows10へのアップデートに関する確認・留意事項(消費者庁)

http://www.caa.go.jp/adjustments/pdf/160622adjustments_1.pdf

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 今日、申請したものの中にちょっとマニアックな特例有限会社の取締役の住所変更登記がありました。

 

☆有限会社X

本店 T県A市A町1番地

役員 取締役A、B 代表取締役A

 

 この有限会社Xの取締役Bの住所が以下の通りに変更になっていました。この場合の登記すべき事項はどうなるでしょうか?

 

1.T県S市B町1番地(会社登記簿上の住所)

↓(平成10年1月1日住所移転)

2.M県U市C町2番地

↓(平成16年1月1日行政区画変更)

3.M県I市C町2番地

 

 ワシは、下記の通り時系列に沿って登記すべき事項を記載しました。

 

平成10年1月1日 取締役Bの住所移転

住所 M県U市C町2番地

 

平成16年1月1日 行政区画変更による取締役Bの住所変更

住所 M県I市C町2番地

 

 今回は登記原因がそれぞれ異なるので、このような形で申請しました。他にも役員に関する登記があったので登録免許税として1万円納付しましたが、もし、取締役Bの住所変更登記だけの場合の登録免許税ってどうなるのでしょうね?

 

 役員の住所変更の登記原因が「年月日住居表示実施」や「年月日行政区画変更」だけであれば、登録免許税法第5条第4号もしくは第5号により非課税になりますが、今回のような場合は登録免許税がかかるのではないかと考えます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 今日は第2回目の民事調停期日でした。1時間あまりの間で、様々な紆余曲折を経た上で無事に調停が成立しました。

 

 今回も、相手方代理人として本人と一緒に出席してきましたが、控え室で申立人がこちらの考えに対してどう対応してくるかにつき予想しながら本人と打合せをし続けましたね。

 

 最終的には、ワシが当初考えていた通りの案で成立したので結果オーライといったところですが、万が一調停が不成立で訴訟になった時には、こちらが圧倒的に不利なのは明らかだったので、どうしようかと内心ビクビクしていたのはここだけの話です。

 

 これで調停は無事に終了し、調停調書が手元に届くのを待つだけになりましたが、1つだけ思ったことがあります。それは、いくら親しい者同士でも訴訟や調停になってしまうと今まで積み上げてきた関係が崩れてしまい残念だということです。このことを目の当たりにすると、なるべくなら訴訟や調停ではなく話し合いで円満解決できるものならそうした方がいいのではないかと思います。こういう時こそADRの出番なのかしら?まあ、今回のケースと同じようなやりとりを調停人として見守ることになるのでしょうね。

 

 帰りの車中でそんなことを思った今回の民事調停でした。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 内藤先生のブログに興味深い記事がありました。それは「休眠会社の整理と過料の決定」という記事です。

 

☆休眠会社の整理と過料の決定(司法書士内藤卓のLEAGALBLOG)

http://blog.goo.ne.jp/tks-naito/e/55c7dc890882696645346fb88a9f5b41

 

 内藤先生のブログによれば、事業を廃止していない旨の届出をした株式会社に対しては過料の決定が出されているようです。決定理由は「選任懈怠」がほとんどとのことです。

 

 ワシの地元でも休眠会社の整理にかかった株式会社の社長さんからの相談がいくつかありました。取り急ぎ法務局に届出書を提出してもらった上で、役員変更登記等をすることにしました。その後、裁判所から過料の決定通知が送られてきました。

 

 今年も休眠会社の整理を行うようですが、今年あたりから役員の任期を10年に伸長した株式会社で12年間登記をしていない会社も対象になってくるはずです。役員の任期を10年にして12年間何も登記していないことと、役員の任期は従前のままで12年間何も登記をしていないことを同列に扱うことはできないと思います。

 

 裁判所が過料決定をする際には、これらの会社をどう区別するのでしょう?もしかすると、設立年月日が平成18年5月1日の会社法施行前か会社法施行後であるかで過料の金額に差をつける…なんてこともあるかもしれませんね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 不動産登記及び商業登記をオンライン申請した時に、収入印紙で納付した登録免許税が不足していた場合の納付方法は2つあります。

 

 1つは、収入印紙で納付する方法です。不足分の収入印紙を貼付用の台紙に貼るなどして法務局に直接持ち込むことになります。これは書面申請の時と同じです。

 

 もう1つはオンライン申請システム経由で電子納付する方法です。そう、登録免許税は収入印紙による納付と電子納付を併用しても大丈夫です。これは申請先の法務局が遠方の場合に助かりますね。

 

 オンライン申請した件で収入印紙で納付した登録免許税が不足している場合の不足分の納付方法については、収入印紙によるだけでなく電子納付でもOKということも頭の片隅に入れておいてもいいかもしれませんね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 6月下旬に差しかかり、天気が良いと暑くてじめじめする時期になりました。今日は気温が昨日よりも下がるとのことでしたが、天気予報が見事に外れ、日中は晴れて蒸し暑くなりました。そんな今日は1年で一番昼間の時間が長い夏至の日です。

 

 これだけ蒸し暑くなると上着を着る必要がなくなりますが、それでも朝晩は涼しい時もあるので上着も毎日持参しております。

 

 7月に入ると夏本番です。今年もあっという間に半分終わりになりますが、良い形で折り返すことができるようにしていきたいですね。

 

 ちなみに、この時期は夏風邪にも注意が必要です。エアコンが効いた涼しい室内と蒸し暑い外とを行き来するとそれだけで体調を崩しやすくなります。エアコンが効きすぎて涼しすぎると感じる場合には上着を着ていた方が無難と言えば無難ですね。夏風邪は結構長引くので風邪をひかぬよう注意が必要です。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 ある土地で登記簿上の地目が宅地で固定資産評価証明書上の課税地目が道路で評価額がゼロ、近傍宅地価格の記載がある場合、登録免許税の計算はどうなるでしょうか?

 

 この場合は、登記簿上の地目が公衆用道路で評価額もゼロ、かつ、近傍宅地価格の記載がある場合と同様に「近傍宅地価格×地積×100分の30=課税価格」になります。

 

 ワシの地元は道路の場合の近傍価格は1㎡10円なので、所有権移転登記の登録免許税額に影響を与えることは少ないですが、都内などで近傍宅地価格が20,000円だったりする場合には登録免許税額が変わる場合がほとんどだと思います。

 

 地目が公衆用道路もしくは課税地目が道路で評価額がゼロの土地も含まれている所有権移転登記の登録免許税を算出する場合にはちょっと注意が必要ですね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。