Powered by NINJA TOOLS

大分県の豊後大野市で農業を営んでおります。時々和服を着て町に下りますと、サムライに間違えられ、小中学生に後ろ指を指されたりしております。

愛刀「菊一文字」を腰に差し、弟子を引き連れ、各地で紙芝居の上演などをしております。

尊敬する師のブログです⇒日本の森を救う「植えない森=地球が再生する森」のすすめ

これ以上、土砂災害で尊い人命が失われないように、どうか、皆さん真実を知ってください!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-05-19 19:51:35

みんな違って、みんないい。ツンツン苗に教えられる。

テーマ:田んぼ

 

稲の苗代の朝。

 

 

種蒔きから11日目のお米の苗。

 

ツンツン可愛らしい芽が出ると、ホッとする。

 

 

 

みんな思い思いの姿だ。

 

「みんな違って、みんないい。」 by金子みすず

 

燻炭に隠れて、まだまだ芽を出していないのもたくさんある。

 

不揃いでも一向に構わない。

 

いや、

 

不揃いの方がいい。

 

これから、大雨、干ばつ、台風、いもち病、など、たくさんの困難が待ち受けている。

 

一斉に育って、一斉に穂が出ると、

 

全滅の危険がある。

 

育ちに違いがあると、

 

生き残る可能性が高いのだ。

 

植物は、そういう知恵を体の中に持っている。

 

 

 

 

人間は、それを有難く受け入れるしかない。

 

 

 

 

 

 

 

応援のクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-05-17 21:20:09

カレーライスを美味しく食べるための「カレーライス専用スプーン」

テーマ:ブログ

 

 

昼寝から覚めた頃、木こりの「マウンティンビー」さんがやってきた。

 

「これを使ってください」

 

と、彼の主力製品である手作りのスプーンをくれた。

 

 

彼のモットーは、

 

脱電動工具だ。

 

 

 

斧(おの)、鉈(なた)、ナイフ、ノミ、のこぎりなど、電気を使わない、昔ながらの工具で製品を作っている。

 

材料の木材も、地元の、ヒノキ、杉、桜、ケヤキなどを使っている。

 

その材料も、わざわざ伐採するのではなく、伐採されて、取り残された「端材」を使っている。

 

 

 

 

一見すると、上の、一般的な木のスプーンの方が使いやすいように思える。

 

 

 

が、

 

 

たくさん載せたい時はこのように。

 

 

 

少しだけ載せたい時は、このように。

 

自由自在に使えるのだ。

 

しかも、

 

細長い形状なので、楽に口に入る。

 

 

一般的なスプーンは、汁物もすくえるので、万能的かもしれない。

 

だが、

 

カレーライスだけに限れば、

 

断然、マウンティンビーのカレースプーンが使いやすい。

 

 

 

 

 

丁寧に削った木肌はとても舌触りが良く、食が進む。

 

 

しかも、漂白剤や化学的な塗料を使っていないので、安心だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

1本1本に職人の誇りの焼き印が押されている。

 

 

 

一人に1本。二人に2本。四人家族には4本。

 

「カレーライス専用スプーンは如何でしょうか」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

応援のクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-05-09 16:54:01

1年で一番緊張する農作業が終わった。

テーマ:田んぼ

 

冷たい水に浸けていた630gの種籾。

 

 

 

13日間じわじわ水を吸って、70gほど重たくなった。

 

 

 

午前中に作った苗床にパラパラと降ろしていく。

 

 

 

 

 


 

https://youtu.be/mgmZ7kqH0zo

 

 

 

 

 

 

私も軽やかな足取りで降ろしていく。

 

 

 

まばらなところには、2回目3回目の歩行の時に蒔き足す。

 

 

 

覆土の代わりに、燻炭を厚く撒く。

 

 

 

燻炭が泥になじむように、コテで押える。

 

 

 

鳥が入らないように、網を張る。

 

 

 


 

https://youtu.be/piBUdHRxTGM

 

 

 

 

1年に1回しか使わない「苗代ゴテ」を良く洗って片付ける。

 

あとは、芽が出そろうことを祈るのみ。

 

 

 

 

 

種籾蒔きは、1年で一番緊張する作業だが、1年で一番好きな作業だ。

 

今年もいくつか反省点があったが、

 

それを改善できるのは1年後だ。

 

 

 

「早く、種籾が蒔きたい。」

 

 

今思うことはそれだけだ。

 

 

 

 

 

 

応援のクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。