大人がグレるお話しを、前回書かせていただきましたが、今回は子供時代にこうやって傷ついちゃうのです!と言うお話しを・・・

わたくしには、2歳年上の兄がおります。
この兄と、父と一緒にいるときに起った、大事件についてお話しいたします。
かなり悲しいので、皆様の涙を誘ってしまうかも知れません・・・

我が父は、恐ろしいまでの無口な男です。
私に子供が産まれるまで、ほとんど会話らしい会話をした事がございません。
私が子供時代に父としていた会話と言いますと・・・
「ごはん、できたよ~!」(母に呼びに行かされておりました)
「電話やよ~!」(携帯電話など、影も形もない時代です)
「お風呂沸いたよ~!」(父がお風呂に入ってくれないと、夕食が食べられません)

私がこれらの呼びかけを父にすると、父からは必ず「ん」と、たった一言の返答があるのみ。会話とは到底呼べないものでありました。
ある時など、母に言われるがまま、父が車で出かけるのに、強制的に同行させられたことがあるのですが、この時は地獄の責め苦を味わいました。
片道1時間ほどの行程を無言で過ごし、お昼にさしかかったので、父も一応気をきかせたつもりなのでしょうが、二人でうどん屋さんに入りました。
そして、ふたりで無言で、うどんを食べたのです。
そして、また無言で1時間かけて帰るという、なんともまぁ~地獄のような時間を過ごしました。
この時のわたくし、小学校2年生。
父が注文したのは、鍋焼きうどん。
私が注文したのは、きつねうどん。
黙っているのってつらいよね~、ハッキリと覚えております。

話しがそれましたが、こんな無口な父と兄と3人である日、我が家の裏山に(どれだけ田舎!)庭に置くための石を、大量に取りに行った時に事件は起りました。
年齢がバレるので、書きたくなかったのですが、正直者なので告白しましょう!
この時に3人が乗って出かけたのは、ミゼットというかなり年代物の軽トラックでした。
ミゼットを知らないヤングな方は、お調べ下さいね。

このミゼットに、大量の石を積み込んで、自宅に帰ろうとした時に、あまりに重い荷物と長い間ブレーキを踏み続けた結果、ブレーキが自宅前できかなくなったのです!
我が家の前は、急な坂道なっておりまして、ブレーキがきかないとなると、そのまま坂を下っていくしかありません。
大事件です!
幼少の大門ピンチです!

ミゼットは、私の記憶ではベンチシートになっていたような気がします。
父が運転席、真ん中に私、助手席に兄、こんな風に横一列に乗っていたのですが、ブレーキがきかない!!
父が叫びました。「飛び降りろっ!!」
父も言葉を発するのだ~などと、呑気に思った記憶があります・・・

長くなりましたので、読む人の涙を誘う悲しい事件は、次回に

 

ついに、デビューしちゃいました!!


**************************************************************

シワやらシミやらが、クローズアップされるから嫌だと、ゴネにゴネて数か月・・・
ついに、動画デビューしちゃっいました。

初の動画は、社長である平とのツーショットでございます。

いったい、何の動画かと言いますと、『きくまる』という講座やワークショップで録音した音声を配信するサービスのPR動画でございます。

大門の講座音声は、数々配信されているのですが、その中でも大好評をいただいている『基礎集中講座』を動画でPRさせていただいております。
この『基礎集中講座』は、カウンセラーを目指す人はもちろんですが、心や心理学というものを、ちょっとだけでいいから理解してみたいという方にも、おすすめできるものです。

ご自身の問題解決にお役立ていただくこともできますし、『どうしてだろう?』『なぜだろう?』というような、心の疑問に対しても、ご活用いただけるものとなっております。

8時間33分52秒もあり、心理学入門講座6項目、カウンセリング講座7項目がセットになって、なんと12,960円(税込み)というお得なお値段です。
音声をダウンロードしていただくことになりますので、なんと何度も何度もお聞きいただくことができるわけですね。
わからない部分をもう一度!なんてこともできちゃいます。

まずは、動いてしゃべっている大門動画をご覧ください。

動画をご覧いただくには、こちらをクリック>>>

<基礎集中講座:心理学入門講座6本+テキスト・カウンセリング講座7本+テキスト>
ks02310001-1

<あの時知りたかったよ!スペシャル~困った男の対処法~>
sp02310001-1

 

 

AD

さてさて、男前な決断をして、超が付くほどに自立してしまったわたくし。
離婚が成立するまでも、実家の両親に散々「お前が悪い!」を言われつづけるも、必死で我慢。
もう誰にも頼れなくなってしまったのですから、子供を育てていくのも一人で頑張らねばなりません。
そうです。ここでも心理学の教科書通りの行動をとりました。
「信じられるのは、自分と金だけ!」
心を固く閉ざして、唯一信じられるお金を蓄えるべく、ハードワーカーになっていきましたとさ・・・

「何かあっても、誰も助けてくれない!」「ならば、お金だけが頼りよ!」
こうして、離婚した女性は、貯金や保険に走るのです。
旦那さんという守ってくれる存在を無くし、誰にも頼れないと思った瞬間に、頼れる唯一の存在であるお金で、自分を守ろうとするのでした。

今となっては、私は何て心理学の教科書通りに進んでいるのだろうと歓心致します。

さて、私の両親ですが、離婚が決まっても、そして十数年経過した今でも「○○君は、良い人だ。」と言い続けています。
さすがに私を責め続けることは、なくなりましたが、私の元の旦那さんは、両親にとって良い人でありつづけています。
もちろん、本当に真面目な良い人ではあるのですが、それにしてもしつこいっ!!

どうして、こんなに我が両親は「良い人だ。」と言い続けたのでしょか?
これを言われると私は、「ああそうさっ!私が悪いのだよ!」と、言いたくなっていたのですが、心理学を学ぶようになって、両親のこの言動が理解できるようになってきました。
そして、当時の私自身の言動にも納得がいくようになりました。

おそらく両親は、娘が不幸である事を受け入れられなかったのでしょうね。
ですから、何かの間違いだ!とばかりに、元旦那をかばっていたのだと思うのです。
別に私を悪者にしたかった訳ではなく、ただ娘の不幸を受け入れられなかっただけ。

でも私は、「お前が悪い!」と言われるのですから、たまりません。
元旦那をかばうだけならまだしも、どうして我が両親は「お前が悪い!」と言ったのか?
これもまたおそらく、我が両親は自分達の子育てが失敗であったと、自分達を責めたのでしょうね。子育てが失敗だったから、娘が不幸な目に合った。
人は自分を責めて、責めて、責めきれなくなった時に、他の人を責めます。
両親が発した「お前が悪い!」は、散々自分達を責めたあげくに、飛び出した言葉なのだと思います。
別に元旦那を責めてもよかったのでしょうが、そうすると娘の不幸を受け入れる事になるので、できなかったのだろうと思うのです。

がっ!しかぁーーーし!!
責められる私はたまったもんじゃありません。
次回は、両親に理解されず、30歳前にしてグレちゃった私について書かせていただきます。

 

********************************************************

 

 

大門といえば、「困った男研究家」と言っても過言ではないくらい、

パートナーシップにおいて、

”女性にとって困ったことを引き起こす男性”の問題に強いカウンセラーです。

自身の実体験からの学びを、

昔の自分に対して

「これをあの時知っておきたかった!」という形でまとめた、

『あの時、知りたかったよ!』シリーズのブログは

伝説とも言われるほど人気を頂いています。


そんなブログの内容を元に行われた講座音源が、遂にきくまるに登場!

 

大門昌代の「あの時知りたかったよ!スペシャル~困った男の対処法~」

 

困った男と何らかのご縁があるということは、

「あなたには、才能がある」ということ。


特に繰り返し、困った男とばかり接することになるという女性は、

やさしさ・慈愛・母性・かしこさ・柔軟さ・セクシャリティ・・・・

などのたくさんの才能を持っているということなのです。

 

あなたの才能を開花させて、

素敵なパートナーシップを手に入れてみませんか?


ちなみに、この秘策は、自立を手放す第一歩でもあります。

 

AD

ずいぶんご無沙汰してしまいましたが、前回の続きです。

どうすれば立派な本物の打ち上げ花火を、あげる事ができたのか?
私は、困ったちゃんが打ち上げる花火に、ことごとくケチをつけました。
「形が悪い!」「趣味が悪い!」「色がなってない!」
それらは、実は本当のことだったんです。
本当に困ったちゃんが、やらかす事は、なっていなくて趣味が悪くて、人の迷惑だったりしたのです。
ですが、正直にそこを指摘して、「あんたの花火はなってない!!」と文句を言い続けた結果、花火はどんどん得体の知れないものになっていってしまったのでした。
正直だから言いというものではありません・・・

ではどうすれば?
私のやりたかったことは、困ったちゃんに駄目だししたかったのではないのです。
本当に日本一の花火を上げてほしかったのです。
ですから、駄目だしするのではなく、一緒にどうすれば日本一の花火を打ち上げられるか?を、考えればよかったのです。
そして、その為に私が提供できるものを、全て与える事が日本一の花火を困ったちゃんにあげてもらえる方法だったのです。

形が悪いのは、火薬が均等に並んでいないからかもしれないのです。もしそうなのだとすれば、困ったちゃんは、火薬を均等に並べれば、真ん丸い花火が出来ると知らないかもしれないのですから、私が気付いて教えてあげることもできたはず。
色が悪いのであれば、もしかしたら火薬の色を困ったちゃんは、単色しか持っていなかったのかも?なのですよ。
だとしれば、二人で他の色を探したりすれば、綺麗な色の花火を作ることだってできたはずなのです。

現実の行動で言うならば、困ったちゃんを素晴らしい男にしたかったら、私は困ったちゃんの駄目な部分を指摘するのではなく、奴に足りない部分が何なのか?を、教えたり、奴が持っていなくて私が持っている部分を提供したり、「あなたは、もっとできる!素晴らしい素質がある!」と、奴の価値を認めて、伝えてあげることだったのだと思います。
悪いところを指摘して、けなすだけでは、駄目なんですよ・・・

私が困ったちゃんの悪いところを指摘して、けなすと言う事は、私は困ったちゃんに勝ったかもしれませんが、ちっとも幸せではないのです。
だって私がやりたかったことは、困ったちゃんに日本一のいい男になってもらうことだったのですからね。
勝負に勝ちたかったわけではないのです。
困ったちゃんが、日本一のいい男になった時に、どちらかが勝ってどちらかが負ける勝負ではなく、共に勝つという素晴らしいご褒美が待っていたのでした。
残念ながら手にすることは、できませんでしたが、理論はしっかり理解したわたくし!
後は、実践あるのみです!

AD