11/17配信の無料音源は、きくまる初登場!

 

宮本恵の『何を信じる!?~新たな視点の見つけ方~』です。

 

無料試聴はこちらから>>

http://kikumaru.biz/

 

皆さんは、「信じたことが現実化する」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?


私たちは、意識的なものから無意識的なものまで、

何かを信頼して日常生活を送っています。


「信じる」とか、「信頼する」という言葉は、

一見良いことのように聞こえますが、

 

何を信じているかによって人生で起こることを左右しているといっても過言ではありません。


「私には、出来ない」と信じてしまえば、

何をやっても出来るような気にはなかなかなれませんし、

 

 「私は、愛されない」と信じてしまえば、

好意を持っている人と向き合うことさえ、怖くなってしまいます。 

 

「私は、役に立ってない」と信じてしまえば、

周りの人の好意でやってくれていても受けとることもできず、

役に立てなくてごめんなさいと思ってしまいます。


そのくらい、私たちが知らず知らずのうちに信じたもネガティブなものは、

簡単には私たちの気持ちを沈ませ、元気を奪ってしまいます。


そのくらい私たちが信じているものの持つ力は、大きいのです!!


もちろん、信じることが及ぼす影響力はポジティブなものにも、同じ力を発揮します。


同じ信頼するなら、私たちに力を与えてくれるものを信頼したいものです。


今回の講演では、信じているものの影響力から、

ネガティブな信頼からポジティブな信頼へ移行する秘訣をお話したいとおもいます。


興味のある方、

本当にそんなこと出来るの??という疑いをもっている方まで、

皆さん、ぜひお聴きくださいね。

 

無料試聴はこちらから>>

http://kikumaru.biz/

 

AD

2017年11月新着音源はこの4本!

 

平準司の『仕事を心理する』

「家庭で過ごす時間より、職場で過ごす時間のほうが長い」
という人は少なくありませんが、
 
せっかくなら「この仕事が好き」と感じながら過ごせることが幸せですね。
 
仕事の好き嫌いには、職場の対人関係や、
仕事の仕方のパターンが大きく関わるといわれます。
 
それらを知ることで、仕事に対する思いを変えていくことも可能です。
 
「理想のパートナーと出会いたい」
「パートナーに私の理想の人になってもらいたい」
 
そうは思っていても、
いざ理想の人が現れると、しり込みしてしまったり、
パートナーが自分の理想の人に近づいてくると、
疑ってみたりということを私たちはやってしまいます。
 
なぜ理想の人を求めるのか?
 
それは、理想の人ならば、幸せになれるだろうと思うからなのですが、
実際に理想の人が現れ、パートナーが理想の人になったからと言って、
必ず幸せになれるわけではないのです。
 
理想の人を受けれることができる心の状態、
幸せを感じられる心の状態が大切なのです。
 
理想の人と、幸せになるためにとても大切なことについて、お話しさせていただきます。

 

池尾昌紀の『傷つくとはどういうことか』

私たちは傷ついています。
 
そこには、傷つけた誰かがいます。
 
しかし、心の世界ではそれは誤解である、と言われます。
 
それは、誰かに傷つけられるのではなく、自らが傷つけている、という視点。
 
この視点が誤解を解き、
加害者と被害者をなくしていきます。
 
「自分を傷つけることができるのは自分しかいない」
「傷つくならば、それは愛ではない」
 
そんな言葉の意味を紹介しながら、
私たちの心が傷つくことの本当の意味とそこからの解放についてお話しする講座です。
 
あなたが辛い時、悲しい時、疲れた時、
そこで感じる気持ちを押し殺し、強く生きようと頑張る。
 
それは時に生きるために必要なことでもあります。
 
が、それがずっと続く人生に喜びを感じることができるでしょうか?
 
ハードワーク、燃え尽き症候群、失望感、気持ちの落ち込み、
そういったものを作るものがもし、あなたの頑張りだったとすれば、
あなたはどう思いますか?
 
そういう時はすべてを自分で解決し頑張る、という発想から、
自分を認め、誰かに助けを求めるという「強さ」が必要になることがあります。
 
心はバランスでできていますからね。
 
そこで今回はどうすれば、弱さを受け容れる強さをもつことができるのか、についてお話ししています。
 
AD

11/7Upの無料音源は、平準司の『自分の中の「愛」を認める』です。

 

私達の心の中には、どうやら大きな愛があるようなのですが、

 

残念なことに、

多くの人はその大きな愛を感じることができません。

 

「自分には愛などない」と真逆のことを感じてしまっているようなのです。

 

自分の中に愛がないと感じると、

その状態を外の世界に投影しますので、

周りにいる人達も愛がないように感じてしまいます。

 

自分の中に愛があることを受け入れることができれば、

様々な状況を愛を通してみることができるようになるのです。

 

私達は何かをしてしまったときに罪悪感をもちますが、

 

たいていの場合、

何かをしてしまった罪悪感よりも、

やらなかった罪悪感を多く持っているものなのです。

 

私達が自分の中にある愛に気付くには、

与えなくてはいけないのです。

 

与えることによって、自分の中に愛があることに気づくことができるようになるのです。

 

無料試聴はこちらから↓

http://kikumaru.biz/

 

AD