伸学会代表ブログ『道を拓く』

子どもが自分の力で成長していけるようにするために「正しい勉強のやり方」と「正しい勉強の続け方」を教えています

NEW !
テーマ:
もし自分の子供が泣いていたら、あなただったらどう思いますか?


ちょっと前の、0学期のまとめのテストのときのこと。

6年生の子たちが何名か、算数のテストの後自己採点をして泣いていました。

目標に届かなかったのが悔しかったそうで。

それを見て私は嬉しくなりました。

よしよし。良い傾向だぞ。


もちろん満足のいく結果が出せて、自信を深めていくことが理想です。

でも、成功ばかりが続くわけではありません。

必ず失敗するときは訪れます。

それは大人になってからでも同じでしょう。

だから私は失敗させないことよりも、失敗の乗り越え方を身につけさせたいと思っています。

そのためには、自分の意思で行動を決断し、失敗と行動の因果関係を考えさせなければいけません。

何をしたら良いかを先生や親が決めてあげるわけにはいかないのです。


泣くほど悔しがっていた彼らは、きっと次こそは笑うために、成功するための作戦を真剣に考えるでしょう。

一歩成長です。


世の中には失敗をさせないために、一生懸命子供に手を貸す塾も多いようです。

でも私たちはときに失敗も黙って見守ります。

子供の成長につながるなら、泣いていても笑顔で見守ります。

あなたはどちらの教育の在り方が好きですか?

-----
スタッフブログのお題を募集しています。

アンケート入力フォームを用意しましたのでご協力下さい。m(_ _)m
https://goo.gl/forms/XlIZlN6GkM3Vx1Rk2

・勉強していて良かったと思ったこと
・勉強していてつらかったこと
・自分の母校に入学して良かったと思う理由
・小中学校時代の勉強法
・親にしてもらって嬉しかったこと、されて嫌だったこと

を例に挙げてありますが、「その他」のところに自由にお題を書いてくれると1番喜びます!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
仕事やプライベートでうまくいかなくて落ち込むことってありますよね。

あなたは気分が落ち込んだときに何をしますか?

私はお酒を飲みに行ったりしていました。

でも実は、それって気分転換としてはダメダメな方法だったようです(^^;

アメリカ心理学会(世界でもっとも権威のある心理学団体、通称APA)のストレスに関する全国調査によると、「ギャンブル」「タバコ」「お酒」は、最も効果の低いストレス解消法の代表例だそうです。

私は幸いにして、これらの中では「お酒」以外まったく興味が無いですが、世の中にはこれらを趣味や習慣にしている人ってたくさんいますよね。

そしてそのせいでかえってストレスをためてしまっているそうです。


なぜこんなにも「本当のストレス解消法」に気付かず、誤ったストレス解消法に走る人が多いのでしょうか?

本当に効果のあるストレス解消法は、ドーパミンを放出して報酬を期待させワクワクさせるのではありません。

セロトニンやガンマアミノ酪酸などの気分を高揚させる脳内化学物質や、オキシトシンなどの気分をよくするホルモンを活性化させます。


しかし、そのようなストレス解消法は、ドーパミンが放出されたときのように興奮したりはしないため、どんなに気分がよくなったか自分でははっきりとはわからないことが多いのです。

そのせいでストレスが解消されていると気付かないのです。

私もそのことを知ってから、効果の無いストレス解消法はやめて、科学的に根拠のある本当のストレス解消法に取り組むようにしました。

もちろん塾の中でも、ホームルームの授業で子どもたちに効果的なストレス解消法を教えています。

例えば散歩もストレス解消効果が大きいので、休み時間には外に出して走り回らせたりとか


学年が上がるにつれて勉強時間も長くなり、ストレスも多くなってきます。

うまく解消することが、勉強を継続していくためには必須です。

ですが、子どもは自分では本当のストレス解消法には気付くことができません。

だから、知識として教えておかなければいけませんね。

効果のある息抜き法についてWebサイトのコラムを更新しました。
「効果のある息抜き法と効果のない息抜き法」
http://www.singakukai.com/news/column/8120.html


ぜひ参考にしてみて下さい。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
むかーしむかしのことです。

仕事が終わった後に自転車に乗ってご飯を食べに行きました。

真冬のとても寒い日でした。

私の自転車はママチャリではなくクロスバイクで、本気でこぐと時速40kmくらい出ます。

そうすると、ただでさえ寒いのに、風がますますもって冷たく感じられます。

スキー用の分厚い手袋をしているのに、手がかじかんでしびれるように痛みます。

でも、星空が綺麗で、外を走るのが楽しくて、寒さをこらえて遠出をしていました。


その日は環八沿いに走って、高井戸あたりまで行きました。

大学時代に友達が住んでいたので、よく通った町です。

懐かしい雰囲気を楽しみつつ、ご飯を食べるところはどこも開いていなかったので、結局少し戻って環八沿いのフォルクスで晩御飯となりました。

サラダバーでモリモリ野菜を食べてエネルギー補給です。

そしてその帰り道。


自転車に乗っている方ならお分かりになると思いますが、環八のような大きな通りは車がかなりのスピードで走ります。

トラックに追い抜かされる時などは風圧も強く、巻き込まれそうでとても怖いのです。

少しでも接触しようものならかなりの高確率で死ねます。

そこで、一本裏の道を並走して、安全に帰ろうと考えました。

これが間違いの元でした。

環八沿いに走っていれば自由が丘近辺に戻れるはずなのですが、漕げども漕げども見覚えのあるあたりにたどり着きません。

寒さで徐々に体力を奪われます。

あれー?と思っていたときに空を見上げて、猛烈な違和感に襲われました。


「なんでオリオン座が左にあるの??」


季節は真冬、時間は深夜、このタイミングだとオリオン座は真南の方向にあるはずです。

そして私が帰りたいのは南方向。

正面にいてくれなければいけません。


「しまった!方角間違った!!」


map

そのまま行ったら頑張るほどに家からどんどん遠ざかるところでした!

危ない危ない!

理科の勉強をしていて良かったなーと思った出来事でした。

星を頼りに航海をしていた船乗りの気分を味わいました(笑)


尾本先生が今年の駒場東邦中の算数の[1]の(4)

「今まで算数を学んできた中で、実生活において算数の考え方が活かされて感動したり、面白いと感じた出来事について簡潔に説明しなさい」

をネタにしていたので便乗してみました(^^)

実生活と知識につながりを

もし理科で同じような問題が出たら私の体験は満点がもらえると思うんですけど、いかがですかね?


テストで点数が取れるのも良いことですが、それを様々な場面で活用できる子が求められています。

そういう子を育てるために、私自身がそういう人間でありたいと思っています。

-----
スタッフブログのお題を募集しています。

アンケート入力フォームを用意しましたのでご協力下さい。m(_ _)m
https://goo.gl/forms/XlIZlN6GkM3Vx1Rk2

・勉強していて良かったと思ったこと
・勉強していてつらかったこと
・自分の母校に入学して良かったと思う理由
・小中学校時代の勉強法
・親にしてもらって嬉しかったこと、されて嫌だったこと

を例に挙げてありますが、「その他」のところに自由にお題を書いてくれると1番喜びます!

今回の記事を読んで面白いなと思った方は「勉強していて良かったと思ったこと」に投票してくれれば、今後増えていくであろう↑の駒東みたいな問題の模範解答集が手に入りますね(笑)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
スタッフたちにも交替でブログを書いてもらっているのですが、みんなネタに困っているようです。

日々書いていると自分の中のアンテナが勝手にネタを集めるようになってくれるんですけど、月1~2回だとなかなかそうもいかないようですね。

そこで最近はブログリーダーの太田先生がお題を出しているそうなのですが、どうせなら読者の人たちに読みたいテーマを聞いてみたら良いんじゃないかと思いました。

こんな話を読みたいっていうお題をぜひ聞かせてください!

アンケート入力フォームを用意しましたのでご協力下さい。m(_ _)m
https://goo.gl/forms/XlIZlN6GkM3Vx1Rk2

とりあえず

・勉強していて良かったと思ったこと
・勉強していてつらかったこと
・自分の母校に入学して良かったと思う理由
・小中学校時代の勉強法
・親にしてもらって嬉しかったこと、されて嫌だったこと

を例に挙げてありますが、「その他」のところに自由にお題を書いてくれると1番喜びます!

ぜひご協力よろしくお願いします(^^)
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
なぜ

ロボットプログラミング講座の体験会を数回にわけて開催しています。

告知をしたら毎回すぐに埋まってしまい、注目度が高さを感じます。

実際やってみると、子どもたちがとても楽しそうです。

与えられた課題をクリアするために試行錯誤し、クリアできるともっと難しいことをやってみようチャレンジする姿は、見ていてこちらも嬉しくなりますね。

組み立て

プログラム

設計図を見ながら自分でロボットを組み立て、それからプログラムをPCで入力していきます。

これがまた難しいんです。

なにしろ説明書通りの数値を入力してもうまくいかないようにできています(笑)

動く角度や速さや時間を自分で考えて微調整していかないと、ミッションはクリアできません。

子どもたち必死です。

楽しそう(^^)

結果、子どもによって全然動き方が違います。







いろんな正解があって良いんです。

失敗をしながら、再度チャレンジを繰り返し、自分なりの正解を見つけていく。

受験も人生もそういうものですよね?

子どものうち、特にできれば低学年のうちに、そういうマインドセットを子どもの中に作っておきたいものです。


今回のミッションは、ブロックをブロック置き場からドロップラインに移動させればクリアなんですが、みんなそのあとまたブロックを置き場に戻すようにプログラムをしたり、動く速さを加速させたり減速させたりして遊んでいました。

体験会の終了時刻が来てもなかなか帰ってくれない子が続出しました(笑)

遊びが学びにつながるって、本当に理想的です。

これからもどんどんそういう環境を作っていこうと思います(^^)

ロボット教室

--------------------------------------------------------------
●ロボットプログラミング講座の体験会が、18日に目黒校で開催した2回も、25日に自由が丘校で開催する3回も、おかげさまで満席となりました。
好評につき3月30日に目黒校にてロボットプログラミング講座の体験会を追加開催します。
時間:17:00~18:30 (空席2)
体験費:通常7,400円→2,160円です。
時間の関係で1回しか開催できませんが、興味はあるのに日時の都合が合わず参加できなかった方はぜひご参加下さい。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/239fd5c7497343
----------------------------------------------------------------

●春期講習体験参加者募集中です
目黒校
4年生:空席1
5年生:空席2
6年生:空席1
自由が丘校
4年生:満席
5年生:空席1
6年生:空席2
※6年生の入会は春期講習を持って受付終了となります。
お問い合わせはこちらから
http://03auto.biz/clk/archives/bgujvp.html
----------------------------------------------------------------

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)