伸学会代表ブログ『道を拓く』

子どもが自分の力で成長していけるようにするために「正しい勉強のやり方」と「正しい勉強の続け方」を教えています


テーマ:
新年度の体験のお申し込みがすでに満席になってしまっている自由が丘校。

昨年も4年生の入会希望の方を何名もお断りしてしまいましたが、今年もさっそくそんな状態になっています。

満席とお伝えしても面談にいらっしゃって空席待ちに登録して下さる方がいて、心が痛んでいました。

で、広いところに引っ越すか、または第2校舎を開校するか、物件を探しながら検討していたのですが、良さげな候補地が見つかりました。

まだこちら側の不動産屋さんに申し込みをしただけで、先に申し込みしている人が他にいたりするかもしれないので、開校確定ではないのですけれど。

で、家賃とかもけっこう大きく会社的には冒険だったりするわけです。

先日のスタッフ会議で、この物件を借りて、どういう風にやっていくかを話し合いました。

その結果、社員旅行の中止が決定されました。(T_T)

盆も正月も、文字通り合宿と正月特訓で仕事をしていた我々。

受験も終わり、一番気兼ねなく遊びに行けるタイミングのこの時期に、みんなで旅行に行こうと計画していたのですが、新規開校するなら準備に動かなきゃいけないということで、尾本・江藤が中止を決断しました。私は最後まで粘ったんですけど。

良いスタッフをもって幸せだなぁ。

(T_T)

またしばらく仕事漬けの日々が続きそうです。

応援よろしくお願いします。

 自ら伸びる子を育てる 伸学会

■普通の子でも成績が飛躍する勉強のやり方7日間メールセミナー

■お問い合わせフォーム

■目黒校
 品川区上大崎3-3-5
(目黒駅から徒歩3分)

TEL 03-5488-7228
 
■自由が丘校
 世田谷区奥沢2-38-14
(自由が丘駅から徒歩4分)
(サンクスネイチャーバス自由が丘駅南口バス停から徒歩1分)

 駐輪場完備
TEL 03-5731-8277

【開校時間】
14:00~22:30
※問い合わせフォーム・メールは24時間受け付けています

【休校日】
日曜

Webサイト http://www.singakukai.com/

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「経営」 の記事

テーマ:
勉強
いよいよ東京・神奈川・千葉の入試本番が間近ですね。

埼玉や地方では既に本番が始まっています。

力を出し切れるかどうか、心配になる方も多いでしょう。

同じくらいの学力の子達が集う入試本番は、合格点前後に何十人も密集します。

まさに1ミスが合否を分けます。

うっかりミスを減らすことが合格に直結します。

そこで、今回は計算ミスを減らす方法について書いてみようと思います。


私は計算ミスの原因は大きく分けて2パターンあると思っています。

1つは計算のやり方そのものの理解が不十分であるパターン

・繰り上がり・繰り下がりの間違いが多い
・小数の問題で小数点の打ち間違いが多い
・分数で通分・約分の間違いが多い
・単位換算がいつも怪しい

などなど、一言で計算ミスと言っても、細かく分ければさらにいろいろなパターンがあります。

具体的な問題点を発見し、具体的な対策を打つようにして下さい。

「計算ミス」とか「計算力」とか、ぼんやりした抽象的な表現をしているうちは、いつまで経っても克服できません。

どういうミスを自分はしやすいのかをまずは特定することです。

そのためには「解き直し」よりも「見直し」が大切になります。

筆算や途中式をちゃんと残し、どういうミスをしたのか、ミスの種類ごとに数えて統計を取っりましょう。

そして、いちばんやらかしたものを徹底的に練習、ということを模試・過去問のたびに繰り返しましょう。

自然と計算ミスは無くなっていきます。


もう1つは、問題の解き方の理解・定着が不十分で、解き方を考えるのに脳のメモリの大半を持っていかれて、計算に注意を払うだけのメモリの余力が無いパターン

人間焦っていたり、何かに意識を持っていかれたりしているときには、思わぬミスをするものです。

普段だったらありえないようなミスもやらかします。

ちなみに私事ですが、私は数学は得意科目で自信を持っていたのですが、大学受験の本番で三角形の面積を2で割るのを忘れました。

難しい問題で、時間内に解法を発見するのに手一杯で、処理の正確さにまで注意を払えなかったんだなと今振り返って思います。

自己採点で頭を抱えたのをいまだに覚えています。

これを克服するためには、典型問題であれば「うろ覚え」の域を超えて、見たら即解法を思い出せるレベルまで演習を積むこと、非典型な現場思考型問題であれば、その他の典型問題を速く処理して時間的な余裕を作ることでメモリの余力を生むことが必要です。

いずれにせよ、反復練習で典型問題の解法の定着度を高めることが、計算ミスを減らすことに間接的に繋がります。


計算ミスを減らすために計算問題を毎日やるのはあたり前。

成果を早く出すためには、漫然とやるのではなく問題意識を持って取り組むことが必要です。

そのためには、自分の問題点を把握しなければいけません。

ブログで繰り返し「模試を受けたら分析と反省をしよう」と訴えているのはそのためです。


なお、後者のようなミスの多発は、成長の過程ではよく見られることです。

「わからない」と「わかる」と「できる」の間にはそれぞれ溝があります。

「わかる」に足を踏み入れたばかりの子は、「わかっていたのにできなかった」が頻発するので、点数的には「わからない」だった頃とほとんど変わらないということも多々起こります。

それでも、本人の中ではちゃんと成長があるのです。

そこでくさらず、あきらめずに勉強を続ければ、いずれは「できる」のレベルにたどり着けます。

そのためには、数字に表れない成長を、指導者や保護者が気付いて、認め、励ましてあげれば良いのです。


今入試を目前に控えている6年生の子で、ミスが多い子は、わかっているはずのことを定着させるために、基本の反復練習をさせましょう。

その方が新しく何かを覚えようとするより点数アップに繋がります。

これまで積み重ねてきたものを出し切って、悔いなく受験を終えられますように。

 自ら伸びる子を育てる 伸学会

■普通の子でも成績が飛躍する勉強のやり方7日間メールセミナー

■お問い合わせフォーム

■目黒校
 品川区上大崎3-3-5
(目黒駅から徒歩3分)

TEL 03-5488-7228

■自由が丘校
 世田谷区奥沢2-38-14
(自由が丘駅から徒歩4分)
(サンクスネイチャーバス自由が丘駅南口バス停から徒歩1分)

 駐輪場完備
TEL 03-5731-8277

【開校時間】
14:00~22:30
※問い合わせフォームは24時間受け付けています

【休校日】
日曜

Webサイト http://www.singakukai.com/

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
嫌いなものってありますか?

私はトマトジュースが苦手です。

トマトは好きなのに不思議なものだなと思います。

そのまま食べるよりも青臭さを感じてしまって嫌なんですよね。

でも、ときどきあえて飲むようにしています

去年の伸学会での保護者ランチ会のときにもトマトジュースを頼んだところ、保護者の方に「トマトジュースお好きなんですね」と言われたので、「いいえ、苦手です」と答えたら保護者の方に「???」という顔をされましたが(笑)

それには大切な理由があるんです。

これまでにもお伝えしてきたことではありますが、冬期講習中に子供たちの様子を見ていて、再度強調しておかなければいけないと思いましたので、過去記事に埋もれないようWebサイトのコラムの方に移しました。

なぜ好き嫌いが多い子は成績が上がらないのか

ご覧下さい。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。住職です。

冬期講習が終わり、疲れを癒す間もなく受験直前期でバタバタしています。

先日冬期前以来久しぶりに弟の治療院に行ったところ、またもや死体一歩手前宣告を受けました。

そして前回に引き続き、足をグリグリされて絶叫しました。

前回よりもかなり痛かったので、本当に身体が悪くなっていたのかと・・・

終わった後はスッキリして身体が軽くはなりました。

もう少し優しく痛くないようになってくれるとなお良いのですが・・・



前回治療のビフォーアフターで輪郭が変わったのが面白かったので弟に写真を撮ってもらいました。

顔がぱんぱん

普通こういうのってアフターの写真(下)の方が笑顔だったりするものですけど、めちゃめちゃ痛い目に遭ったので余裕無しの真顔です(笑)

こうして見てみると目の周りとか頬とか、けっこう変わるもんですね。

受験まであとちょっと、添削がんばるぞー。

 自ら伸びる子を育てる 伸学会

■普通の子でも成績が飛躍する勉強のやり方7日間メールセミナー

■お問い合わせフォーム

■目黒校
 品川区上大崎3-3-5
(目黒駅から徒歩3分)

TEL 03-5488-7228

■自由が丘校
 世田谷区奥沢2-38-14
(自由が丘駅から徒歩4分)
(サンクスネイチャーバス自由が丘駅南口バス停から徒歩1分)

 駐輪場完備
TEL 03-5731-8277

【開校時間】
14:00~22:30
※問い合わせフォームは24時間受け付けています

【休校日】
日曜

Webサイト http://www.singakukai.com/

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
1月が半分過ぎました。

東京・神奈川の入試ももうすぐです。

小学生の頃の受験前日はさすがに思い出せないですが、大学受験の前日のことはまだ思い出せます。

緊張してなかなか眠れなかったな。

教え子たちもこれからどんどんそんな心境になっていくのでしょう。

この時期、どうしてもあせりは募ります。

あれもやらなきゃ、これもやらなきゃという気持ちになります。

でも、結局できることしかできません。

これまでにやってきたことを信じて、最後に確認しましょう。

本番、その積み重ねたものを、答案用紙に全て表現する準備を整えましょう。

正しく努力をしてきたのであれば、きっと大丈夫。

最後の一伸び。頑張って。

 自ら伸びる子を育てる 伸学会

■普通の子でも成績が飛躍する勉強のやり方7日間メールセミナー

■お問い合わせフォーム

■目黒校
 品川区上大崎3-3-5
(目黒駅から徒歩3分)

TEL 03-5488-7228
 
■自由が丘校
 世田谷区奥沢2-38-14
(自由が丘駅から徒歩4分)
(サンクスネイチャーバス自由が丘駅南口バス停から徒歩1分)

 駐輪場完備
TEL 03-5731-8277

【開校時間】
14:00~22:30
※問い合わせフォーム・メールは24時間受け付けています

【休校日】
日曜

Webサイト http://www.singakukai.com/

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)