『片付け美人』インタビュー
~第4回:秋濱めぐみさん~


【秋濱めぐみさん プロフィール】
光の鍼 治療室Pieria<ピエリア>主宰
http://www.pieria-net.com/

秋濱めぐみさんの『片付け年表』
【片付け塾】
・2012年08月・・・『片付け塾-3時間集中講座』受講
・2012年09月・・・『片付け塾-3時間集中講座』受講
・2012年10月・・・『片付け塾-3時間集中講座』受講
・2012年11月・・・『片付け塾-3時間集中講座』受講
・2012年12月・・・『片付け塾-3時間集中講座』受講(2回)

*************************************


kiku隊長 :『片付け塾』を受講する中で何処が一番大変でしたか?

めぐみ隊員:やはり『捨てる、捨てない』の選別ですね。
一人で片付けていたら、それこそ『うっ・・・。』とフリーズしてしまうのですが、
隊長がいてくれると『全捨てですね』とか、サラッと言ってくれるので
『そうですね』と納得して進めました。
あの時、捨てて後悔しているモノはひとつもないですから。

kiku隊長 :それは良かったです。

めぐみ隊員:『あれ?どうしたのだっけ?ないな、ないな・・・。』と思って
『あ、捨てたのか?』とわかっても、また買うということもないですし・・・。

kiku隊長 :意外とそうですよね。
捨てようか?どうしようか悩んで、
でも『使うかも?』と思って取っておいたモノも意外と使わなかったりします。
捨てて、明日の生活に困るモノというものあまりないですよね。


めぐみ隊員:なかったですね・・・。

kiku隊長 :私も何年もかけて自分の部屋を片付けて、モノを減らしてきた過程において、
大概のモノは捨てて大丈夫だという経験を持っているので、
皆さんが迷われている時に『それは捨てても大丈夫ですよ』
というお話しをして差し上げられるのですが、
片付けにおいて、要る要らないのジャッジは難しいですよね。


めぐみ隊員:そう『要る要らない』なのですよね。
それ以外のところで、いろいろな後ろ髪を引くものがあって、
高かったとか、好きだったとか・・・。
それらは全て過去の思い出で、今どうなのか?と考えてみたり、
それでもとっておきたいモノもあったりするのですが。
自分の中で、もったいないオバケとの戦いのような・・・。(笑)
まだ使えるのでは・・・?という気持ちが出て来てしまって・・・。

kiku隊長 :そうですよね。(笑)
でも、常に『今の暮らしを快適にしたい!』という思いが中心にあって、
そこを外さないように片付けていくと、やはり要らないモノというのは結構あって、
それらのモノと少しずつ別れていくと、今の暮らしが、どんどんラクに、
快適になって、余計なことに時間を取られなくなるのです。


めぐみ隊員:はい。私『探しモノで一生が終わるのではないか?』と思うくらい、
モノを探す時間がすごく多くて、探しているうちに他のモノが目に入って
『いったい何をするのだっけ今日は・・・?』のような事ばかりなのです。
だから、隊長が自分の持ちモノを全て把握していらっしゃるというのは、
素晴らしいと感じます。

kiku隊長 :まぁ、私も、ホント何年もかけてココまでしてきたというのがあって。
以前は、もっと持っていましたし。『この中になにが入っているのだけ?』
というモノもありましたし、少しずつ減らしてくると、
やはり、少ない方がラクで心地良いというのを体感して、
昨年夏に引越しをした時に、また随分、絞りました。
やはり引越しは大きかったですね。
誰にとっても引越しって大きいなと思うのですが・・・。
めぐみ隊員も引っ越されて、生活は変わりましたか?

めぐみ隊員:変わりました。気持ちがゼンゼン軽いですね。
コレは『場のエネルギー』としか言いようがないですけれど・・・。
だいたい『顔が変わった』と言われますし、『若返りましたね』と言われますし、
以前から治療室に来てくださっている方も
『この場は前よりずっと軽いですね』と言われます。


<最終回は・・・>
めぐみ隊員の引越しについてお伺いいたしました。