気功、ヒーリング、コーチングのコツ『Free Your Mind』

気功、ヒーリング、コーチングのコツ。気功師(ヒーラー)の養成、身体の使い方、美容気功、気功ダイエット法も伝授♪内部表現書き換えの技術を駆使した個別セッションも。心を解放させ、本当のなりたい自分になり、夢を叶えて(ゴール達成して)いきましょう!

★ 東京 はじめての気功 7月1日(金)開催定! ⇒ 詳細はこちら ≫
★ 東京 加速学習講座2期 6月18日(土)6月19日(日)開催決定! ⇒ 詳細はこちら ≫
★ 満月&新月の夜の無償遠隔 6月5日(日)6月20日(月)開催 ⇒ 詳細はこちら ≫
★ 「美容気功集中講座」7月末 開催予定 ⇒ 準備中
★2016年7月の予定を調整中。

≪お問合せ≫
メールフォームが開きます ⇒ こちらから ≫
※お申込みの時には特に携帯メールは出来るだけ避けていただけると助かります。双方とも迷惑メールホルダーにはいることもありますし、夜中の返信などありますので、よろしくお願いいたします。

テーマ:
世の中、やりたいことが、見つからない、わからないって、言う人が、なんて多いのだろうって、思います。

不思議です。

なんでそんなことになってしまうのかといえば、単純なことで、「考えすぎ」、または、「難しく考えすぎ」だからじゃないかな。

ただ「やりたい」という、シンプルなもののはずなのに。

なんでそうなるのかといえば、他人に毒されすぎてるんじゃないかなと、Free Your Mind-心身は、思ってます。

自分のやりたいことなので、こうあるべきものってものは、ないんですよ。

なのに、ヘンにいろんな制約をつけたりしていないだろうか。そして、他人にいろいろ聞いたりしていないだろうか。

聞くところが、そもそも違う。

自分のやりたいことなのに、答えを他人や世間に求めてしまう。

聞くのは、自分のこころの声。

問いかけるのは、自分のこころへ。

でも、自分のこころに聞いても、何も聞こえてこない・・・。と、言う人がいます。

それは、そんな気がするだけ。

内なる声は、いろいろ、訴えてる。

でも、聞こえてこないのは、これも単純なことで、聞こうとしていないから。

実は、欲しい答えがあって、そのとおりでない声は、排除されてしまって聞こえない。

聞こえているのに、これではない、なんて、速攻却下したりしてる。

そんなことをしてしまってることにも、気が付いてない。

その欲しい答えがあるということすら気が付いていないのは、他人に毒され、頭の中がノイズだらけだから。

そして、欲しい答えって、そのほとんどが、誰かが言った、こうあるべきって姿だったりすることが、ほとんど。

たくさんの「あるべき」で、心の声を聞こえなくしていることに、気づこう。


心の声を聞くために大切なことは、こころを開くこと。

もし、やるべきことがあるなら、まずは、ノイズのざわめきを鎮め、こころを開いてみること。

他人にではなく、自分に。

自分に正直になる。

見栄や体裁、世間体、きれいごとで塗り固められた、自分の「がわ」を取っ払ってしまうこと。

自分にウソをついていることに気がつくこと。

自分にウソをついちゃいけない。

世間のいう「あるべき姿」なんて、どうでもいい。

おバカな自分、おっちょこちょいな自分、ちょいと間抜けな自分、ズルい自分、怠け者の自分、スケベな自分、臆病な自分、恐がりな自分、心配性な自分・・・。

この様な一般的にはネガティブな要素を持ってしまっている自分を、受け入れる受け入れないにかかわらず、まずは、認めること。

なぜ、Free Your Mind-心身がこれらを認めることが大切だことと考えているかと言えば、不要に、無用に、隠そうとする働きが、そして、他人と比較してしまうことが、ノイズとなっていたり、力みとなったり、心のしこりとなっていたり、スコトーマを作ることになっていると考えるから。

人間は不完全だし、清廉潔白な人など、いない。

いいじゃないですか。

だって、人間とはそういうものなんだから。

というか、例えば「おバカな自分」が嫌だと思う人がいるなら、エジソンなんてどうなんだ?と思うといい。

エジソンは、フィラメントを決定するのに、おおよそ二万回の失敗をした。たぶん、周りの人は、奴はバカだと言ったはず。

「おっちょこちょいな自分、ちょいと間抜けな自分」が嫌だというのも、考えてみれば、ランダム性を取り入れやすいということでもある。

科学の発見でも時に、単純なミスが新しい発見をするきっかけとなったという事実はごまんとある。ある意味、完全主義者よりも、変化の可能性が高いとも考えられる。

「スケベな自分」が嫌だと思う人がいるなら、思い出して欲しい。このネットが爆発的に普及したのは、エロパワー。エロい人がたくさんのお金を使ってくれたから、技術革新も進んだし、普及して低価格化を加速した。

3300億ドル以上の時価総額を誇るFacebookなんか、その発祥は「出会い系」じゃないですか。というか、今でもか。

つーか、千年以上も読み継がれている「源氏物語」も言ってしまえば、エロ小説じゃないですか。

怠け心を上手く利用したからこそ、便利な商品を創造し続けているのではないか。

こうやって、歴史的事実を振り返って見ると、一見ネガティブだと考えていることも、ポジティブにもなる、合わせ鏡のようなもの、コインの裏表のようなものだということに、気がつくことが出来るのではないだろうか。

物事を一方的に見るのではなく、多方面から観ると、いろんな側面があり、一概に正しい正しくない、良い悪いなんて決めつけることはできないのだということにも、気がつけるのではないだろうか。


頭が固いとか、身体が固いなんて、自分が創り出しているということに、気がつこう。

世間のいう「あるべき姿」なんか、誰かがでっち上げたものだと、見放せばいい。

世間のいう「あるべき姿」を生真面目にやって、うまくいかなかったとしても、誰も責任を取ってくれない。

世間のいう「あるべき姿」を、どんどん外していけば、他人と比較してしまうことを止めてしまえば、本当に自分のやりたいことなど、「目の前にあった!」なんて、「ゴロゴロあるじゃん!」なんて、すぐに気がつけるようになる。

簡単なことを、難しくしている、難しく考えているのは、他の誰ならぬ、自分だと気がつくこと。

簡単なこと。



「倍音ヒーリング+はじめての気功」募集中! ⇒ お申込みはこちらの記事をしっかりと読んでください。


≪お問合せ≫
メールフォームが開きます ⇒ こちらから ≫



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)