たまに「ペットの動物が病気やケガなどをしているのですが、E先生の気功は動物にも効果はありますか?」というお問い合わせを頂きます。

今回は、E先生の気功は動物の病気や怪我にも効果があるのかということについてお話ししたいと思います。

結論から言いますと、動物にも効果がある(実際に何度も施術をしていて高い効果が出ている)むしろ人間よりも高い効果がすぐに出やすいようです。

動物の重い病気に施術をした事例では、猫のガンや腎臓病が治ったという事例があります。

ガンを患ってしまった猫は、腫瘍が大きくなりお腹がかなり腫れてデコボコしていたのに、デコボコがなくなりお腹が小さくなって元気になってしまいました。

腎臓病の猫は、腎臓機能が低下して5日に1回ぐらいしか糞尿が出なかったのが、毎日きちんと出るようになりました。

また、病気かわかりませんが毛がほとんど抜けて落ちて元気がなくなってしまった猫に施術を行ったところ、体毛がフサフサに生えてきて元気になってしまいました。

人間に対する施術よりも短期間で高い効果が出ているようです。
動物の方がすぐに高い効果が出やすいのは、動物は純粋で素直なため、気がすんなり入っていき、ダイレクトに作用するからのようです。

事例にあげた難病の猫も、これが人間だったらこれほどすぐに高い効果が出るのは考えられないくらいの短期間で治ったようです。

ブログにもよく書いていますが、あまりにもネガティブで強いストレスに晒されていたり、どうせ治らないという思い込みが強い人だとあまり気が入っていかないそうです。

人間の場合は、病気になるとどうしても恐怖や不安を感じたり、これからどうなるのだろうと心配してしまいます。

医者に治らないといわれたり、自分でこういう理由があるから治らないとあれこれ思い込みで理屈付けをしてしまいます。

常識があるため、気功の効果を疑ったり、最初は半信半疑で受け入れてもすぐに高い効果が出ないと疑ったりといったこともあります。

また、人間は過去や未来、その場にいない人のことなど、いろいろ想像をして嫌な気持ちになったり不安になったり心配したりと無用なストレスを溜めてしまいます。

一方動物にはそういったことは一切ありません。気功のことも分からないので、本当に効くのだろうかという疑いの気持ちもなく純粋です。

そのため気がすんなりと大量に入っていき、ダイレクト作用するため治りが早いようです。

何をされているのか分からなくても、E先生が動物に手を当てていると気持ちよさそうにするそうで、何か分からないけど気持ちよいというのは感じているようです。

自然界にいる動物には、本来は人間のような生活習慣病は無いそうですが、人間と一緒に生活をしているペットには人間と同じような病気が増えています。

喰べ物や環境的な要因、ストレス、人間に飼われることで長生きをするようになったから(老化)など様々な理由が考えられると思います。

動物も人間と同様に様々な要因で自然治癒力や免疫力が低下した結果、病気に犯されてしまいます。

E先生の気功の力で本来持っている自然治癒力や免疫力を最大限に高められて、自ら病気を治していくのです。

■E先生の紹介をご希望の方へ
難病でお困りの方で、本気で治したいとお考えの方へE先生を紹介しております。先生の住所は埼玉県になります。歩けないなどの方は首都圏でしたら出張も可能です。遠隔治療のみをご希望の方は必ずこちらをお読みください→遠隔治療について

お問い合わせ・紹介依頼はこちら

にほんブログ村 健康ブログ 気功へ   美容・健康

 

AD

現代人は、明確に病名のつく病気では無いけれど、体がだるい、やる気が出ないなどの体調不良に悩まされてる人はたくさんいると思います。

少しくらいの体調不良であれば、皆普通に働いたり生活していると思います。

症状が重くなって医者に行っても原因が分からないから、慢性疲労症候群、うつ病、自律神経失調症などと言われ、とにかく原因がわからない、だから治療もできないという感じです。

これが酷くなってしまうと一日中体がだるくてほとんど横になっていて、働くこともできなくなってしまう人もいます。

人からはやる気がないだけ、怠けているとか思われるので、なかなか辛さを分かってもらなかったりすると思います。

この方もそんな状態で悩まされていました。病院では慢性疲労症候群と診断され、 一日中ほとんど寝ていてちょっと起きてまた横になってという生活をもう何年もしているということでした。

この方は主婦なのでそれでも生活は出来ましたが、家事もろくにできない状態でした。家族に迷惑をかけてしまうけど、辛くて起き上がって動くこともできないという葛藤があったと思います。

病院に行っても全く改善されず、最近では病院の診断で膠原病をの疑いもあるということを言われたそうです。

原因不明の病気や難病を治しているというE先生の施術ならば、もしかしたら治るかもしれないと思ったそうで施術を希望されました。

施術を開始するも、最初の頃は予約を入れても体調が悪くて起き上がることができずキャンセルすることも多かったそうです。

なんとかがんばって施術を受けるうちにどんどん回復して、そのうちほとんどキャンセルをすることもなくなり予定通りに施術に訪れるようになってきたそうです。これは回復してきている証拠です。

E先生の施術を開始してから3ヶ月ほど経った現在では、体感で8割ほどを回復しているそうです。

かなり元気になって、長く起きていられるようになり家事も普通にこなせるようになってきて家族とコミニケーションも増えてきたそうです。

それと副産物?で、E先生の施術を受けるとそれなりにいるのですが、ちょっと太り気味の人は施術を受けているうちにちょうどいい具合に痩せてくるのです。

この方も施術を受けるうちに体が痩せて細くなってきて、娘から「お母さん痩せたね」って言われたそうです。

慢性疲労症候群という、原因も、本当にそういう病気なのかも分からない病気でも(原因が分からない慢性的な疲労を慢性疲労症候群と名前をつけて呼んでいるのだと思います)ちゃんと効果が出るのは、E先生の気の力が身体に良い影響を与えるだけではなく本人の自然治癒力を最大限まで引き出され、ほおっておいても備わっている自然治癒力が傷や風邪が治すように、自分の力で身体を治していくからです。

 


■E先生の紹介をご希望の方へ
難病でお困りの方で、本気で治したいとお考えの方へE先生を紹介しております。先生の住所は埼玉県になります。歩けないなどの方は首都圏でしたら出張も可能です。遠隔治療のみをご希望の方は必ずこちらをお読みください→遠隔治療について

お問い合わせ・紹介依頼はこちら

にほんブログ村 健康ブログ 気功へ   美容・健康

 

AD

以前ステージ3の乳癌の人がE先生の施術受けて大体良くなった方が、別の乳がんの方にE先生を紹介し、その方がE先生の治療院に訪れました。

その方のお父さん、息子さんもそれぞれ体の辛い症状で悩んでおり、E先生の評判を聞いて施術を申し出ました。

この方のお父さんは、80歳になりますが、腰の骨が変形していて自力で歩くことができない状態でした。

息子さんは、五十肩と筋肉疲労で右手を少しでも動かすと強い痛みが走り、車の運転もできない状態だったそうです。

まず歩けないお父さんから施術をはじめ、施術が終わって歩いてもらってみると、 一人で歩けたそうです。それを見た息子さんはとても驚いたそうです。

その後も数回の施術を受けると、痛みもほとんど消え、今では普通に歩いて生活しているとのことです。

五十肩の息子さんの方は、最初の施術をした後に腕を上げてもらうと、少し上げられるようになり、痛みもだいぶ緩和されたそうです。

そして2回目の施術を受けた後には、痛みはほとんどなくなり、右腕は9割方治ったそうです。

この方これまでに整体や針を週に2回通っていたそうですが、施術をした直後はいくらか良くなったような感じはしても、家に帰るとまた元の辛い状態に戻ったしまうのだそうでした。

E先生の施術を受けてからは、数回の施術でほとんど良くなり、今では 1ヶ月に1回ぐらいメンテナンス程度に通っているそうです。

このような、腕や足腰や筋肉や骨になどに関係する症状は、E先生の元では比較的簡単に治っています。

もちろん個人差があり、誰でも今回のお父さんのように 1回の施術でのほとんど治ってしまういうことではありませんが、多くの方が1回目で何かしらの効果は実感できるのではと思います。

 

 



■E先生の紹介をご希望の方へ
難病でお困りの方で、本気で治したいとお考えの方へE先生を紹介しております。先生の住所は埼玉県になります。歩けないなどの方は首都圏でしたら出張も可能です。遠隔治療のみをご希望の方は必ずこちらをお読みください→遠隔治療について

お問い合わせ・紹介依頼はこちら

にほんブログ村 健康ブログ 気功へ   美容・健康
AD

気はもともと誰にでもあって、特に訓練をしなくても誰でも気の存在を実感することできます。

 

E先生のように難病を癒してしまうような強い癒しの気が出せる人は極少数で、訓練や修行をしてできるようなものではないですが、自分から気がでているのを実感することなら誰でもできます。

 

簡単にできるので、実際にやってみましょう。

 

まず両手をこすってよく温めます。

 

次に、お祈りをする時と全く同じように両手を合わせます。指をくっつけたまま伸ばし、顔から胸の前あたりで両手の平を合わせます。

 

その状態から両手をほんの少し離します。最初はだいたい1センチくらいがよいでしょう。

 

そのままの状態で、両手の平が触れないように両手を前後に動かしたり、左右に動かしたり、くるくる前後左右に回すようにしたり、素早く近づけたり離したりといったように動かします。

 

両手の間に柔らかいゴム状のものを挟んでこねるような感じで、前後左右に動かします。

 

そうすると、熱が動くのを感じたり、何もないのに反発するのを感じると思います。人によっては時おりピリッとする感覚がするかもしれません。磁石の同じ極同士を近づけた時のような何もないのに反発するような感覚がします。

 

実際にゴムのような何かを挟んでこねているような感覚です。

 

弾力を感じるまでは最初は触れるか触れないのだかのギリギリで手を動かし、反発や弾力を感じてきたら両手を少しずつ離していきましょう。

 

手を離すにしたがって手の平を少しくぼませて少し丸めて、両手の間にゴルフボールを挟んでいるような感じでくるくる回したりします。

 

弾力を実感できたら、さらに少しづつ離していきます。

 

人によってはバレーボールくらいの大きさのくらいまで離しても弾力を感じるでしょう。

 

最初から気を実感できる人も多いと思いますが最初はなかなか実感しにくい人もいるかもしれません。

 

実感できない人は、触れるか触れないかのギリギリで何度も手を動かしてみましょう。

 

手の平に意識を集中させて動かしていると、同じ極の磁石を近づけたように反発を感じる瞬間があると思います。

 

何度もやっていると、バレーボールくらいの大きさの弾力を感じるくらいなら多くの人ができると思います。

 

これが自分の手の平からでている「気」です。

 

気功はオカルトでもなんでもなく、目には見えなくても実際に出ているのです。

 

病気は「気が病む」と書きますし、「元気がある、ない」という言葉がありますし、病気やケガを治療することを「手当て」と呼ぶように昔の人は気について知っていたのです。

 

体のどこかが痛かったりぶつけたりすると無意識にその場合場所を手で押さえると思いますし、目が疲れた時に両面に手のひらを当ててしばらくしていると目がとてもすっきりすると思います。

 

以前の記事でも書いたように、気功治療に保険適用されたり気功治療師になるのに国家資格がいる国もあります。

 

E先生の病気を治す力も、本当は超能力や奇跡ということではなく、元々他人よりもずばぬけてその能力が高い、開花していると言えると思います。

 

E先生は生まれつきその能力があり、人生半ばでそのことに気づいて、多くの人を癒すことで能力を磨いてさらに高めてきたそうです。


誰でも気が出せると言っても、訓練や修行をすればE先生並の能力が身につくというわけではないと思います。(腰痛・肩こりの改善や痛みを緩和する程度の街の気功師程度なら訓練して身につくと思います。)
 

 


■E先生の紹介をご希望の方へ
難病でお困りの方で、本気で治したいとお考えの方へE先生を紹介しております。先生の住所は埼玉県になります。歩けないなどの方は首都圏でしたら出張も可能です。遠隔治療のみをご希望の方は必ずこちらをお読みください→遠隔治療について

お問い合わせ・紹介依頼はこちら

にほんブログ村 健康ブログ 気功へ   美容・健康

 

以前、お腹の中にいる子どもが四肢短縮症で、妊娠6ヶ月の段階で手足が本来の半分程度しか発育していないと診断され、一旦は絶望するもE先生の気功施術を受けたお母さんの記事を書きました。

 

そして、気功施術を受けるうちに手足がみるみる成長し、妊娠8ヶ月を越える頃には、医者から手足が本来の80%くらいにまで成長していると診断されました。

 

前回の記事はここまででしたが、このお母さんはその後も気功施術を受け続け、この子は無事手足の長さが正常な状態で生まれました。

 

しかし、手足の長さは普通なものの、両足の骨が湾曲してしまっているというのです。医者が言うには、お腹にいるときに骨に異常があったため、その時に骨折して再びくっついたような感じになったため、足が曲がってしまっているのだそうです。

 

医者から「またいつ大きく変形したり骨折したりするかわからない、もしかしたら生涯車椅子生活になるかもしれない」ということを言われたそうです。

 

それで、手足がまっすぐになればと、今度は生まれた子供本人が直接E先生の施術を受けることになりました。

 

この子は、右足は膝から下の部分が湾曲しており、左足も大きく曲がってしまっていました。

足の裏が内側を向いてしまっており、とても地面に足の裏をつける状態ではありませんでした。このまま成長してしまうと、とても立つことはできない状態です。

 

E先生の施術を受けて1ヶ月くらいが経った頃、曲っていた足がまっすぐになってきたのが目に見えて分かったそうです。

 

医者も曲がっていた足がまっすぐになってきた事は認めましたが、「また骨が折れてくっついため湾曲が弱くなったのでしょう」とか憶測による曖昧な診断しかできなかったそうです。(医者には気功を受けていること言ってないと思いますが)

 

そしてE先生の気功施術を受け始めてから半年経った今では、あんなに大きく曲がっていた左足がほとんどわからないぐらいまでまっすぐになり、右足はまだ緩いカーブを描いているものの見た目的に少し曲がっている程度にしか見えないくらいにまでなりました。

 

まだ1歳に満たないので、元々自力で立つ事はできませんが、体を持って立たせてみると、足の裏をしっかり地面につけて立つことができたのです。

 

最初は湾曲が大きくて足の裏を地面に付けることはできなかったはずなのにです。

 

最近医者に見せたところを、足がまっすぐになっていることについて何も触れなかったそうです。(せっかく良くなったのに触れないのは、自分の見立てが間違っていたことになるとか、理由を説明ができないからだと思います)

 

子供の成長はものすごく早いので、まだ骨が固まってないうちにE先生の気功を受けたためこのように治りが早かったのだと思います。

 

E先生の見立てでは、 このまま定期的に施術を受けていけば1歳になる頃にはほとんど普通の体になっているでしょうとのことです。

 

お腹の中で四肢短縮症と診断されるも、ほとんど正常な手足の長さで生まれ、お腹の中での発育障害の影響より起こってしまった両足の大きな湾曲も、ほとんどまっすぐになるという奇跡が起こったのです。

 

もしE先生の気功を受けずにそのままの状態で生まれていたら、手足が短く両足が大きく曲がった障碍児として生まれ、下手すると一生車椅子生活であったかもしれません。

 

このお母さんは、お腹の中の子供が四肢短縮症と診断された時、例えれば自分の命と代えてもいいというくらいの、健康な子供に生まれて欲しいという必死の思いがあったようです。

 

その必死の思いが、E先生との縁を繋ぎ、奇跡を起こしたのだと思います。

 


■E先生の紹介をご希望の方へ
難病でお困りの方で、本気で治したいとお考えの方へE先生を紹介しております。先生の住所は埼玉県になります。歩けないなどの方は首都圏でしたら出張も可能です。遠隔治療のみをご希望の方は必ずこちらをお読みください→遠隔治療について

お問い合わせ・紹介依頼はこちら

にほんブログ村 健康ブログ 気功へ   美容・健康