小5から中3までアメリカ帰国子女のブログ

南カリフォルニアに4年間滞在しました。
『子供目線のアメリカ生活』
毎日のちょっとしたひとコマ、学校の様子、
子供は海外に行くことに対してどんな思いなのか、など
辛いことも今となっては笑える感じで、ご紹介します。


テーマ:

海外在住の方々のブログ拝見してますが、多くのミドルスクール以上のお子様がクラブ活動をやっていてすごいなぁと感心します。


私?

私は超優秀な帰宅部でした。


ただの帰宅部ではございません。


超・優秀な帰宅部なんです!キラキラ

(`・ω・´)キリッ
 
 

ただの"帰宅部"は家に帰るだけ。

"優秀な帰宅部'は早く家に帰るだけ。

"超優秀な帰宅部"にとって↑はあたりまえの朝飯前。





超優秀な帰宅部員の活動は、朝学校に着いたその時から始まります。

いわゆる朝練ですね。

朝学校に着いたときから、いや正確には着く前から
頭は帰宅することでいっぱいです。



帰るまでの時間を分数化します。
 
学校にいるのが420分だとして
1時間目が終わったら50/420終わるのです。
約分して5/42
パーセンテージでいうと11%くらいか…
 
と帰るまでの割合を計算します。
 
 
 
 
 
 
6th periodが終わるブザーが鳴った瞬間420/420=100%になり、
超優秀な帰宅部員活動は終了。
 
 
一目散に親のお迎えが来るゾーンまで撤収します←優秀な帰宅部員。

1日中部活動のことで頭がいっぱい。
勉強を頑張ることも部活動を円滑に進めるための1要素です。
 
 
 
こんな中学校生活だったので、家で学校の出来事を家族に話したことありませんでした。
 
ティーンエイジャーと親の会話のテンプレ
「How was your shool today?」
「Fine、Nothing」
を地で行く毎日ニヤニヤ
 
親も私の学校生活を聞いてこなくなりました。
おかげで大嫌いな学校のことを家では考えずにすみました。
(勉強のことは片時も頭を離れませんでしたが)
 
それもひとつの幸せ。
親との会話や報連相が盛んなご家庭が必ずしも子供に居心地いいとは限りません。
 
あの時そっとしておいてくれてありがとう照れ
Happy mother's day for leaving me aloneラブラブ
 
 
超優秀な帰宅部員の経験から得たものは
①計算力の向上
②生産性の向上
③計画性の向上
 
です。
残業だらけの今の日本人必要な人材ではございませんか?
 
アメトーークの『中学校イケてない芸人』に出演する機会があったら、この部活動の紹介をしたいと常々思っています。
 
 
 
毎日がカウントダウンまつり
いつもアルパカをクリック
ありがとうございます。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

かごめさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「中学校/7th grade」 の記事

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。