色々。

テーマ:

くぅ・・・これ書くの3回目だし・・・

(何回もブラウザ落ちて、書き直し・書き直し・書き直し・・・)



【innolife.net】
感想を語るリュ・シウォン
http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=8&ai_id=62401

【朝鮮日報】
【フォト】リュ・シウォン、シェーバーの広報大使に
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/08/29/20060829000046.html

【中央日報】
【写真】レースクイーンとポーズを取っているリュ・シウォン
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=79358&servcode=700§code=750


シェーバーのCM関連だね。
なんか・・・MYOJOの写真もそうだったけど・・・
疲れてるのか?!
最近目が腫れてるように感じます。。。

(MYOJOの写真は私はイケてないし・・・と思っちゃいました(^^;))

AD

ご無沙汰です・・・

テーマ:

みなさん、アニョハセヨ~。


---------------------------

最近の私は・・・すっかり東方神起に骨抜き。。。(笑)

いかんとです。こんなことでは・・・(^^;)

(でも、マジで良いので、聞いたり見たりしてみてください。笑)

微妙にみんなを誘ってみる・・・ククク。

---------------------------

まだまだ暑い日が続くのだけど、夜になるとコオロギが鳴いています。

「あぁ、もう秋になるんだなぁ」としみじみと感じます。

一番嫌いな季節は春なのですが(これ、アレルギーだから。笑)、次に嫌いなのは秋です。

妙に寂しい気分になるのが、たまらなく嫌・・・。

---------------------------

ついに、とうとう!

マイレージが貯まりました~♪♪♪

韓国往復出来るー☆

って、出来るのはいいのですが時間がありません。(T-T)

行きたいのは山々なのになぁ・・・

---------------------------


ということで、私は元気です。

大丈夫です。シウォン君のチェックも忘れていません。笑


AD

初めての東方神起

テーマ:

昨日、外食した後、ダンナとカラオケに行きました。

初めて東方神起の曲をカラオケで歌った!

「Begin」です。

とりあえず、全部歌えそうなのがコレしかなかったので。(笑)


最近、かなりはまりつつある東方神起・・・

いっぱい買い物しました。(笑)

Naoko Takeichi, Honey VAN & baby…
Tomorrow‐000777days―東方神起
コリア・マックス編集部
コリア・マックス(Korea MAX) Vol.3
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
東方神起 HISTORY of JAPAN vol.1
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
All About 東方神起

・・・・・・・

これからシウォン君のCDやらDVDが出るってゆうのに~

一体私は・・・笑


でも、彼らを見てると「元気」がもらえるって感じなの。

彼らが一生懸命頑張っている姿に励まされる。

ホントに何もかもが一生懸命で、手を抜いたりしてないのが

ひしひしと伝わってくるからカワイイんだよね。

だから、ついつい・・・笑


去年のLIVEのDVDも予約しちゃいました。(^^;)

愚痴です。愚痴。

読みたくない人は、スルーしてね。(^^;)


インソンのファンミの後、お茶しに行ったんです。

ファンミの会場の周辺って、ほんとにお店が無くて、

当然そのカフェも、ほとんどがインソンファン。

私とお友達の隣に5~6人のグループが座ったんです。


そこで・・・

聞き耳立ててたわけじゃないけど、声がでかいから聞こえてきたっ。


昨日、インソンが羽田に到着した時、

羽田の荷物受け取りの場所が人が集まって、インソンのサイン貰ってたんだって。

で、そこまではいいんです。

そこから・・・

「その前日、私らが羽田のそこに居たとき、リュ・シウォンが居たのよー。

 インソンと同じように、こうやって(ふんぞりかえって)座ってたんだけど、

 誰一人として寄っていかないのよ。笑

 インソンは、ファンがいっぱいでサインとかしてたのに、

 シウォンは誰も無し。(大笑)」

だって・・・。


うえーーーん。シウォン可哀相~~~。

そうじゃないもん、そうじゃないもんっっっ。と声を大にして言いたかった・・・(^^;)

インソンは、サイダスHQのHPを見ると、来日する日が特定されるから、

ファンが追っかけることも可能だろうけど、

シウォンは来日する時は公にしてないから・・・だけだもんっっっ。


でも、

「まぁ、外に出たら、結構ファンが居たけどね。シウォンも。」

だってさ。


どこで誰が聞いてるか分からないから、

そうゆう陰口は声を小さくして言ってください~。


はーっ。スッキリした。


激カワイイ。

テーマ:

生チョ・インソン見てきました。

今までドラマや映画は見てきたけど、

今日は、彼の「素」が垣間見れた気がします。

激カワイイです。スタイルもめーーーーーーーーっちゃ良い。

足長いし、細いし、顔ちっちゃいし・・・

また、その足の長さ・細さを強調するようなファッションで・・・。


全体的に、シウォン君のコンサートとか見てるせいか・・・

ファンがおとなしめ。(^^;)

叫ぶ人もあまり居なかったし・・・。


内容は、映画「卑劣な通り」の話がメインでした。

この映画でやくざ役をやっているのだけど、その撮影秘話みたいのとかね。

まだ日本上映が決まっていないらしく、

「みなさん、お願いして下さいね」なんて司会者の方がおっしゃってました。


撮影秘話では、

「イ・ボヨンさん(かな?)とのキスシーンがあるというのを最初に聞いて、

 これは出演しなければと思いました(笑)」

なんて言ってましたよ。

照れながら言う姿は、それはもう可愛かったです。

キスシーンを撮影するのはやっぱり恥ずかしいんだって。

 あとは、「回し蹴り」のシーンが多いけど・・・という質問には、

「テコンドーをやっていたので、監督がそれを知り

 回し蹴りを入れた方が良いのではないかということでやりました」

って。

確かに、あの回し蹴りっぷりは、かっこいいもんでした。

(映画のシーンが流れたので、それで見た。)

素人が出来るようなシーンでは無かったですね。

それ以外には・・・

スタントマンはほとんど使わなかったそうですが?という質問には

「私は背が高いので、同じくらいの背丈のスタントマンが居なくて・・・

 スタントマンが居るなら、やってほしかったです(笑)」

なんて言ってました。


あと、最初にインソンが出てきて発声した言葉が・・・

「約束したので・・・レイコさんと・・・」

と言って、レイコさんを呼んでいました。

いつ、どこでされた約束なのかは知らないけど、

そんな約束を守っちゃうところも何とも言えずカワイイですね。

ファンは「えぇーーーーーー(ブーイング)」だったけどね。笑


ファンからのQ&Aコーナーもありました。

私は気付かなかったのだけど、なんかそんな質問用紙みたいのがあったんだって。

知ってたら書いたけど(書いても読まれる事はなかっただろうけど。笑)ね。

その中でもカワイイ質問。

「私は12歳なので、インソンさんは14歳年上です。

 14歳年下でも大丈夫ですか?」

インソン君、照れてました。笑

照れて、「ありがとう」って言っていたけど、

「まだ12歳なので、勉強や遊びに集中した方が良いのではないでしょうか。

 というお返事で良いですか?

 それにまだ未成年ですし・・・」

だって。会場は笑い。


後、インソン君が日本に来た時の話。

先日、シン・スンフンが森山良子のコンサートのゲストで出演した際、

一緒に来日してたのは聞いて知っていたのだけど、

その時・・・

彼は、東京に遊びに来てたそうです。

「青山・渋谷・原宿・新宿・六本木・表参道・・・に行きました。」

 六本木から新宿に行きたかったので、

 道路標識を見て新宿・原宿って書いてあったので、

 歩きました」

と言う。

六本木から新宿って結構あるよ!?と思っていたら、

「でも、歩いても歩いても全然着かない。

 仕方がないので、地下鉄に乗ろうと思って、地下に降りたら

 今度は切符の買い方も分からなくて・・・

 そしたら、僕に気付いてくれた人が居て、教えてくれました。

 無事に切符が買えたので、電車に乗って駅を降りたら、

 銀座でした。笑」

多分・・・反対方向の電車に乗ったんやろうね。笑
「駅に着いたので降りようとして切符を改札に入れたら、

 切符は戻ってくるし、改札は閉まってしまうし

 どうしようかと思いました」

新宿に行くはずが銀座に行ってしまったから、乗り越ししたんだね。笑

「仕方がないので、駅員さんに『すみませ~ん』と言いました」

だって。笑

日本に来て、超過料金を払う事を覚えたインソン君でした。笑

「金浦空港で日本の地図を買おうと思って行ったら、

 本屋さんが閉まっていて買えなかったんです。」

そうゆう理由で、

「だから、日本では道路標識だけが僕たちの頼りでした。」

会場爆笑。

あんなアバウトな標識を頼りにって・・・笑

「でも、困ったのは、道路標識の無い道で二手に分かれている時でした。

 仕方がないので、また『すみませ~ん』と声をかけて、

 『新宿?(右指さし)』『新宿?(左指さし)』と聞くと、

 あっち(後ろ)と言われて、また戻ることもありました。笑」

この話を聞いて、私は

「チョ・インソンって・・・B型?」と一緒に行ったお友達に聞くと、

「そうだよ」と教えてくれました。

やっぱり・・・

と思いました。(^^;)


あとは、このファンミーティングのために作られたTシャツのプレゼント。

(もちろん、サイン入り)

10名様にね。

私の3~4席となりの人が当たってました~。


それから、どこかで体験したような出来事が!

「今日はインソンさんが、みなさんを撮影するそうです~」

って言って、本格的な機器(デジタルビデオカメラで、2,000万円ほどする凄いものだそうです)で

会場を撮影してました。

しっかり写ってきました~(笑)

ね、どこかで体験したような出来事でしょ?笑


そんなこんなでファンミはあっという間に終わりました。

終わってから思ったのだけど、

シウォン君に対しては、「オッパ~サランヘヨ~~~~」って言えるのだけど、

インソンには・・・「インソン、イッポダーーー」しか言えませんでした。笑

あと、誕生日がこの前だったらしく、ケーキとかシャンパンが用意されてた時に、

「チュッカッヘ~~~~」とは言ったけどネ。

意味分かる?愛が違うの(はあと)。笑



リュ・シウォン-彼には鏡がなかった


人々はリュ・シウォンをよく知っているかのようだ。

「鏡王子」「微笑み」「カー・レーシング」「韓流スター」「両班の子孫」。

わずか 5種類のキーワードで彼を語り、また誤解する。

ところで本当だろうか?

本当にリュ・シウォンを知っている言えるのか?

会ってみた者だけの特権でリュ・シウォンに対する真実を断片的でも証言しようと思う。

2006年 8月 8日午後 3時。

いたずらのようだが本当に ‘日本内全国ツアーコンサートを終えていま帰って来た’ リュ・シウォンに会った。


#01 日本で生きて行く

記者:近況を知りたい。

日本で活動してました。

韓国での活動は「決定!味vs味」だけで、その以外の時間には日本で活動していました。

1年の中で上半期には日本,下半期には韓国にあります。

7月 13日に最後の日本全国ツアーコンサートを終わらせて

下半期韓国での活動準備をするために戻りました。

記者:日本はどうなのか?

スケジュール管理が徹底的です。

1年前にスケジュールを立てるんだから、私ももう来年のスケジュールがつまっています。

エンターテイメントショー、ドラマ、コンサートなどをいつどこでするのか

正確で細密に計画しておくようです。

体系的だと言うのでしょうか?

初めは 「あまり情があるか」 たくてちょっとそうだったが

経験して見たら大丈夫だったんですよ。ビジネス面では良い方法みたいです。

記者:私たちとは方法が全然違ったようだ。

日本で活動してからもう 2年が過ぎました。

年数では 3年目。

初めには日本の方式の理解がうまくできなかったんですよ。

日本の人々はいくら親しくなってもスターは ‘スター’でもてなします。

うーん、待偶するとでも言いましょうか?

分かって過ごしてから 10年になってもスターには丁寧でない言葉使いはしないです。

記者:距離を置くということか?

そうですね。待遇されるのですよ。

記者:久しぶりに国内に帰って来たら違和感がある。

実は 10月から国内で映画を撮るところですが、

日本のシステムに慣れたからか こちら状況に適応がならないです。

例えば今日だけでも、日本でするインタビューだったら違ったんです。

服を私が持って来ると言えばそちらでは写真を電子メールに送ってくれと言われます。

徹底的でしょう?また撮影後には私に写真を選んでくださいと言われます。

私が気に入らない写真があれば実際省いてくれて。

記者:もしかして先ほどの写真で気に入らないものがありました?

    私たちも省くことができますよ.

(笑)いいえ、なかったです。


#02 韓流スターと呼ばないこと

記者:リュ・シウォンは韓流スターですか?

韓流というのが本当にありがたくはあります。

しかし一方では ‘韓流スター’と呼ばれたくないです。

ドラマ「美しき日々」で日本で知られたりしたが、実際日本で一活動を通じて現在に至ったんですよ。

こんなに言っても理解できないでしょう?

記者:率直に理解がうまくできません。

例えばBoAやユン・ソナさんが私に似ている場合です。

日本でグォン・サンウ、チェ・ジウさんには韓流スターと言うが

二人には韓流スターと言わないです。そのままスターと言います。

私もそのようになりたかったです。

それで苦労することを決心して、日本に到着した後で初めから新人のように活動しました。

日本所属社に入って行って、放送局ごとに尋ねていちいちあいさつしたんです。

おかげさまで今 日本の人々は私を韓流スターとして見ないです。

実際に日本ではドラマよりも歌手活動をもっとたくさんしています。

日本の活動の 99パーセントが歌手活動です。

ドラマはそのまま紹介される位だけ知っているよ。

「ウエディング」放映がこの間に終わりました.

記者:直接日本で向い合った韓流はどうなのか?

切ないのが去年と今がとても違います。

去年までならばPDらが韓流スターと言えば無条件出演してくれと言っていたが、

今ではないです。むしろ断ります。韓流ドラマを放映する放送局も、時間も随分減りました。

記者:変化の理由が?

一部の韓流スターのためです。

うーん、大概の韓流スターたちは日本で所属事務所に所属しないでやたらに日本に来ます。

韓国スタイルが通じると思うのです。

ファンミーティングがそんな例です。

日本では元々ファンミーティング文化がなかったです。

韓流スターたちが日本で作った文化です。

日本の人々は好きな俳優にあえるという考えに初めには好きで参加しました。

ところが一つ二つずっと来てファンミーティングの価格も高くなるから

これからは人々が嫌がります。

韓流スターは来日してお金だけ儲けて行くと思います。

切ない事です。私のような場合ちょっと悔しかったりします。


#03 リュ・シウォンは歌う

記者:日本での歌手活動に関しては全然知らなかった.

実は私がインタビューをよくしないからです。

この前にちょっとあったことも多くて、必要な時だけ追われるメディアが嫌いだからです。

また元々信条が 「自分が上手ならばいつか認める」ですから、

あえて PRする必要がないと思ったからです。

これからは少しずつしようと思います。

記者:去年に日本レコード大賞「大衆賞」を受賞したと聞いた.

日本で私がどれだけ努力したのか誰も知らないんです。

日本全国ツアーコンサートは本当に難しい経験だったようです。

日本語で日本式で歌うのと、日本スタッフたちと働きました。

私が 100パーセント日本語を話せる状況でもないので

コンサートの前には心配をしたんです。

ところで実際にするから良かったんですよ。

我が国と違い日本は必ずライブをしなければなりません。

それでアルバムも最大限ライブのように声をいかして録音します。

これからはライブが慣れて、口パクしなさいと言われてもできないようです。

コンサートでは 20曲位をライブで歌いました。

記者:韓国で歌手活動するのはどうかな?

歌が上手と歌手一人よ?(笑い)

日本は芸能人たちの年を構わないです。

三十過ぎても十代たちが沸き返ります。

ところが我が国ではそうではないでしょう。

東方神起の好きな人が、私が好きですか?

また国内アルバム市場は状況が良くないと思います。


#04 これからは映画を夢見る

記者:これから演技はしないか?韓国では先ほど言ったように「決定!味vs味」にだけ出演したし,

    日本では主に歌手活動をしている.

あの,映画俳優になりたいです。

デビューした後、何日経ってから映画は私の夢になりました。.

実は「美術館の隣の動物園」のイ・ソンジェさんの役が元々私に入って来たものでした。

それでシム・ウナさんと李丁香監督さんと約束までしたが,

尹碩号 PDさんとの義理を守るために仕方なく約束を破りました。

PDさんの頼みどおりミョン・セビンさんと「純粋」を取ったんです。

運がよくないようです。

記者:以後もずっと映画をしなかった理由は?

デビュー頃は演技の ‘感じ’が知りたくてわざわざ TVで活動しました。

でも4年くらい経った頃から映画俳優になりたかったんですよ。

ところが運が本当に良くないのか「美術館の隣の動物園」以後にも状況が狂いました。

シナリオが良ければ製作会社が倒産したり、

製作会社が良ければシナリオが台無しだったりで。

休んで結局ドラマ出演を繰り返したんです。

これからはもっと年を取る前に映画には必ずしなければならないという考えだけです。

実はうちの兄さんがプロダクションで PDをしたんですよ。

あの時とても面白かったのかこの間にR's companyという映画会社を設立しました。

映画製作するんです。

記者:R's companyはリュ・シウォンが設立した会社?

みんな私が設立したと思います。

ところで本当に いいえ.兄さん達が設立したし、

私がむしろ助けを借りています。

日本活動のため気力がないから国内活動は助けてくれと言ってしまいました。

映画もそれで一緒にするんです。

良いシナリオがあって現在作業の中です。メロ物になるつもりで。

記者:メロ物?変身はしないか?

初映画で訳もなく新しい試みをして壊れたくなかったんですよ。

リュ・シウォンも映画をするね。こんな姿だね。位を見てくれるのが目標ですよ。

興行は少しも期待していないです。

記者:90年代のように活動した俳優同期,イ・ジョンジェ、チョン・ウソン、ベ・ヨンジュンなどは

   その間映画の方で内攻を積んで来た。羨ましくないのか?

初めからみんなよくできたことではないでしょう。

初成績は良くないことがあります。待つんです。

その方たちと私は他の道を歩いて来たわけですから。

イ・ビョンホンさんとイ・ジョンジェさんは MCをしなかったでしょう?

その方たちが映画をする時 私は MC 活動したわけですよ。

振り返って見たらすべて私に役に立った経験だから後悔しないです。

残った人生を思えばむしろよくやったと思います。映画はもうちょっと待って見ますよ。


#05 自動車と女に関する真実

記者:カー・レーシングが好きだと聞いた。

幼い頃から自動車が好きでした。

カーデザイナーが夢でした。

そうするうちにデビューして偶然にショープログラムでレーシングを体験するようになりました。

あの時おもしろいと思って 98年からレーシングを始めたんです。

2年休んで 2003年からまたしています。今は正規試合出ていています。

記者:危険じゃないか?

はいー、 いいえ、安全装置がよくできています。

国内レーシングカーはボックスカーとして天井装置がある車だから比較的安全です。

記者:ガールフレンドはいるのか?

最近結婚したい気がします。年もあるから。

ところで私が誰にでも会おうと思うとできる事ではないでしょう?

この前に付き合ったガールフレンド…その方と別れて 1年間はとても大変でした。

到底他人に会うことができなかったです。

しばらく後こそ誰かに会おうという気がしたんです。

その時はまた会う人ごとにせがみました。合コンしてくれと言って。

多分その時なら記者さんにも合コンしてくれと頼んだかもしれませんよ?(笑)

記者:それで結局放棄?

最近は忙しすぎるからです。

韓国では 12年目だが日本では 2年目に過ぎないです。

今は活動に力を注がなければならない時だからです。

2~3年位経ったら考えて見ようと思う。


------------------------------------------------


先日、この雑誌のグラビア撮影している動画を見ました。

記事があったので、ちょっと読んじゃった~。

韓国でのインタビューの方が、結構言いたい事が言えてるんじゃないかなぁ~!?

という気がしました。



MOVIE WEEK(対象記事のページ)
http://www.movieweek.co.kr/magazine/200608/14/20060814163250623020000020400020402.html


私がどうしてもよく分からないのが、

「彼には鏡がなかった」という言い回しです。

それは、シウォン君はいつも鏡をみてるってことで有名だから・・・なのか、

何か独特の言い回しがあるのか・・・ということ・・・

日焼けした・・・

テーマ:

炎天下の中、並んだので・・・・

しっかり日焼けしました。

「情熱大陸」の時は、日焼け止めを塗っていたので、

それほど焼けなかったけど、今日は無防備。

ノースリーブ(知っている人は知っている。武道館最終日の私の服装。笑)だったので、

その形が腕に残りました。

顔は、ちゃんと夏用の日焼け止め下地やファンデーション使ってるから

多分大丈夫・・・。

腕だけ、赤くなってます。。。

赤くなって、また白く戻る・・・タイプだったら良いのですが、

残念ながら私は、赤くなる→黒くなる・・・なので、腕だけ色黒。笑


やっぱり、並ぶと分かっている時は日焼け止め必要ですね(^^;)


まぁ、しばらく?こんなイベントに参加する予定もないから、

日焼け止めも必要ないだろうけど~。