オリバナムの庭

オリバナムの庭へようこそ♪
アロマとハーブと香樹(かじゅ)ピグブログ


テーマ:
『死をもちて赦されん』を読み終えました本
暫らくの間本棚で眠っていましたが

通勤の地下鉄の中で読むのに

引っ張り出して来ました


通勤途中に

面白すぎる小説を読むと

先が気になり

仕事が手につかないので笑

なるべくゆったりとしたペースで読める本を

と、この本を選んだのですが

な、なんと

これまた面白すぎて

ページを捲る手が止まらないきゃー


修道女フィデルマシリーズ

歴史ミステリービバビックリマークでございます


主人公フェィデルマは

若く美貌の修道女、

アイルランド五王国の一つ

モアン王国の王位継承者の妹、

さらに法廷弁護士(ドーリィ)でもある

裁判官として判断を下すことが出来る

上位弁護士(アンルー)という

高位の資格を持った尼僧なのだ


スーパーウーマンであるきらきら


読み始めたきっかけは

作家ピーター・トレメイン

ケルト学者でもあり

『アイルランド幻想』を読んでから

このフィデルマシリーズを知り

修道女と言えばヒルデガルトを思い出しつつ

この作品を読み始めた次第


短編も面白いけど

長編はさらに面白い

(犯人はすぐ分っちゃうけどかお


相棒エイダルフ修道士との

出逢いが書かれたこの作品


短編読んでいるときは

そんなに気にならなかったけれど

この長編でのフィデルマは

若くて賢い女性にありがちの

鼻っ柱の強さがぷんぷんだけど

(ツンデレ系ニヤ

大人な相棒エイダルフが中和してくれて

いい感じです


実際長編読んだのはこれが初めてで

読者の興味が一作目から

出版すると深まるかどうか分らなかったので

順番を変えて出版していったと

あとがきに書かれていましたが

ワタシは最初にこれを読んでよかったと思います

なぜならフィデルマとエイダルフの

行間から読みとれるものが伝わってくるから萌

二人の出逢いは少女マンガの王道だな笑う



調べてみたら去年発行の二冊

購入してなかったので買わなくっちゃるんるん



ダウン日本での発行順ダウン


『蜘蛛の巣』(第五作)

『幼き子らよ我がもとへ』(第三作)

『修道女フィデルマの叡智』(第九作短編)

『蛇もっとも禍し』(第四作)

『修道女フィデルマの洞察』(短編集)

『死をもちて赦されん』(第一作)

『サクソンの司教冠』

『修道女フィデルマの探求』

死をもちて赦されん (創元推理文庫)/ピーター・トレメイン
¥1,260
Amazon.co.jp




アイルランド幻想 (光文社文庫)/ピーター トレメイン
¥740
Amazon.co.jp


オリバナムの庭


修道士カドフェルシリーズもまた

面白いのでお勧めです

薬草香草もりだくさん

カドフェル自慢の薬草園が魅力的音譜


聖女の遺骨求む ―修道士カドフェルシリーズ(1) (光文社文庫)/エリス ピーターズ
¥580
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。