縮毛矯正の仕事術(縮毛矯正専門店レスキューヘア・スタッフブログ)

プレアイロン矯正・パターンF・髪の毛の体力を残しながら掛ける縮毛矯正☆ 町田と北千住の小田急相模原にある縮毛矯正専門店レスキューヘアのスタッフブログです(^_^)


テーマ:

火曜日は5ヶ月間続いた

 

【RTS実践コース19期】最終日でした☆

 

19期参加者は6名

 

池谷さん、土屋さん、小幡さん、加藤さん、大倉さん、小島さん

 

一日目から4日目まで、

 

塗布、ブロッキング、ブロー、アイロン、ツインブラシの使い方などびっしりやってきました

 

僕の方でも過去の期での結果を元にして、毎回教え方をアップデートし、以前よりも早く技術を身につけられるようにしています

 

 

そして今回は【プレアイロン縮毛矯正のパターンF】

 

6人で施術するモデルさんは4名

 

薬剤は、グリシスHG、グリシスシールド、SPECCONTROLの3本のみで作ります

 

多少、塗布時間が掛かっても、多少長く置いても、行き過ぎない設定を作ってます 

 

多少のアドバイスや見本を見せながらですが、ほぼ自分たちでやりました

 

 

 

【仕上がりは見ての通りです】

 

普段自分たちが使っている薬剤よりもだいぶ弱く、なおかつ短い時間で、今まで出せた事の無い仕上がりに

 

まだまだ改善点は、受講生にも、僕の教え方にもありますが

 

じゅうぶんな仕上がりになったと思います☆

 

 

今後は別のRTSのコースにヘルプとして参加して、新しい事もどんどん覚えていけると思います☆

 

5ヶ月間おつかれさまでした!

 

 

 

【大倉さん担当】

 

 

 

【小幡さん、小島さん担当】

 

 

【加藤さん担当】

 

 

【池谷さん、土屋さん担当】

 

 

 

---------

 

また、来年5月以降は全国を展示セミナーでなるべく回りたいと思っております

 

セミナー開催に協力していただける方がいるととても助かりますm(__)m

 

プレアイロン縮毛矯正のパターンFを見たい人がいましたらぜひ☆

 

今までに行ったことのない地域にもお邪魔したいと思いますので

 

よろしくおねがいいたします(^_^)

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日は僕のイメージア在籍時代に10年以上一緒に仕事をしてきた

長崎屋さんのサロン、横浜中山ブギーで

RTS Special Training(RTS卒業生対象の展示勉強会)を行いました☆

 

途中から少人数でやる必要性が出てきたので

今までに無いくらいの少人数での開催でした。

※事情は後日お伝え出来ると思います(^^)

 

モデルさんはもう10年くらい通って頂いている元美容師の方

元々かなりダメージしやすい髪質の方で

月1くらいでアルカリカラーを欠かさず行っています。

長年担当している方の中でも難しい方に入る髪質で

薬剤を載せた瞬間にリフトしてくるくらい

リッジは強いのに、アルカリに弱く、吸水力の高い、しかも超多毛な髪質です。

中間過ぎにソギもたくさん入っています><

 

 

施術はプレアイロンの応力緩和パターンF

 

薬剤はグリシスをベースに使用

いつもの【グリシスHG+グリシスS】ですと

還元剤に還元剤での減力になるので

毎月白髪染めをしている髪にはちょっとクタりやすさが出てしまいますので

 

今回は【グリシスHG+グリシスシールド(還元剤+保護剤)】の組み合わせで

更にSPECCONTROLを4%入れてpHを下げての施術を行いました。

 

プレアイロンを行ってからの塗布前ブロッキング

現在は基本フルブロッキング、シングルピン使用で行っています。

プレアイロン中はダッカールがこんなに頭に付いています(笑)

これはRTS実践コースで今みんなが練習をしている方法です☆

 

 

使用した薬剤の配合は

 

根元A HG+シールド=3:2(+SPEC4%)→HGP66+4

根元B HG+シールド=1:1(+SPEC4%)→HGP50+4

中間C HG+シールド=3:1(+SPEC4%)→HGP25+4

毛先D シールドで保護

 

放置時間 10分 (塗布時間 18分)

 

 

1剤流してから、中間処理にキトコートB→A→B→インバス

※シャンプー、トリートメントは基本なんでもいいので今回はブギーで使用しているものを使っています。

シトリン付けてから、全ドライ

 

RTSツインブラシを使用した【キトエスアイロン】

 

仕上げはシトリンでデンマン軽く入れたくらいです☆

 

 

無事収まりました(^^)

毎日、この仕上がりを見ているとだんだん麻痺してくるんです><

本当に細かい部分をさらにもっとの繰り返しで

もっともっと良く仕上げていきたいと思います☆

 

 

今回はパターンFを初めて行ったので、今後数回に渡って調整をしていきます。

細かい部分ですが、ちょっとだけ強かった感じの箇所があるので

次回の薬剤は

A 66→60

B 50→40

C 25→20

これで同じく10分での施術を行います。

伸ばせるギリギリまで薬剤を弱めていきます☆

 

RTS実践コースで教えている縮毛矯正は

薬剤のパワー以外は全て固定で行っているので

改善点がしっかり分かった状態で次回の施術へつなげる事がしやすいです(^^)

 

 

 

 

これで年内の展示セミナーは終了しました

 

コースはあと2つ残っています。

 

来年の展示セミナーはまだ予定が1本も入っておりません。

 

春くらいまで動けなそうなので

 

展示セミナーが出来たとしてもそれからになるかと思います。

 

またRTS実践コース卒業生からRTS講師を作っていきます。

 

来年度は僕の代わりにその人達が展示セミナーを行う事もあると思いますので

 

その時はまたご連絡いたします。

 

 

きくち

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

もう15年以上開いていませんが

 

ほんとたまにですが、読み返している雑誌がありました。

 

--------------

 

今から24年前の北海道理容美容専門学校(現RIBI)に通ってた時に

 

今回2016年12月号で月刊誌として終了した「TOMOTOMO(トモトモ)」

 

専門学校通信という取材に掲載して頂いた事があります。

 

 

これだけは実は手元に残してあったのですが

 

たまに開いて見ていたのもあり、相当ボロボロな状態です。

 

 

 

自分の記事を見るのではなく

 

この時の号が「最近グーンと伸びてきた人~~」と言う特集で

 

当時は僕は18歳ですが

 

この特集では20~25歳くらいのちょっと上の美容師がたくさん載っている号で

 

その中でたまに読み返している人の記事がありました

 

 

美容学校卒業後3年目の時点で、自己資金150万貯めて

 

銀行からも150万借り入れて、300万持ってサスーンに留学しに行ったと

 

 

給料が手取りで10万も無い時代だったので

 

とんでもない人がいるもんだと

 

おそらくすごい大変なキツい思いをしてやりきってきた人なんだろうなと

 

それから比べたら今の練習なんて全然余裕だよねって

 

この時点でこの方が誰かなんて全く気にしていませんでした。

 

 

実際、最後に目を通したのは15年以上前だったと思うので

 

もうほとんどしまってあって忘れてたいました。

 

先日、TOMOTOMO6月号で特集を組んで頂いたときにふと思い出して

 

引っ張り出してみましたが

 

びっくり!!!

 

 

僕のモチベーションを上げる為に読んでた記事の人は

 

植村さんでした。

 

 

僕は正直、接点も何も無い方なので

 

全くもって偉そうな事を言うつもりは本当にありませんが

 

身近に深く関わった知り合いが沢山いる方だったので

 

名前を見て衝撃でした。

 

いま僕は43歳ですが、22歳の時点の植村さんの記事を読んでも

 

すごいなーって未だに思います。

 

お名前は聞く事はあったので

 

多少でも接点を持っていたかったなと思いました。

 

 

 

 

ここ2~3ヶ月はこの雑誌を持ち歩いていて

 

見たいと言う人には見てもらっていました。

 

見た人はみんな皆さん写メ撮りまくっています☆

 

 

セミナーなど行くときはなるべくバッグに入れて行きますので

 

見たい人がいましたら声掛けてください(^^)

 

当時ならではの面白い記事もたくさん載ってます☆

 

 

あと、昔の山下さんも載っていました~

 

そしてJHAもまだ2回目

 

 

 

 

きくち

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)