効き脳ブログ

「どうしてあの人とはうまくいくのに、アノ人とはうまくいかないのか…?」
「どうして、あの人と同じトレーニングをしたのに、私の方はうまくいかないのか?」
など、身の周りの人間関係やコミュニケーション、仕事、学習方法と“効き脳”との関連について綴ります。


テーマ:
春の気配が感じられて来ましたが、
フィギュアの四大陸選手権など、まだまだウィンタースポーツは熱いですね~!

さて、引き続き今回も、
Facebookアプリ
SocialBlains ソーシャルブレインズ
で連載中の

「Social Brains(効き脳)活用のヒント」

をご紹介します!

------------------------------------------------------------
どうも、浅野瑛司です。

昨日参加したセミナーでは、
「タイプ別大人の勉強法」の説明があり、
とても興味深かった。

大人になっても、
資格取得や語学試験のために勉強しなければならない場面があるが、
効き脳のタイプにより、
長続きする勉強法とそうでない勉強法があるのだという。

確かに
「通信教育はBタイプには適しているが、
(対角の)Dタイプには向いていない」
と言う説明には、ひどく納得してしまう。

紹介された「タイプ別オススメ勉強法」(↓)が、
必ず全員に当てはまるわけではないだろうが、

効き脳が反応しやすいポイントをうまく取り入れる
(あるいは避ける)ことで、

少しでも勉強に対する抵抗感を減らす
“自分流”を探してみる価値はありそうだ。

効き脳ブログ-活用のヒント008

◆◆◆◆「タイプ別オススメ勉強法」の一例◆◆◆◆

●Aタイプ●

・「やらざるを得ない状況」に自分を追い込む 

例えば、周囲に高い目標を宣言すると、やらないわけにはいかない。
自分で自分を追い込み、それにチャレンジすること自体が原動力になる。

・「なんとなく理解した」ところで次に進む(慎重になりすぎない)

分析し過ぎると考える時間が長くなり、なかなか先に進まない。
あまり深く考えずに、どんどん次に進むこと。

…自分はAタイプなので、納得。

●Bタイプ●

・「ポイント制」 

「得意な勉強をしたら1ポイント」
「不得意な勉強をしたら3ポイント」
のように、

「自分の勉強をポイントに換算」してコツコツと積みあげる。

・「1コマ90分」の法則

人間が集中できる時間は「90分が限度」なので、
「90分問題に集中したら、少し休息。その後、もう一度集中する」
というリズムを大切にする。

…「90分が限度」というのは使えるな。

●Cタイプ●

・ブログやFacebook

ブログやFacebookに「資格受験日記」を記して、
受験仲間を増やす。

同じような境遇の相手から
「一緒に頑張ろう!」といったコメントがつくと勇気づけられる。

・友だちや先生にどんどん聞く

親しみやすい一面を持っているので、
「人に聞く」のも手。
どんどん聞いて教えてもらう。

…自分だったら、人と進捗を報告しあう時間があったら、
もっと過去問を解く時間にあてるけどね。

●Dタイプ●

・並行作業

ひとつのこと(科目)を長時間やり続けようとせず、
いくつかを並行して進めることで意欲を持続させ、効率化を図る。

・「なりきり写真」を利用する

「望んだ結果を手に入れた自分」を思い描くと、
その通りになりやすいタイプ。

「やったぜ。この問題集をやりきったぜ!」
という気分で
ガッツポーズをつくり、
ケータイで写真を撮影。

それを見続けることで、
「もう終わった」という
「すり込み」がモチベーションを高めることも。

…まさに、団塚(笑)

------------------------------------------------------------
さて、皆さんはいかがでしょうか?

今回の瑛司のエピソードは、以前このブログでもご紹介したものですが、

人は、自分の思考特性(効き脳)に合っていない行動(学習法)は、
苦手意識が生じるため、やる気も起きにくくなかなか成果は上がりません。

自分の効き脳に合った「無理のないスタイル」を見つけるヒントとして
ぜひお役立てくださいね!


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。