他愛のないこと

テーマ:

上野動物園に初めて行った。



決めたのは、待ち合わせ場所。





歩くスピードはあわせてくれないから



わかってもらえるように手をつないだ。






最初は、腕をつかんで




そこから手を滑らせる。





手のひらと手のひらが触れて



私がそっと手を握ると




きゅっと握り返してくれる。




とたんに胸がきゅぅっとなって



軽くめまいがする。





手をつなぐなんて、他愛のないこと。



それでも、今だにドキドキするんだ。

AD

もっともっと

テーマ:

久しぶりの更新ですね。

いったい何ヶ月ぶり?という声も聞こえてきそうですが・・(-"-;A ...



相変わらず、彼の試合や仕事のない週末は、ほぼ毎週会っています。

かといって、お泊りはないのだけれど。




先週は、映画を見てご飯食べて。


少しお酒が入っていたので、その勢いで「もう少し一緒にいたいね」って伝えて。


しばらくあてもなく散歩をしていました。




久しぶりに、本音を聞けたんじゃないかなって思う。




彼の同期の子どもがダウン症だったことから、自分の子どもがダウン症だったら、とか。


生まれる前にわかったらどうするか、とか。

(たしか、生まれる前に本当はわかるけれど生存権を守るために教えてくれないんですよね。)


明るい話ばかりではなかったけれど、こういう話をもっとしていきたいなって思う。




彼は排他的な考えだから、

この人と結婚したらどうなるんだろう?とか、子どもはまともに育つのだろうか?とか


不安のほうが多いのだけれど、不思議とそれでも一緒にいたいと思う。



話をしても、いやな気持ちになることが半分。



それでも  もっともっと


話をしよう。

AD

久しぶり

テーマ:

久しぶりの更新です。

この頻度では、すでにこのブログは死んでいるとみなされるのかな?


あれから、彼とはほぼ毎週あっているような気がします。

GWはどちらも実家に帰りましたが・・・




昨日は二人で『ダ・ヴィンチ・コード』を見に行きました。

その前の週は、『海猿』


『海猿』に誘ったのは私から。


ストレートに、「海猿見に行かない?」



実は、私は伊藤英明が好きなのです。


逐一出演番組をチェックするようなことはしていませんが、

彼をテレビで見るたびに、一人暮らしで他人の目がないことをいいことに

キャッ(^^*))((*^^)キャ と、騒いでいるのです(苦笑)



・・なので、どうしても見たかった『海猿』に誘いました。



映画好きなのと、少し関心があったらしく返事はOK


待ち合わせをして、雨の降る歌舞伎町で海猿を見ました。

公開後最初の土曜とあって劇場は満員。

並んですわれたのはひょっとしたら私たちが最後の組だったかもしれません。



映画を見た後は腹ごしらえ。


だけど、我儘な彼のせいでお店がぜんぜん決まらない。


「混んでて待ちたくない」

「ビールの高い店はおいしくないことが多いからいや」

「ここは食べたいものがなさそう」


私は3日からずっと風邪を引いていて、咳ばかりしていたのにもかかわらず

雨の降る新宿を延々と歩かされた。

だんだんと寒くなってきて、風邪が悪化していくような気がした。


当然不機嫌になっていく私。


土曜の夜、待ち時間ゼロで夕飯を食べられる店は新宿にはない。



こんなこと、考えるまでもなくわかること。

それなのに、自分勝手な理由で延々と店探しに付き合わせる無神経さと

彼の考えの甘さに腹が立った。


時折、「ここでもいい?」と彼は私を伺うけれど、

機嫌の悪い私は寒さから逃れられればもうどこでもよかった。


「好きにしたら」



やっとお店が決まったときには、歩き続けて2時間以上経っていた。

AD

最後のデート

テーマ:

今日、彼と久しぶりに会いました。


1ヶ月ぶり、かな。


彼の好きなコーヒーショップ『ドトール』にいって

その後、ご飯を食べました。


他愛のない話をして、

彼が笑った顔を久しぶりに見た気がした。



そのあと、私はマンションの管理会社に行かなくてはならなかったので

今日のデートはこれでおしまい。



今日、本当は彼に話をしようと思って会いました。


『もう、友達だよね』



だけど、勇気がなくて言い出せなかった。



帰り道、ずるいとわかっていながら、メールで彼に送りました。


私たちは、友達だよねって。



彼も、同じことを思っていたみたいで

別々の道で、がんばっていこうっていう返事が来ました。



これが、私たちの最後のデート。




会えることは少なかったけど

たくさん思い出があって

会えることが少なかった分、一回一回が本当に大切だった。


最後くらい、ちゃんと会ってるときに話せばよかった。





難しい人だから、この後誰か一緒にいてくれるかな?

私みたいに我儘じゃない、かわいい人が一緒にいてくれるといいな。



今はこの更新が精一杯。

彼の仕事

テーマ:

土曜日、1ヶ月ぶりにやっと彼に会えました。

先週は彼の仕事の都合でドタキャンとなり、

今週も彼の仕事の都合で6時間ほど会う時間が少なくなり・・・


1ヶ月ぶりだったうえに会える時間もわずかでした・・・


いつものようにご飯を食べて、映画を見て

帰ってきて、2人で眠って。。( ← 眠るだけですよ w )



だけど、いつもよりいろんなことを話したような気がした。


仕事でどういうところに行ったとか、恋人同士というより

大学時代の友達のような感覚だったけど、

それでも、彼のことを聞けるのは嬉しかった。



眠るとき、ぎゅって抱きしめたり髪をなでたり

彼が熱を出していたせいか、なんだかとても愛しく思った。



「最近、あんまり会えないなぁって、思う」


そう言った私に、


「なんで今のところに移動したんだろうって思うよ。

俺は本当に今の仕事がしたかったのか。

今の生活は俺の性に合わない。」


私を抱きしめながら、そう彼は言った。

(彼が今の部署に移動したせいで、一年前の今頃からあまり会えなくなったんです)




今まで知らなかった、彼の葛藤。疑問。迷い。

弱いところを見せたくない彼が、自分の心を少しだけ見せてくれた。



だけど、私はなにも返せなかった。




考えてみれば、移動して直ぐの頃は仕事の話をよくしていた。

そのときの彼はなんだか楽しそうで、

大変そうではあったけれど、とても生き生きとした表情をしていた。


だけど、最近はそんな顔をみることもなくなってた。



探せば、インターネットで彼の名前をみることができるし

その成績だって知ることができるようなところまで、彼は上がってきた。



だけど、それだけじゃない。


少しの「ごめん」と、愛しさで

言葉の代わりに彼の髪をなでて、そっと抱きしめた。





彼の気持ちに、少し近づけたこと

彼がそれを許したことが、うれしかった。