幸せ

テーマ:

最後に会った日から、2ヶ月が経ちました。


彼に会いたい衝動は、ずいぶん抑えられるようになってきました。


ですが、その反面自分の状況に近い歌を聴くと、本当に悲しくなってしまいます。


槇原敬之の「さみしい気持ち」とか、ル・クプルの「陽だまりの詩」とか。



彼が愛おしい。



毎日、考えます。



私は彼と会えない現実を受け入れられていないから、こうして毎日を過ごせているのだと。


もしも、もう二度と会えないとしたら、私はどうするんだろうと。




それでも、私には答えはひとつしかありません。




彼を想い続けること。





大切な人だから、それで私が生涯一人なら、それでも仕方のないことかもしれません。



周りから見たら、不幸なのかもしれません。


かわいそうなのかもしれません。




それでも、私は彼に出会えたことを、

こんな風に愛おしく思える人に出会えたことを、


本当に幸せに思います。

AD