曇り空と我儘

テーマ:

今日は雷が鳴って、雨が降っています。


不安定な天気。



雲のかかった空をみると、彼のことを思い出します。



ドライブデートが日常だった頃、多くしていた天気の会話。



「今日は晴れてて気持ちいいね。」


「まぶしいから晴れはいやだ。暑いし、走るのがつらい。俺は曇りが一番好き。」



子どものようにひねくれている人。

自分の都合を最優先にする人。


まるで私と違うから、腹の立つことも多かったけど、

代わりのいない愛おしい存在。



だから、雷のなる灰色の空や、晴れることのない白い空をみると彼のことを思い出します。



支えてあげたい、一緒に歩いていきたい。


変わらぬ気持ちを、いつか伝えよう。


自分に自信がなくて、彼を傷つけたことを、謝ろう。



こんな私が一番のエゴイストなのかもしれないけれど。

AD