花水木

テーマ:

最後のデートも同じ場所で待ち合わせよう

花水木の通りの終わり

線路沿いの空き地で ハザード出してるよ


何かを見つけた子供のように指を指して

鯉のぼりのようだと言ってたペインターを

僕は選んで履いた


五月でまたひとつ年をとり 大人になった気分でいたけど

愛してる人に愛してることを伝えきれないようじゃ

まだまだダメかもしれない


君の幸せを 測れるものがもしあったなら

世界中のどこでも僕は まだ きっと 探しにいく


二人でどこかへ 行くことに 慣れてきても

すぐに車に乗り込まないで 運転席の僕を確かめに来ていた

気がつけば今も 窓を開けて ずっと待ってる

しばらくはまだ 君が残した 小さな癖で 思い出すかも


うれしそうに笑う君の顔が いつでも僕の自慢だったけど

さよならいうことに迷い続けて疲れてるのに

笑ってくれた君は僕の誇り


最後のデートも 同じ場所で 待ち合わせよう

新しい地図を君にあげるよ 今日が最後のナビゲーター

花水木の通りの終わり

線路沿いの空き地で ハザード出してるよ




槙原敬之の『花水木』の歌詞です。

昔からすごく大好きな曲。今も大好きです。

だけど、今の気持ちにぴったりとはまってしまって、すごく苦しくなる曲でもあります。


自分から切り出した別れだけど、まだ彼のことが好き。

だけど、一緒に歩いていけたら、きっと幸せになれる人は別にいる。


なんて我儘なんだろうとほとほと自分がいやになるけれど、

どうしたらいいのかわからない。

ただ苦しいよ。

AD

最後のデート

テーマ:

今日、彼と久しぶりに会いました。


1ヶ月ぶり、かな。


彼の好きなコーヒーショップ『ドトール』にいって

その後、ご飯を食べました。


他愛のない話をして、

彼が笑った顔を久しぶりに見た気がした。



そのあと、私はマンションの管理会社に行かなくてはならなかったので

今日のデートはこれでおしまい。



今日、本当は彼に話をしようと思って会いました。


『もう、友達だよね』



だけど、勇気がなくて言い出せなかった。



帰り道、ずるいとわかっていながら、メールで彼に送りました。


私たちは、友達だよねって。



彼も、同じことを思っていたみたいで

別々の道で、がんばっていこうっていう返事が来ました。



これが、私たちの最後のデート。




会えることは少なかったけど

たくさん思い出があって

会えることが少なかった分、一回一回が本当に大切だった。


最後くらい、ちゃんと会ってるときに話せばよかった。





難しい人だから、この後誰か一緒にいてくれるかな?

私みたいに我儘じゃない、かわいい人が一緒にいてくれるといいな。



今はこの更新が精一杯。

AD

謹賀新年

テーマ:

皆様、あけましておめでとうございます


今年は実家からの記事アップとなりました。


忙しさにかまけて、更新を怠っているkikiですが、

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。



記事の更新がとまっているのには

そのほかにも理由があるからなんですけどね。。



複雑。


彼とは、もう付き合ってないんだろうなぁというのが

正直なところです。


これは、どっちも悪いんだと思う。





おかしな新年の挨拶になってしまいました。

AD