只、思うがままに球を撞く

Aクラスを目指して日々の練習や試合のことを書くブログです。
ダーツなどビリヤード以外の趣味のことも少々。


テーマ:

久々に静岡に行ってきました。

 

今回は、T朗と共に、5-9しにいくのが目的でありました。

コパンの方々と色々とお話もして、

静岡の球事情も聞いてまいりました。

 

地方の現状は悲惨なようです。

球屋は減り、球人口も減っているとのことです。

 

それでも、コパンは諸々の努力もあり、客入りが良い方です。

夜の8時頃から朝の9時頃まで居たのですが、

夜中まで半分以上の台が埋まっていましたからね。

ピークタイムは満台です。

今、静岡でここまで入るお店は無いようです。

撞く環境としては、最高ですしね。

 

そして、年齢層。

我々が30代前半でしたが、ぶっちぎりの最年少です。

 

僕がコパンの前身のお店であるキャロルに居た頃、

もう10年から12年も前になりますが、

それから、若い客というのはほとんど増えていないようです。

 

静岡、東部・中部・西部、どの地域でも、同様の傾向があるようで、

以前は、毎年大学生が数人は顔を出して常連化していましたが、

僕らがその最後の世代だったようです。

 

なんでも、地元住みの大学生が10人集まって、1人も車を持っていないとか。

 

コンビニまで3kmとか、スーパーまで5kmとか、

最寄駅まで10㎞とか、そのくらいの距離感の土地でですよ?

自転車と電車とバスで移動しているらしいです。

 

住んでいた僕からしても、ありえないのですが、

そのくらい、今の若者は車に乗らないみたいです。

集まっても、家で携帯ゲームやったりが多いようで、

カラオケ、ビリヤード、ダーツ、ボウリングとかの遊びに行こうぜー!とは、

あまりならないようですね。

 

静岡県ビリヤード協会に登録している人口は、

まぁ一応あちらの情報なので正確な数字は言いませんが、

協会の人がほぼ全員把握できるくらいの人数、といった感じです。

 

県全域で、球屋が20件もないくらいだし。

あれだけ広いのに・・。

 

さてさて、球撞きの内容はというと、

大体、130マスくらい5-9をやりまして、

フルボッコにされてきました^^

 

色々と課題も見つかりましたが、

普段、東京でやっている9ボールや10ボールの課題感とは全く違いますね。

 

静岡の特徴ともいえるかもしれませんが、撞くのが早い。

撞いていたのは23時から8時半くらいなので、10時間弱くらいです。

この時間で130マス撞いているので、1時間で13マス、

1マス平均で3分台後半です。

 

セルフラックなので、撞いている時間で言うと、

1マス3分くらいですかね。

 

5-9なので、9番上げに行ったり、5番9番をサイドに取ったりしますので、

基本的に普通のナインボールよりも時間がかかります。

 

コパンのオーナーと店員さんと、僕とT朗の4人撞きでしたが、

とにかくオーナーが撞くのが早い。

 

それ、本当に狙ってるの?

と言いたくなるくらい、サクサク撞いていきます。

しかも、かなりのヒネリを乗せた球でも、ハードショットでも、関係なく

スパスパと撞いていきます。

 

多分、1球撞くのの平均が10秒無いくらいです。

 

あ、時間が来ちゃったので、続く。。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

備忘録

 

週2か週3くらいで撞きました。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ビリヤードの調子って、あると思います。

 

例えば、先日、

鈴木さんちの球日記

http://d.hatena.ne.jp/YIU24564

で、有名な、鈴木さんと撞いた時のこと。

 

2時間ちょいで、22マス撞いたのですが、

私と鈴木さんで、何セットずつ分け合ったと思いますか?

 

ちなみに、鈴木さんは言わずもがな、普通以上のA級です。

かたや、私は普通のB級です。

私は、彼とは付き合いも長いし、100先もやっていますので、

どれくらいの実力差があるのか、よく分かっております。

 

結果は、私13、鈴木さん9でした。

ちなみに、100先をやったときは、100-37くらいで、私が大敗しています。

 

要するに、調子とか、その日の球撞きへの入り方とかで、

プレーってかなり変わってしまうということです。

(この日の鈴木さんは、酒を飲んでいたというのもあります笑)

 

さて、日によって調子が違うというの大きな枠での調子と考えると、

日のなかでの細かな調子の変化というのもありますよね。

 

長丁場の5-9なんかをやっている人は、よくわかると思います。

 

さっきまでは、やたらと球が入っていたのに、急に入らなくなる。

逆もまたしかりと。

 

この、1日のなかでの細かな調子の変化を、どのようにコントロールしていますか?

 

例えば、私の場合は、プレーの調子が悪くなる時に、いくつかのポイントがあります。

 

まず1つは、ヒネリです。

ヒネリを多く使うようになると、段々とプレーの調子が悪くなってきます。

平たく言うと、球が入らなくなります。

 

というのも、

私はまだまだB級ですので、そこまでヒネリを修めているわけではありません。

 

それでも、配置によってはちょこちょことヒネリを使うわけです。

 

私の傾向として、序盤はウォーミングアップやフォームを固めるためもあり、

やや強めに芯に近い上下で撞いていきます。

そして、大体その日の感覚が分かってくると、

配置によっては、半タップから3/4タップくらいのヒネリを使っていきます。

 

このくらいの時が、調子という意味では、一番良い状態です。

 

そこでキープすればいい物を、

このくらいのヒネリでも球が入るので、と、

どんどんヒネリの量が多くなって行きます。

無理なリカバリーも狙うようになってきます。

 

すると、ヒネるためにキュー尻で調整したり、

キューの向きをあっちゃこっちゃに変えたりしているため、

ヒネリがいらない配置でも、先球が入らなくなります。

連続して撞けないため、リズムも悪くなってきます。

 

こうなると、また芯に近い撞点で、厚めの配置でキュー出しを確認して、

フォームやストロークの真っすぐを合わせて、

というような調整が必要になります。

 

と、私の場合の、調子の上下はこんな感じで起こることが多いです。

分かってはいるのですが、

つい、調子がよくなると、難しいことに挑戦したくなります。

 

その日の試合とかプレーにおいて結果が付いてくるのは、

我慢に我慢を重ねて球を入れにいった時、

というのも分かってはいるんですけどねぇ笑

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。