実は私、禁煙してます。
もとい…
禁煙の準備をしてます。

自宅では一切吸っていません。
が、
会社では、お昼だけ吸ってるけど。

自宅にはタバコを持ち帰らないようにしてから、早1ヶ月半。
吸わないことに慣れてきた。(自宅に限る。)

やっぱ、喫煙って「習慣」が影響してるんだねー、って気づいた。

いつも吸っている場所、
いつも吸っている時間、
そういうことが、吸いたくなる要因になってるだけなんだ。

それらを徐々になくしていけば、
そうさ、吸いたくなるきっかけもなくなるじゃーーないか!

なんで今まで気づかなかったのか。
トンマだな、あたしったら。


…と日々、自分の洗脳している。

頑張れ、あたし。


2ヶ月ほど前に、「家では吸わない!」と豪語したあと、
実は一度だけ、誘惑に負けて、ベランダでこっそり吸ってしまったことがあった。

彼氏にバレたら罵られる…とわかっていたので、
灰皿代わりの空き缶を「ちゃんと処理して、隠蔽工作を図らねば。」
と思っていたのに、
窓を閉めて、5秒後くらいにはその存在(ベランダの空き缶)をすっかり忘れた。(アホだろ。)

で、家に来た彼氏にまんまと見つかった。

「なにこれ。」
人間って、こんなにも無表情になれるんだねって感動するくらい「無」な表情で彼氏が振り返ったとき、
内心「やっべーーーーーーーー!」と焦り、冷や汗が出まくったが、
なぜか、私の顔はヘラヘラとしてしまってた。

そんなあたしを見て、彼氏が一言。

「隠れて吸っていたことよりも、どうしてこんだけ大胆にバレてしまえるのかに、呆れるよね…。」だそうです。

「隠し事のデキない性格ってことで…。」と
控えめながら図々しい言い訳をしたら、さらに怒られました。

…すいません、以後、気をつけて…
きちんと隠蔽します。(違うか。)





Android携帯からの投稿
AD