精神科看護学実習2

テーマ:

受け持ち患者さんが、とっても気を使われる人でした。


もう10何年、学生さんがついたことがなかった患者さんだったけれでも、

受け持たせてくださいました。

私がよかったとかじゃなく、うちの学校の精神の先生がすんばらしかったからです。


実習が始まり、たくさん患者さんとお話をしました。


ご年配の方でもあったので、もう、作業療法などにはあまり参加されていないのに、

学生さんには、精神科病院をいろいろと知ってほしいからと、

一緒に、参加してくださいました。

そのほか、自分自身の状況、幻聴はこういうものであるなど、

本当に、たくさんのお話をしてくださいました。


でも、お話し続けると、気づかれかれなどから、

幻聴がひどくなってきたりもします。

そのときは、ものすごく私に申し訳なさそうに謝られて

ベッドで休まれます。


たくさんお話はできるけど、でも、距離があるという感じでした。


先生とお話をしていると

「ひよこさんと患者さんは、お互いの性格から

 相手を気遣いすぎるところがあるからね。

 もうちょっと、楽にかまえてもいいんよ。」

と、アドバイスしてくださいました。


本当に、この先生はすばらしくって、

ちょっとことで、学生や患者さんのことを見抜かれます。

実習始まるまでは、ただのおっとりした先生としか正直思っていませんでしたが、

本当、実習始まって、先生の見方が変わりました。

本当に本当に、尊敬する先生です。


この実習の間、本当に患者さんとたくさんお話しました。

受け持ち患者さんだけでなく、他の患者さんともたくさんお話しました。


壮年期あたりの患者さん5・6名と円になってお話をよくしました。


実習は2週間あったのだけど、

1週目に彼氏がいるのかどうか聞かれました。


まあ、正直にいますよってお話したのです。

で、ちょこちょこ彼氏のことについて聞かれたので、

ちょこちょこ答えていました。


ところが、1週目と2週目の間の連休で


彼氏と別れてしまった

のです・・・・・・・・


2週目に、その6名の患者さんに報告。。。。


すると、みんな口をそろえて、


「あいつとは、別れてよかった。

あんたには、本当にもっといい人がいる。」


って、すごい、はげましてくれました。



本当に、救われました~。


みんな、すごくすごく、優しいひとばかりでした。


これがきっかけなのか、

私は、精神科看護がとても好きになりました。



まあ、彼氏と別れてしまったので、

実習初日に受け持ち患者さんに


「あんたは、23歳が24歳で結婚するじゃろう。」

って、言われていたのが、


「やっぱり、25歳が26歳じゃのう。」

って、年齢があがってしまいました~。


まあ、今現在、25歳か26歳はとても難しいというか、

結婚願望も自分でもビックリするくらいないので、

不可能ですな。。。。。。

AD

精神看護学実習

テーマ:

私が精神看護が好きになったきっかけは

たぶん、この精神看護学実習だったと思う。


2週間、毎日、楽しかったです。


毎朝、5時くらいに起きて、

車で20分かけて、駅まで行って、

始発に乗って、1時間半くらい電車にゆられて

実習病院に通ってました。


そんな毎日を送っているなか、

2週間目の真ん中らへんだったかな?

友達と電車で通いながら、

友達の就職試験の勉強を一緒にしていました。

そんなことしながら、窓の景色を見ていたら、

日ごろと見たことのないような、海が見えてきたりして・・・・・・・


2駅も乗り過ごしていました!


で、実習10分遅れました。。。。

早くに着く電車に乗っていたから、

10分の遅刻ですんだけど、遅刻は遅刻。

友達や患者さんに、寝坊で遅れたと思われてました。


理由を話すと、

みんなにビックリされました。


そんなこんなの、どじなひよこの精神看護学実習


実習内容等は、後日書いていきます。

AD

なぐり書いてます☆

テーマ:

とか、言いながら、

1つも書いていませんでした。


内定決まってから、特になにもしてません。。。


大学でがん看護の本を借りて、

自分の持っているものと合わせて読んでいってるくらいで。


私の頭の理解能力が悪いため、

マンガを読むみたいに、さ~っと読むのじゃ

あたまに入らないしし、理解できないのです。


だから、ものすごく時間がかかる


速読の技術が欲しいと、ものすごく思います!

AD