真田清秋のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

 「月刊日本」10月号、九州大学准教授・施光恒氏のインタビュー記事より:


 『ーー 年次改革要望書以来、アメリカは日本に対して様々な規制改革を要求してきました。


施: 今年3月に新たな対日要望書とも言うべき文書が出されました。全米商工会議所の関連団体の「米日経済協議会(USJBC)が出した提言書「アベノミクスの中心転換:経済成長に不可欠な新しい構造・規制改革」です。

 この提言書は、年次改革要望書と同様、分野横断的な構造・規制改革とともに、税制政策、労働政策、コーポレートガバナンス、農業・食品、デジタル経済と技術革新、エネルギー・環境、金融サービス、ヘルスケァ技術革新とライフサイエンス、旅行と観光など各分野についても非常に事細かな提言をしています。

 米日経済協議会のボードメンバーには、対日直接投資推進会議のアドバイザーに名を連ねるアフラック日本代表のチャールズ・レイク氏も入っており、この提言書は対日直接投資推進会議の資料としても提出されています。

 この提言書を読むと、仮にTPPが発効しなくても、アメリカのグローバル投資家、企業の要望に沿った規制緩和が進んでしまうことが見えてきます。

 国民生活の根幹に関わる医療や労働の分野でも、看過できないことが書かれています。

 最近、「女性が活躍する社会」とか「一億総活躍社会」といった耳当たりのいいフレーズがよく使われますが、この提言には、身もふたもなく「『ウーマノミクス』改革の実施は、労務者プールを拡大する最も即時的な手段」だと書かれています。単に女性を労働力として動員しようとしているだけであって、人件費の抑制が真の目的であることがよくわかります

 また提言書は、正社員や臨沂社員をより柔軟に採用するなど、雇用システムにさらなる柔軟性の導入が不可欠だとあります。さらに、会社がリストラその他の理由で職員を解雇する場合に支払われるべき退職金がを事前に固定する新種の任意的労働契約の導入を提言しています。グローバル投資家にとっては、企業を買收し、不採算部門を整理する際、日本の労働規制が邪魔で仕方がないのです。

 また、「旅行と観光」の分野では、優先課題として「統合型リゾート(IR)推進法案の承認」を挙げています。つまりカジノです。カジノによって外国人観光客を誘致しようという国は珍しくありませんが、普通、どの国も、自国民がカジノを利用することを望みません。ギャンブル依存症になどなってほしくないのですから。例えばモナコや韓国では自己民の入場を禁止、もしくは厳しく制限してきました。シンガポールでは自己民からは高井入場料をとっています。ところが、日本の化カジノ構想では、外国人ではなく、日本人の入場が期待されているのです。

 在日米商工会議所の意見書には、建設地に関して「公共交通機関に直接アクセスできること、主要な地方鉄道ターミナルに近接すること」とし、入場料については「(カジノへの)入場料を導入しないように強く提言する」という一文も明記されています。また、IRにおける顧客への金融サービスの提供、24時間営業も提言しているのです。』



 政府は、TPPは、一般国民にとっては、関税の問題でグローバル化の時代に自由貿易を妨げているという手法で、国民を騙し込んで、関税の裏にある「非関税障壁」という日本国民にとっては、終身雇用制等に代表される国民生活を守っている善き規制は、グローバル投資家の日本簒奪・カネもうけの障害になるという真逆な事案を、強欲資本家に加担するという政府・政権の国民を籠絡する売国政策です🎶


 そのTPPが米国民自身の大多数が雇用削減に繋がる危機を身近に感じて、TPP大反対するという事態に、TPP賛成派のクリントンも表面は反対せずにおれない事態です。


 それを、仮にTPPが頓挫しても、その裏交渉で国民には目隠しで、政府政権は着々と米国の日本経済収奪命令の「年次改革要望書」に代わる、新たな日本収奪案が今回の上記の提案書、「アベノミクスの中心転換:経済成長に不可欠な新しい構造・規制改革」です。


 日本国民で選挙に行かない人は、政治に関心がないという理由が多いでしょうが、政治は生活に無関係ではない、感心があろうがなかろうが、政治は最も国民生活に関与される事案である、という政治は誰にも無関係ではない、最も生存と生活に関係の深いものである、という真実を誰もが否定できない、という当たり前のことです★


 「政治は無関心でも無関係ではない」という真実


 それでは、皆様、御機嫌よう★

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

kiho-te77さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。