「売れる仕組みづくり」を伝えるコンサルタントのブログ

「売るだけの経営者」から「売れる仕組みを創り出す経営者」へパワーアップしたい経営者を応援するブログ

NEW !
テーマ:
私が銀行出身のコンサルタントということもあり、

頻繁に、士業の方、開業予定者の方、保険会社の

方など多くの方から、融資に関するお問い合わせが

よせられています。


そこで、これまで受けたお問い合わせなどを交え

ながら、融資に関する勉強会を開くことにしました。




■お申し込みはこちらからどうぞ→【勉強会お申し込みフォーム】




■開催日時:平成29年1月6日(金)13時00分~15時00分

■会場:新宿アントレサロンセミナールーム

東京都新宿区新宿2丁目12番13号→地図

■参加費:会場費ご負担分として1,000円(消費税込み)を

お申し受けします。

■対象者:融資に関する知識を身に着けたい士業、

開業予定者、ビジネスマンの方

■定員:5名


■申し込み方法:こちらのフォームにお名前、メール

アドレスなどのご記入をお願いします。

【勉強会お申し込みフォーム】


■内容:最初の30分は、私が基本知識をレクチャー

しますが、参加者を5人以下の少人数とし、時間の

許す限り、参加者の方からの質問に答える形式で

開きたいと思います。


ご参考に、これまで寄せられたご質問の主なものに

ついて記載いたします。当日は、このようなことに

ついても触れたいと思います。


●法人と個人ではどちらが融資に有利か

●株式会社と個人事業主ではどちらが融資に有利か

●資本金は10万円でも融資が受けられるか?

●融資申し込みは会社の設立の後でよいのか?

●役員は多い方がよいのか?

●定款に記載する事業目的によって融資が受け

られなくなることはあるのか?

●事業目的の書き方の順番は融資に関係があるのか?

●代表者を保証人にすることはやむをえないのか?




なお、今回の開催日は1月6日(金)ですが、その後も

随時開催していきますので、1月6日のご都合がつか

ない方は、次回の開催をお待ちいただければと思います。




image
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:
「会計は苦手だ」「会計は会社にとってのじゃまだ」

と考える経営者の方は少なくないと思います。この

ような考えをお持ちの経営者の方にスッキリして

もらいたいという思いで書いた私の新刊「図解で

わかる小さな会社の経営に活かす会計いちばん

最初に読む本」
の出版を記念して、管理会計

セミナーを開きます。会計に関する考え方を変え

たい、会計を得意分野にして経営に活かしたいと

考えている方は、ぜひご参加ください。



■申し込み方法:こちらのフォームにご記入を

お願いします。→【申し込みフォーム】


■開催日時:平成28年12月26日(月)

19時00分~21時00分


■会場:新宿アントレサロンセミナールーム

東京都新宿区新宿2丁目12番13号新宿
アントレサロンビル2階

東京メトロ・都営地下鉄新宿三丁目駅
C8出口徒歩1分→地図


■講師:中小企業診断士 六角明雄


■内容:

1.なぜ会計はめんどうなのか?

2.経営者は会計とどうつきあえばよいのか?

3.財務諸表はどう読めばいいのか?

4.会社の安定性や収益性を見るには?

5.会社の効率性を高めるには?

6.会社の計画を立案するには?

7.会計を意思決定に活用するには?

8.事業計画を着実に実践するには?



■受講料:無料。ただし、拙著「図解でわかる

小さな会社の経営に活かす会計いちばん最初に

読む本」
を事前にお買い上げいただきセミナー

会場にお持ちいただくか、当日セミナー会場で

お買い上げいただく方のみ受講できます。

(Amazonで拙著を購入される方はこちらから

どうぞ→【Amazonで購入する】



■申し込み方法:こちらのフォームにご記入を

お願いします。→【申し込みフォーム】




※万一、参加者数が5人に満たない場合は、開催を中止させて

いただくことがありますので、あらかじめご了承ください。




小さな会社の経営に活かす会計
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:
私の新刊「図解でわかる棚卸資産の実務いちばん最初に

読む本」
が5月17日に発売されました。


お求めはお近くの書店か、こちらからどうぞ!

【Amazonで注文する】



棚卸資産の実務


「棚卸資産」とは、販売する目的で製造したり仕入れ

たりして“保有している”商品や製品、仕掛品、原材料

などをいいます。会社は売るものがなければ利益を

得ることはできませんから、棚卸資産は「利益を産む

源泉」といえます。


したがって、棚卸資産の増加は利益の獲得につながる

わけですが、棚卸資産が増えれば売れ残りのリスクも

高まります。棚卸資産を管理・保管するための費用も

増大します。そうなると当然、経営は苦しくなります。

つまり、棚卸資産がどのくらいあるかということは、

決算にも大きく影響しますから、「どのように評価する

か」(評価額をいくらにするか)および「いかに管理

するか」ということは、経営にとって非常に重要な

ポイントです。


本書は、経営にとって不可欠の資産である棚卸資産に

ついて、会計・税務の基礎知識から、評価方法、実地

棚卸や管理のしかた、そして経営の観点からの管理

手法まで、イラスト図解でやさしく解説しています。

経営者の方や、管理職、経理担当者、そして工場などの

現場のリーダー、担当者にも必読の入門実務書です。


お求めはお近くの書店か、こちらからどうぞ!

【Amazonで注文する】



【本書の構成】

第1章 そもそも「棚卸資産」とはどんな資産なのか

第2章 棚卸資産に関する会計の取扱い

第3章 棚卸資産はどのように評価するのか

第4章 棚卸資産の評価額に関係する原価計算のしくみ

第5章 棚卸資産に関する税務の取扱い

第6章 棚卸資産の管理のしかたと内部統制

第7章 実地棚卸の効率のよいすすめ方

第8章 棚卸資産に関する特殊な取扱い



お求めはお近くの書店か、こちらからどうぞ!

【Amazonで注文する】


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:
本日配信された、イエローハット創業者の鍵山秀三郎

さんのメールマガジンの内容がたいへんすばらしい

ものでしたので、ここでご紹介させていただきます。





『よくなる会社』



「悪くなった会社で、掃除が行き届いて、整理整頓が

できているという会社を見たことがありません。


支払の悪い会社で、よくなった会社もありません。


仕入先に尊大な態度をとる会社で、尊重される会社も

ありません。


逆に、自分の会社だけがよくなればいいというような

考えでも、会社は発展するものではありません」


事業計画

ビジネス書作家

セミナー講師


私の著書が好評発売中です!お求めはこちらから→【Amazon】

棚卸資産の実務 小さな会社の経営に活かす会計 図解でわかるリースの実務いちばん最初に読む本

小さな会社の経営戦略いちばん最初に読む本 図解でわかる在庫管理いちばん最初に読む本


経営者の方に役立つ情報を毎週音声にて配信中!
【数字に強い社長になるポッドキャスト】



「組織で差をつける経営を伝えるコンサルタント」六角明雄の
WebPage【中小企業診断士六角明雄事務所】



スマートフォン用のWebPageを開設しました!
【中小企業診断士六角明雄事務所】スマートフォン版



新WebPageを開設しました!→「二度と失敗したくない
起業家の方へ」



中小企業診断士六角明雄事務所のFaceBookPage
「組織の力で差をつける経営」を伝えるコンサルタントのブログ-中小企業診断士六角明雄事務所



メールマガジンを配信中です!
「融資対策・財務体質改善ネット」会員メールマガジン

ブログをご覧いただきありがとうございます。
ぺた いつもありがとうございます!

ブログの読者登録を歓迎いたします。
読者登録 お待ちしています!


にほんブ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)