高卒流MBA的ブランド育成ブログ

「ブランド戦略コンサルタント」という立場で更新していきたいと思います。主に「マーケティング」「ファッション、ライフスタイルビジネス」「流通」「ネットビジネス、広告」「ブランディング、プロモーション」「経営戦略」「経済、社会」「中小企業診断士試験」について


テーマ:

今週のガイアの夜明け


蘇れ!我が家
~不況下で進化…リフォーム新時代~

http://www.tv-tokyo.co.jp/gaia/backnumber/preview091027.html


【以下、番組メモ】

-----------------------------------


名古屋市 松坂屋 

老舗百貨店 年間1200億円以上売り上げる

年商の3分の1を稼ぐのは、200人の精鋭 外商部隊


リフォームビジネスの講習

松坂屋→百貨店の外商で初のリフォームビジネスを開始する。

「イマジネーションの世界で説明しなければいけなので難しい」


会社経営者の事務所 訪問→リフォームの話を切り出すのも、取り付くしまもなく断られる。時に1000万円の契約に結びつくビジネス契約してもらえれば大きい。


リフォームの契約を取った外商マン→東海地方で圧倒的なブランド力を持っている松坂屋 客「デパートは安心してものが保障されている」


バリアフリーのリフォーム 900万円 →高級家具のショールームに 松坂屋と提携関係にある家具屋 コンソールテーブル 31万円 お買い上げ


リフォーム後→間口が広くなる。家具も入って豪華な作りに。契約時は900万円程度だったのが、最終的には1350万円ほどになった。家具やインテリア用品、美術品などを販売するきっかけにもなる。


------------------


東京 練馬区→現在の法律では立替できない家 36年前に親子二世帯で暮らす家を建てた→長い間一階で暮らしていた両親との6人家族だったが、両親は亡くなり、子供も独立して部屋が余っている→「ずっと住んでいて、取り壊されて、時々、寝ている時に上を見る」→リフォームを依頼 オクタ リフォーム専門業者 エコが強み で打ち合わせ→最終工事の確認→内装担当 インテリアデザイナー+設計士→これまで夫婦で暮らしていたキッチンをなくし、いらなくなった部屋をなくす 減築 →竹のハリや職人しか作れない障子は残す。→実はリフォーム会社を探すのに時間がかかった。5年 「気持ちに触れるような提案は今回が初めてだった」→新しい家でも使う竹のハリや障子は取り扱い注意の紙を張る。→離れ は壊す→物置のようになっていた場所は、家庭菜園などができる場所にしたい→母屋の二階での解体作業 →立派なハリが出てきた。40年以上経っているのに劣化してない→思わぬハプニング


埼玉県 飯能→リフォーム依頼人とオクタのスタッフ →依頼人が使う木を見たいといい、一緒に見学しに行くことに


7月10日 練馬区→解体工事が始まって2週間→「15年、20年の長期優良を考えると、付加を分散しなければいけない」「ここで打ち合わせをしっかりしないと失敗する」→シロアリの影響でかなり痛んでいた→依頼人 毎日工事を見に来ていた 産地の森まで見に行ったこだわりのスギを使う →依頼人 リフォームの様子を食い入るように見る


10月16日 約3ヶ月半をかけたリフォーム工事も終了→引渡し→ガラス障子もそのまま残っている 目線をより高く配置 天井の竹のハリもしっかり残っている 天井裏のハリもしっかり残している 生活の中心となる一階も日当たりが格段に良くなった。減築のおかげ → 依頼主「みなさんのおかげで素晴らしくして頂き、非常に感謝」 


----------------------


設計が本職 細かい点まで現場を見に行く→キッチンのリフォーム現場 一般の家庭にしては、立派なキッチン →他では、キッチンだけで1000万円とかかかるけど、300万円で引き受ける→業務用の資材を使って、安く抑える→ 京都市山科区 横田満康建築研究所 →年商二億5千万円 半年先まで予約が埋まっている 「びっくりするほど急がしい」→以前は、共同で仕事していた会社が倒産 再起をかけている。→自分の家も作りたい。目標は3年後 家と事務所を一緒にして家族と一緒に過ごしたい→依頼主目線で低価格をモットーに→木材は現地まで足を運び、自分の目で確かめる。中間業者を通さないので、マージンがかからず2、3割安く仕入れられる


東京ビッグサイト→ 横田氏 建材店にやってくる→特価市場→交渉に 関西で買うより安い 値切り交渉に 「下げたコストはそのまま、お客のメリットに」→明細書に原価から一個ずつ公表し、かかったコストを透明にする→DIY リフォーム 自分達の手で作る→ 「家族達の空間なので家族にやってもらうのは、当然の事と思っている」→子供はあまり乗り気ではない


滋賀県 中津市 夫婦と子供の4人家族→二階にもう一つ子供部屋を作る ガレージになっている一階をリビングに変える→工事開始→ガレージだった一階から工事開始→DIYリフォーム開始→奥さんのお父さんも手伝いに来た→「アメリカではみんなで家を直すのは当たり前。」「依頼主にリフォームの手伝いをしてもらいたい。そうした方が家に愛着が沸く。コストも抑えられる。18万円ほど価格を抑えられた→塗装中に家族の手形を付ける



いいね!した人  |  コメント(0)
PR

[PR]気になるキーワード