2011-04-17 08:00:00

精神的に自立するのを阻むもの

テーマ:気づきの思考法

ご訪問いただき、ありがとうございます。


心理コンサルタントのしらたきです。


さて、先日、「子育てに必要なこと 」という記事の中で、


子供を育てるにあたって一番必要なこと』は、


親自身が一人の人間として精神的に自立している』ことだ、


と述べました。


そして、現在の社会では、残念ながら、


ほとんどの人たちが精神的に自立していない、ということも述べました。


では、人が、精神的に自立するのを阻んでいるものは何なのでしょうか?


人が一人の人間として精神的に自立するのを阻んでいるもの


それは、『自分の人生を生きることに対する恐怖心』です。


多くの人たちが、


自分の人生を生きることに大きな不安と恐怖を感じていらっしゃいます。


それゆえ、その恐怖から逃れるために、さまざまな回避行動を取ったり、


さまざまなものに対して依存する傾向を示すようになっているのです。


そうして、自分の人生における責任から逃れようとして


精神的に自立していない状態になってしまっているのです


自分の人生を生きることに恐怖を感じ、精神的に自立していない親は、


精神的に自立した子供を育てることはできません。


それは、無意識のうちに子供に対して


自らが持っている人生の恐怖を強調して教えてしまっているからです


例えば、子供をしつけるのによく使われるフレーズとして、


「言うことを聞かないと、○○(子供が怖がること)がやってくるよ」


などと言って子供を脅かすものがありますが、


これは、子供をしつけているのではなく、恐怖を強調していることに他なりません。


また、この他にも、


知らず知らずのうちに人生の恐怖を強調してしまっている例としては、


ふくよしの書いた記事「勇気づけという誤解―子育てに必要なこと―


をご参照ください。


このようにして、人生の恐怖を強調されて育てられた子供は


自分世界人生に対して間違った認識を持つようになります


そのために、人生を極度に怖いものだと思い込み


そこから逃れようとしてしまうのです


そうして、それが、自分の心が弱いせいだと誤って信じ込んでしまうのです。


(このことについては、「心の弱さ 」をご参照ください。)


こうして、一人の人間として、精神的に自立することが阻まれてしまうわけです。


それゆえ、一人の人間として精神的に自立するためには


自分世界人生に対して正しい認識を持つようにし


自分の足で人生を歩いていく勇気を取り戻す必要があるわけです


最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


心理学教育の必要性と気づきの思考法を広める活動をしています。


↓ご協力のほど、よろしくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ
にほんブログ村

幸せになりたい方は、


幸せになるための気づきの思考法テキスト

「気づきの思考法養成講座ー総論ー」を読んでください


コチラ をクリックしてください。

PR

コメント

[コメントをする]

1 ■同感です

おっしゃるとおりだと思います。

我々の心の中にある恐怖心こそが、自分らしい人生を生きることを阻んでいる一番の原因だと、僕も思います。

そういうメカニズムを理解したうえで、そういうマイナスの思い込みを、プラスに変えていく努力をコツコツコツコツ続けていくことが重要だと思いますですね(^^♪

2 ■アーサーさんへ

コメントありがとうございます。

同感して頂き、大変光栄に思います。

確かにおっしゃる通りで、本来恐れる必要のない自分の人生を恐れるという歪んだ認知によって生み出される不適切な行動のメカニズムを理解することこそが、幸せな人生を歩むための第一歩だと私も思っています。

3 ■無題

親が精神的に自分に長年依存していて
とても困っていまして、そんな中こちらの
ブログ記事にたどり着きました。
他の記事も是非とも読ませて頂きたいと
思います。ありがとうございます。

4 ■Stellaさんへ

コメントありがとうございます。

私たちのブログに興味を持って頂き、大変うれしく思います。

親御さんが、長年、精神的に依存していて困っていらっしゃるということですね。

親御さんに対する接し方やご自身のものごとに対する考え方などに、私たちの記事が少しでも何かのお役に立てば幸いです。

今後ともよろしくお願いいたします。

コメント投稿

[PR]気になるキーワード