人生を幸せに変える『気づきの思考法』 アドラー心理学にみる人の真実

仕事、恋愛、結婚、人間関係。
人生がうまく行かない。変わりたい。

自らが演じる自己欺瞞に気づき、今の人生を変えたいと思う人は、アドラー心理学をベースにした『気づきの思考法』を学んでください。
必ず変われます。


■人生を幸せに変える「気づきの思考法」について

 

  →初めての方は、コチラ をご参照ください。

■自分を変えたい人のための「気づきの思考法」テキスト         


   →詳しくはこちら

■メールによるQ&Aセミナー(無料)


   →詳しくはこちら


■人生を変えるための自分の取扱説明書(プロローグ分析)


   詳しくはこちら


■個人セミナー&個人コンサルティング           


   詳しくはこちら



■電話・スカイプによる個人セミナー&個人コンサルティング


   →詳しくはこちら


心理学教育の必要性と『気づきの思考法』を広める活動をしています。

↓ご協力のほど、よろしくお願いします。




人気ブログランキングへ

テーマ:

ご訪問いただき、ありがとうございます。

 

心理コンサルタントの白瀧です。

 

さて、ここに、ある親子がいました。

 

子どもは、小さいころからものの構造に関する好奇心が非常に強く、いろんなものを分解しては、元通りに直すことができずに台無しにしていました。

 

そのことに対して、親はとても困っていて、子どもが何かを分解し使い物にならなくするたびに、

 

また、こんなことをして、これじゃあ、使い物にならないじゃないの

 

と子どもを叱っていました。

 

そして、子どもが何かを使おうとすると、

 

あなたは、すぐに物を壊すから触らないで

 

と、子どもにものを極力触らせないようにしました。

 

その結果、子どもは、

 

自分は、ものをうまく扱うことができずに、何ごとも台無しにしてしまう

 

という認識を持つようになりました。

 

そして、

 

ものごとがうまく行かないときには、すべてを台無しにすればいい

 

と考えるようになりました。

 

そして、子どもは成長すると、新しいことや新しいものを扱うときには、非常に憶病で、いつも躊躇いがちな行動をするようになり、ものごとがうまく行かなくなると、癇癪を起こしすべてを台無しにするようになりました。

 

こうして、人生をうまく行かない方向へと進めるようになってしまったのです。

 

親が小さい子どもの行動の何に注目を与えるかは、子どもが成長する上で、自分にどのような認識を持つようになるかということに、大変大きな影響を与えることになります。

 

もし、この親が、子どもの行動の負の結果のみに注目するのではなく、子どもの行動の正の動機、つまり強い好奇心に注目し、分解したものを元通りに直すことに根気よく協力するようにしていたとすれば、もしかすると、子どもは、ノーベル賞を受賞するようになっていたかもしれません。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

心理学教育の必要性と『気づきの思考法』を広める活動をしています。


↓ご協力のほど、よろしくお願いします。 
 
にほんブログ村 

人気ブログランキングへ 


自分を変えたい、今の人生を変えたいと思う方は、


幸せになるための気づきの思考法テキスト

「気づきの思考法養成講座ー総論ー」を読んでください


コチラ をクリックしてください。

 

ペタしてね

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

ご訪問いただき、ありがとうございます。

 

心理コンサルタントの白瀧です。

 

さて、私は、このブログで、

 

頑張って努力する」とか、「一生懸命に努力する」とか、

 

あるいは「常にベストを尽くす

 

というようなことをよく書きます。

 

ただ、これらの言葉には嫌悪感を抱かれる方たちも多く、最近では、「頑張らない」ということもよく言われています。

 

恐らく、多くの人たちが、「頑張る」とか「ベストを尽くす」と聞くと、常に全力で駆け抜けているようなイメージを持たれるのかもしれません

 

しかし、それは、ベストを尽くしているのではなく、ただ無理をしているだけのことです。

 

人生において、常に全力で駆け抜けることなどできないでしょう。

 

休むべきときには休むことが、ベストを尽くすということだと思います。

 

たとえば、マラソンの大会に初めて参加したとしましょう。

 

そのときの目標が、完走するために頑張ってベストを尽くす、ということだとします。

 

そんなとき、最初から最後まで全力で駆け抜けようと思うでしょうか。

 

そんなことは、不可能なことです。

 

完走できるように、自分のペースを守りながら、それでも疲れたときには、立ち止まったり歩いたりして体力を回復させ、再び走り出す。

 

ゴールするまで、そんなことを繰り返すのではないでしょうか。

 

しかし、その状態を、自分で、「頑張っていない」とか「ベストを尽くしていない」とか思わないはずです。

 

ところが、これが人生になると、立ち止まったり歩いたりしているときを「頑張っていない」とか「ベストを尽くしていない」と思ってしまいます。

 

人生において、常にベストを尽くすためには、心の余裕が必要です。

 

心の余裕とは、言ってみれば、自分の能力に対する自信と言えるでしょうか。

 

人は、心に余裕があれば、疲れたときには英気を養うために休むことができます。

 

しかし、多くの人は、心に余裕がないために無理をしようとします。

そして、それを一生懸命頑張っていることだと勘違いしてしまっています。

そのために、続けることができずに、落ち込んで自分を責めるのです。

 

言ってみれば、無理をして頑張る人は、無理をして頑張ることによって体調を崩し、そのことで「自分はダメだ」と責める口実を、自分に与えているようなものなのです。

 

そのようにして人生の課題から逃れる欺瞞を演じているのです。

 

なぜなら、いくら無理をしても、それを続けていくことなど決してできないからです。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

心理学教育の必要性と『気づきの思考法』を広める活動をしています。


↓ご協力のほど、よろしくお願いします。 
 
にほんブログ村 

人気ブログランキングへ 


自分を変えたい、今の人生を変えたいと思う方は、


幸せになるための気づきの思考法テキスト

「気づきの思考法養成講座ー総論ー」を読んでください


コチラ をクリックしてください。

 

ペタしてね

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(2)

テーマ:

ご訪問いただき、ありがとうございます。

 

心理コンサルタントの白瀧です。

 

さて、私たちは、何かを初めてやろうとするときや自分にとって重要だと思うことに挑もうとするとき、大いに不安を感じるものです。

 

そして、その不安を解消するために、悪戦苦闘します。

 

このような場合、脳の機能面から見た不安を和らげる方法として次のようなものがあるようです。

 

まず、これから経験する状況と同じような負荷をかけた状況の中で、何度も繰り返し練習することによって、その場に慣れること。

 

たとえば、その状況が何かの試験であるような場合には、その試験を受けているのと同じような状況の中で、当日の試験と同じように時間に制限を設けて、何度も問題を解く練習をすることです。

 

最近の研究によれば、人は、過度のストレスが掛かる状況下では、覚えたものを思い出すのが難しいのですが、事前に思い出す訓練を繰り返し行えば、過度にストレスが掛かる状況でも思い出すことができるそうです。

 

これからは、ものを覚えることと同時に、思い出す訓練も繰り返ししておくことが重要なようです。

 

そして、「これだけやったんだから大丈夫」と思えるだけの努力をすること。

 

まあ、これは、自分がやってきたことに自信を持つということに結びつきますよね。

 

最後に、不安を完全に解消しようとすることを止めること。

 

そもそも、今感じている不安は、何かを経験することに対する不安です。

 

それゆえ、その不安を、そのものごとを経験する前に完全に解消することなど、初めから不可能なのです。

 

その不安はあくまでも、そのものごとを経験した後でなければ解消されることなどないのです。

 

その無理なことをやろうとするから却って不安を大きくすることになるのです。

 

最初からできないものをできると勘違いしているために、それができないと、「自分はダメだ」と思い込むようになります。

 

そして、そのことが、ますます自らの不安を大きくしてしまいます。

 

不安を完全に取り去ろうとするのではなく、不安を感じていることを受け入れながら、その不安とうまく付き合っていけるように努力していくことが重要なのです。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

心理学教育の必要性と『気づきの思考法』を広める活動をしています。


↓ご協力のほど、よろしくお願いします。 
 
にほんブログ村 

人気ブログランキングへ 


自分を変えたい、今の人生を変えたいと思う方は、


幸せになるための気づきの思考法テキスト

「気づきの思考法養成講座ー総論ー」を読んでください


コチラ をクリックしてください。

 

ペタしてね

 

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。