人生を幸せに変える『気づきの思考法』 アドラー心理学にみる人の真実

仕事、恋愛、結婚、人間関係。
人生がうまく行かない。変わりたい。

自らが演じる自己欺瞞に気づき、今の人生を変えたいと思う人は、アドラー心理学をベースにした『気づきの思考法』を学んでください。
必ず変われます。


■人生を幸せに変える「気づきの思考法」について

 

  →初めての方は、コチラ をご参照ください。

■自分を変えたい人のための「気づきの思考法」テキスト         


   →詳しくはこちら

■メールによるQ&Aセミナー(無料)


   →詳しくはこちら


■人生を変えるための自分の取扱説明書(プロローグ分析)


   詳しくはこちら


■個人セミナー&個人コンサルティング           


   詳しくはこちら



■電話・スカイプによる個人セミナー&個人コンサルティング


   →詳しくはこちら


心理学教育の必要性と『気づきの思考法』を広める活動をしています。

↓ご協力のほど、よろしくお願いします。




人気ブログランキングへ
NEW !
テーマ:

ご訪問いただき、ありがとうございます。

 

心理コンサルタントの白瀧です。

 

さて、今朝、女優の高畑淳子さんが、記者会見を開かれたようです。

 

私は、記者会見の模様を見ていたわけではありませんが、いくら芸能人とは言え、成人した子どもの犯罪に対して、親に会見を求めるのは、どう考えてもおかしいと思います。

 

このような日本の風潮が、日本から振り込め詐欺がなくならない大きな要因でしょう。

 

日本では、子どもがいくつになっても、子どもの不始末に対する責任を親に求める風潮があります。

 

言わば社会そのものが、親と子どもの人格を同一視する風潮にあるのです。

 

そんな中で、

 

「親と子どもは別人格。自立した子どもを育てましょう」

 

と言ったところで、親が、自分と子どもを同一視してしまい、子どもがいくつになってもその尻拭いをしなければと思うのは、止むを得ないのかもしれません。

 

日本の社会自身が、親は振り込め詐欺に騙されるべきだ、と言っているようなものです。

 

私たちは、自分の住んでいる国や社会の風潮や思想を、自らの価値観に取り入れながら成長します。

 

それゆえ、多くの人たちの考え方が、社会の風潮や思想の枠から抜け出すことができません。

 

日本において、同じような問題が、同じように繰り返されるのは、そのためだと言えるでしょう。

 

現在の日本では、多くの人たちが、自分に対する自信を失っています。

 

そのために、社会の思想や風潮の影響をもろに受けています。

 

そして、他者との違いに不安を感じ、極端に恐れるようになります。

 

言わば人々が、親と子だけではなく、自分と他のすべての人たちをも同一視しようとしているのです。

 

それゆえ、

 

「個性的に生きろ」

 

と言いながら、同じ行動をすることを求めます。

 

「自立して生きろ」

 

と言いながら、お互いがお互いに責任を擦り付け合っています。

 

今回の犯罪も、個人の問題を親子の問題にすり替えようとしています。

 

個人の問題を親子の問題にすり替えている限り、自立した子どもを育てることは難しいでしょう。

 

なぜなら、親が、子どもが問題を起こすことを恐れ、必要以上に子どもの人生に干渉してしまうからです。

 

そろそろ私たちは、失った自分に対する自信を取り戻し、社会の思想や風潮という枠から自立して生きる必要があるのではないでしょうか。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

心理学教育の必要性と『気づきの思考法』を広める活動をしています。


↓ご協力のほど、よろしくお願いします。 
 
にほんブログ村 

人気ブログランキングへ 


自分を変えたい、今の人生を変えたいと思う方は、


幸せになるための気づきの思考法テキスト

「気づきの思考法養成講座ー総論ー」を読んでください


コチラ をクリックしてください。

 

ペタしてね

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

ご訪問いただき、ありがとうございます。

 

心理コンサルタントの白瀧です。

 

さて、午前中の個人コンサルを終え、昼食を採りながら、何気にテレビザッピングしていると、「体罰は是か非か」という議論をまたまたやっていました。

 

以前にも体罰に関しては記事にしたことがありますが、日本人は、「体罰は是か非か」という議論が本当に好きなようです。

 

そして、大抵の場合、男性は容認派が多い傾向にあります。

 

体罰を容認する人たちは、体罰にはそれを振るう者のどのような認識が反映されているかを理解していないように思います。

 

そもそも体罰には、親であれ教師であれ、それを振るう者が抱いている、二つの認識が反映されています。

 

まず一つ目は、自分自身に対する認識です。

 

それは、自分には能力がないという認識です。

 

つまり、自分は、暴力を振るわないと子どもに言うことを聞かすことができないと思っているということです。

 

彼らは、体罰を振るうことによってこう言っているのです。

 

「私には、言葉によって子どもにものごとを教える能力がないのだ」と。

 

二つの目の認識は、子どもに対する認識です。

 

それは、子どもには能力がないという認識です。

 

つまり、子どもは、暴力を振るわれないとものごとを理解することができないと思っているのです。

 

彼らは、体罰を振るうことによって子どもにこう言っているのです。

 

「お前は、暴力を振るわれることによってしかものごとを理解できない。言葉によってものごとを理解する能力がないのだ」と。

 

これが、体罰に反映されている、体罰を振るう者の二つの認識です。

 

子どもには、言葉によってものごとを理解する能力が十分に備わっています。

 

また、私たちには、言葉によって子どもにものごとを教える能力が十分に備わっています。

 

そのことを考えれば、体罰が是か非の答えは、自ずと見えてくるはずです。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

心理学教育の必要性と『気づきの思考法』を広める活動をしています。


↓ご協力のほど、よろしくお願いします。 
 
にほんブログ村 

人気ブログランキングへ 


自分を変えたい、今の人生を変えたいと思う方は、


幸せになるための気づきの思考法テキスト

「気づきの思考法養成講座ー総論ー」を読んでください


コチラ をクリックしてください。

 

ペタしてね

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

ご訪問いただき、ありがとうございます。

 

心理コンサルタントの白瀧です。

 

さて、よく犯罪者は、

 

衝動が抑えきれなかった」とか、

 

欲求が抑えきれなかった

 

などというような供述をします。

 

しかし、衝動や欲求が抑えきれない人間など、存在しないでしょう。

 

もし仮に衝動や欲求が抑えきれないのであれば、そもそも彼らが犯罪を成就することさえ難しくなります。

 

たとえば、性衝動を例に取れば、犯罪者がそれを抑えきれないのであれば、道行く人を次々に襲うことになります。

 

それではすぐに捕まってしまいますし、犯罪を達成することも難しくなります。

 

彼らは常に、自らの犯罪が達成できるようにターゲットと場所を選び、その状況が訪れるまで衝動をちゃんと抑えています。

 

また、衝動殺人にしても、もし相手が誰でもいいのなら、まず一緒に住んでいる家族から襲うのが自然でしょう。

 

あるいは、家を出てすぐに人を襲うはずです。

 

しかし、彼らも自分の犯罪が達成できるターゲットや場所を選び、その状況が訪れるまでちゃんと衝動を抑えています。

 

人が衝動を抑えている分かりやすい例としては、怒りがあります。

 

私たちは、怒りの衝動は抑えられないと思っています。

 

しかし、たとえば、道を歩いていて誰かとぶつかったとします。

 

そのとき、怒りと共に振り返れば、そこに自分が心密かに思っている人が立っていたとしたら、果たしてそのまま怒り続けることができるでしょうか。

 

人間の行動には、常に目的があります。

 

私たちは、衝動や欲求も、自分たちの行動の目的を達成するために利用しているのです。

 

そして、一部の人たちが、自らの人生の課題から逃れるために、衝動や欲求をその言い訳として利用しているに過ぎないのです。

 

もし本当に人間が衝動や欲求を抑えきれないだとすれば、世界はとうの昔に崩壊していたことでしょう。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

心理学教育の必要性と『気づきの思考法』を広める活動をしています。


↓ご協力のほど、よろしくお願いします。 
 
にほんブログ村 

人気ブログランキングへ 


自分を変えたい、今の人生を変えたいと思う方は、


幸せになるための気づきの思考法テキスト

「気づきの思考法養成講座ー総論ー」を読んでください


コチラ をクリックしてください。

 

ペタしてね

 

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。