29年度4月入園を昨日締め切りました。
沢山の応募をいただき、良い保育提供をしなくてはと身が引き締まる思いでいます。

*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

いわゆる保活がひと段落してほっとしたお母さんも、まだまだ落ち着かないお母さんもいると思います。切羽詰まる雰囲気のお母さん達を見て、今思う事は、どこでもいいから保育園に入れればいいってわけじゃないんですね。

私が感じたのは、多くのお母さんが育休延長してまだまだ子どもと一緒にいたいけど、この時期に保育園入れないと復帰時に入れる保証がないから…と保活をしていると言う事。

保育園入れないって言われてる時代にこんな事言っちゃーあれだけど…と申し訳なさそうに話すママ達。

わかるよ、わかる!!!この可愛子ちゃん時代に離れるの、辛いよね( ;  ; )
だから認可外だから出来る事でまた考えてみました。

じゃあ5月入園枠や6月入園枠を作るのはどうかな?って。
でもそうするとその枠にも枠数以上に応募があればそこで入れないと後がないってママもいるだろう。そうするとやっぱり4月入園が安心なのか?
それなら、今は先着順だけど1人1人面談して選考で決めるか??

うーん、それは現実的ではない。年間100名以上の方の見学があり、ほとんどが認可待ち。不確定な所で選考しても意味ないですし。
 補助が無い分、運営上四月から定員が埋まっている事は大事ですし。2…3人なら後からでも大丈夫かな?

うーむ…

結局良い結論は出なかったですが
来年はその辺りを考え、募集形態を変えるかもしれないです。今の方法以上に良い方法が考えつけば…ですが。いい方法ないですかねー。


AD

保育園で伝えたい事

テーマ:
私は保育園を開園して今年で8年目になります。ずーっとアドラー保育を行なってきました。

それは「性格の良い子」を育てたいと思っているからです。「性格の良い子」ってすごく幅広い意味がありますが私の考える「性格の良い子」は
アドラー語で言う「共同体感覚の育っているコ」です。

それって「こんな感じでーす。」って説明が出来ないのだけど、気がつけばキッズピースの子達はみんな性格良いなぁと感じてます。
いや、親バカならぬ園長バカ?(笑)

園が大事にしている価値観は口に出さずとも雰囲気として子どもは察します。
ほら、例えば日本人は列にキチンとならんで順番を待つ民族で大体の人がそうするじゃないですか。そんな感じ。

だから私たちの持っている価値観が勝ち負けなら子どもはそれを感じるし、権力主義ならそれを感じる。
価値観に良い悪いはないけど、みんなが持ったら平和になる価値観を伝えたいって思います。
出来ない人を蹴落とすんじゃなくて助ける、出来ない事を嘆くんじゃなくて助けを求めるとかね。
協力して生きていく事を伝えたいって思います。




AD

認可保育園発表

テーマ:
今日は江戸川区認可保育園の発表がありましたね!認可外のキッズピースは認可発表後の今日から受付開始でした。

気合い入れて、朝のオープン前に7キロ弱のランニングを済ませ7時過ぎから汗だくでキッズピースでスタンばってましたが、配達は昼頃だったらしく、電話は鳴らず(笑)気合い空振り。

昼頃から電話が鳴り☎️

初日の今日でほぼ定員は埋まりました。
3月半ばまで認可の最終調整があるのでそれまでは、まだまだ微調整があります。
しかし今年度の傾向として1歳児さんの応募が圧倒的に多かったです。

認可の不承諾を受け落胆している事と思いますが、キッズピースでよかったと思ってもらえる保育を提供出来るように頑張ります!
ママ、パパも一緒に1年間を楽しく過ごしましょう!

今日は疲れましたが(無駄にランニングしてるから?(笑))、そんな時はユーチューブでZuzka Light と検索して動画を見ます。元気になります。

在園児も認可が決まりお別れもきまった子もいますので、悔いの無いよう3月は過ごしたいです。

AD

良いところを伸ばそう

テーマ:
そう言えば保育士さんについて書きましたが私は
保育士免許持ってませーん。持っているのは看護師と普通自動車免許です

*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

こないだチッチキンダーガーデンの訪問についてのお話しは最後ですって書きましたが、まだありました(笑)

パセージとか参加してると度々出てくる
「その子の良い面を伸ばして社会のお役に立てるようにしよう!」
これ、私好きなんです。

人間誰しもオールマイティじゃありません。
私は自分でかなり自覚してますが、相当な凸凹人間です。凹の部分は人様に晒しても気分良くないので触れませんが凸の部分は、興味を持った事はとことん掘り下げます。それを生かして、乳幼児期の教育について様々な方面から学び、保育をします。

子どもたちも沢山凸凹がありますが、それを平坦にしたらつまらないですよね。皆んな平坦ツルッツル。まだまだ、成長過程の子どもたちを必死にツルッツルにしようとするより、凸凹に様々な可能性を信じたいです。

人の話を聞かない子どもは、伝えたい意見が沢山ある!評論家に向いてる?
頑固で絶対謝らない子どもは、簡単には流されない。海外で交渉する仕事?(ってどんな仕事だ?(笑))

みたいな。

^_^

皆んな凸凹ながらも、社会のお役に立てるトコを探し磨こうってのがいいですよねー!
今日はベイビーピースのミーティングに参加しました。しっかり者が多いベイビーピースだし、保育経験、私より豊富な方々ばかりなので基本お任せしちゃいます。でも方針を伝えたりは私にも出来る事なのでお邪魔しましたー。


ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•


ミーティングに参加し、伝えたかった事。
うちの会社はアドラーでやるぞって方針があるからその方向性で育ってもらいたいと思っています。
あとは論理的思考を育てる為に様々な因果関係を小さい時から伝えていく大切さや、保育者が一人一人の課題が何かを見極め、それに必要な援助が行える事を保育士さんに求めています。

専門職である以上、感性だけでなく筋の通った保育をしてもらいたいと思っています。

保育士さんの待遇改善が求められている昨今、
 保育士さん側もお世話係ではなく、成長の援助者として成長を求められているのではないでしょうか。

なーんて事を伝えたかったんだけどお腹も空いて頭回らなかったのでここに書いてみました(笑)









これで最後になります。
ドラマ版の嫌われる勇気にアドラー心理学会が抗議文出したってYahoo!ニュースでありましたね。
学会HPに載ってましたよ。内容を知りたい方は見てみて下さい。

*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

アドラーの保育園を作りたくてキッズピースを始めました。どうすればアドラー保育が出来るのか?とヒントをいただきたく、滋賀のチッチキンダーガーデンさんに訪問させていただきました。

その代表である方とお話しすると、なるほど納得。アドラーで生きるってそういうことなのねって感じでした。文章であらわしても表わせないです。

文句言いたくなっちゃう時ってあるじゃないですかー生きてると。そんな時もアドラーの姿勢を崩さないの!!
相手を信頼して良い側面を見て、協力的

まだまだそんな域ではないけど、日々の生活を丁寧にアドラーで考えようと思いました。

だって子どもはそれを見てるから。私が利己的で自分さえ良ければいいじゃ、それを学んじゃうかもしれないし。後はパセージに照らして子どもと暮らしたり保育する事だと思いました。

ここ最近、子どもの受験が本格化してきましたが
行きたい学校に行かせてあげたい!!と思いますが、結果がどうあれ親子で協力する事や生き方を模索する事、踏ん張り方、困難への立ち向かい方ナドナド

勉強以外のことも沢山学んで欲しいです。

ってそんな生易しい雰囲気ではない今時の中学受験(笑)頑張れる自信がありませーん(笑)
共働きで受験って出来るのか??

頑張りまーす。
最近また英語の勉強を始めました。きちんと正確な英会話を身につけたいと思い、今の所コツコツ夜の時間にやってます。インド人が多いし、最近ブラジル人も来るし…ブラジル人はポルトガル語でお手上げだけど…せめて英語位は…という事で。筋トレより多くの人の為になれる気がします。筋トレもするけどね(笑)

*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

この間の説明会で
「なんで認可外と認可両方やってるんですかー?」と言う質問をいただきました。
そう言えばちゃんと説明した事なかったなーと思いました。

運営がきっつい認可外をやり続けている事に疑問を持たれるかもしれませんが、理由は3つあります。

まず、認可に入れる条件を満たしていなくても保育を必要としている人が沢山いる事。第二子妊娠中に上の子を遊ばせて欲しいとか、幼稚園入園前に慣らしたいとか、家族が病気とか、育児困難とか…多くは核家族化が原因かと思われますが、「ちょっと助けが必要なの」って言う方が沢山いる事。

二番目は、認可の枠内では出来ないサービスが必要だと思うから。認可って結構お迎え時間がきっちりしてるけど、保育士配置等の事を考えるとそうせざえるをえない事情もありーのだけど…

仕事して毎日きっちり帰るのって結構キツイ職種もあるんですよね。その為のお迎え保育だったり月単位での時間契約だったりします。

三番目はアドラーの教えに「すべき事をしてすべきじゃない事をしない」ってのがあって、認可外もすべき事と思ったから。アドラーの共同体感覚は「人々が幸せになって自分も幸せになる事は何だろう」って考えて実行するんですが、認可外は絶対絶対必要だからやる、って事です。

認可と認可外両方でトータル子育てサポートって気がしてるから、両方やってます。

とは言っても会社である以上、従業員の方々に払うもんきっちり払って、税金払ってって社会的責任も当然果たしていかねばならないのであまりに運営が厳しくなったら閉めなきゃですけどね。

それまでに行政が何らかの支援をしていただければねー。
でもきっと認可外はずっと認可外なんでしょうね。だって認可外にいる子どもたちを何とかしても待機児童とかの数字を良くするわけじゃないからお役人さんは見ようとしないでしょうし。
待機児童問題解決の為にこれだけ認可数増やしましたー!って言ってるし。

こんなような理由で両方やってます。





ここ最近のトレーニングは16kgのkettlebellをぶん回して思わぬ所が筋肉痛になるのが楽しみです。
「こんな所にも筋肉があるんだっ!」と。

ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ

続きです。

✨子育てが楽しくなるようにお手伝いをしたいと思ってる


保育園って子どもを預かるだけでなく、ママ達にとっても居心地いい場所でありたいですよね。
だって子育ての主役はママとパパだからその親達を支えていくのは保育園が出来る事。
何も子育てのノウハウを教えるってわけじゃなくね。仕事で疲れて帰って来て、そこから子どもが寝るまで第2ラウンドを控えているママがお迎えに来た時、一瞬でもほっとしてもらい子どもとの時間が充実した物になればなーと思います。

✨この時期の習い事は嫌いにさせなきゃOK

チッチには年少さんが通ってます。そこで音楽の時間を見学させていただきました。1人ひとり太鼓を叩いたり楽器に挑戦するんですが、皆んなの前で出来ない子もいるんですよね。そういう子は無理にさせず、皆んながいなくなった後に実はやりたかったようで伸び伸びと楽器を鳴らしていました。その姿が本当に楽しそうで素敵でした。

私も子を持つ親としてこの言葉は楽になりました。娘があんまり真剣に習い事に取り組まず、でも辞めないって言ってるから、まぁOKかーと。いや、うちの子二年生だけどね(笑)

無理矢理前に出させるのはその子が音楽を嫌いになるかもしれないし、もっと前に出るのが嫌いになるかもしれない、いい事無いね。

結局それってその子の力を伸ばそうより、こっちの意図したように動かそうとする大人のエゴだなーと思いました。皆んなと違う楽しみ方だって楽しんだんだからいいじゃないってね✨

続く



今日の朝は自分の腹筋が虫のお腹みたいで、とても気分が良かったです。
腹筋はいわゆる腹筋運動だけでは鍛えられず、様々な有酸素と組み合わせて鍛えてます。

*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*


先日、滋賀県にアドラー保育園があるという事でお邪魔させていただきました。 

ここの代表の山口育子さんは、アドラーの子育てプログラムの「パセージ」が5歳以上のお子様向けなので乳幼児のママ向けに楽育ママ講座を作られ、行っています。
いくつか本や冊子を読みましたが、かなりわかりやすい物でしたよ。楽育ママ講座も近いうち受けに行こうと思ってます。

中々感想をまとめる事が難しいので、私の印象に残ったいっこさん(山口育子さん)語録でお伝えしようと思います(笑)


⭐️チッチ(保育園の名前がチッチキンダーガーデン)では幼稚園でいい子にしてもらう為の事はしていない、もっと大人になって花開くようにと思ってる


そうそう!と納得の私。どうしても幼稚園や小学校で優等生になってもらいたいし、中学校でも優等生でいて欲しい……といつからいつまで優等生じゃなきゃいけないのよっ!って子どもから言われちゃいそうだけど、こんな願望持っちゃうんですよねー。きっちり座って、お話し聴くのも上手で皆んなと同じ事が出来て…って。
でも完璧な人間はいなくて全員不完全だけど、でも絶対輝く所を持っていて、そこを生かして社会のお役に立ちましょって教育をしたいですよね!どっからどう見ても完璧な人間を育てるのが子育ての目標じゃないし。
キッズピースでも、御飯食べるのが苦手な子もいるし、昼寝が苦手、座って話聴くのが苦手…いっぱい苦手があるけど、でもその子達も面白い発想を持ってたりお友達に優しかったり、集中出来る遊びがあったり……キラリと輝く物を持ってるんだよね。
幼稚園に合わない子も沢山いるし、小学校が合わない子もいる。実際私は学校と付く所に良い思い出は全くなく、多分学校に合わない子どもだったと思います。
でもだから価値のない人間なわけでもない!!
将来、大人になって居場所=お役目を見つけられるようにするのが子育てで、学校や幼稚園に合わせる為が目的じゃーない。

いっこさんの話からこんな事を思いました。

続く……


課題の分離②

テーマ:
課題の分離について


課題の分離自体はアドラーさんは書いてないそうです。共同の課題については書いてあるけど。

野田俊作先生が日本に持ってきた時に、日本人の感覚では分かりにくいから課題を分離した方が解りやすいって事で加えたそうです。

子どもの起こした不始末は親の私の責任です!ってのが日本人だから。

産まれたばかりの赤ちゃんは全部親の課題。
ミルクを飲むのか、オムツを変えるとか親に全責任があります。成長するにつれ、子どもに少しずつお返ししていくってイメージだそうです。
子どもが自分で責任を果たしていけるように勇気づけていく。

じゃあ「嫌われる勇気」みたいに大人が課題の分離をするのは

蘭子さんは「相手が自分を嫌いなのは相手の課題です」って言ってますね。日本人は人にどう思われるかを気にしすぎちゃうからそれがすごく辛いなら分けて考えると楽になります。

例えば会社の上司が自分に対してすごく横柄だとします。私がこんなんだから嫌われちゃうんだわ、上司に好かれない私は価値がないんだわっもう仕事いや、嫌われてるから仕事行きたくない。ではなくて、嫌うかどうかは相手が決める事だから私の価値には影響はない。

だけども
嫌われようとも
私はいつでも協力的に生きよう、社会の為に何が出来るか考えて行動しよう。と決心する。


これがないと

「嫌いなのは相手の課題よねー。ほっとこー。」だったらさ、そんな人だらけになったらさ、社会はどうなっちゃうんだろうって感じじゃないですか!

自分さえよければいい人が増えたら結果的にはすごく不自由になるんだよねー。

あなたはあなた、私は私だけど協力できる所は協力しましょ!の方が良い世界になる気がしませんか?

課題の分離はした人が共同体感覚がないとエライ冷たい事になる可能性があるなーと講座で感じた事でした。