幼稚園教諭から起業そして全国展開する社長のブログ

男性では珍しい幼稚園教諭経験者が、理想の保育を実現するためにチャイルドケアサービス(ベビーシッター・キッズルームなど)を起業。
ワンルームマンションから始まり、北関東圏を中心に全国展開のため、全国を走り回っている社長のブログ。

「乳幼児教育により、国を変えたい」という思いがあります。
その思いを胸に走り続けて20年。
幼稚園教諭として5年、起業家してからは15年。

27歳のときに理想を追うため、安住の地を脱し、ベンチャーとして歩んできました。
(ベンチャーといいながら、15年以上経ったので、
今は「スローベンチャー」?!と話すこともあります(笑)

初心を忘れずに、足元を見つめながら走り続けています。

同じ思い・志を持つ方とつながって、より良い国づくりをしていきたいと思います!!

テーマ:

4月から保育をしてきた子どもたちは、今の時期、自らの「したい遊び」で夢中です。

 

自ら考えて判断して遊びを繰り広げている状態。

 

先生はある意味、必要なく、子ども同士に任せる時期・・・。

 

もちろん、担任は今までの子どもの育ちを十分に把握していますので、子ども一人ひとりの様子を見て、関わったり、見守ったり、援助したり・・・

 

それが私のようなフリーの場合、変に関わるよりも、見守りが主。

 

同じフリーの先生からは 「子どもが遊びこんでいて、散らばった遊具を整えるなどしかすることないんですよ~」 と・・・(笑)

 

まずは、その段階が大切です。

 

先生が自分の手が空いているからと、声をかけてしまう、ましてや保育者が主になり、子どもを振り回して遊んでしまうのは愚の骨頂。。。

 

そこで私が 「環境設定」 について、今の時期だからこそ、できることをした方がいいよね?!と投げかけました。

 

そうですね。

 

「氷」

 

先生方が園を出る少し前にバケツに水を貼っておけば、朝、子どもが登園した時には氷ができています。

 

それも大小さまざまなバケツに水をはること、水の量もバラバラにすることが大切です。

 

そこで、子ども達は 「今日の氷は堅い(あつい、薄い)」 とか  「かたまっていなかった」 とか様々な気づきがあります。

 

それを毎日、続けることが大切。

 

数日経つと子どもたちが自ら、氷をつくろうとバケツやカップ(砂場遊び用の)に水を入れだすでしょうが・・・。

 

環境設定の陰に先生方の創意工夫が必要。

 

ここが自由保育には重要です。

 

ただ、遊ばせていればいいのではない。。。

 

環境設定に保育者の「ねらい」が無いと・・・。

 

雪が降れば、また違った環境設定ができますが・・・。

 

 

明日は、風と緑の認定こども園は 「餅つき」 です。

 

ママ達だけでなく、パパ達も動員。

 

パパの活躍する日ですね。

 

それもある種の環境?!

 

「子どもは環境を通して育つ」

 

保育者の指示命令で動くことよりも、子どもが自らの心と身体を働かせることが大切。

 

明日、子ども達はどのような顔をみせてくれるのでしょうか?!

 

今から、とても楽しみですね。。。

 

 

 

 

 

 

 

環境を整えることを主とします。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

保育者養成の大学の先生が来社され、情報交換をさせて頂きました。

 

互いに親が幼稚園の経営者であり、親とうまくいかずに退職し、それぞれの道を歩んでいることも同じ・・・。

 

初めての出会いでしたが、自己紹介から、飾ることなく、忌憚なく、話をすることができました。

 

互いに子どもたちのために・・・という思いも同じ。

 

様々なことを話し合いましたが、特に保育士不足の問題は養成校ならではの見解。

 

「これだけ養成校があれば、保育士が足りないということは無いはず。ただ、養成校の学生が幼稚園実習、保育園実習に行き、そこで夢を持てなくなり、保育者の道を目指さなくなる・・・」という話がありました。

(就職先を一般企業にする学生が多いということだけでなく、資格そのものを取得しない学生もでるとのこと。せっかく、幼児教育科、保育科に行っているのに、幼稚園教諭や保育士の資格をとらないという驚くべき自体・・・。何の資格でも無いよりあった方がいいと思うのですが・・・)

 

大学の先生からは「学生にも問題がある」という答えでしたが、受け入れる私としては、幼稚園、保育園に問題があるのでは?!と・・・。

 

やたらと厳しい園もありますし・・・。  やたらと厳しく指導(指導というより、当たる?!)先生もいる。

 

学生はできなくて当たり前。 とにかく一生懸命に取り組むことを認めてあげることが大切だと思います。 (甘やかせということではありません)

 

技術は徐々に身についていきますし・・・。  子どもと同様に「育ちを待つこと」も大切。

 

やる気さえあれば、成長していきます。

 

同業者の方々には、夢を壊さずに、育ててあげてほしい・・・と声を大にして言いたいですね。。。 (DREAM KILLERにならないで頂きたい)

 

勿論、大学側と園側、双方または学生の三者間の問題でもあると思いますが・・・。

 

養成校側と幼稚園・保育園側でこの問題を話し合ったほうがいいですね。

 

どこで学生が躓くのか?!

 

そこを改善せずに保育者を増やすことは難しい。。。

 

 

今回、数時間の話でしたが、私にとっても、とても学びのある時間となりました。

 

風と緑の認定こども園もご見学頂き、私どもの保育観、子ども観も説明をさせて頂きました。

 

親が経営する幼稚園の子どもとして生まれ、育ち、親の園を継がずにそれぞれの道を歩む者同士ですが、子どもの未来を輝くものにしたいと思う思い・志は同じ。

 

良い時間でした。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

会長を仰せつかっている 「とちぎニュービジネス協議会」の賀詞交歓会&月例会にて講演をさせて頂きました。

 

題名は 「ベンチャーが成長するために必要なこと」

 

私が23年歩んできた起業家人生そしてその中で学んだ実地体験をメインに話をさせて頂きました。

 

経済学では学べない、生きた、生の経験を・・・。

 

会員がメインの会なので、表も裏もすべてお話しします・・・ということで (笑)

 

銀行の方もいらっしゃいましたが、幼稚園再生の際に融資をしていただけなかったこともありのままに・・・。

 

また税務署が予告なく来社し、半年以上、居座られたことなども・・・。

(悪いことはしていませんが・・・)

 

会社を売ってほしいと六本木ヒルズのレジデンス最上階の部屋で言われたことも・・・。

 

とにかく、様々な経験をしています。

 

ここに書けないことも?! (苦笑)

 

私が講演をする際に「ベンチャー・ベンチャー・アドベンチャー」という題で話をするようにまさにアドベンチャーの人生・・・(汗)

 

今回は新たに資料を作成して、ぶっつけ本番でしたので、時間が足りなくなり、最後は足早に終わりになってしまいました。

 

そして今回の講演は二部構成。

 

二部は弊社のCOOとCFO(ともに超がつくほど優秀です)も登壇し、副社長がファシリテーターでのパネルディスカッション。

 

今までの経歴を話してもらってから 「なぜ、キッズCOに入社したのか?」から始まり、ベンチャー経験豊かな二人が成長するベンチャーに必要なことを話されました。

 

結局は・・・

 

答えは・・・

 

 「社長次第」というような答え。

 

参加者が殆ど、経営者ということもあると思いますが、私の人としての、経営者としての資質を問われているような時間でした。。。(苦笑)

 

すべての結果は社長がとるものですからね。

 

特に失敗した時は・・・。

 

覚悟を持って経営に臨まなければならないと改めて感じました。

 

その後、質問タイム。

 

多くの質問が出ましたが、その中で「CEOとCOOの違いは?!」という質問があり、COOの答えが「CEOは1000人を超える従業員の命運を握っている重責。安易にジャッジはできない。それをジャッジしていく覚悟が違うのだろう・・・」と答えていました。

 

いつも意識していることですが、その言葉に、さらにしっかりと経営を・・・と後ろ背中を押された気がしました。

 

100人ほどの方が参加してくださり、とても活気のある時間となりました。

 

他の経営団体の会長もみえていましたが、「ニュービジネス協議会は活気がありますね。すごい!!」と一言。

 

活気から会員全員の成長に寄与できるよう、これからも会長として、皆を引っ張っていきます。

 

さあ、会社もTNBCも頑張ります(^^♪

 

 

 

 

 

※ 副社長と書きましたが、妻である副社長は昨年12月末で退任し、新たに立ち上げた社会福祉法人 彩 の理事長に専念します。

キッズグループとしては、引き続き連携をとっていきますので、よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人

テーマ:

年頭所感

201711

 

2017年の新春を迎え、謹んでお慶びを申し上げます。

 

昨年2016年、キッズコーポレーションは創業23周年となりました。

 

2017年には、当初の予定通り、運営施設が100施設を超えました。

グループには、学校法人の「風と緑の認定こども園」があり、20174月には新たに社会福祉法人「大地の恵みのなーさりぃ」も開園し、副社長がそちらの理事長に就任します。

幼稚園教諭・副園長の席を辞し、6畳ほどのワンルームマンションから始まった会社が公的な学校法人、社会福祉法人をグループにもつという当初の「夢」を実現するに至りました。

 

「理想の幼児教育を実践し続ける」「いずれ理想の幼稚園を創る」そして「日本を幼児教育から変える」という大きな志を掲げ、一歩一歩、歩んでまいりました。

そしてさらにもう一歩、歩みを進めるということから今年2017年のテーマは「歩」としました。

 

同じ思い、同じ志を持つ多くの仲間:キッズファミリーに支えられ、今があると実感しており、今後も共に歩んでいきたいと考えております。

 

今年も私たちの根幹「KIDS FIRST~何より子どもが最優先~」をモットーに、お子様、そしてお子様に関わる全ての皆様が日々幸せに笑顔で過ごせますように、与えられた使命を全うするため、夢は目標に、目標を現実に変えるため、今年もさらに挑戦し成長し続けるキッズコーポレーションに、どうぞご期待ください。

 

皆様方のさらなるご発展とご健勝を心から祈念いたしまして、年始のご挨拶とさせて頂きます。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

今年も本日を含め、残すところ、2日となりました。

 

毎年、30または31日には会社にて一年の振り返りをしています。

今年一年を振り返ると・・・。

 

会社の成長に伴い、組織変更を始め、会社にとっては 「変化」 の年だったと感じます。

特に後半は優秀な人財の増強を行い、体制が整ってきました。

 

しかしながら、ひずみを感じるようなこともありました。

変化には伴うものと覚悟はしていましたが、この会社を23年間、大切に育ててきたものとしては、心の痛みを伴うようなこともありました。

 

10年ほど、会社の成長、発展に寄与してくれたメンバーが抜けることもあり・・・。

頭で理解しても、心では「やるせない」思いもありました。

本社が5人ほどで、町の零細企業という苦労の時代を知るメンバー。

中々、結果が出ず、互いに苦しい思いもしました。

後から聞いた話では「このまま結果が出ないと会社を首になるのでは?!」と社員同士で話をしていたと・・・。

可能な限り、長年、働いてくれる人たちと共に成長していきたいという強い思いがあり、首にすることは考えていませんでしたが、確かに厳しい言葉は投げかけていたかと・・・。

入社から8ヵ月程経ち、結果が出始め、その後の会社の成長の礎を築いてくれました。

 

「社長は変わった」「社長は冷たい」と思っているんだろうな~と思いながら、成長のためと割り切ってしまった自分。

改めて考えています。

 

新しい仲間が何を求めて、この会社に入社してきたのか?!

そして何を実現したいのか?!

一から話し合う時間が必要だと考えています。

成長期に入っている今だからこそ。

 

「仕事ができる・・・」ということも大切ですが、それ以上に「人間性」はより重要。

教育に、子どもに携わる私たちだから・・・。

経営者である私自身が「傲慢」にならないようにと気を付けていますが、新しく入社した仕事ができる社員にも、その点を再度、伝えたいと思います。

 

「本当の人生の成功者は・・・」 「本当に優秀な人というのは・・・」

 

人間性という点においても優れていなければいけない・・・。

勉強ができる、仕事ができる以上に「人間性」が大切。

 

創業時からの理念

「子どもの教育を通して、未来を育み、社会を創り、社会に貢献する会社」

 

「今」の会社のあるべき姿を再度、ゆっくりと考えています。

 

 

 

・・・あまりにも様々なことを考え、文章がばらばらかと・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

子どもが「洋服を着られない」と先生のところに来た時に・・・。

 

通常の幼稚園、保育園では先生が「着せ方を教えてあげる」という方法をとるでしょう。

 

しかし、私たちの考え方は異なります。

 

着せ方を教えるのではなく「着せてあげる」

 

これは私が保育の神様と言われた先生から教えて頂いたことであり、保育の本質をついたことと考えています。

 

その為、私が関わる園では徹底したい、徹底すべきと考えていますが、そうしない園がありました。

 

残念なことです。

 

それは同じ思いで保育をしていないことにつながってしまうのでは・・・と懸念されるからです。

 

一つひとつ、本質を考え、こだわりを持って続けていくことが大切。

 

保育でも同様です。

 

基本的な考えは・・・

 

子どもの心を受け入れるのが先。技術や知識の習得よりも「心」が先です。

 

子どもが受け入れられた、受け入れられていると思うようになれば(心の安定)子どもは自らチャレンジしようとします。

 

そして「自分で・・・」と言ってきたときには手を放す。自らやりたいと言った時。

 

できようができまいが任せてみる。そこが大切です。

 

そして挑戦したができなかった場合は、「大丈夫よ」と言ってまた先生がやってあげる。

 

やり方を教えるのではない。

 

もちろん、子どもが「やり方を教えて・・・」と言って来たら教えてあげる。

 

この考え方は譲れません。

 

他園とは違う考え方、取り組みだと思いますが、私たちは上記のように考えます。

 

実際、私の娘二人もそのように育ててきましたが、自立の時期に「自分で・・・」「自分で・・・」

(実際は自分でのくちが回らず「びぶんで~」と聞こえていましたが・・(笑))

と言い、自らやりたがるようになりました。

 

子どもは自分で学び、成長していきます。

 

私が関わる園では、必ず、実践をお願いします。

 

何よりも「愛」が大切。愛された子は本当の意味で「自立」をしていきます。

 

私たちの保育は「愛」を与えること、伝えることがすべてのベースです。

 

 

いいね!した人  |  リブログ(1)

テーマ:

杉並区の下井草駅徒歩3分ほどのところに認可保育園を建築中です。

 

地鎮祭に行って以来、行けずにいたのですが、昨日、ようやく行くことができました。

 

しかし、柱を立てて、工事中。

 

設計士に中を案内頂きましたが、部屋割りなどはわからない感じでした。。。

 

その後、近くの建築事務所でMTG

 

保育室内の壁の色などを確認しました。

 

設計士=デザイナーは若手有望株なので、ある程度、お任せしようと・・・。

 

勿論、子どもや保育者の導線については口をはさみますが・・・(笑)

 

そこはどのような保育をしたいか?!により大きく異なりますので・・・。

 

2月半ばには完成し、引き渡しとのこと。

 

それまでには数回、足を運びたいと思います。

 

一園一園、こだわりをもって創り、キッズCOの思いを伝わるものにしたいと考えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

本日12月1日、キッズコーポレーションは23周年を迎えることができました。

 

これもひとえに創業時から様々な形で関わってくださった皆さま方の御蔭と感謝しております。

 

誠にありがとうございます。

 

今、このブログを書いている社長室からは創業時のマンションを眺めることができます。

 

当時は経営に必要とされる「人」「もの」「金」すべてが無く 「大きな夢と大きな志とそして、小さな不安」 の中でのスタートでした。

 

当時、その会社を小舟にたとえ、スタートを船出にたとえ、自分を叱咤激励することも含め、思いを書きました。

(当時はベビーシッターサービスを運営する会社で「ベビーシッターサービス ピーターパン」という名称でした)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ピーターパン設立時のロゴマークは船です。このマークには私達の熱い思いが込められています。
ピーターパンの始まりは、一言で言えば「海図なき航海」右も左もわからない大海原へ私たちは漕ぎだしました。

何のために漕ぎだすのか?という目的だけは決まっていました。
「子どもたちのために」「理想の教育を実現させるために」スタッフは、そのピーターパン号の船に同乗したクルー。

スタッフは一等航海士としてプロのクルーであり、社長はキャプテンです。互いに全力を尽くすことはプロとしての義務です。

船はキャプテンだけで航海できるものではありません。スタッフ全員が一緒になって漕ぎだすものです。
ピーターパンのスタッフは、クルーとして誇りを持ち、次なる港へ漕ぎだす意志と勇気を持ち続けます。
ピーターパンは子どもたちと私達ひとりひとりの大きな夢をのせて大海原を颯爽と走る船です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

23年間、天候良く、順風満帆な日だけではありませんでした。

 

大きな波にもまれることもありましたし、台風の日、嵐の日、転覆しかけるようなこともありました。

 

本当に様々な経験を・・・。

 

創業当時27歳と青年だった私も今では50歳。

 

早いものですね。

 

今、会社は第三成長期に入りました。

 

優秀な取締役COO(最高執行責任者)のK氏、CFO(最高財務責任者)のY氏にも恵まれ、最高経営責任者(CEO)の私を支えてくれています。

 

幼児教育についてはプロの私でも、23年間経営者を続けてきた私よりも経営に長けている二人。

 

そしてそこに集う優秀な幹部。

 

会社としては、今までで最高の体制、万全の体制とも言える状態を築きあげています。

 

昨日も会議そしてその後の会食(基本、飲み・・・(笑))の席で、面々を見渡し、このメンバーなら、ステージをあげられると確信をしました。

 

23年間私たちは 「KIDS FIRST」 を掲げて歩んできました。

 

「何より子どもが最優先」

 

そして、今、本社が掲げていることは 「HOIKUSHI FIRST」 (保育士ファースト)

 

保育士の方々の働きやすい環境を創っていこうということです。

 

勿論、23年間、そのように考えてきましたが、もっとわかりやすく、より優先度高く取り組もうということです。

 

(最近、小池東京都知事が「〇〇ファースト」を常用しますが、私たちは23年前から使用していました。先は私ども・・・(笑))

 

今、当社では1000人ほどの方々がキッズファミリーとして勤務してくれています。

 

本当のファミリーとして、最善を互いに尽くすようにしていきたいと思います。

 

その為には、まず本社から保育士の方々へ・・・。

 

私自身が保育現場あがりだからこそ、子どもが好きで保育士になった保育士の皆さんが、自分の思い描いた保育ができるように、自分が憧れていた保育士になれるように、自分の夢に向かって歩んでいけるように、毎日が輝いて過ごせるように・・・サポートをしていきたいと思います。

 

「キッズで働いてよかった」と思える先生方が増えるように・・・(^^♪

 

まだまだ夢、志半ばです。

 

私たちはさらに先へ、未来へと歩んでいきます!!

 

子どもたちの笑顔をと共に・・・♫

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

先日、取材があり、久しぶりに創業当時からを振り返りました。

 

取材自体が創業から今までのことでしたので・・・。

 

「そういえば・・・」と思い出すことも多く・・・。

 

普段、過去のことは忘れてしまっていますから・・・。

 

結構、苦労をしていますし、波乱万丈の人生です。

 

周りの方々からは「順風満帆ですね」と言われますが、それとはまったく逆・・・(苦笑)

 

創業当時には営業に行き、目の前で名刺を捨てられたこともありました。。。

 

まあ、そういった経験が 「なにくそ~、見返してやる・・・」につながったのですが・・・(笑)

 

ですから、今となっては、その方に感謝です。

 

振り返ってみると何もない中、よく起業したな~と思いますし、本当に「夢」と「志」しかありませんでした。

 

6畳ワンルームのマンションからの始まりですからね。。。

 

今の社長室は3倍くらいありますから・・・(苦笑)

 

振り返ると、本当によくここまで来たな~と思います。

 

その要因はその時々で、支えてくれた、関わってくれた先生方や社員ですね。

 

感謝しかありません。

 

出来上がった原稿を拝見し、改めて・・・

 

「感謝」を感じています。

 

基本的に前を見て走る性格で、後ろは振り返りませんが、良い時間を頂けました。。。

 

12月には地元の中学生に講和をする機会も頂いています。

 

「夢」と「志」を大切に自ら道(人生)を切り開くことを伝えてきたいと思います。

 

「信じる処、自ずと道は開かれる」

 

それが私の信条です。

 

何もないからと言い訳をし、動かないよりは・・・

 

何もないから、なくすものが無いと考え、一歩を踏み出す勇気、前を向いてがむしゃらに歩む大切さを伝えたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

今日の日経新聞に「幼児期に自己肯定感を育てる」ということで、幼児教育についての考えの一端が掲載されました。

 

この取材で幼児教育について、1時間半は語りましたが、200字弱の掲載(悲笑)

 

経済新聞ですからね。 教育を取り上げるわけではないので・・・。

 

結局は、私たちがしている自由保育の方針は絶対にぶらさないという締めくくりでした。

 

それでも教育について語ったことが掲載されるのは嬉しいことです。

 

幼児教育においても、教え込むことが良しとされる傾向にありますが、これからの時代を考えれば 「指示命令を受けて行動する」 よりも 「自ら考えて行動すること」の方が大切。

 

子どもの時から指示命令を受けて、大人の言うことをきちんと聞く子どもが優等生とされることには違和感を覚えます。

 

それよりも、時には大人の意見に反発してでも、自分の頭や心で考え、行動することが大切だと・・・。

 

大人にとっては 「扱いにくい子ども」=「問題のある子ども」 になってしまうのでしょうが・・・。

 

少し前に「草食男子」という言葉が流行りましたが、子どもの頃から常に大人の意見で動いていたら、自分の意見の無い、意欲のない大人になってしまっても仕方ないかも?!と思ってしまいます。

 

勿論、私の周りの若者でも「あ~、草食男子だな~」と思う人もいます。

 

夢や希望も持たず、日々流されているだけ。。。

 

「何かしたいことないの?!」

 

時には

 

「彼女欲しくないの?!」

 

と聞いても

 

「特に・・・」 「別段・・・」 そして 「面倒なんで・・・」というように続き・・・。

 

もっと自分のやりたいことを主張した方がいいのに・・・と思うのですが、そもそも、やりたいことが無い。

 

今まで大人が引いてきた線路に流されてそのまま歩んできているので、誰かが線路を引いてくれなければ歩めない。

 

線路があれば、歩める・・・みたいな。。。

 

まずは自主性を習得させてあげるべきです。

 

習得と言っても本来、人は生まれながらにして成長しようという意欲があり、自主性を持って生まれてきているのだと思いますが・・・。

 

誰に教わるわけでもなく、赤ちゃんは寝返りを打ち、ハイハイをし、立とうとし、歩こうと努力します。

 

人間は成長しようという遺伝子を持って生まれてきているのだと。。。

 

だからこそ、子ども(の成長)を信じて、子どもに任せる 「子ども主体」が大切。

 

「大人主体」の幼児教育には全く賛成できません。

 

大人が子どもをコントロールし、従順な子に仕立て上げる?!

 

干渉のし過ぎ・・・。 

 

本当の成長の阻害要因です。

 

私たちが行う 「自由保育」 

(放任ではない。自由には規律と責任がある。そのため、基本的生活習慣はきちんと身につくように育てます)

 

この考え方をもって、私たちは子どもの未来を輝かしい未来に変えていきたいと考えています。

 

「自分らしく生きる」のが幸せの大きな要因だと思いますが、その「自分らしく」がわからずに大人になっていってしまう。。。

 

乳幼児期に思う存分、遊ばせる中で、子どもは 「自らが何者なのか?!」 を自分で学んでいきます。

 

何ができて、何ができないのか?

 

そして何がしたいのか? (← 最も重要)

 

何がしたいのかを考えさせる前に大人がやらせたいことをさせてしまい、自ら考えるチャンスを奪ってしまう。。。

 

様々な経験をさせた方が良いということで課題を与え、習得させようとしてしまう。

 

その課題は大人が勝手に考える、習得すべきこと。

 

しかし、そんな一方向の習得すべきことよりも、子ども同士の生活の中で、ぶつかり合いの中で学ぶことの方が重要です。

 

何よりも自主性、創造性、想像性、社会性、協調性、思いやりそして今、特に重要と言われている「グリット」(やり抜く力)などは遊びの中で学ぶべきことです。

 

机上の空論では学べない。

 

「遊びが学び」などということも話をしますが 「遊び=学び」 です。

 

乳幼児期には密接しています。

 

子ども時代にしか学べないこと、、できないことをさせてあげる環境、時間、空間が大切ですね。

 

私たちが考える、子どもにとって本当に必要な教育。

 

それをしっかりとした軸として、歩んでいきたいと思います。

 

 

 

 

同じ欄で取り上げられた

「幼少期に自己肯定感を・・・」というのはまた別の時に書きます。

 

長文になりすぎました。。。(汗)

 

 

いいね!した人  |  リブログ(2)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。