幼稚園教諭から起業そして全国展開する社長のブログ

男性では珍しい幼稚園教諭経験者が、理想の保育を実現するためにチャイルドケアサービス(ベビーシッター・キッズルームなど)を起業。
ワンルームマンションから始まり、北関東圏を中心に全国展開のため、全国を走り回っている社長のブログ。

「乳幼児教育により、国を変えたい」という思いがあります。
その思いを胸に走り続けて20年。
幼稚園教諭として5年、起業家してからは15年。

27歳のときに理想を追うため、安住の地を脱し、ベンチャーとして歩んできました。
(ベンチャーといいながら、15年以上経ったので、
今は「スローベンチャー」?!と話すこともあります(笑)

初心を忘れずに、足元を見つめながら走り続けています。

同じ思い・志を持つ方とつながって、より良い国づくりをしていきたいと思います!!

テーマ:

本日12月1日、キッズコーポレーションは23周年を迎えることができました。

 

これもひとえに創業時から様々な形で関わってくださった皆さま方の御蔭と感謝しております。

 

誠にありがとうございます。

 

今、このブログを書いている社長室からは創業時のマンションを眺めることができます。

 

当時は経営に必要とされる「人」「もの」「金」すべてが無く 「大きな夢と大きな志とそして、小さな不安」 の中でのスタートでした。

 

当時、その会社を小舟にたとえ、スタートを船出にたとえ、自分を叱咤激励することも含め、思いを書きました。

(当時はベビーシッターサービスを運営する会社で「ベビーシッターサービス ピーターパン」という名称でした)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ピーターパン設立時のロゴマークは船です。このマークには私達の熱い思いが込められています。
ピーターパンの始まりは、一言で言えば「海図なき航海」右も左もわからない大海原へ私たちは漕ぎだしました。

何のために漕ぎだすのか?という目的だけは決まっていました。
「子どもたちのために」「理想の教育を実現させるために」スタッフは、そのピーターパン号の船に同乗したクルー。

スタッフは一等航海士としてプロのクルーであり、社長はキャプテンです。互いに全力を尽くすことはプロとしての義務です。

船はキャプテンだけで航海できるものではありません。スタッフ全員が一緒になって漕ぎだすものです。
ピーターパンのスタッフは、クルーとして誇りを持ち、次なる港へ漕ぎだす意志と勇気を持ち続けます。
ピーターパンは子どもたちと私達ひとりひとりの大きな夢をのせて大海原を颯爽と走る船です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

23年間、天候良く、順風満帆な日だけではありませんでした。

 

大きな波にもまれることもありましたし、台風の日、嵐の日、転覆しかけるようなこともありました。

 

本当に様々な経験を・・・。

 

創業当時27歳と青年だった私も今では50歳。

 

早いものですね。

 

今、会社は第三成長期に入りました。

 

優秀な取締役COO(最高執行責任者)のK氏、CFO(最高財務責任者)のY氏にも恵まれ、最高経営責任者(CEO)の私を支えてくれています。

 

幼児教育についてはプロの私でも、23年間経営者を続けてきた私よりも経営に長けている二人。

 

そしてそこに集う優秀な幹部。

 

会社としては、今までで最高の体制、万全の体制とも言える状態を築きあげています。

 

昨日も会議そしてその後の会食(基本、飲み・・・(笑))の席で、面々を見渡し、このメンバーなら、ステージをあげられると確信をしました。

 

23年間私たちは 「KIDS FIRST」 を掲げて歩んできました。

 

「何より子どもが最優先」

 

そして、今、本社が掲げていることは 「HOIKUSHI FIRST」 (保育士ファースト)

 

保育士の方々の働きやすい環境を創っていこうということです。

 

勿論、23年間、そのように考えてきましたが、もっとわかりやすく、より優先度高く取り組もうということです。

 

(最近、小池東京都知事が「〇〇ファースト」を常用しますが、私たちは23年前から使用していました。先は私ども・・・(笑))

 

今、当社では1000人ほどの方々がキッズファミリーとして勤務してくれています。

 

本当のファミリーとして、最善を互いに尽くすようにしていきたいと思います。

 

その為には、まず本社から保育士の方々へ・・・。

 

私自身が保育現場あがりだからこそ、子どもが好きで保育士になった保育士の皆さんが、自分の思い描いた保育ができるように、自分が憧れていた保育士になれるように、自分の夢に向かって歩んでいけるように、毎日が輝いて過ごせるように・・・サポートをしていきたいと思います。

 

「キッズで働いてよかった」と思える先生方が増えるように・・・(^^♪

 

まだまだ夢、志半ばです。

 

私たちはさらに先へ、未来へと歩んでいきます!!

 

子どもたちの笑顔をと共に・・・♫

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

先日、取材があり、久しぶりに創業当時からを振り返りました。

 

取材自体が創業から今までのことでしたので・・・。

 

「そういえば・・・」と思い出すことも多く・・・。

 

普段、過去のことは忘れてしまっていますから・・・。

 

結構、苦労をしていますし、波乱万丈の人生です。

 

周りの方々からは「順風満帆ですね」と言われますが、それとはまったく逆・・・(苦笑)

 

創業当時には営業に行き、目の前で名刺を捨てられたこともありました。。。

 

まあ、そういった経験が 「なにくそ~、見返してやる・・・」につながったのですが・・・(笑)

 

ですから、今となっては、その方に感謝です。

 

振り返ってみると何もない中、よく起業したな~と思いますし、本当に「夢」と「志」しかありませんでした。

 

6畳ワンルームのマンションからの始まりですからね。。。

 

今の社長室は3倍くらいありますから・・・(苦笑)

 

振り返ると、本当によくここまで来たな~と思います。

 

その要因はその時々で、支えてくれた、関わってくれた先生方や社員ですね。

 

感謝しかありません。

 

出来上がった原稿を拝見し、改めて・・・

 

「感謝」を感じています。

 

基本的に前を見て走る性格で、後ろは振り返りませんが、良い時間を頂けました。。。

 

12月には地元の中学生に講和をする機会も頂いています。

 

「夢」と「志」を大切に自ら道(人生)を切り開くことを伝えてきたいと思います。

 

「信じる処、自ずと道は開かれる」

 

それが私の信条です。

 

何もないからと言い訳をし、動かないよりは・・・

 

何もないから、なくすものが無いと考え、一歩を踏み出す勇気、前を向いてがむしゃらに歩む大切さを伝えたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

今日の日経新聞に「幼児期に自己肯定感を育てる」ということで、幼児教育についての考えの一端が掲載されました。

 

この取材で幼児教育について、1時間半は語りましたが、200字弱の掲載(悲笑)

 

経済新聞ですからね。 教育を取り上げるわけではないので・・・。

 

結局は、私たちがしている自由保育の方針は絶対にぶらさないという締めくくりでした。

 

それでも教育について語ったことが掲載されるのは嬉しいことです。

 

幼児教育においても、教え込むことが良しとされる傾向にありますが、これからの時代を考えれば 「指示命令を受けて行動する」 よりも 「自ら考えて行動すること」の方が大切。

 

子どもの時から指示命令を受けて、大人の言うことをきちんと聞く子どもが優等生とされることには違和感を覚えます。

 

それよりも、時には大人の意見に反発してでも、自分の頭や心で考え、行動することが大切だと・・・。

 

大人にとっては 「扱いにくい子ども」=「問題のある子ども」 になってしまうのでしょうが・・・。

 

少し前に「草食男子」という言葉が流行りましたが、子どもの頃から常に大人の意見で動いていたら、自分の意見の無い、意欲のない大人になってしまっても仕方ないかも?!と思ってしまいます。

 

勿論、私の周りの若者でも「あ~、草食男子だな~」と思う人もいます。

 

夢や希望も持たず、日々流されているだけ。。。

 

「何かしたいことないの?!」

 

時には

 

「彼女欲しくないの?!」

 

と聞いても

 

「特に・・・」 「別段・・・」 そして 「面倒なんで・・・」というように続き・・・。

 

もっと自分のやりたいことを主張した方がいいのに・・・と思うのですが、そもそも、やりたいことが無い。

 

今まで大人が引いてきた線路に流されてそのまま歩んできているので、誰かが線路を引いてくれなければ歩めない。

 

線路があれば、歩める・・・みたいな。。。

 

まずは自主性を習得させてあげるべきです。

 

習得と言っても本来、人は生まれながらにして成長しようという意欲があり、自主性を持って生まれてきているのだと思いますが・・・。

 

誰に教わるわけでもなく、赤ちゃんは寝返りを打ち、ハイハイをし、立とうとし、歩こうと努力します。

 

人間は成長しようという遺伝子を持って生まれてきているのだと。。。

 

だからこそ、子ども(の成長)を信じて、子どもに任せる 「子ども主体」が大切。

 

「大人主体」の幼児教育には全く賛成できません。

 

大人が子どもをコントロールし、従順な子に仕立て上げる?!

 

干渉のし過ぎ・・・。 

 

本当の成長の阻害要因です。

 

私たちが行う 「自由保育」 

(放任ではない。自由には規律と責任がある。そのため、基本的生活習慣はきちんと身につくように育てます)

 

この考え方をもって、私たちは子どもの未来を輝かしい未来に変えていきたいと考えています。

 

「自分らしく生きる」のが幸せの大きな要因だと思いますが、その「自分らしく」がわからずに大人になっていってしまう。。。

 

乳幼児期に思う存分、遊ばせる中で、子どもは 「自らが何者なのか?!」 を自分で学んでいきます。

 

何ができて、何ができないのか?

 

そして何がしたいのか? (← 最も重要)

 

何がしたいのかを考えさせる前に大人がやらせたいことをさせてしまい、自ら考えるチャンスを奪ってしまう。。。

 

様々な経験をさせた方が良いということで課題を与え、習得させようとしてしまう。

 

その課題は大人が勝手に考える、習得すべきこと。

 

しかし、そんな一方向の習得すべきことよりも、子ども同士の生活の中で、ぶつかり合いの中で学ぶことの方が重要です。

 

何よりも自主性、創造性、想像性、社会性、協調性、思いやりそして今、特に重要と言われている「グリット」(やり抜く力)などは遊びの中で学ぶべきことです。

 

机上の空論では学べない。

 

「遊びが学び」などということも話をしますが 「遊び=学び」 です。

 

乳幼児期には密接しています。

 

子ども時代にしか学べないこと、、できないことをさせてあげる環境、時間、空間が大切ですね。

 

私たちが考える、子どもにとって本当に必要な教育。

 

それをしっかりとした軸として、歩んでいきたいと思います。

 

 

 

 

同じ欄で取り上げられた

「幼少期に自己肯定感を・・・」というのはまた別の時に書きます。

 

長文になりすぎました。。。(汗)

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(2)

テーマ:

幼稚園に来園したところ、歌声が響いてきて・・・

 

理事長室に荷物を置き、歌声のするホールに足を運んだところ・・・

 

お遊戯会の練習をしていました。

 

もう、そんな時期なんですね。

 

先日、「あけましておめでとう」と話をしたかと思えば、すでに11月。

 

また1ヶ月と少しで 「あけましておめでとう」ですね。

 

時が立つのは、早いですね。

 

子どもたちの劇や合唱を眺めながら、子どもたちの1年を振り返っていました。

 

そして、子どもたちをみながら涙腺が緩み・・・。

 

年齢ですかね?!

 

子どもたちの一生懸命な姿を見るだけで、涙腺が緩む・・・。

 

一生懸命な、ひたむきな姿は感動を与える・・・

 

真摯に子どもに向き合うことの大切さをを再度、認識しました。

 

日々、再認識ですが・・・。

 

人生の残り少ない私は、子どもたち以上に真摯に生きていかなければいけませんね。

 

今日も教えをありがとう。

 

子どもたちに心の中で感謝の言葉を述べています。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日、日経新聞北関東版に私どもの今後の活動(目標)について掲載をして頂きました。

 

それも大きく・・・

 

この取材には、ひと悶着あり・・・(苦笑)

 

記者の方が来社される5分前に、取締役2人に 「あ、そう、今日、日経新聞の取材が入っていますので・・・」 と告げました。

 

すると

 

COOとCFOから異口同音に・・・

 

「聞いてないですよ。 何を話すんですか?」 と軽~く、攻められ・・・(汗)

 

「〇〇〇の話を~」と答えると

 

「計画段階であり、発表は控えて頂かないと・・・」

 

「発表して良い範囲を話し合いましょう」

 

と言われ、社長=私は 軟禁?! 監禁?! (笑)

 

サービス精神旺盛な私?! は聞かれると答えてしまうんですよね~。

 

新聞記者の方も貴重な時間を割いて、寒い中、来社いただいたかと思うと・・・。

 

結局、COOが言葉を選び、慎重に答えていました。

 

私の出番は1割くらい(苦笑)

 

今後は 「広報を通して・・・」 ということで社長が勝手に語ることはできなくなってしまいました。。。(汗)

 

会社が大きくなるってこういうこともあるんだな~と。。。

 

昔は自分がやりたいこと、やるべきことを描き、社員に説明をし、社員が躊躇した場合には、記者の取材で話をし、記事に掲載して頂き、記事を社員に配布し、「もう公表したからね。あとは頑張ってやろう!!」と社員はやらざるを得ない状況に・・・。

 

などという手も使っていましたが・・・。  姑息かな~(笑)

 

ある意味、背水の陣をひかせる形~。

 

今回の記事で、今後3年の目標は語られていますので、あとは走るだけ~♬

 

とにかく頑張りましょう!!

 

 

注) CEOの私とCOO,CFOは仲が悪いわけではありません(苦笑)

   とても優秀なCOOとCFOに支えられて、私がいます♬

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

久しぶりに東京オフィスに行きました。

 

1ヵ月ぶりくらい?!

 

入って空いているイスを探しましたが・・・

 

無い

 

1年前までは2~3人で広々していましたが、この1年で人が増え、特にこの半年で10名近く入社?!

 

15名を超えています。

 

暑い~、暑苦しい~(苦笑)

 

すでに新しいオフィスの契約は済んでおり、今から倍の広さになりますが、それも2年後には狭くなるような予感が・・・(汗)

 

新オフィスには3~4年いるかな?!と考え、女性陣も喜ぶようなオシャレなオフィスのデザインにしましたが・・・。

 

こんなことなら、もっと広い所にしていれば良かったかも?!(泣)

 

まあ、人が増えていくのは会社の業績が良いということですから、良いことですね。

 

今、会社では 「KIDS FIRST」 ならぬ 「HOIKUSHI FIRST」(保育士ファースト)を掲げ、かねてより私が話をしていた逆トライアングル(社長が一番下で支え、保育士が一番上)をより一層明確化し、実現できるように・・・と動いています。

 

人を増やしているのは、その一環でもあります。

 

保育士の方々が働きやすいように、保育に専念できる環境をつくるように・・・。

 

私も保育者あがりですから、保育の大変さは身を持って経験しています。

 

保育に集中したいが、行事や事務作業に追われてしまう。。。

 

そのようなことが無いように、少なくとも軽減できるように・・・・と考えて動いています。

 

今日の午前中もある業者さんと保育士の労務負担軽減のための新たなシステム導入で話し合いをしました。

 

良い感じです♬

 

会社は今、大きく変わろうとしています。

 

私的には創業から第三成長期だと考えていますが、本当に優秀な幹部層が次々と入ってきており、今までの私からのトップダウンから、ボトムアップに変えられそうな感じです。

 

(少し、肩の荷が下りるかな?!(笑))

 

それぞれの分野のスペシャリストも入社してきており・・・。

 

「企業は人なり」をも実感しています。

 

まずは 「HOIKUSHI FIRST」 をプロパーの先生方が実感できるように・・・。

 

「保育に、子どもに専念できる」と明らかに感じてもらえるように今年度末(3月末)までにいくつもの改善をしていきます。

 

私の役割も変わってきています。

 

さあ、新たな領域に・・・。

 

頑張ります♬

 

 

 

最近、小池都知事が「都民FIRST」などと「〇〇FIRST」を連呼しており・・・。

何故か、とられた感を感じています。。。

私どもは創業時23年前に「KIDS FIRST」を掲げていますが・・・。

老舗は私どもです。。などと言ったりして・・・(笑)

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

歩いていて転んでの子どもの報告が多くなっている感じがします。

 

時期的に考えると・・・。

 

寒くなり、体が縮こまり、その上、厚手の洋服も着るようになり、歩きづらくなったとも言えますが、ここ数年でみても増えているのではないかと思います。

 

ここ数年、子どもたちの歩く経験が減ったからなのではないかと。。。

 

クルマ利用など、歩かない場面が増えましたね。(昔から言われてますが・・・)

 

より一層、歩かなくなっている。。。

 

歩き始めた子どもたちは歩くことを楽しんで、いつまでも、どこまでも歩こうとしますが、それを止めてしまう環境になっているからとも考えられます。

 

一番は 「危険だから・・・」

 

子どもが自由に歩いていける場が少なくなりましたね。

 

とくに私は田園風景の田舎育ちなので、よちよち歩きの時に田んぼでピースをしている写真などもあります。

 

しかし、今、どこを見渡しても建物ばかり・・・。

 

道路からそれようものなら、車にひかれてしまいます。

 

近隣の公園に行くにも車?!

 

歩く機会はどんどん減っているでしょう。

 

園では歩くことを推奨するとともに、ご家庭でも歩く機会を増やして頂けるように働きかけをすることも大切だと考えています。

 

歩くことは基本。

 

脳の活性化にも役立ちます。

 

ネズミの実験では運動をしたネズミとさせないネズミを比較したところ、「記憶力」に差が出る結果が出たということです。

 

全身の筋肉の約3分の2が集まる下半身を中心に動かすウォーキングは大きな筋肉を動かし続けることで司令塔である脳は常に稼働することになるとも言われています。

 

子どもにとっても大人にとっても歩くことは基本。

 

もっともっと歩かせてあげたいものです。

 

勿論、興味をもって・・・。

 

私も歩かなくては・・・(笑・汗)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

他園に研修に行った先生から、報告がありました。

 

「1歳児全員に同じ楽器を持たせ、先生のリズムに合わせて音を出すようにさせていて、子どもが間違えると注意していました。 それなので、子どもたちは楽しそうではなく、無表情なんです」 と・・・。

 

1歳児から一斉に同じことを同じようにさせる園があるんですね。

 

そしてできないと叱咤。

 

ん~、何を育てたいのか?!

 

無表情になる子どもの気持ちもわかります。

 

受け入れられるのではなく、評価される。

 

1歳は特に愛情いっぱいに育てられるべきなのに・・・。

 

「自己肯定感」(自尊心)は育たないですね。

 

自分はできないという劣等感を育ててしまう。

 

それでは、これからの長い人生、自分らしく歩むことが困難でしょう。。。

 

自分に自信が無いのですから・・・。

 

当園の先生は「ありえない・・・」と理解していたのでいいのですが。。。

 

同じように見学に行った先生はどう思ったのでしょうか?!

 

「素晴らしい。真似しよう」 と思わなかったことを祈ります。

 

「子どもの可能性は無限大」ですが、ある一定のことをさせて可能性を伸ばそうというのは誤りだと思います。

 

「英才教育」の名の元に、そういう園もあるようですが・・・。

 

本当の英才教育ではないですね。

 

「個」を認めるところから教育は始まります。 特に乳幼児教育は・・・。

 

与えるよりも自ら習得させることが大切です。

 

一斉にさせることにより、規格品、企画品を育てているように思います。

 

言われたことをただ、こなすだけの人は・・・。

 

ロボットに仕事を奪われますね。

 

AI を含めたロボットの進化で、10~20年後、半数の職業が消えていると言われている世の中ですから・・・。(アメリカのコロンビア大学 オズボーン教授曰く)

 

何を育てたいのか?直接、聞いてみたいですが・・・。

 

話は平行線でしょうね。

 

「どのような人に育ってほしいのか?」 「何を育てるべきか?」

 

改めて先生方には伝えたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は朝から風と緑の認定こども園に行きました。

 

「さあ、今日は遊ぶぞ~」と思い、園庭に足を運び・・・。

 

サッカーをしている子どもたちに交じってサッカーを始めましたが、子どもたちから「人数が合わない・・・」という話が出て中断。

 

A君 「誰か審判になってよ~」

 

皆  シーン

 

B君 「青い帽子チームが多いから、青い帽子チームから一人なってよ」

 

C君(青帽子チーム) 「じゃんけんにしよう」

 

私(理事長)が負けて・・・

 

私 「サッカーやりたくてきたんだから、審判はやりたくないよ」

   (あえて、いじわるな答え。子どもたちがどうするか?!をみたいため。教育的には微妙ですが・・・)

 

A君 「理事長先生、負けたんだからさ~」

 

私 「でもやりたくないんだよ~。他に案は無いかな?!」

   (私的には一人、誰かを誘うという案を出したかったが、子どもたちの意見が出るまで我慢・・・)

 

皆 「ん~」 思案顔

 

C君 「理事長先生決めてよ~」

 

私 「みんなで決めてよ~。任せるよ~」  (私はあえて答えず・・・)

 

皆 「ん~」 思案顔  

 

しばらく経って・・・・・

 

D君 「じゃあさ、交代で審判をやればいいんじゃない?」

 

A君 「どういうふうに?」

 

D君 「一点取ったら交代とか・・・」   

  (新たなアイディア。私はそれもありだなと思いながら見守る)

 

B君 「じゃあ、どう決めようか?」

 

会話に入らなかったE君が 「や~めた」  (待ちきれなかったよう・・・)

 

同数になる。  (私的には残念・・・。せっかく、子どもたちが解決する糸口を見つけたのに・・・)

 

2つに分かれ、サッカー開始。

 

子どもたちに任せる、判断させるのが、私たちの保育。

 

今回のように意図とはずれてしまうこともありますが、それもあり。

 

「教育は待つこと」

 

一朝一夕に答えが出るわけではありませんね。

 

子ども同士、様々なぶつかりあいがある中で、学んでいくこと。

 

大人が間に入り、解決してしまえば、簡単ですが、それはすべきではないですね。

 

子ども同士で解決することがベスト。 その中で学んでいく。

 

あくまでも子どもを信じて待つ。

 

その間、私は見守りながら、子どもの個性や成長(主に内面)がどこまでいっているのかを確認します。

 

一人ひとり、言動に現れる個性や発達段階。

 

今回で言えば、社会性、協調性そして主体性が大きく現れます。

 

その上で、子ども一人ひとりにどう関わるかを考えます。

 

話し合いに飽きてしまい、去ってしまった子どもには、継続することの大切さをタイミングをみて伝えます。

 

彼が自然と受け入れるタイミングで・・・。

 

今回は去ることを止めない。 認める。  それも自主性。

 

保育は面白いな~と改めて思いました。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

TNBC(とちぎニュービジネス協議会)の総会が10月21日に開催されました。

 

そして新しい期のスタート。

 

会長を仰せつかり、5期目に入りました。

 

ひとつの区切り。

 

経営者として大ベテランの前会長(70歳)から指名を頂き、45歳で会長に就任。

 

重責を担うプレッシャーもありましたが、副会長初め、理事のサポートがあり、引き継いだ際の倍を超える会員数になり、100名を超えています。

 

そして会も活発化。

 

就任当時には 「CHANGE」 を掲げましたが、今年のテーマは 「GO AHEAD」

 

変化の後は更に「先へ行く」という決意の現れ?!

 

全国にあるニュービジネス協議会で2番目に若い会長であり、会自体の平均年齢も1番または2番目に若いと思います。

 

「会員企業のビジネスを成長させることにより、地域の活性化を図る」ということを大切にしているTNBCとしては、よりビジネスチャンスを生む会となることが必要です。

 

その為にはより深い懇親が大切。

 

副会長の発案で「テニスクラブ」も立ち上げました。

 

すでに先週末、初テニス。

 

「会長も・・・」ということで参加してきました。

 

久しぶりに良い汗を流し、気持ちの良い時間を過ごしました。

 

まさに「先へ行く、新たな一歩」?!

 

他の経済団体では無い取り組み?!  ゴルフならありそうですが、テニスは・・・。

 

ビジネスと一緒でベンチャースピリットを持って、道なき道を歩んでいこうと・・・。

 

とにかく、前進する会にしようと考えています。

 

興味がある方はぜひ、一度、例会に参加してみてください。

 

志ある経営者が集まっています♬

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。