Dr. 清水公一 の未来医療を考えるブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
「未来医療勉強会」セカンド・シーズン 中級編

「援助者である」とは?

92歳の女性。
彼女の苦しみとは・・・?

「こんなに生きるとは思わなかったわ・・」
「普段家でひとりだから・・」
「何をするわけでもないし・・」
「内臓が丈夫だからね・・」
「しょうがないね・・」
「これ以上長生きしてもね・・。長生きしてもしょうがないよ・・」
「早くお迎えがこないかね・・」
「もう、あとは死ぬだけだよ・・」
「でも、こればっかりは、自分の思うようにならないからね・・・」
「ぽっくりいかないかね・・」

こんなとき、あなたならどんなふうに援助しますか?

「まだお迎えの切符がこないですよ」
「内臓が丈夫だから、100歳ぐらいまでは生きるかも」
「100歳まで生きると、なにかもらえるかもしれませんよ。100万円かしら」
「食欲もあるし、大丈夫ですよ」

こんな言葉は、援助になっているでしょうか?

そして、どんな援助者であれば、相手の支えとなれるのでしょうか?相手が、自分のことを理解者(援助者)と思ってもらえるのでしょうか?

中級編:第3回

「自分の価値・判断基準を観る その2」

「援助者である」ためには、どのような自分であればよいのでしょうか?
医療とは、相手の苦しみを軽くすること、なくすることであるならば、それは、相手の判断基準を援助すること。もし、そうならば、どうやれば、相手の判断基準を援助することができるのでしょうか?

第2回と第3回では、「自分の判断基準を観る」として、ワーク形式で、自分の判断基準の探求、そして、相手の判断基準を聴く 体験をしていきます。

自分の判断基準を知り、相手の判断基準を聴く、
援助者である、相手の判断基準を援助するための勉強会です。

日時:4月18日、木曜日、午後7時30分から午後9時
場所:みよの台薬局本部6階
申し込み:03-3916-3383 みよの台薬局本部
参加費:無料
定員:25名


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

Dr. 清水 公一さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。