• 07 Sep
    • ひいて観る

      0 0 1 218 1246 新板橋クリニック 10 2 1462 14.0 Normal 0 10 pt 0 2 false false false EN-US JA X-NONE $([\{£¥‘“〈《「『【〔$([{「£¥ !%),.:;?]}¢°’”‰′″℃、。々〉》」』】〕゛゜ゝゞ・ヽヾ!%),.:;?]}。」、・゙゚¢ /* Style Definitions */ table.MsoNormalTable {mso-style-name:標準の表; mso-tstyle-rowband-size:0; mso-tstyle-colband-size:0; mso-style-noshow:yes; mso-style-priority:99; mso-style-parent:""; mso-padding-alt:0mm 5.4pt 0mm 5.4pt; mso-para-margin:0mm; mso-para-margin-bottom:.0001pt; mso-pagination:widow-orphan; font-size:12.0pt; font-family:Century; mso-ascii-font-family:Century; mso-ascii-theme-font:minor-latin; mso-hansi-font-family:Century; mso-hansi-theme-font:minor-latin; mso-font-kerning:1.0pt;}  クリニックに通院されているAさん(女性) こんなことをおっしゃっていました。 「以前は、いろいろなことに、思い悩んで、どんどん、考えにはいっていって、そこから出られなくなっていました。でも、ひいて観られるようになったら、思い悩むことが、大変だと思うことが、たいしたことではないと、客観的に観られるようになって・・」 「そうしたら、いろいろなことが日常では、毎日あるけれど、深刻にならないで、楽しく、感謝して、くらせるようになりました。」  ☆ひいて観る  そして、また、ある日のこと Aさん 所属しているスポーツジムの中でのことでしょう・・ 「年をとったら丸くなる・・っていうけど・・そんなことないですね・・・。みなさん、自分が、自分が、と自己主張ばかりで・・・。それで、けんか別れになっちゃって・・。年をとると、丸くならないで、角ばっていって・・。まきこまれないように、観ています。昔だったら、自分もまきこまれて、右往左往して、いらいらしていたかもしれませんね・・。ひいて観られるようになったので・・」 ☆ひいて観る ・  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  お達者に過ごすこつがあるとしたら 昔からよくいわれるのが、「丸くなる」  丸くなるってどいうことでしょう? 3つの条件があるように思います。 ひとつめは、自己肯定感ふたつめは、柔軟なものさしをもつことみっつめは、本当の自分を育てること  自己主張の裏には、みたされない自分がいます。自分のことをわかってほしい、認めてほしい、理解してほしい、愛してほしい。だから、必死で自己主張します。自分が、自分が、と。けれども、その欲求は満たされても、一時的です。また、強い渇望が生まれてきます。なぜならば、みたされない自分を創っているのは、自分自身。自己を否定する自分がある限り、平安で満たされた本当の自分に気づくことはありません。自己否定と自己主張が続きます。  自己否定する基準が、ものさしです。しらずしらずに、ものさしを基準にして、比較して、判断します。自分も他人も、できごとも判断します。善悪、優劣。ものさしを使っていることに気づかないと、そして、自分のものさしが正しいと、無意識に信じ込んでいることに気づかないと、自分を否定して、他人や出来事を、無自覚に判断して、○や×をすることは止まりません。  判断も非難もなく対立もなく無条件に自分を受容して自分を肯定するにはどうしたらいいのでしょうか? 自分のものさしに気づいてものさしがひとつではくみんながばらばらのそれぞれのものさしがあることにはどうやったら気づくのでしょう? どうやったら本当の自分を育てることができるのでしょうか?  それは ひいて観る ひいて観ると 自分を観察するもうひとりの自分が生まれます 自分の表情・言動・行動自分の感情を観察する自分が生まれます ひいて観ると 自分のものさしを観察する自分が生まれます  ひいて観ると 自分を観察する本当の自分もうひとりの自分が育ちます。 ひいて観ると 生や死を困難な出来事・日常を否定しないで、客観的に直視する自分が育ちます。  それが 「丸くなる」ということでしょう。  いにしえの年配者にはそういう人たちが多かったのかもしれません。 だから 「これで、いいのだ〜」   現代人が 年を重ねるごとに丸くなって お達者ですごすためには ひいて観る ことが 必要なようです。  いつもお読みくださってありがとうございます    

      5
      テーマ:
  • 21 Aug
    • お達者にすごすこつ?

      0 0 1 224 1278 新板橋クリニック 10 2 1500 14.0 Normal 0 10 pt 0 2 false false false EN-US JA X-NONE $([\{£¥‘“〈《「『【〔$([{「£¥ !%),.:;?]}¢°’”‰′″℃、。々〉》」』】〕゛゜ゝゞ・ヽヾ!%),.:;?]}。」、・゙゚¢ /* Style Definitions */ table.MsoNormalTable {mso-style-name:標準の表; mso-tstyle-rowband-size:0; mso-tstyle-colband-size:0; mso-style-noshow:yes; mso-style-priority:99; mso-style-parent:""; mso-padding-alt:0mm 5.4pt 0mm 5.4pt; mso-para-margin:0mm; mso-para-margin-bottom:.0001pt; mso-pagination:widow-orphan; font-size:12.0pt; font-family:Century; mso-ascii-font-family:Century; mso-ascii-theme-font:minor-latin; mso-hansi-font-family:Century; mso-hansi-theme-font:minor-latin; mso-font-kerning:1.0pt;} 「お達者にくらすこつは?」  お達者にすごすこつがふたつあります。 それは・・・・   いつも お読みいただきありがとうございます。  ・  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   お達者にすごすこつ は なんでしょうか?  長年つれそったご夫婦の会話から観てみましょう。  ご夫婦の会話:その1  認知機能の低下してきた妻: 「自分では、なんともないの〜どこも悪くないの〜ただ、物覚えが悪くなってわからなくなるみたいでだから迷惑をかけたくないの他人様にも、主人にも迷惑をかけたくないの気をつかうの〜」  ご主人: 「はじめのうちはね・・そうじゃないこうでしょう違うでしょうだめだよいったじゃないかこうしないとだめ・・ っていっていたんだよね・・ すると 女房は、むきになって反論してくるんだよね すると、堂々めぐりになってきて ひとつのことをするのも大変で、 お互いに疲れちゃってさ・・ それで、もうやめたんだ 女房のやること女房のいうこと 否定しないだめ〜といわない とにかく、 いいよ〜どうぞ〜  そうすると、それで、おわるんですよ〜 いいよ〜どうぞ〜  ってね・・」  お二人でにこにこしています。  ・  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ご夫婦の会話:その2  認知機能の低下した夫 「年をとるとだめだな・・何度きいてもわからないから・・・だから何度も訊くと・・・でも、何度も訊くと怒られるから・・だから、訊けなくなっちゃって・・・」 うつむいて、背中を丸めて、ぼそぼそ・・と小さい声で、つらそうな顔です。 奥様: なんど同じことをいってもなんども同じことを訊くから しっかりして体を動かさないから食欲もでないし筋肉もなくなってやせちゃうからしっかりたべて ほら、お父さん、しっかりして、 くつぬいで、横になって先生に観てもらって・・」  ご主人: 「おまえ、そんなこというけどさ・・思うようにいかないんだよ・・」  (注:いつも仲のいいご夫婦ですので、誤解のないように、あしからず。)  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  お達者ですごすこつ いろいろあると思いますが 今日は、 「2つのこつ」があるのかな・・と思います。  それは、  関係性 と 自分のものさしと相手のものさしの違いに気づいて、あいてのものさしを、ただ(無条件に)、受け止めて、だきしめて、「どうぞ〜」と返す  ・  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  関係性は、依存する側と依存される側、支配する側と支配される側に代表される関係性があります。そこにあるのが、「ものさし」です。  愛と歓び愛と幸せ愛と静けさ に満ちあふれ お達者にすごすこつ  それは、 ものさしから自由になって 「依存」や「支配」から自由になって  お互いに 受け止めて だきしめて 「どうぞ〜」「いいね〜」  そこには、 対立はなく比較もなく依存もなく支配もなく善悪もなく あるのは、 お互いを尊重しあって 共に今をいきる 関係性  ・  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  夫婦でパートナーで お達者にすごす  そうあり続けたいものです   

      4
      テーマ:
    • 今しかない

      0 0 1 140 799 新板橋クリニック 6 1 938 14.0 Normal 0 10 pt 0 2 false false false EN-US JA X-NONE $([\{£¥‘“〈《「『【〔$([{「£¥ !%),.:;?]}¢°’”‰′″℃、。々〉》」』】〕゛゜ゝゞ・ヽヾ!%),.:;?]}。」、・゙゚¢ /* Style Definitions */ table.MsoNormalTable {mso-style-name:標準の表; mso-tstyle-rowband-size:0; mso-tstyle-colband-size:0; mso-style-noshow:yes; mso-style-priority:99; mso-style-parent:""; mso-padding-alt:0mm 5.4pt 0mm 5.4pt; mso-para-margin:0mm; mso-para-margin-bottom:.0001pt; mso-pagination:widow-orphan; font-size:12.0pt; font-family:Century; mso-ascii-font-family:Century; mso-ascii-theme-font:minor-latin; mso-hansi-font-family:Century; mso-hansi-theme-font:minor-latin; mso-font-kerning:1.0pt;} 「今しかない」  今しかない それを 実感する この瞬間  いつも ありがとうございます  ・  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  あのときはこうだった あいつは許せない あのときこうしていれば どうして、自分はこうなんだろう  過去のことで、あれこれ、思い悩むことも多いものです。 また、  こうなったらどうしよう  失敗したらどうしよう  自分にはできるだろうか?  笑われたらどうしよう?  おこられたらどうしよう?  もっといいものがあるかもしれない  病気になったらどうしよう?  未来のことで、不安にかられたり、思い悩むことも多いものです。  ・  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 1日のいったいどれだけを、過去のことや未来のことで、過ごしているのでしょう?  1日のいったいどれだけを、思い悩むことで、すごしているのでしょうか? よくよく、考えるてみると・・・ 過去や未来はどこにあるのでしょうか? え? 質問の意味がよくわからない? それでは、 過去や未来は、今、目の前にあるでしょうか?  う〜ん、そういえば、過去や未来は、目の前にないですね。  過去や未来は、思考の中にしかありません。記憶やイメージから創りだされる思考の中にのみ、過去や未来があります。   もし、そうならば、1日のどれだけの時間を、今この瞬間のために使っているでしょうか?  思考の中でなく 今この瞬間をいきることに使っているでしょうか?  ・  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 今この瞬間を存在させている「何か」があります。  その「何か」は、目でみることはできません。 そして、 「何か」が、 宇宙を 地球を 自然を 天候を 朝と夜を いきとしいきるものの営みを 人間の生命活動を  制御して 恒常性を維持しています。  その瞬間  を 今 生きています。  ・  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  隣に大切な妻がいて 今 目の前に ひろがる 黄金のそら  今を生きていることを 実感する 瞬間です。  今を 生きています。         

      2
      テーマ:
  • 05 Jun
    • 「助けてください」 診察室の風景 第5回

      診察室の風景 第5回 「助けてください」 誰にもいえないんです 「助けて」っていえないんです 迷惑をかけられない 自分ががんばるしかないんです 34歳のAさんは しぼりだす声で そういいました ・・・・・・・・・・・・・・・・・ Aさんは、原因不明の「腹痛」「背部痛」「頭痛」「吐き気」に悩まされています。 「私は愛されていない」 無意識レベルで、強固にうえつけられた観念 そこからうみだされるのは 「だれもわたしをわかってくれない」 「人は私を傷つける」 「だれもわたしを評価してくれない」 彼女は、ひたすら、無意識に思いつづけます。動きつづけます。 「人に迷惑をかけてはいけない」 「がんばらないといけない」 「助けを求めてはいけない」 ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ どこに、逃げ場があるでしょうか? 永遠に続く迷路 もがけばもがくほど 苦しくなります ますます苦しくなります やがて・・ 心身の不調がでてきて 本当は休みたい 助けを求めたい でも・・ 休めない 助けをもとめられない ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ がんばり続けて 走りつづけて 苦しくなって それでも がんばり続けたら 病気になって たおれて ようやく 助けてといえるようになった 弱い自分でもいいや どんな自分でもいいや と思えるようになった 自分には 立場はちがうけど 彼女の気持ちが よくわかります ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ そんな彼女は クリニックに通いながら だんだんと かわってきます わかってもらえる 「助けて」と口にだしていえる そんな場所があってもいいでしょう 彼女にとって、そんな診察室の時間であってもいいでしょう そこから、彼女の新しい扉がひらくと ぼくは、信じています。

      8
      テーマ:
    • 新板橋クリニックTV リセット医療シリーズ Part 1

      新板橋クリニックTV リセット医療シリーズ 監修 清水 公一 「病院では決して教えてもらえない糖尿病の治し方」Part 1 新板橋クリニック 清水公一院長が、糖尿病の原因やしくみ、病気の症状、治療方法などについて解説します。また、病院では、決して教えてくれない、最新の食事療法や、行動変容プログラム、リセット医療についてくわしく解説しています。一生、病院に通いながら、服薬やインスリン治療を受けなくてはならなかった時代から、糖尿病を卒業できる時代になりました。 リセット医療の概要と糖尿病について、学ぶことができます。 全編ご覧になられてください。 https://youtu.be/5S7Ysbe5_GM?list=PLWLAV750zS1Ym8I9a7GMCRasOD9EQc73c

      2
      テーマ:
  • 02 Jun
    • しっていそうで しらない はなし その6 「近視」の巻

      しっていそうで、しらない話 その6 Q: 「近視」はよくなりますか? 解説: 書店にならぶ健康雑誌や視力回復センターの広告でよく目にします。 「近視が治る!!」 注意深く読んでいると、ひとつの疑問が生じてきます。 「近視」の定義はなんだろうか? 皆さんは、近視といわれたら、どんな状態と思いますか? 近視の定義はなんでしょうか? ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 目の基本構造と視覚のしくみをしる必要があります(Know)。 可視光線が物体に反射します。反射した可視光線が、目の角膜・レンズを通過します。通過した可視光線は、眼球内(硝子体)を通過して、最後に像を結びます。目の基本構造が正常で、視覚のしくみが、正常に機能していると、像は網膜上に結びます。網膜には、光受容体があり、受容体を通じて、視覚信号が脳に送られます。脳の視覚中枢で、視覚信号は処理され、再合成されます。すると、私たちが、物体を見ていると認識します。以上が目の基本構造と視覚のしくみです。 ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 「近視」は、角膜とレンズを通過した可視光線が、網膜の手前で像を結ぶ状態です。目から遠くにある物体ほど、網膜の手前で像を結びます。目の近くにある物体は、網膜上に像を結びます。つまり、近くはよく見えて、遠くはぼやけて見えることになります。 ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ なぜ?そのような状態になるのでしょうか? 多くの近視の方(ぼくも近視で眼鏡をしています)は、目の長軸がのびていることが原因です。レンズの調整範囲をこえて、目の長軸がのびてしまうと、網膜の手前で像が結んでしまいます。これが、軸性近視(眼軸説)です。大部分の近視は、軸性近視です。軸性近視は、遺伝的素因が主であり、民族差があります。これは、目の長軸が伸びる遺伝子と正常な遺伝子(対立遺伝子とよびます)が関与していると考えられます。特定の集団内で、長軸がのびる遺伝子の比率がわずかでも優位になると、集団全体として、だんだんと長軸がのびる人の比率が増えてきます(近視の人がふえてくる)。 一方、一部の方(とくに小児)では、目を使いすぎる、近くのものをみすぎる、パソコンやゲームなどを長時間やりすぎる、などが原因で、レンズの厚さを調節する毛様体という筋肉が疲労します。すると、レンズの厚さが厚いままとなり、目の遠くにある物体から反射した可視光線は、網膜の手前で像を結びます(屈折近視)。これは、疲労が原因なので、疲労が回復すると、像は、正常に網膜上に結ぶようになります。 あるいは、脳自体が疲労してくると、視覚信号を視覚中枢で、処理して再合成することがうまくいかなくなります。すると、ぼやけて見にくくなります。 そのほか、経路上のどこかの以上で、はっきり見えなくなりますが、それらは、器質的異常(腫瘍・炎症など)になります。 ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 通常、近視と定義されるのは、上記のうち、軸性近視になります。そして、大部分の近視は、軸性近視になります。 けれども、屈折近視を、近視と同じようにみなして、軸性近視とごちゃまぜに扱うと混乱が生じることになります。 雑誌や視力回復センターの記載を、注意深く読むと、その内容は、屈折近視が回復すると記載してあり、軸性近視については、ふれていません。なぜなら、のびてしまった(成長した)眼の軸をもとにもどすことはできないからです。 まず、近視の定義は何なのか?近視とはどんな状態をいうのか?を正しく知ること、認識することが大切です(Know)。 ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ Q: 「近視」は治りますか? A: 「近視」を、軸性近視と定義すると、近視は治りません。なぜなら、目の長軸がのびるのは、主として遺伝的要因で、一度、レンズの調節能力をこえて、目の長軸(眼軸)がのびてしまう(成長する)と、もとにはもどりません。したがって、眼鏡をかける、角膜をけずって、屈折率を人工的に変化させるなどの治療をおこないます。 一部の屈折近視は、眼の疲労が回復すると、自然に治ります。 Q: 近くで本を読んだり、暗いところで本を読んだり、物体をみると、近視になりますか? A: ほとんど、関係ありません。環境要因で、眼の長軸がのびることがあるといわれていますが、実際は、ほとんど関係ないようです。眼の長軸がのびる原因は、遺伝的要因が主になります。 もちろん、眼が疲労すると、屈折近視にはなるかもしれまんが、疲労が原因ですから、休養をとる、遠くをみる、上記の習慣を改善するなどで、屈折近視は回復します。眼の長軸がのびることはないと考えられています。

      1
      2
      テーマ:
  • 01 Jun
    • 内田達也のi-Access Voice Approach @東京=日曜日クラス

      リセットから始まる「健康・養老塾」 ☆スペシャル 内田達也の 「i-Access Voice Approach」 @東京=日曜日クラス 人間性を高める あり方を高める 生き方を高める 人と人との関係性を高める 医療・福祉・介護のあり方を高める そこに、安心、信頼、尊厳が創りだされます。 医療・福祉・介護などに関わる方にお奨めのスペシャル講座です。 もちろん、一般の方にもお奨めです。 家族の介護や福祉でお悩みの方も一考の価値あり。 内田達也さんのスペシャル講座です。 新板橋クリニックにて、月1回の開催です。 http://www.reservestock.jp/events/125635

      テーマ:
  • 25 May
    • ホームページをマイナーチェンジしました

      私たちには、毎日自分たちに言い聞かせている言葉があります。 ●「口」は 人を励ます言葉や 感謝の言葉を伝えるために 使おう ●「耳」は 人の言葉を 最後まで聴いてあげるために 使おう ●「目」は 人のよいところを 見るために 使おう ●「手足」は 人を助けるために 使おう ●「心」は 人の痛みが わかるために 使おう ● 私たちを 助けてくれる 支えてくれる人たちが してくれることを 今度は 私たちがしよう ●「あたりまえ」と思っていることを 「ありがとう」と思い 相手に 伝えよう 行動しよう 新板橋クリニックのホームページをマイナーチェンジしました。 http://www.si-clinic.jp/

      1
      1
      テーマ:
  • 18 May
    • ぽっくり健康術:血液大観察会@はむたんくらぶ

      「新板橋クリニック」 はむたんクラブ主催 「リセットから始まる健康塾」 ぽっくり健康術の巻 ☆病気にならず(健康に) ☆長生きできる(そんなに長生きしなくてもいいわ・・という方もいらっしゃるかもしれませんが・・) ☆ぽっくり逝ける そんな方法があったらいいですね~ ぽっくり逝ける方法を体験してみませんか? それが・・ぽっくり健康術 ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ☆3ヶ月に1回のスペシャル企画 ぽっくり健康術:「血液大観察会」の 開催がせまってまいりました。 キャンセルで1席余裕ができました。ご興味がある方は、是非、体験されてみてください。 告 「血液大観察会」 第1部:どうやれば、血液環境がきれいになるのか? ☆「コップのしくみ」とリセットの実践 講師:新板橋クリニック 院長 清水公一(しみずこういち) 17時00分~17時10分(10分) 講師 吉原正登(よしはらまさと:血液プロファイラー) ☆ 血液環境と血液観察のお話し ☆ 17時10分~17時25分(15分) 休憩と準備:5分 第2部:血液大観察会 17時30分~20時20分(170分) 場所:新板橋クリニック 日時:5月21日(土曜日)、午後5時00分から午後8時20分まで 定員:26名(時間制) 参加費:2000円 懇親会:お時間のある方は是非参加ください。近くの中華料理屋さんで、20時30分から懇親会を開催します。 申し込み方法: 5月21日の血液観察会に参加希望と明記。 参加者名 人数 ご住所 電話番号 を記入の上、 清水公一までメールください。 Mail: koichishimizu2012@gmail.com ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      2
      1
      テーマ:
  • 08 May
    • がんばれ!! たにた くん 47日目

      「がんばれ たにた くん 」 第47回 こんにちは。 クリニックの 経営コンサルタント を してくださっている 「 たにた くん」 今日の「たにた くん」は・・・・ 「93.0kg」(マイナス4.8kg) 今日のコップの状態は、 「多いときは、7割、少ないときは、4割」 ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 第47日目 身長:179.5cm 体重:93.0kg Kg (スタートは97.8kg) スタートから マイナス 4.8 kg 減量 朝食:7時30分 AM 焼き魚、味噌汁、漬けもの 昼食:12時00分 PM とんかつ、味噌汁 夕食:なし 運動:スクワット100回、フロントプランク 1分X4セット ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ☆コップの予想 今日は、コンサルの訪問・面談が1件、事務仕事がさほどではありません。急ぎの案件がないので、かなり余裕があります。早めに帰宅できそうです。意識して、こまめにコップの状態をチェックしてリセットできそうです。なんとか、コップが5割をこえないように制御できるように努力してみます。 ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ☆先輩からのアドバイス コップの中の「緊張」と「感情」が、5割をこないように制御できるようになると、かなりの進歩です。「習慣」→「工夫」→「実践」→「経験」の積み重ねです。 がんばれ、「たにた くん」

      1
      テーマ:
  • 01 May
    • しっていそうで しらない はなし その4 「ストレス(続き)」

      しっていそうで、しらない話 その4 Q: ストレスってなんですか? A:ストレスは「情報」です 解説: 医療の現場でも、日常でも、よく耳にするのが、「ストレス」です。けれども、ストレスという言葉は頻繁に耳にしますが、ストレスの厳密な定義がありませんでした。 ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 脳科学や認知科学の進歩で、ストレスの本態は、「情報」であることが明らかになりました。 それでは、情報とは? 私たちが「5感覚」を通して認識しているもの全てが情報です。視覚・聴覚・体感覚(触覚)・味覚・嗅覚などから情報が脳に伝達されます。脳では、それらの情報を処理して、脳内に情報空間を再構成します。その情報空間を、私たちは現実として認識しています。このように「5感覚」を通して、脳内にインプットされてくる情報が、すべてストレスと定義されます。 現代人の生活は、情報が氾濫しています。一説には、江戸時代の日本人が生涯を通して認識する情報量を、現代人はわずか1ヶ月で認識するといわれています。それぐらい、現代人は情報過多すなわちストレス過多の状態で生活をしています。 また、ストレスを、別の切り口(視点)で捉えると、「緊張」と「感情」になります。なぜならば、脳が情報を処理して認識すると、必ず、感情が生まれます。「快」あるいは「不快」に相当する感情がうまれ、そこから、緊張が生まれます。 それでは、「情報過多」あるいは、「緊張過多」「感情過多」になると、どんな不都合が生じてくるのでしょうか? ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 本日の結論 ストレスの本質(本態)は、「情報」です。あるいは、「緊張」や「感情」です。現代人は、情報が氾濫している社会で生活しているため、常に「情報過多」となっています。現代生活そのものが、ストレス過多の生活です。 つづく

      1
      2
      テーマ:
    • がんばれ!! たにた くん 46日目

      「がんばれ たにた くん 」 第46回 こんにちは。 クリニックの 経営コンサルタント を してくださっている 「 たにた くん」 今日の「たにた くん」は・・・・ 「93.4kg」(マイナス4.4kg) 今日のコップの状態は、 「多いときは、8割、少ないときは、6割」 ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 第46日目 身長:179.5cm 体重:93.4kg Kg (スタートは97.8kg) スタートから マイナス 4.4 kg 減量 朝食:7時30分 AM サラダ、卵スープ 昼食:なし 夕食:8時30分 PM 豆腐料理 運動:スクワット100回、フロントプランク 1分X4セット ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ☆コップの予想 今日は、コンサルの訪問・面談が2件、引き続き事務仕事がたてこんでいるので、帰りが遅くなりそう。あまり、余裕がありません。意識して、コップの状態をチェックしてリセットしてみます。なんとか、制御できるように努力してみます。 ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ☆先輩からのアドバイス 忙しいときほど、意識して、コップの状態をチェックしてリセットする工夫をしてみましょう。「習慣」→「実践」→「工夫」→「経験」です。コップがあふれないように制御するために、どんな工夫を考えつきますか? がんばれ、「たにた くん」

      テーマ:
  • 29 Apr
    • ぽっくりいくこつ

      「ぽっくりいくこつ」 「ぽっくりいくこつはありませんか?」 外来で、高齢の患者さんから尋ねられたら、以前は、「そうですね・・。そんなこつがあったら、いいですよね・・。食事とか運動とか、いろいろ言いますよね。ぼくも、そんなこつがあったら、やりたいですね。わかったら、お教えしますね」 そんな、やりとりが、普通でした。 ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ いろいろな「手段」があるでしょう。 座禅 断食 食事療法 玄米菜食 マクロビ ヨガ たまねぎ 健康グッズ などなど ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 往診をしているAさんの口癖があります Aさんは、進行食道がんで、口から食事や水分がとれません 胃ろうから、栄養食や水分を注入しています ご自分で、準備をして、注入 毎朝、5時には起床して、シャッターをあけ、窓をあけ、掃除をして、日常の日課を、規則正しく、きちんきちんと、されます 「心配をしたってしょうがないんだよ。なるようにしかならない」 「今できることを、きちんきちんと、するだけだよ」 「今できることを、毎日、毎日、やっていくだけだよ」 「あとは、病気が進んだら、体が弱って、死ぬんだよ」 「人間、からなず、死ぬんだから、それまで、やれることを、精一杯、毎日、やるだけだよ」 ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 往診している、胃がんで終末期のBさん Bさんは、目がほとんどみえません 認知症のため、短期記憶が失われています。すぐ前のことを覚えていません。 「ああ、幸せ・・」 「先生、どちらから来たの?」 「あら、随分遠くから」 「手が冷たいわね」 「ああ、この手が気持ちよくて・・・」 「それでは、もう寝ます。お休みなさい・・」 にこにこしています。 いつ往診しても、その会話を繰り返します。 ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ぼくは、思うのです。 手段ももちろん大切。 病気にならない 長生きできる ぽっくりいける けれども、 多くの方から教えていただいたこと それは こんな合い言葉 「まあ、こんなもんだ(ね)」 「今、できることを、きちんきちんとやる」 「これで、いいのだ(ね)」 「しょうがないな(わね)」 ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 最近は、こんな会話が増えてきました。 相手:「ぽっくりいくこつはないかしら?」 一緒に声をあわせます。 不安になったり、心配になったり、以前のようにできなくなったり、思うようにいかなくなったり、どこか、調子が悪いときに 「まあ、こんなもんね」 「しょうがないわ」 「これで、いいのね」 そして、今、できることを、毎日、きちんきちんと続ける ぼくは、思うのです。 手段や検査や薬に頼らず(それだけでなく)、意を健やかにすれば、ぽっくりのこつが観えてくると。 そして、 意を健やかに、一緒にやっていくのが、よりそっていくのが、支えて行くのが、医療であり、家族であり、地域やコミュニティーだと。 みんなで、ぽっくりいかれるのが これからの医療・社会。健康(長寿)医療・社会。

      テーマ:
    • ぽっくりいかしてくれる?

      「ぽっくりいかしてくれる?」 毎日の外来で、決まり文句があります。 地域の高齢者(失礼)の方とぼくの間にかわされる、日常の会話 それは・・ 相手A:「長患いはいやだわ・・。寝たきりになって生きたくないわ。人に迷惑をかけて生きたくないわ。ぽっくりいきたいわ。ぽっくりいかないかしら?ぽっくりいかせてね。先生?」 ぼく:「わかりました。ぽっくりいかれるように、一緒にやっていきましょう」 これが、合(愛?)言葉です。 ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ぼくは思うのです。 人は、健康でありたいと願います。 人は、長生きしたいと願います。 でも、 長生きして高齢になってくると ぽっくりいきたいと 願うようになります。 長患いを願う人、寝たきりになることを願う人はいません(例外はあるかもしれませんが・・) それでは、 Q: なぜ、ぽっくりいけないのでしょうか? いろいろな理由があります。 ぼくは思うのです。 病気や異常がみつかると、対処を検討しないといけなくなります。対処したくなります。対処をしないと不安になります。そして、病気や異常を見つけて(創って?)、対処をするのが、病院・現代医療のミッションです。けれども、問題に対処して、問題を先のばしにするのが、現代医療なので、以前にはもどりません。次ぎから次ぎへと、病気や異常が見つかり、対処をくりかえしていきます。 高齢者の方は、この繰り返しの中で、長患いしていきます。寝たきりになっていきます。 これでは、ぽっくりいけるはずがありません。 ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ こんな80代の方がおられました。 相手B: 「今まで何ともなかったのよ、先生。なのに、先日、通知がきたから、お達者検診というのを受けてきたの。そうしたら、あちらが悪い、こちらが悪い、採血の数値が悪いとかいわれて、あっという間に、何種類も薬をのまなきゃいけなくなったの。なんともなかったのに、いきなり病人よ」 病気長寿医療 それが、現代医療かもしれません。 ぼくは思うのです。 ぽっくりいかれるこつは 高齢になって 長患いしたくない 寝たきりになって人に迷惑をかけたくない ぽっくりいきたい と思うようになったら、 病院にいかないこと 病院にいかない→ぽっくりいかれる かならずしもそうはならないこともあります。 そこで、 ぼくは思います。 ぽっくり外来があってもいいな。 病気にならない 長生きできる ぽっくりいける ぽっくり外来 健康のしくみを学んで 「習慣」「工夫」「経験」しながら 一緒にやっていく外来 健康や病を制御して 長生きできる ぽっくりいかれる そんな「ぽっくり外来」を はじめてみようと思う最近です。

      テーマ:
    • 病気にならず 長生きできる ぽっくりいける 「お達者気功」のご案内です。

      リセットから始まる健康塾@はむたんくらぶ 病気にならず 長生きできる ぽっくりいける 「お達者気功」 伝説の気功家 中健次郎先生と共に学ぶ教室です。 初心者の方でも簡単 わかりやすいから続けられます 800年以上続く真言宗の古寺 金剛院で ゆったりと過ごしながら 健康と長寿のために 毎日実践できる気功術を体験してみませんか? お待ちしています。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 質問:「気功」って何? 答え: 自然のエネルギーを人体にとりいれるのが、「気功」です 心が静まって、内なるエネルギーがわいてきます 長生きとは、長い息のことです いやなことがあっても、いつまでもこだわらない 幼子のように、今をいきる 足を知る まあ、こんなもんね しょうがないわね これでいいのね 意を清めれば、病気になりません。 病気にならず、長生きできる、ぽっくりいける 「気功」は、そのための練習方法です。 ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ☆ポイントは下記です 1、 午前と午後の1日レッスンで、「気功」を学べます 2、 午前あるいは午後のみの参加も可能です 3、 伝説の気功家 中 健次郎 先生と学べます 4、 参加費は、午前の部¥4000、午後の部¥4000です。 ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 開催要項: ☆期日:7月10日(日曜日) ☆テーマ:病気にならない 長生きできる ぽっくりいける「お達者気功」 ☆参加人数:定員25名程度 ☆参加費:午前の部¥4000、午後の部¥4000(昼食代は別途) ☆場所:真言宗豊山派金剛院 蓮華堂2階 西武池袋線椎名町駅そば ☆集合時間:9時30分 ☆集合・解散場所:金剛院 蓮華堂2階 ☆持ち物:うごきやすい格好の上下、タオル、汗かきの方は下着の替えなど。合間の休憩時に食べられるお菓子などあると助かります。 ☆時間割:下記になります(だいたいの目安です) 7月10日(日曜日) 集合時間:9時30分 午前の部 10時00分~12時30分 講習(1) 12時30分~14時00分 昼食・休憩 午後の部 14時00分~16時30分 講習(2) 17時00分 解散 ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ☆参加をご希望の方は、 氏名 ご住所 携帯番号 Email をご記入になって はむたんくらぶ 事務局 hamutan.club@gmail.com まで、お申し込みください。 または 03-5248-5785 まで、FAXにてお申し込みください。 ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ それでは、7月10日、皆さまとお会いしますことを楽しみにしております。 いつもありがとうございます。 感謝いたします。 院長 清水 公一 新板橋クリニック 173-0004 東京都板橋区板橋4-4-4 セレブ新板橋ビル1階 TEL 03-5248-5715 FAX 03-5248-5785

      テーマ:
    • リセットから始まる健康塾@はむたんくらぶ:愛と歓びに満ちる気功「拝仏功」のご案内

      愛と歓びに満ちる気功「拝仏功」 伝説の気功家 中健次郎先生と共に学ぶ教室です。 初心者の方でも簡単 わかりやすいから続けられます 中健次郎先生のご自宅兼道場でもある 「かまへんむら」で ゆったりと過ごしながら 愛と歓びにみちる時間 是非、体験されてください。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ Q「拝仏功」のルーツは? A 拝仏功はいつ頃かは分かりませんが、少林寺の僧が北京に来た時に一般大衆に伝えたらしいです。 ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ☆ポイントは下記です 1、 1日レッスンで、拝仏功を学ぶことができます 2、 お昼は、お弁当をお取り寄せします 3、 中先生ご夫妻が指導してくださいます 4、 参加費はお一人様、¥10000(予定:お弁当代こみ)となります(交通費は別途) ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 開催要項: ☆期日:6月12日(日曜日) ☆テーマ:「愛と歓びに満ちる気功:拝仏功」 ☆参加人数:定員25名程度 ☆場所:湯河原、かまへん村、中先生のご自宅兼道場 ☆参加費:¥ 10,000 予定(お弁当代含む) ☆集合時間:9時30分 ☆集合・解散場所:中先生のご自宅兼道場 (湯河原駅からタクシーで約10分です。運転手さんに中先生のご自宅まで、といっていだくと大丈夫です) ☆持ち物:うごきやすい格好の上下、タオル、汗かきの方は下着の替えなど。合間の休憩時に食べられるお菓子などあると助かります。 ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ☆時間割:下記になります(だいたいの目安です) 6月12日(日曜日) 集合時間:9時30分 10時00分~13時00分 講習(1) 13時00分~14時30分 昼食・休憩(中先生を囲んでの昼食) 14時30分~17時30分 講習(2) 18時00分 解散 ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ☆参加をご希望の方は、 氏名 ご住所 携帯番号 Email をご記入になって はむたんくらぶ 事務局 hamutan.club@gmail.com まで、お申し込みください。 または 03-5248-5785 まで、FAXにてお申し込みください。 ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ それでは、6月12日、皆さまとお会いしますことを楽しみにしております。 いつもありがとうございます。 感謝いたします。 院長 清水 公一 新板橋クリニック 173-0004 東京都板橋区板橋4-4-4 セレブ新板橋ビル1階 TEL 03-5248-5715 FAX 03-5248-5785

      テーマ:
    • リセットから始まる健康塾@はむたんくらぶ:糖尿病教室のご案内

      おはようございます。 すがすがしい、春の朝が広がっています。いよいよ、世間では、長いGWに突入してまいりました。 皆様おかれましては、いかがお過ごしになられるでしょうか? 今日は、糖尿病勉強会の案内です。 かれこれ、2年以上開催している、恒例の糖尿病勉強会。内容もだんだんと進化・発展しています。 そして、たくさんの仲間も増えてまいりました。 新しい健康を まず自分から そして、ひとりからみんなへ NEW WORLD NEW LIFE NEW HEALTH リセットから始まる健康塾@はむたんくらぶ ぜひ みんなで、楽しみながら、新しい健康を創っていきましょう。 新しい健康は まず 始めること そして 「習慣」 「工夫」 「経験」 その、積み重ねですね。

      テーマ:
  • 15 Apr
    • はむたんくらぶ 主催 「リセットから始まる健康塾」 明日 開催します

      「新板橋クリニック」 はむたんくらぶ 主催 リセットから始まる健康塾 「リセット体操を習慣化して、免許証を手に入れよう」 ☆開催せまる 皆さま こんばんは 健康塾のご案内です。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ Q: あなたは、コップのしくみを制御しながら、生活していますか? A: え?なんのしくみですか?そんなのしりません・・ コップのしくみは、健康や病気・病を創り出すしくみです。すべての人は、例外なく、コップのしくみをもって、生まれてきます。つまり、コップのしくみを制御できないと、健康や病気・病もコントロールできないのです。 コップのしくみを制御する方法が、リセットです。リセット体操を習慣化して、あなたも、コップのしくみの免許証を手にいれましょう。 告 ☆はむたんくらぶ 主催「リセットから始まる健康塾」 ☆リセット体操を習慣化して、免許証を手に入れよう ☆ 4月16日(土曜日) ☆開場・受付:午後5時30分から ☆勉強会:午後6時00分~午後8時30分 ☆ 場所:金剛院 蓮華堂 2階 ☆ 第1部:「リセット体操でコップのしくみを制御する」 午後6時00分~午後7時00分(60分) 講師: 清水 公一(新板橋クリニック 院長) 親子で一緒に、子供から大人まで、心身の不調を抱えるかた、医療の現場や介護の現場で働く方など、誰でも対象となる体操です。心身の不調を改善したい、健康になる方法をしりたい、など自分自身の健康力を高めながら、家族や職場や医療・介護の現場の健康を創っていく体操です。年齢を問わず御参加ください。 ☆ 第2部:「健康・養生力をアップするリセット体操」 午後7時10分~午後8時30分(80分) 講師:清水 真 (しみず まこと) 日本スポーツインストラクター協会マスターインストラクター、姿勢教育指導士、一般社団法人姿勢道普及協会理事長 姿勢をリセットすることで、健康が生まれます。頭痛・肩こり・腰痛・ダイエット・疲れ目・慢性疼痛などに有効な体操です。医療者・介護者、親子・ご家族で一緒にできる体操です。年齢を問わず、御参加ください。 終了:午後8時30分予定 ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 場所:金剛院 蓮華堂 2F 日時:4月16日(土曜日) 開場・受付:午後5時30分~午後5時50分 勉強会:午後6時00分~午後8時30分 定員:30名(先着順) 参加費:無料 準備するもの:動きやすい服装、タオル、ヨガマット、飲み物、筆記用具、ノートなど 申し込み方法: はむたんくらぶ 主催 リセットから始まる健康塾 4月16日参加希望と明記。 参加者名: 人数: ご住所: 電話番号: を記入の上、新板橋クリニックまでFAXでお申し込みください。 FAX:03-5248-5785

      1
      テーマ:
  • 14 Apr
    • しっていそうで しらない はなし その3 「健康」

      しっていそうで、しらない話 その3 Q: 「健康」とは? A: 2つの視点で定義することが可能です。「健康」は「状態」であると同時に「しくみ」です。 解説: 「健康」とは? その定義は、簡単ではありません。 WHOは、下記のように定義しています。 Health is a state of complete physical, mental and social well-being and not merely the absence of disease or infirmity. 健康とは、病気ではないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが 満たされている(と主観的に思える)状態にあることをいいます。 その通りともいえますし、なんとも漠然としています。 社会や医療として「健康」を論じるのであれば、「健康」の定義が必要です。 ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ひとつ目の視点では、「健康」を「状態」として捉えます。WHOの定義にも記載されているように、ある特定の状態を、主観的に「健康」と定義します(自分が健康であると思える理想の状態)。 すると、どこからどこまでの状態が「健康」で、どこからは「不健康(病気・病)の状態になるのでしょうか?境界線が必要になります。けれども、境界線をひくのは容易ではありません。ひとつの方法が、採血で基準値を設けて、基準値内は健康、基準値外は、不健康(病気・病)と分ける方法があります。 また、主観的に捉えた状態が「健康」なので、「健康」というゴールが一定しません。自分が健康であると思える理想の状態=健康とゴールを定めることが多いので、現在は不健康になります。そのため、永久に健康を追い求めることになります。理想と現実のギャップは、永遠に埋まりませんので、理想の健康を追い求めて、いろいろな手段・方法を模索します。 健康を状態として捉えると、理想の状態に到達するため、現在の状態を変化させないといけなくなります。 社会や医療は、通常、健康をこのように認識しています。 病院では、治療(投薬など)によって介入することで、検査値を基準値にもどすことは可能です。けれども、主観的な理想の状態にする介入手段はもっていません。つまり、20世紀の医療者は、病気を見る専門家であっても、健康を観る・創る専門家ではありません。 ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ふたつめの視点では、「健康」を「しくみ」として捉えます。 理想の状態あるいは、理想ではない状態 健康な状態、不健康(病気・病)な状態 を創り出すしくみがあります(それをコップのしくみと呼びます)。 コップのしくみとは? 体と心には境界線がありません(境界線をひけません)。そして、人には、体と心があります。そこで、体(観察・測定可能)と心(観察・測定不可能)を念頭におき、人をコップとイメージします。そのコップの中には、見えるもの(観察・測定可能)が蓄積したり、見えないもの(観察・測定不可能)が蓄積します。コップに蓄積して増え続けると、コップから、見えるものや見えないものがあふれます。あふれてしまうと、必ず、病気になったり、心身の不調が顕現化してきます。「あふれた状態」が不健康の状態です。コップの中が「からっぽ(リセットされている)の状態は、健康な状態です。蓄積している状態は、「未病」の状態です。 健康や不健康な状態を創り出すコップのしくみを制御する(リセットする) コップのしくみを制御する「制御力」 コップのしくみを制御する「リセット力」 制御力やリセット力が、しくみから捉えた「健康」です。 制御力やリセット力が高いと、「健康力」が高くなります。 ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 健康を状態として捉えるだけでなく、健康をしくみとして捉える。 制御力・リセット力を健康力と捉え、健康力を高めていく。 制御力・リセット力を高めて、コップのしくみを制御すると、病気・病と呼んでいた状態が消えていく 自ら制御することで、病院を卒業する それが、21世紀の健康・医療になります。

      テーマ:
    • リニューアルのお知らせ

      「新板橋クリニック」 リニューアル! のお知らせ 待合室の椅子を リニューアルいたしました。 コンパクト 色合い シック コントラスト 機能的 そして、 席数が増えました うまれ変わった 待合室 皆さまに愛されて10年 新板橋クリニックの新しいDecade(10年)が始まります。 これからもよろしく御願いいたします。 新板橋クリニック 院長 清水 公一

      テーマ:

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。