Dr. 清水公一 の未来医療を考えるブログ

ブログの説明を入力します。

NEW !
テーマ:

勉強会を紙上再現するシリーズ

 

 

「認識疾患と糖尿病」 第8回

 

 

製薬会社の営業職のみなさんに、ぼくは、質問しました。

 

「検証しましょう」

 

Q: 現在、医学・医療で採用している「体系(システム)」でうまくいっていますか?

 

糖尿病は身体(Body)の病気である」という大前提(公理とよびます)から創られた「体系(システム)」の中で、説明・診断・治療行為を行っています。それは、うまくいっていますか?

 

 

うまくいっていないところは、どんなところでしょうか?

 

 

・  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

営業職の方たちは、おもむろに、いろいろと紙にかきだしました。

 

それでは、訊ねてみましょう。

 

A: 

 

糖尿病が治る人はほとんどいない

 

薬をのんで、血糖値がさがっても、ずっと薬を飲み続けることになる、病院に一生かよわないといけない

 

 

一旦、薬をのんで、血糖値がさがっても、また、数値が悪くなって、薬がどんどんふえていく

 

 

糖尿病の患者さんの数がへらない、むしろ、どんどんふえていく

 

 

薬物療法は、対症療法にすぎない

 

 

合併症になる人が、あまりへらない

 

 

う〜む、いろいろとでてきますね・・・

 

 

つづく

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。