• 18 May
    • ぽっくり健康術:血液大観察会@はむたんくらぶ

      「新板橋クリニック」 はむたんクラブ主催 「リセットから始まる健康塾」 ぽっくり健康術の巻 ☆病気にならず(健康に) ☆長生きできる(そんなに長生きしなくてもいいわ・・という方もいらっしゃるかもしれませんが・・) ☆ぽっくり逝ける そんな方法があったらいいですね~ ぽっくり逝ける方法を体験してみませんか? それが・・ぽっくり健康術 ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ☆3ヶ月に1回のスペシャル企画 ぽっくり健康術:「血液大観察会」の 開催がせまってまいりました。 キャンセルで1席余裕ができました。ご興味がある方は、是非、体験されてみてください。 告 「血液大観察会」 第1部:どうやれば、血液環境がきれいになるのか? ☆「コップのしくみ」とリセットの実践 講師:新板橋クリニック 院長 清水公一(しみずこういち) 17時00分~17時10分(10分) 講師 吉原正登(よしはらまさと:血液プロファイラー) ☆ 血液環境と血液観察のお話し ☆ 17時10分~17時25分(15分) 休憩と準備:5分 第2部:血液大観察会 17時30分~20時20分(170分) 場所:新板橋クリニック 日時:5月21日(土曜日)、午後5時00分から午後8時20分まで 定員:26名(時間制) 参加費:2000円 懇親会:お時間のある方は是非参加ください。近くの中華料理屋さんで、20時30分から懇親会を開催します。 申し込み方法: 5月21日の血液観察会に参加希望と明記。 参加者名 人数 ご住所 電話番号 を記入の上、 清水公一までメールください。 Mail: koichishimizu2012@gmail.com ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      3
      1
      テーマ:
  • 08 May
    • がんばれ!! たにた くん 47日目

      「がんばれ たにた くん 」 第47回 こんにちは。 クリニックの 経営コンサルタント を してくださっている 「 たにた くん」 今日の「たにた くん」は・・・・ 「93.0kg」(マイナス4.8kg) 今日のコップの状態は、 「多いときは、7割、少ないときは、4割」 ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 第47日目 身長:179.5cm 体重:93.0kg Kg (スタートは97.8kg) スタートから マイナス 4.8 kg 減量 朝食:7時30分 AM 焼き魚、味噌汁、漬けもの 昼食:12時00分 PM とんかつ、味噌汁 夕食:なし 運動:スクワット100回、フロントプランク 1分X4セット ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ☆コップの予想 今日は、コンサルの訪問・面談が1件、事務仕事がさほどではありません。急ぎの案件がないので、かなり余裕があります。早めに帰宅できそうです。意識して、こまめにコップの状態をチェックしてリセットできそうです。なんとか、コップが5割をこえないように制御できるように努力してみます。 ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ☆先輩からのアドバイス コップの中の「緊張」と「感情」が、5割をこないように制御できるようになると、かなりの進歩です。「習慣」→「工夫」→「実践」→「経験」の積み重ねです。 がんばれ、「たにた くん」

      1
      テーマ:
  • 01 May
    • しっていそうで しらない はなし その4 「ストレス(続き)」

      しっていそうで、しらない話 その4 Q: ストレスってなんですか? A:ストレスは「情報」です 解説: 医療の現場でも、日常でも、よく耳にするのが、「ストレス」です。けれども、ストレスという言葉は頻繁に耳にしますが、ストレスの厳密な定義がありませんでした。 ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 脳科学や認知科学の進歩で、ストレスの本態は、「情報」であることが明らかになりました。 それでは、情報とは? 私たちが「5感覚」を通して認識しているもの全てが情報です。視覚・聴覚・体感覚(触覚)・味覚・嗅覚などから情報が脳に伝達されます。脳では、それらの情報を処理して、脳内に情報空間を再構成します。その情報空間を、私たちは現実として認識しています。このように「5感覚」を通して、脳内にインプットされてくる情報が、すべてストレスと定義されます。 現代人の生活は、情報が氾濫しています。一説には、江戸時代の日本人が生涯を通して認識する情報量を、現代人はわずか1ヶ月で認識するといわれています。それぐらい、現代人は情報過多すなわちストレス過多の状態で生活をしています。 また、ストレスを、別の切り口(視点)で捉えると、「緊張」と「感情」になります。なぜならば、脳が情報を処理して認識すると、必ず、感情が生まれます。「快」あるいは「不快」に相当する感情がうまれ、そこから、緊張が生まれます。 それでは、「情報過多」あるいは、「緊張過多」「感情過多」になると、どんな不都合が生じてくるのでしょうか? ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 本日の結論 ストレスの本質(本態)は、「情報」です。あるいは、「緊張」や「感情」です。現代人は、情報が氾濫している社会で生活しているため、常に「情報過多」となっています。現代生活そのものが、ストレス過多の生活です。 つづく

      1
      2
      テーマ:
    • がんばれ!! たにた くん 46日目

      「がんばれ たにた くん 」 第46回 こんにちは。 クリニックの 経営コンサルタント を してくださっている 「 たにた くん」 今日の「たにた くん」は・・・・ 「93.4kg」(マイナス4.4kg) 今日のコップの状態は、 「多いときは、8割、少ないときは、6割」 ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 第46日目 身長:179.5cm 体重:93.4kg Kg (スタートは97.8kg) スタートから マイナス 4.4 kg 減量 朝食:7時30分 AM サラダ、卵スープ 昼食:なし 夕食:8時30分 PM 豆腐料理 運動:スクワット100回、フロントプランク 1分X4セット ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ☆コップの予想 今日は、コンサルの訪問・面談が2件、引き続き事務仕事がたてこんでいるので、帰りが遅くなりそう。あまり、余裕がありません。意識して、コップの状態をチェックしてリセットしてみます。なんとか、制御できるように努力してみます。 ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ☆先輩からのアドバイス 忙しいときほど、意識して、コップの状態をチェックしてリセットする工夫をしてみましょう。「習慣」→「実践」→「工夫」→「経験」です。コップがあふれないように制御するために、どんな工夫を考えつきますか? がんばれ、「たにた くん」

      テーマ:
  • 29 Apr
    • ぽっくりいくこつ

      「ぽっくりいくこつ」 「ぽっくりいくこつはありませんか?」 外来で、高齢の患者さんから尋ねられたら、以前は、「そうですね・・。そんなこつがあったら、いいですよね・・。食事とか運動とか、いろいろ言いますよね。ぼくも、そんなこつがあったら、やりたいですね。わかったら、お教えしますね」 そんな、やりとりが、普通でした。 ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ いろいろな「手段」があるでしょう。 座禅 断食 食事療法 玄米菜食 マクロビ ヨガ たまねぎ 健康グッズ などなど ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 往診をしているAさんの口癖があります Aさんは、進行食道がんで、口から食事や水分がとれません 胃ろうから、栄養食や水分を注入しています ご自分で、準備をして、注入 毎朝、5時には起床して、シャッターをあけ、窓をあけ、掃除をして、日常の日課を、規則正しく、きちんきちんと、されます 「心配をしたってしょうがないんだよ。なるようにしかならない」 「今できることを、きちんきちんと、するだけだよ」 「今できることを、毎日、毎日、やっていくだけだよ」 「あとは、病気が進んだら、体が弱って、死ぬんだよ」 「人間、からなず、死ぬんだから、それまで、やれることを、精一杯、毎日、やるだけだよ」 ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 往診している、胃がんで終末期のBさん Bさんは、目がほとんどみえません 認知症のため、短期記憶が失われています。すぐ前のことを覚えていません。 「ああ、幸せ・・」 「先生、どちらから来たの?」 「あら、随分遠くから」 「手が冷たいわね」 「ああ、この手が気持ちよくて・・・」 「それでは、もう寝ます。お休みなさい・・」 にこにこしています。 いつ往診しても、その会話を繰り返します。 ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ぼくは、思うのです。 手段ももちろん大切。 病気にならない 長生きできる ぽっくりいける けれども、 多くの方から教えていただいたこと それは こんな合い言葉 「まあ、こんなもんだ(ね)」 「今、できることを、きちんきちんとやる」 「これで、いいのだ(ね)」 「しょうがないな(わね)」 ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 最近は、こんな会話が増えてきました。 相手:「ぽっくりいくこつはないかしら?」 一緒に声をあわせます。 不安になったり、心配になったり、以前のようにできなくなったり、思うようにいかなくなったり、どこか、調子が悪いときに 「まあ、こんなもんね」 「しょうがないわ」 「これで、いいのね」 そして、今、できることを、毎日、きちんきちんと続ける ぼくは、思うのです。 手段や検査や薬に頼らず(それだけでなく)、意を健やかにすれば、ぽっくりのこつが観えてくると。 そして、 意を健やかに、一緒にやっていくのが、よりそっていくのが、支えて行くのが、医療であり、家族であり、地域やコミュニティーだと。 みんなで、ぽっくりいかれるのが これからの医療・社会。健康(長寿)医療・社会。

      テーマ:
    • ぽっくりいかしてくれる?

      「ぽっくりいかしてくれる?」 毎日の外来で、決まり文句があります。 地域の高齢者(失礼)の方とぼくの間にかわされる、日常の会話 それは・・ 相手A:「長患いはいやだわ・・。寝たきりになって生きたくないわ。人に迷惑をかけて生きたくないわ。ぽっくりいきたいわ。ぽっくりいかないかしら?ぽっくりいかせてね。先生?」 ぼく:「わかりました。ぽっくりいかれるように、一緒にやっていきましょう」 これが、合(愛?)言葉です。 ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ぼくは思うのです。 人は、健康でありたいと願います。 人は、長生きしたいと願います。 でも、 長生きして高齢になってくると ぽっくりいきたいと 願うようになります。 長患いを願う人、寝たきりになることを願う人はいません(例外はあるかもしれませんが・・) それでは、 Q: なぜ、ぽっくりいけないのでしょうか? いろいろな理由があります。 ぼくは思うのです。 病気や異常がみつかると、対処を検討しないといけなくなります。対処したくなります。対処をしないと不安になります。そして、病気や異常を見つけて(創って?)、対処をするのが、病院・現代医療のミッションです。けれども、問題に対処して、問題を先のばしにするのが、現代医療なので、以前にはもどりません。次ぎから次ぎへと、病気や異常が見つかり、対処をくりかえしていきます。 高齢者の方は、この繰り返しの中で、長患いしていきます。寝たきりになっていきます。 これでは、ぽっくりいけるはずがありません。 ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ こんな80代の方がおられました。 相手B: 「今まで何ともなかったのよ、先生。なのに、先日、通知がきたから、お達者検診というのを受けてきたの。そうしたら、あちらが悪い、こちらが悪い、採血の数値が悪いとかいわれて、あっという間に、何種類も薬をのまなきゃいけなくなったの。なんともなかったのに、いきなり病人よ」 病気長寿医療 それが、現代医療かもしれません。 ぼくは思うのです。 ぽっくりいかれるこつは 高齢になって 長患いしたくない 寝たきりになって人に迷惑をかけたくない ぽっくりいきたい と思うようになったら、 病院にいかないこと 病院にいかない→ぽっくりいかれる かならずしもそうはならないこともあります。 そこで、 ぼくは思います。 ぽっくり外来があってもいいな。 病気にならない 長生きできる ぽっくりいける ぽっくり外来 健康のしくみを学んで 「習慣」「工夫」「経験」しながら 一緒にやっていく外来 健康や病を制御して 長生きできる ぽっくりいかれる そんな「ぽっくり外来」を はじめてみようと思う最近です。

      テーマ:
    • 病気にならず 長生きできる ぽっくりいける 「お達者気功」のご案内です。

      リセットから始まる健康塾@はむたんくらぶ 病気にならず 長生きできる ぽっくりいける 「お達者気功」 伝説の気功家 中健次郎先生と共に学ぶ教室です。 初心者の方でも簡単 わかりやすいから続けられます 800年以上続く真言宗の古寺 金剛院で ゆったりと過ごしながら 健康と長寿のために 毎日実践できる気功術を体験してみませんか? お待ちしています。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 質問:「気功」って何? 答え: 自然のエネルギーを人体にとりいれるのが、「気功」です 心が静まって、内なるエネルギーがわいてきます 長生きとは、長い息のことです いやなことがあっても、いつまでもこだわらない 幼子のように、今をいきる 足を知る まあ、こんなもんね しょうがないわね これでいいのね 意を清めれば、病気になりません。 病気にならず、長生きできる、ぽっくりいける 「気功」は、そのための練習方法です。 ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ☆ポイントは下記です 1、 午前と午後の1日レッスンで、「気功」を学べます 2、 午前あるいは午後のみの参加も可能です 3、 伝説の気功家 中 健次郎 先生と学べます 4、 参加費は、午前の部¥4000、午後の部¥4000です。 ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 開催要項: ☆期日:7月10日(日曜日) ☆テーマ:病気にならない 長生きできる ぽっくりいける「お達者気功」 ☆参加人数:定員25名程度 ☆参加費:午前の部¥4000、午後の部¥4000(昼食代は別途) ☆場所:真言宗豊山派金剛院 蓮華堂2階 西武池袋線椎名町駅そば ☆集合時間:9時30分 ☆集合・解散場所:金剛院 蓮華堂2階 ☆持ち物:うごきやすい格好の上下、タオル、汗かきの方は下着の替えなど。合間の休憩時に食べられるお菓子などあると助かります。 ☆時間割:下記になります(だいたいの目安です) 7月10日(日曜日) 集合時間:9時30分 午前の部 10時00分~12時30分 講習(1) 12時30分~14時00分 昼食・休憩 午後の部 14時00分~16時30分 講習(2) 17時00分 解散 ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ☆参加をご希望の方は、 氏名 ご住所 携帯番号 Email をご記入になって はむたんくらぶ 事務局 hamutan.club@gmail.com まで、お申し込みください。 または 03-5248-5785 まで、FAXにてお申し込みください。 ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ それでは、7月10日、皆さまとお会いしますことを楽しみにしております。 いつもありがとうございます。 感謝いたします。 院長 清水 公一 新板橋クリニック 173-0004 東京都板橋区板橋4-4-4 セレブ新板橋ビル1階 TEL 03-5248-5715 FAX 03-5248-5785

      テーマ:
    • リセットから始まる健康塾@はむたんくらぶ:愛と歓びに満ちる気功「拝仏功」のご案内

      愛と歓びに満ちる気功「拝仏功」 伝説の気功家 中健次郎先生と共に学ぶ教室です。 初心者の方でも簡単 わかりやすいから続けられます 中健次郎先生のご自宅兼道場でもある 「かまへんむら」で ゆったりと過ごしながら 愛と歓びにみちる時間 是非、体験されてください。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ Q「拝仏功」のルーツは? A 拝仏功はいつ頃かは分かりませんが、少林寺の僧が北京に来た時に一般大衆に伝えたらしいです。 ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ☆ポイントは下記です 1、 1日レッスンで、拝仏功を学ぶことができます 2、 お昼は、お弁当をお取り寄せします 3、 中先生ご夫妻が指導してくださいます 4、 参加費はお一人様、¥10000(予定:お弁当代こみ)となります(交通費は別途) ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 開催要項: ☆期日:6月12日(日曜日) ☆テーマ:「愛と歓びに満ちる気功:拝仏功」 ☆参加人数:定員25名程度 ☆場所:湯河原、かまへん村、中先生のご自宅兼道場 ☆参加費:¥ 10,000 予定(お弁当代含む) ☆集合時間:9時30分 ☆集合・解散場所:中先生のご自宅兼道場 (湯河原駅からタクシーで約10分です。運転手さんに中先生のご自宅まで、といっていだくと大丈夫です) ☆持ち物:うごきやすい格好の上下、タオル、汗かきの方は下着の替えなど。合間の休憩時に食べられるお菓子などあると助かります。 ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ☆時間割:下記になります(だいたいの目安です) 6月12日(日曜日) 集合時間:9時30分 10時00分~13時00分 講習(1) 13時00分~14時30分 昼食・休憩(中先生を囲んでの昼食) 14時30分~17時30分 講習(2) 18時00分 解散 ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ☆参加をご希望の方は、 氏名 ご住所 携帯番号 Email をご記入になって はむたんくらぶ 事務局 hamutan.club@gmail.com まで、お申し込みください。 または 03-5248-5785 まで、FAXにてお申し込みください。 ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ それでは、6月12日、皆さまとお会いしますことを楽しみにしております。 いつもありがとうございます。 感謝いたします。 院長 清水 公一 新板橋クリニック 173-0004 東京都板橋区板橋4-4-4 セレブ新板橋ビル1階 TEL 03-5248-5715 FAX 03-5248-5785

      テーマ:
    • リセットから始まる健康塾@はむたんくらぶ:糖尿病教室のご案内

      おはようございます。 すがすがしい、春の朝が広がっています。いよいよ、世間では、長いGWに突入してまいりました。 皆様おかれましては、いかがお過ごしになられるでしょうか? 今日は、糖尿病勉強会の案内です。 かれこれ、2年以上開催している、恒例の糖尿病勉強会。内容もだんだんと進化・発展しています。 そして、たくさんの仲間も増えてまいりました。 新しい健康を まず自分から そして、ひとりからみんなへ NEW WORLD NEW LIFE NEW HEALTH リセットから始まる健康塾@はむたんくらぶ ぜひ みんなで、楽しみながら、新しい健康を創っていきましょう。 新しい健康は まず 始めること そして 「習慣」 「工夫」 「経験」 その、積み重ねですね。

      テーマ:
  • 15 Apr
    • はむたんくらぶ 主催 「リセットから始まる健康塾」 明日 開催します

      「新板橋クリニック」 はむたんくらぶ 主催 リセットから始まる健康塾 「リセット体操を習慣化して、免許証を手に入れよう」 ☆開催せまる 皆さま こんばんは 健康塾のご案内です。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ Q: あなたは、コップのしくみを制御しながら、生活していますか? A: え?なんのしくみですか?そんなのしりません・・ コップのしくみは、健康や病気・病を創り出すしくみです。すべての人は、例外なく、コップのしくみをもって、生まれてきます。つまり、コップのしくみを制御できないと、健康や病気・病もコントロールできないのです。 コップのしくみを制御する方法が、リセットです。リセット体操を習慣化して、あなたも、コップのしくみの免許証を手にいれましょう。 告 ☆はむたんくらぶ 主催「リセットから始まる健康塾」 ☆リセット体操を習慣化して、免許証を手に入れよう ☆ 4月16日(土曜日) ☆開場・受付:午後5時30分から ☆勉強会:午後6時00分~午後8時30分 ☆ 場所:金剛院 蓮華堂 2階 ☆ 第1部:「リセット体操でコップのしくみを制御する」 午後6時00分~午後7時00分(60分) 講師: 清水 公一(新板橋クリニック 院長) 親子で一緒に、子供から大人まで、心身の不調を抱えるかた、医療の現場や介護の現場で働く方など、誰でも対象となる体操です。心身の不調を改善したい、健康になる方法をしりたい、など自分自身の健康力を高めながら、家族や職場や医療・介護の現場の健康を創っていく体操です。年齢を問わず御参加ください。 ☆ 第2部:「健康・養生力をアップするリセット体操」 午後7時10分~午後8時30分(80分) 講師:清水 真 (しみず まこと) 日本スポーツインストラクター協会マスターインストラクター、姿勢教育指導士、一般社団法人姿勢道普及協会理事長 姿勢をリセットすることで、健康が生まれます。頭痛・肩こり・腰痛・ダイエット・疲れ目・慢性疼痛などに有効な体操です。医療者・介護者、親子・ご家族で一緒にできる体操です。年齢を問わず、御参加ください。 終了:午後8時30分予定 ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 場所:金剛院 蓮華堂 2F 日時:4月16日(土曜日) 開場・受付:午後5時30分~午後5時50分 勉強会:午後6時00分~午後8時30分 定員:30名(先着順) 参加費:無料 準備するもの:動きやすい服装、タオル、ヨガマット、飲み物、筆記用具、ノートなど 申し込み方法: はむたんくらぶ 主催 リセットから始まる健康塾 4月16日参加希望と明記。 参加者名: 人数: ご住所: 電話番号: を記入の上、新板橋クリニックまでFAXでお申し込みください。 FAX:03-5248-5785

      1
      テーマ:
  • 14 Apr
    • しっていそうで しらない はなし その3 「健康」

      しっていそうで、しらない話 その3 Q: 「健康」とは? A: 2つの視点で定義することが可能です。「健康」は「状態」であると同時に「しくみ」です。 解説: 「健康」とは? その定義は、簡単ではありません。 WHOは、下記のように定義しています。 Health is a state of complete physical, mental and social well-being and not merely the absence of disease or infirmity. 健康とは、病気ではないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが 満たされている(と主観的に思える)状態にあることをいいます。 その通りともいえますし、なんとも漠然としています。 社会や医療として「健康」を論じるのであれば、「健康」の定義が必要です。 ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ひとつ目の視点では、「健康」を「状態」として捉えます。WHOの定義にも記載されているように、ある特定の状態を、主観的に「健康」と定義します(自分が健康であると思える理想の状態)。 すると、どこからどこまでの状態が「健康」で、どこからは「不健康(病気・病)の状態になるのでしょうか?境界線が必要になります。けれども、境界線をひくのは容易ではありません。ひとつの方法が、採血で基準値を設けて、基準値内は健康、基準値外は、不健康(病気・病)と分ける方法があります。 また、主観的に捉えた状態が「健康」なので、「健康」というゴールが一定しません。自分が健康であると思える理想の状態=健康とゴールを定めることが多いので、現在は不健康になります。そのため、永久に健康を追い求めることになります。理想と現実のギャップは、永遠に埋まりませんので、理想の健康を追い求めて、いろいろな手段・方法を模索します。 健康を状態として捉えると、理想の状態に到達するため、現在の状態を変化させないといけなくなります。 社会や医療は、通常、健康をこのように認識しています。 病院では、治療(投薬など)によって介入することで、検査値を基準値にもどすことは可能です。けれども、主観的な理想の状態にする介入手段はもっていません。つまり、20世紀の医療者は、病気を見る専門家であっても、健康を観る・創る専門家ではありません。 ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ふたつめの視点では、「健康」を「しくみ」として捉えます。 理想の状態あるいは、理想ではない状態 健康な状態、不健康(病気・病)な状態 を創り出すしくみがあります(それをコップのしくみと呼びます)。 コップのしくみとは? 体と心には境界線がありません(境界線をひけません)。そして、人には、体と心があります。そこで、体(観察・測定可能)と心(観察・測定不可能)を念頭におき、人をコップとイメージします。そのコップの中には、見えるもの(観察・測定可能)が蓄積したり、見えないもの(観察・測定不可能)が蓄積します。コップに蓄積して増え続けると、コップから、見えるものや見えないものがあふれます。あふれてしまうと、必ず、病気になったり、心身の不調が顕現化してきます。「あふれた状態」が不健康の状態です。コップの中が「からっぽ(リセットされている)の状態は、健康な状態です。蓄積している状態は、「未病」の状態です。 健康や不健康な状態を創り出すコップのしくみを制御する(リセットする) コップのしくみを制御する「制御力」 コップのしくみを制御する「リセット力」 制御力やリセット力が、しくみから捉えた「健康」です。 制御力やリセット力が高いと、「健康力」が高くなります。 ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 健康を状態として捉えるだけでなく、健康をしくみとして捉える。 制御力・リセット力を健康力と捉え、健康力を高めていく。 制御力・リセット力を高めて、コップのしくみを制御すると、病気・病と呼んでいた状態が消えていく 自ら制御することで、病院を卒業する それが、21世紀の健康・医療になります。

      テーマ:
    • リニューアルのお知らせ

      「新板橋クリニック」 リニューアル! のお知らせ 待合室の椅子を リニューアルいたしました。 コンパクト 色合い シック コントラスト 機能的 そして、 席数が増えました うまれ変わった 待合室 皆さまに愛されて10年 新板橋クリニックの新しいDecade(10年)が始まります。 これからもよろしく御願いいたします。 新板橋クリニック 院長 清水 公一

      テーマ:
    • がんばれ!! たにた くん 43日目

      「がんばれ たにた くん」 第43回 「93.4kg」(マイナス4.4kg) 今日のコップの状態は、 「多いときは、7割、少ないときは、4割」 こんにちは。 クリニックの 経営コンサルタント を してくださっている 「 たにた くん」 コップが7割をこえないように 制御できるようになってきました。 なんとなく調子がでてきました。 仕事も余裕でこなしています。 順調です。 がんばれ たにたくん ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 第43日目 身長:179.5cm 体重:93.4kg Kg (スタートは97.8kg) スタートから マイナス 4.4 kg 減量 朝食:なし 昼食:11時20分 AM チキンソテー、魚フライ、スープ 夕食:8時40分 PM 松屋(豚バラ塩焼き、サラダ、味噌汁) 運動:スクワット100回、フロントプランク 1分X4セット ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ Q: ここまでどうですか? A: 週1回の炭水化物摂取をしています。習慣になってきて、楽です。慣れました。仕事が忙しくなると、炭水化物を摂りたくなるのは、変わりませんが、わ~~と食べてしまうことがなくなってきました。また、同じものを食べていても、体重の減り方に違いがあったり、逆に増えたりするのが不思議です。コップのしくみの制御を練習しているので、続けてみます。

      1
      テーマ:
  • 08 Apr
    • がんばれ!! たにた くん 42日目

      「がんばれ たにた くん」 第42回 「たにた くん」: はむたんくらぶ 会員番号 1番 「93.5kg」(マイナス4.3kg) 今日のコップの状態は、 「多いときは、7割、少ないときは、4割」 こんにちは。 クリニックの 経営コンサルタント を してくださっている 「 たにた くん」 コップのしくみの制御を練習中です。 「日常生活」を「車の運転」にたとえてみましょう。 「東京」から「福岡」まで、高速道路を使って、車を運転します。もし、一度も休憩をいれないで、ぶっ続けで、走り続けたらどうなるでしょうか?140kmで走り続けたらどうなるでしょうか?(途中で警察にスピード違反で捕まるかもしれませんが・・笑)。福岡に着いたときには、どうなっているでしょう?くたくたに疲れていませんか?ぐったりしていませんか? コップの中は、「緊張」と「感情」であふれているでしょう。ふきだしているかもしれません。 それでは、どうしますか? 高速道路には、休憩所(サービスエリアやパーキングエリア)があります。意識して、休憩所に入って、休憩をとると、楽になります。しっかり休憩をとると、楽になります。1度より2度、2度より3度と休憩の回数を増やしてあげると楽になります。 それが、リセットです。意識して、チェックをしてあげます。「緊張」や「感情」がどれぐらいコップにたまっているかをチェックします。チェックをしたらリセットします。しっかりとコップにたまっている「緊張」や「感情」を減らしてあげます。すると、コップがあふれなくなります。 コップのしくみを制御できるようになります。 たにた くんは、コップのしくみの制御を練習しています。日常生活や仕事中も、こまめにコップの状態をチェックして、リセットする練習を繰り返して、習慣にしようとしています。 コップの中が、少ないときは、4割 コップの中が、多いときは、7割 コップが7割をこえないように制御できるようになってきました。 がんばれ たにたくん ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 第42日目 身長:179.5cm 体重:93.5kg Kg (スタートは97.8kg) スタートから マイナス 4.3 kg 減量 朝食:なし 昼食:0時20分 PM 豚肉たれ焼き、サラダ、味噌汁 夕食:8時50分PM 松屋(豚バラ塩焼き、サラダ、味噌汁) 運動:スクワット100回、フロントプランク 1分X4セット ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ Q: コップのしくみの練習はどうですか? A: だんだん、仕事中も、意識して、チェックできるようになってきました。チェックしたら、リセットを少しでもするようにしたら、コップの中が7割を越えないようになってきました。すると、体重が減ってきました。不思議です。

      4
      テーマ:
    • GW(ゴールデンウィーク)中の診療について

      2016年 GW(ゴールデンウィーク)中の 診療のご案内です。 4月後半からGW(ゴールデンウィーク)が始まります。 4月29日 金曜日は お休みします。 4月30日 土曜日は、通常通り診療を行います。 5月1日 日曜日から5月5日 木曜日までは、お休みします(5月2日 月曜日は、休診です)。 GW中を除き、カレンダー通りに診療をいたします。 ◆診察時間 月曜日、火曜日、木曜日、金曜日: AM9:30~PM1:00 PM4:00~6:00 土曜日、 : AM9:00~AM12:00 PM2:00~4:00 休診日 :水曜日・日曜日・祝祭日 お問い合わせは、電話 03-5248-5715 http://www.si-clinic.jp/access/access.html#yoyaku

      テーマ:
  • 01 Apr
    • がんばれ!! たにた くん 41日目

      「がんばれ たにた くん」 第41回 はむたんくらぶ 会員番号 1番 「93.8kg」(マイナス4.0kg) 今日のコップの状態は、 「多いときは、8割、少ないときは、4割」 こんにちは。 クリニックの 経営コンサルタント を してくださっている 「 たにた くん」 コップのしくみの制御を練習中です。 今までは、ストレスや疲れがたまり、仕事からの帰りが遅くなると つい、食べたい欲求に負けちゃいました。 食事を注意しているつもりでも、ストレスがあると、体重が増えてしまいました。逆に、結構食べてしまっていると感じるときでも、ストレスがないと、案外、体重が増えませんでした。 今まで、思うように、体重をコントロールできませんでした 今まで、思うように、食事行動をコントロールできませんでした 人間をコップだとすると たにた くんの コップの中に、 「緊張」や「感情」がたまって あふれてくると 心身の不調となって顕れていました あふれてくると 食事行動が制御できなくなっていました コップの中の「緊張」や「感情」があふれないように 制御してあげると 心身の不調や体重、あるいは食事行動がうまくいくようになります。 たにた くんは、日常生活の中で、コップのしくみを制御する練習を積み重ねて、経験をつんでいるところです。 コップの中が、少ないときは、4割 コップの中が、多いときは、8割 はむたんくらぶ 会員番号 1番 たにた くん がんばれ たにたくん ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 第41日目 身長:179.5cm 体重:93.8kg Kg (スタートは97.8kg) スタートから マイナス 4.0 kg 減量 朝食:なし 昼食:0時00分 PM サラダ、豆腐ハンバーグ、ゆで卵 夕食:6時00分PM 焼き鳥各5本、味噌汁、小松菜 運動:スクワット100回、フロントプランク 1分X4セット ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ Q: コップのしくみの練習はどうですか? A: だいぶ習慣になってきました。不思議ですね。なかなか、仕事中に、意識して、コップの状態をチェックしたり、リセットをこまめにするのができないのですが、家にいるときは、しっかりやってます。だんだん、こつがわかってきました。コップの中が6割をこえてくると、無性に甘いものとか食べたくなるのがわかりました。リセット、がんばって、続けてみます。

      5
      テーマ:
    • 新板橋クリニック はむたんくらぶ主催 「健康塾」:リセットを習慣化するお達者体操@金剛院

      「新板橋クリニック」 はむたんくらぶ 主催 リセットから始まる健康塾 「リセットを習慣化するお達者体操」 皆さま こんばんは はむたんくらぶ 主催の勉強会のお知らせです。 Q: どうやったら健康になるのでしょう? 健康だったり 病気・病・心身の不調だったり いろいろな状態を創り出している「しくみ」があります。 「コップのしくみ」といいます もし、健康や病気の状態を創りだしているしくみがあるなら しくみは、練習することができます。 コップのしくみを練習すると、 コップのしくみは、制御できます。 健康や病気・病の状態を制御することができます はむたんくらぶは コップのしくみを知り(Know) コップのしくみを、日々、習慣として練習し(Do) コップの状態と健康・病気・病・心身の状態がつながっていることを観てあげて(Feel) コップを制御して、健康を創りだし、幸せな生き方を創る(I am) くらぶ です。 はむたんくらぶ 主催の 健康塾で コップのしくみを体験しましょう そして、 リセットを始めましょう。 リセットは まず始めること 始めたら、続けること 日常生活の中で、意識して、こまめにすること 経験をつむこと 日常で習慣としてリセットする練習を 一緒に体験してみましょう。 告 ☆はむたんくらぶ 主催「リセットから始まる健康塾」 ☆リセットを習慣化するお達者体操 ☆ 4月16日(土曜日) ☆開場・受付:午後5時30分から ☆勉強会:午後6時00分~午後8時30分 ☆ 場所:金剛院 蓮華堂 2階 ☆ 第1部:「リセットを使ったお達者体操」 午後6時00分~午後7時00分(60分) 講師: 清水 公一(新板橋クリニック 院長) 親子で一緒に、子供から大人まで、心身の不調を抱えるかた、医療の現場や介護の現場で働く方など、誰でも対象となる体操です。心身の不調を改善したい、健康になる方法をしりたい、など自分自身の健康力を高めながら、家族や職場や医療・介護の現場の健康を創っていく体操です。年齢を問わず御参加ください。 ☆ 第2部:「お達者力をアップするリセット体操」 午後7時10分~午後8時30分(80分) 講師:清水 真 (しみず まこと) 日本スポーツインストラクター協会マスターインストラクター、姿勢教育指導士、一般社団法人姿勢道普及協会理事長 姿勢をリセットすることで、健康が生まれます。頭痛・肩こり・腰痛・ダイエット・疲れ目・慢性疼痛などに有効な体操です。医療者・介護者、親子・ご家族で一緒にできる体操です。年齢を問わず、御参加ください。 終了:午後8時30分予定 ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 場所:金剛院 蓮華堂 2F 日時:4月16日(土曜日) 開場・受付:午後5時30分~午後5時50分 勉強会:午後6時00分~午後8時30分 定員:30名(先着順) 参加費:無料 準備するもの:動きやすい服装、タオル、ヨガマット、飲み物、筆記用具、ノートなど 申し込み方法: はむたんくらぶ 主催 リセットから始まる健康塾 4月16日参加希望と明記。 参加者名: 人数: ご住所: 電話番号: を記入の上、新板橋クリニックまでFAXでお申し込みください。 FAX:03-5248-5785

      1
      テーマ:
  • 29 Mar
    • リセットから始まる「健康塾」:5月21日 血液大観察会のお知らせ

      「新板橋クリニック」 はむたんクラブ主催 「リセットから始まる健康塾」 ☆3ヶ月に1回のスペシャル企画 「血液大観察会」の お知らせです。 ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ コップのしくみから 健康のしくみを 体験していく 「リセットから始まる健康塾」 コップのしくみを知る(Know) コップの状態を知る(Know) コップの中をリセットする(Do) そして、 コップの状態と 心身の調子 食生活・生活習慣 血液環境が つながっていることを観る(Feel) 食事を注意する 玄米菜食にする サプリメントを摂る それだけでは、 コップはリセットされません 血液環境も改善しません。 コップのしくみを制御する 練習の成果が あなたの 目の前に ひろがります ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 告 「血液大観察会」 第1部:どうやれば、血液環境がきれいになるのか? ☆「コップのしくみ」とリセットの実践 講師:新板橋クリニック 院長 清水公一(しみずこういち) 17時00分~17時20分(20分) 休憩:10分 第2部: ☆血液大観察会 講師 吉原正登(よしはらまさと:血液プロファイラー) 17時30分~20時20分(170分) 場所:新板橋クリニック 日時:5月21日(土曜日)、午後5時00分から午後8時20分まで 定員:24名(時間制) 参加費:2000円 懇親会:お時間のある方は是非参加ください。近くの中華料理屋さんで、20時30分から懇親会を開催します。 申し込み方法: 5月21日の血液観察会に参加希望と明記。 参加者名 人数 ご住所 電話番号 を記入の上、 清水公一までメールください。 Mail: koichishimizu2012@gmail.com

      3
      テーマ:
    • はむたんくらぶ 主催 「リセットを習慣化するお達者体操」

      「新板橋クリニック」 はむたんくらぶ 主催 リセットから始まる健康塾 「リセットを習慣化するお達者体操」 皆さま こんばんは 開催が近づいてまいりました。 健康を「しくみ」として捉え、 しくみを練習して 習慣化していく 健康塾です。 コップのしくみを制御することを みにつけていく 健康塾です。 健康や病を創り出している 根本のしくみ それが 「コップのしくみ」 です。 さあ、リセットを始めましょう。 リセットは まず始めること 始めたら、続けること 日常生活の中で、意識して、こまめにすること 経験をつむこと 日常で習慣としてリセットする練習を 一緒に体験してみましょう。 告 ☆はむたんくらぶ 主催「リセットから始まる健康塾」 ☆リセットを習慣化するお達者体操 ☆ 4月16日(土曜日) ☆開場・受付:午後5時30分から ☆勉強会:午後6時00分~午後8時30分 ☆ 場所:金剛院 蓮華堂 2階 ☆ 第1部:「リセットを使ったお達者体操」 午後6時00分~午後7時00分(60分) 講師: 清水 公一(新板橋クリニック 院長) 親子で一緒に、子供から大人まで、心身の不調を抱えるかた、医療の現場や介護の現場で働く方など、誰でも対象となる体操です。心身の不調を改善したい、健康になる方法をしりたい、など自分自身の健康力を高めながら、家族や職場や医療・介護の現場の健康を創っていく体操です。年齢を問わず御参加ください。 ☆ 第2部:「お達者力をアップするリセット体操」 午後7時10分~午後8時30分(80分) 講師:清水 真 (しみず まこと) 日本スポーツインストラクター協会マスターインストラクター、姿勢教育指導士、一般社団法人姿勢道普及協会理事長 姿勢をリセットすることで、健康が生まれます。頭痛・肩こり・腰痛・ダイエット・疲れ目・慢性疼痛などに有効な体操です。医療者・介護者、親子・ご家族で一緒にできる体操です。年齢を問わず、御参加ください。 終了:午後8時30分予定 ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 場所:金剛院 蓮華堂 2F 日時:4月16日(土曜日) 開場・受付:午後5時30分~午後5時50分 勉強会:午後6時00分~午後8時30分 定員:30名(先着順) 参加費:無料 準備するもの:動きやすい服装、タオル、ヨガマット、飲み物、筆記用具、ノートなど 申し込み方法: はむたんくらぶ 主催 リセットから始まる健康塾 4月16日参加希望と明記。 参加者名: 人数: ご住所: 電話番号: を記入の上、新板橋クリニックまでFAXでお申し込みください。 FAX:03-5248-5785

      2
      テーマ:
    • がんばれ!! たにた くん 40日目

      「がんばれ たにた くん」 第40 回 「93.9kg」(マイナス3.9kg) 今日のコップの状態は、 「多いときは、8割、少ないときは、5割」 こんにちは。 クリニックの 経営コンサルタント を してくださっている 「 たにた くん」 記念すべき第40回 93kg台に突入しました。 途中 苦しい場面もありました。 炭水化物制限 と コップの中の緊張と感情のリセット 毎日の習慣となるように 繰り返し 繰り返し 練習中です。 コップの状態と 食生活 心身の調子 生活習慣 体重 をつなげて観る 練習です。 がんばれ たにたくん ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 第40日目 身長:179.5cm 体重:93.9kg Kg (スタートは97.8kg) スタートから マイナス 3.9 kg 減量 朝食:3時00分 AM ポップコーン (映画鑑賞しながら) 昼食:なし 夕食:7時00分PM 総菜(野菜炒め、豚肉卵炒め) 運動:スクワット100回、フロントプランク 1分X4セット ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      1
      1
      テーマ:

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。