横浜希望ヶ丘のボックスショップ「クラフトカフェのブログ」(旧キボカフェ)

手作り小物を作るのが、好きで好きでしょうがない人が集まってくるキボカフェでの楽しいひと時をご案内します。


テーマ:


タウンニュース最新号:2013年6月 6日号

住民主体でつくる「たまり場」

 「赤字と悪戦苦闘しながらやってます。でも、地域のたまり場として、存続させたいんですよね」。中希望が丘の手作り雑貨などを販売する「クラフトカフェ・きぼうが丘」(旧キボ・カフェ)の代表・齊藤恒樹さん(66)はそう語る。

クラフトカフェは地域住民らにより運営されており、講座やコンサートなどの催しも行う。昨年7月にはより持続的な活動を目指し、NPO法人を設立した。店番は全てボランティアで、資金源は雑貨とカフェの売上などと寄付。昨年度は約160万円の収入に対し、支出は約170万円。厳しい状況ではあるが、何とか運営を継続させている。

キボ・カフェから発展
 前身のキボ・カフェは、横浜市が2006年度から10年度にかけて行っていた地域活性化を目指す「地域経済元気づくり事業」によるもの。

07年10月に開所したキボ・カフェは、「環境・健康・食育」をテーマに講座やイベントを開き、地域の交流場として役割を担ってきた。市の委託期間は09年3月までだったが、地域の交流場として継続させたいという有志の思いから、その後も助成金に頼らず運営してきた。

 現在、運営委員会は20代から60代の10人。メンバーの品川朋恵さん(36)は2児の母親の視点を生かし、親子が集まれる場をつくりたいと考えている。

「私たちの世代からは少し入りづらいイメージもあったから、まずはそこを改善させたい。子どもと集まれる場は必要」。夏休みには子ども向けのイベント開催を検討しているという。

 キボ・カフェ時代から運営に携わる齊藤さんは「通常の店だったら閉店になってるレベル。でも、趣味を通じて交流できる場は残したい」。安定した運営のため助成金の申請もしているが、店の存続は集客にもかかっている。

今後は季節感のある商品開発や新たな講座開催なども視野に入れているという。たまり場の存続には地域の支えだけでなく、運営側の創意も不可欠だ。

PR
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

地域住民らの手作り雑貨販売などを行う「クラフトカフェ」=中希望が丘=で、3階建の和風旅館のドールハウスが展示されている。


横浜希望ヶ丘のボックスショップ「クラフトカフェのブログ」(旧キボカフェ)



 作者はさちが丘の鈴木明美さん(53)。手芸などが趣味で、バザーへの出店を機にドールハウスの制作を始め、約30年になるという。今回の作品は幅77cm、高さ67cm、奥行き40cmで、自身最大となるドールハウスだ。玄関や客室、浴場などが細部まで再現されており、障子や扉、棚の引き出しなどは可動する仕組みになっている。


 鈴木さんはインターネットでこの和風旅館のドールハウスの販売キットを見つけ、制作を決意。二俣川の理容店で理容師として働いているが、夜の空いた時間で集中して作り、2年半かけて完成させた。ミニチュア世界のドールハウスは1㎜のズレが大きな歪みになるという。そのため、部屋と部屋をくっつける作業に特に苦労したそう。鈴木さんは「細かいところまで動くようにしているので、ぜひいろんな方に見てもらいたい」と話している。

 7月末まで展示予定。詳細はクラフトカフェ【電話】045・364・7383へ。



PR
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

ぽちぽち+です。

裏がタオル地の新しいバージョンのはんかちができました。表もダブルガーゼの面積を多くしたので、これからの季節に活躍するかな、と思います。

他にも麻のばっぐなど納品してきたので、遊びにいらしてくださいね。


はんかち…350円



横浜希望ヶ丘のボックスショップ「クラフトカフェのブログ」(旧キボカフェ)

いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード