2008年07月21日(月)

崖の上のポニョ

テーマ:映画


流行りものですね。


詳細はともかく、感想だけ。


小学校低学年ぐらいの子供がいる 親と それぐらいの年齢の子供 が見るのには いいと思います。


映画 は 大きな絵本 だということを 感じられます。


最近は なんでも CGをつかって、見たことのない 迫力のあるもの = 映画 な風潮があるようですが、わたしの見方でいえばこの映画は、とても映画らしい映画だったと思います。


つっこみどころは満載なんですが、それは大人のつっこみで 単純に 素直に たのしむ事ができる人には おもしろいと思われます。


子供と 子供の目線を知っている大人 以外には 不評かもしれませんね。


養育費とかどうするの? とか 恩は感じないの? とか あれでハッピーエンドなの? と批評してる方は、時間がたってからもう一度見てみてほしい気がします。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2007年04月22日(日)

たまには映画の話でも

テーマ:映画

今日は、ナイトミュージアム  と ゴーストライダー  を みました。


んで、ゴーストライダーの方からなんですが、Maevel(マーベル) といえば もうじき公開の スパイダーマン3 なんかもそうです。


アメコミというのは、アメリカの時代を象徴しているといわれています。 まぁ、日本でいえば 植田まさし でしょうか?(まて


以前は、スーパーマンやバットマンのように、絶対的な正義と力が 悪を滅ぼす というのが お決まりのパターンだったようです。


それが近年、スーパーマンリターンズ あたりでもよくわかあるように、主人公がやたら人間じみています。


今回のゴーストライダーも主人公は悪魔で、自分のルール(正義)を振り回してます。


これは、湾岸戦争に対して、引くに引けなくなったアメリカを表現しているのでは?と思うのです。


治安が一時的にでも安定すれば撤退する理由ができるのに、それを力で抑えようと増兵するもんだから、ますます反発がひどくなる。


日本ではこれを 「 どろぬま 」 と呼ぶようです。


そこに、先日の銃事件などの 横槍的な事件がおこる。


ターゲット変えたいの? という気がするのは、考えすぎですかね?


ゴーストライダーの感想が↑に辿りついてる私は もう 十分におっさん なようです。


んで、もうひとつの ナイトミュージアム。  ジャマンジ みたいなのかな?と思ってました。 これは意外にちびがお気に入りのようです。


まぁ、自信を持って行動しろ ということが言いたいようであるが その根本に 元々(アメリカ人には)高い能力があるんだから、あとは行動だけだ。 というような意図を感じるひねくれものにはゴーストライダーとあまり変わらない感想が残ります。


結婚に対してや、子供の言動などは、最近の日本が模倣しているのがよくわかる。


勝手な評価でいえば、金曜ロードショーレベル ってとこです。

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2006年07月24日(月)

今月の一本目 (遅っ

テーマ:映画

ミッションインポッシブル3 M:i:III

http://www.missionimpossible.com/


mi3


はい、デッドマンドチェストと並ぶ最近の流行ものです。

シリーズ最大級の製作費(1億5000万ドル)を掛けたという代物で、評価面では3作の中で一番良い気がします。


では、いつものやつを


mi3


羊、あぶねぇ・・・ 当たったらどーすんだめぇ~


mi3


あぁ、こんな感じになるんだろうなぁ・・・ 左目が逝ってます。

しかし、鼻からってのが納得いかん。


mi3


ラビッツ・フットって災いから守るとか幸運をもたらすとかいわれているメキシコのうさぎの足の事だよね。

それだけの技術があるなら何も体張らなくてもいいと思うんだが・・・

中身って、ハバネロか何かかな。


mi3


トム・クルーズさん、会見で、

「次回は東京で撮影したい。一晩東京を貸してほしい。」 といったそうですね。
東京は、高いぞ。 大阪にしとけ。 (ニヤリ


近年の007シリーズパターンの、メインの一部を最初に持ってくるシーン割りは、そのつもりで見ている者には、あぁ、そうそう♪だったかと思います。


インポッシブルという名前から、すげーアクションを期待していた人には少しつまらないかもしれないけど、ある程度のリアリティさもあって、個人的にはこれぐらいがいいね。


ある意味、日本の夏っぽい映画だわ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年07月12日(水)

ヒロシの100倍はつらかとです・・・

テーマ:映画

映画


嫌われ松子が映画化されていた。(今頃気が付いたのだが汗


去年ドラマ化していたので知っている人も多いと思うが、『下妻物語』の中島哲也監督が、2003年発表の山田宗樹氏の小説を原作(幻冬舎)として映画化した作品である。


下妻は、伝説の刺繍師 かっちょえぇぇぇ♪ とか、宮迫ハマリすぎぃぃとか、まぁ、好きな邦画の一つなんだが、その中島監督の作品ならば見ねば!ということだったんですが・・・ まだ見れてねぇぇぇ。


近くの映画館は、サイレントヒルだのM.I.Ⅲだので、もう見れない。


DVDレンタルかもーん♪  


公式サイト:http://kiraware.goo.ne.jp/


おまけ:http://kiraware.goo.ne.jp/wp.html  名前入りオリジナル壁紙を作成することができる


人の不幸って、なんでこんなに心がやすらぐんだろう・・・・ (マテマテ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年04月21日(金)

蟹・・・ですか・・・  (追記あり

テーマ:映画

えび

http://www.albatros-film.com/movie/ebi/

えびボクサー



いか


http://www.phantom-film.com/library/site/ika/index.html

いかレスラー



コアラ


http://www.koala-kacho.com/

コアラ課長  (佐紀さんのコメより追記 



んで・・・・



かに

http://www.kani-gk.com/

かにゴールキーパー



横に動いてゴールを守れ!って・・・・


蟹の声ってどんなのだろう・・・と  ぅ、ヤバヒ 釣られてる!?

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006年03月11日(土)

イーオン・フラックスを見た

テーマ:映画

シャーリーズ・セロン、うひょー♪ 藤原紀香に似ている気がするのはおりだけだろうか・・・

まぁ、そんなことはおいといて、相変わらずのつっこみを書いてみる


まずは、これ・・・

イーオン01

シサンドラの足?なんですが、・・・・

いや、普通にきもいって・・・


んで、次がこれ

イーオン03

黒目が大きいと別人みたいだねぇ・・・ って(マテ


んでもって、これは外せない

イーオン04

その左手の意味を激しく知りたい



総評をおじい様より

イーオン05

うむ、マトリクス系を狙っただろ・・・・ バレバレじゃ。

しかーも、動きにキレがない所を編集でごまかすなら、全部ちゃんとやってくれ。

『アニマトリックス』のピーター・チョンが原案・監督・脚本ってことで期待したのだが・・・

日曜洋画劇場行きじゃ!



2005年/アメリカ映画/カラー/シネスコ/上映時間:93分/字幕翻訳:林 完治
配給:ギャガ・コミュニケーションズ Powered by ヒューマックスシネマ/協力:ジェネオン エンタテインメント
サウンドトラック:ジェネオン エンタテインメント/ランブリング・レコーズ
配給:ギャガ・コミニュケーションズ

◇公式サイト

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2006年02月26日(日)

プロミス をみた

テーマ:映画
プロミス 2005年 中国/日本/韓国
真田広之 チャン・ドンゴン セシリア・チャン ニコラス・ツェー リウ・イェ
プロミス01
意味を求めてはいけません。 カンフーハッスル当たりを見るつもりでみたらいいかもです。
一言でいえば、「走る」 映画です。
プロミス03
まぁ、こいつがキーになってたとは思いませんでした。
プロミス04
一番の記憶に残った所の一つは、「饅頭くれぇぇぇぇ」 と 妖精?が必死になってる所(まて
試写会と内容がちがってるのがちと面白かったところです。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2006年02月06日(月)

妖怪大戦争を見た

テーマ:映画

DVDで妖怪大戦争ってのがレンタルしてたのでちと子供と見てみた。


家でのんびり子供と見るには最高である。


妖怪の妖力のせいか、はたまたガスファンヒータのせいか、途中の記憶がないのは置いといてとりあえず少しだけ突っ込みを・・・


一発めぇ 

妖怪01

はい、真似しませんから・・・ てか出来るならやって見たいのですが・・・


二発めぇ

妖怪02

小豆は世界を救うが、先物取引には気をつけよう (byじいちゃん


つっこみどころは満載で、てか突っ込む為につくられているのでは?と思うのは吉本興行の影響かねぇ。


子供は喜んでいたので○としておこう。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2006年01月11日(水)

キング・コング リメイク版 -king.kong- の感想

テーマ:映画

キングコング01

一言でいえば、「凝りすぎでやりたい放題」


ジャクソン監督をはじめとして、1933年産声をあげたキング・コングという古典が好きで好きでたまらない人が作りましたというオーラがでまくってます。


又、15分に1度くらいはオリジナル版からの引用やパロディーが含まれており、熱狂的なファン仕様かと。


そして、この映画の最大の問題点は、主役3人がびっくりするほど強靭で、君らは「ジェダイ」か「サイヤ人」だろ?と言わずにはいられない点だ。


キングコング02


ま、私の感想は ↑のシーンを見る頃には長すぎて体が痛かったという事だろうか。

この腰痛は「タイタニック」以来だな。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年10月31日(月)

チャーリーとチョコレート工場を見た

テーマ:映画

この映画「チャーリーとチョコレート工場」には「Charlie and the Chocolate Factory 」という原作があり、世界で1300万部を売り上げている超ロング、ロング・ベストセラーらしい。
本国イギリスでは、ハリー・ポッター、指輪物語に次いで3番目に子どもの好きな本でもあるらしい。
児童書なので英語圏の小学生が読むレベル。

日本語版は「チョコレート工場の秘密 」というタイトルで出版されている。


んで、人の話を聞くと、みんな評価は非常に良いのだが・・・・


忘れてませんか?


チョコレート

こやつ  のGETしたゴールドチケットは・・・・・・


そう。


拾った お金で買ったもの。


つまり


ネコババ したお金で買ったもの。


つまり つまり


貧乏だったら、道徳は放置でおk?


その事には触れてはいけないのが、大人ってもんだろうな。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。