ピンク色の通天閣

テーマ:

だんだんと暖かい日が増えてきました。晴れ

桜**4月は目の前ですが、何かとバタバタしている毎日です。

昨夜、同業組合とは何か?何が求められているのか?ということをつくづく考えさせられました。

世代が違うと価値観も大きく変わり、捉え方も違います。

その役割も時代と共に変わってきているとも思いますが、従来型のニーズに応える形のままでは、新しいニーズに応え切れないし・・・

今の社会の縮図のようにも感じました。

自分の役割は、明確で、それ以上もそれ以下でもないというのが現状です。

嘗ては、周りの思考や流れに左右されることが多かったですが、今は常に印章の本義に照らし合わして、それに必要か不必要かで、その価値判断の基準としています。

その価値判断から必要な事は、自ら立ち向かうようにしているのですが、そうでないものには関わらないようにもしています。

そうでないものに関わると、必要なるものの価値を失くしてしまうことに繋がるからです。

ごちゃまぜの上にそれ相当の厚い化粧を施されていると、真実が見えなくなることもしばしばでしたが、昨夜はどうもピンク色の通天閣に守られたようです。

 

3月も残りわずかですが、どうしようもないことは仕方がないとしても、自分のすべきことは、やり切らないと新年度が始まります。

ピンクピンク色の通天閣通天閣も綺麗ですが、4月には見事な桜の開花桜を眺めていたいものです。

 

 

AD