Art de Vivre a Matsumoto

東京を離れて暮らし始めた松本で。子育てのこと、仕事のこと、日々のこと、そして歌のことなど。

私自身にとって貴重な育児記録となりつつあるこのブログ。
最近は子どもと一緒にやいのやいのと言いながら、昔の日記を振り返っています。
8月24日 長野県原村にある八ヶ岳美術館で開かれた恐竜の復元画ワークショップに息子と参加しました。

恐竜大好きっ子たちが大集合。東京や静岡など遠方から駆け付けた親子もいたようです。

実は私たち親子は、前日に申し込んだところすでに満席で、キャンセル待ちでした。いつものことながら母の認識甘し~。

講師の復元画家、小田隆さんの作品展示もあるので、とりあえずは行ってみようとうちから約1時間のドライブを楽しみながらお昼前に到着。標高1300mの森は涼しく、せっかく虫採り網を持ってきてもクワガタさんはいないようでした。
photo:02



ワークショップはキャンセルした人がいたのかいなかったのかわからないけど、ギリギリ開始前に席が用意できるからと私たちも急遽参加できることになりました。やはり、あきらめずに現地まで行ってみるものだね。感謝感謝。

まずはティラノサウルスの頭骨イラストを丁寧なトレースすることから始める。息子、トレースは初めての経験で、しかも骨の一つひとつまで細かく写し取らねばならないので、この作業にかなりのエネルギーを使ったようです。
photo:01


次に、トレースした頭骨に筋肉や目鼻耳を位置を確かめながら描き込みます。正確な骨格に目鼻を正しく置くだけで、いつものお絵描きよりかなりリアルなティラノサウルスに!これには目から鱗が落ちました。
photo:03


後は思い思いに鱗や羽毛を描いたり、色をつけたりして自分だけの復元画が完成。こちらは先生がホワイトボードに描いたもの。
photo:04


最後は好きな恐竜の絵とサインをもらい、子供たちと先生の恐竜談義。ちびっ子恐竜博士たちが得意気に知識を披露する様子、可愛いかったな。
photo:05


長野県では初めての開催だったそうですが、実にいいワークショップでした。またやってくれるといいなぁ。八ヶ岳美術館の館長さん、よろしくお願いします。

http://www.lcv.ne.jp/~yatsubi1/menu/index.htm
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

子供会の恒例行事、松本城天守閣床磨きに初参加してきた。土曜日の早起きは辛い~と母の私の覚悟がなかなかできずにいたけど、行ってよかったが結論。

床や柱を胡桃の粉の入った布袋でクルクル磨くといい具合に照りがでる。最初は渋々ついてきた子供たちもお友達とおしゃべりしながら、珍しい体験を楽しんでいました。

photo:01





iPhoneからの投稿
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
朝日村にあるカフェシュトラッセ さんという素敵な珈琲屋さんで息子がバタートーストを注文。
厚切りで見るからに美味しそうなので、ひと口もらったところ、ほっぺたが落ちるかと思った。
外側はカリッとしていながら、全体的にもっちり食べ応えのある生地。うまー、そして絶句。
マスターに聞いてみたら、澤田さんというパン職人がホシノ天然酵母で特別に焼いている山型食パンらしい。
さっそくその足で澤田さんのパン屋さんに行くも、お目当てのパンは売り切れ。というか、そのパンは予約制で焼いているものだそうだ。代わりに普通の食パンやバタールなどを買って帰った。
今夜はバタールを食べてみたが、期待を裏切らない、いや期待以上の味。これよこれ~、噛みしめるほどに味があるこのフランスパンが食べたかった~とわいのわいの言いながら。子どもたちも黙々と食べていた。

それにしても、あのトースト。食べた瞬間、懐かしい味だなあと感じて、ようやく思い出したのが、パルシステムのこだわり酵母食パン 。松本に越してからはパルシステムではない生協に入っているので、すっかり忘れていたが、今日あの味が一気に蘇った。気になって調べるとやっぱりホシノ酵母だった‼

あの味を気軽に手頃に家庭で食べられるなんて、パルシステムすご!と今更ながら思うのでした。
パルシステムの長野進出を心より願いつつ(山梨までは来てるのだ…)。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


息子にとって保育園最後となる今年の運動会が終わった。


当日は申し分ない青空と高い空。

Art de Vivre a Matsumoto

この空の下、息子は駆け、踊り、歌い、
いつになく自信に溢れているように見えた。

竹馬。
練習を始める気になるまでにずいぶんと時間がかかり
いつになったら始めるかな~と思っていたが、
やり出したら、上達は早かった。スロースターターはここでも顕在。

Art de Vivre a Matsumoto

最後はこんな高い竹馬に乗るほどやる気を見せて
自由自在に操れるまでに。よくやった!



東北の郷土芸能、「荒馬踊り」。
太鼓とお囃子に合わせて、ラッセラーの掛け声とともに荒馬のごとく飛び跳ねる。
毎年、年長さんのこの出し物が、運動会一番の見せ場で、
これまで「うちの子もいずれはこんなことができるようになるのか?」と遠い目で見ていたっけ。
その荒馬を、息子がしっかりした足取りでイキイキと踊っているんですから、
親馬鹿ですとも、うるるっときちまいましたよ。

Art de Vivre a Matsumoto

おそろいの黒いTシャツと赤い荒馬のコントラストが決まってる。
年長さんはやっぱりすごかった。息子もえらかった。



年中の娘はちなみにこんな感じ。

Art de Vivre a Matsumoto

髪を切ったばかりで、ほとんどクレラップ少女の様相。
娘は荒馬になる前の「若駒」を演じてます。
今の娘をみるかぎり、来年、年長さんのような統率のとれた演技をできるとは到底思えない・・・ 

でもできるようになるんだから、子どもってすごい。

みなさん、よくできました合格
来年も楽しみにしてますよ。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



来年から小学生になる息子は、自分の赤ちゃんのころの写真や動画を見ながら
どんな赤ちゃんだった?とたずねるのが大好き。

近頃成長著しいが、並行して、自分の人生の足跡(たった5年だけど;;)を確かめながら
次のステージに上がろうとしているかのよう。

赤ちゃんのころのことをしきりにたずねられるようになって、大変ありがたいのがこのブログ!
最近はすっかfacebookに移行していたのだけど、
妊娠期間中から、二人目出産後までの記録、その後もこれは!と思うタイミングで書いてきたこのブログが
めちゃくちゃ役に立っています。

私自身覚えてないこともたくさんあって、息子にに読みあげながら、「へ~♪」を連発。
読み出すと私が止まらなくなっております・・・

やっぱりブログには記録しておくべし。これが結論。

◆◆

さっそく、ウケる息子の発言があったので、記録しておきます。

昨日は仕事が予定より長引き、“緊急長時間保育”をお願いして、急ぎ迎えに行ったのが18時過ぎ。
朝から今日は絶対お迎え遅くならないでねと息子に念を押されていたのに、約束をやぶってしまって
まずいなーと思いながら到着すると・・・

私の姿をみとめ、いち早く出てきた息子の頬にはシップが貼られ、
園長先生はじめ先生方がソロゾロ出てきて、しきりに謝ってきた。

一年下の子が石を投げて、それが息子の目の下に命中したのだという。
子供同士のトラブルなので何が発端か、よく分からない面もあるのだけど、
息子や娘の話によれば、その子も息子をめがけて投げたわけではないらしい。
ひとまず、目に当たらなかったことにホッとするとともに、
息子もその瞬間は泣いたそうだが、迎えにいった時点ではケロリとしていたので、
相手のお母さんにも大丈夫そうだから気にしないでと声をかけてから帰って来た。


その帰りの車中での息子の主張。

「長時間保育ってのは、いろんな年の子がいるから、トラブルが発生しやすいんだよ。
だから長時間は嫌だって言ったの」

目

とまあ、ずいぶん大人びた口調で言うんだが、
結局は、約束を守らず、遅く迎えにきた母親に対するブーイングなわけで
かわいいものだけど。

周囲の客観的状況&分析をまじえて、個人的不満を表明するなんて、
成長したもんだね。

今日は遅れずお迎え行けるよう、母もがんばりマス★





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。