2006-01-17 16:50:59

「2005年のEビジネス重大ニュース」

テーマ:リサーチ

Eビジネスマイスターでもありますインターワイヤードの斉藤社長と共同で実施した

「2005年のEビジネス重大ニュース」がリリースされましたので掲載しておきます


やはり、昨年は“買収話”一色といった感じの結果が出ました


=================================================================


「2005年のEビジネス重大ニュース」の調査結果を発表
ネットリサーチのDIMSDRIVE、Eビジネス研究所と共同で「2005年のEビジネス重大ニュース」の調査結果を発表


~上位3位を「IT企業とメディアのM&A」が占め、「オンライントレード」と「iPod/iTune」が普及・拡大~


 インターネットリサーチサービス『DIMSDRIVE』を運営するインターワイヤード株式会社(本社:東京都品川区)は、Eビジネス研究所(所在地:東京都足立区)と共同で行った「2005年のEビジネス重大ニュース」に関するランキング調査結果を発表した。
 調査は2005年12月8日(木)~12月12日(月)に『DIMSDRIVE』にて実施。5,000名から回答を得た。

 DIMSDRIVE調査結果  http://www.dims.ne.jp/e-business/03

 「Eビジネスの2005年の重大ニュースを1つ挙げるとしたら何ですか?」という問いに対し自由記入方式で得た回答を集計、上位10位を抜粋した。
 その結果、「ライブドアとニッポン放送の攻防」が817票と、最も多くの票を獲得した。次いで「楽天とTBSの攻防」(530票)、「IT企業のメディア買収・M&A※」(422票)と続き、上位3位がIT企業とメディアのM&Aに関するニュースとなり、注目の高さが伺える結果となった。
 また、「ブログ」は2004年と同様、4位。2年続けて上位にランクインした。
 ※IT企業のメディア買収・M&A→特定の企業名を挙げずに、全般的な傾向として回答されたもの

<上位3位は、"IT企業とメディアのM&A">
 本調査では、IT企業とメディアのM&Aに関するニュースが上位3位を占め、男女共に、上位3位の順位は同じであった。
 14位には同率で「ヒルズ族台頭」、「IT企業の他産業進出」が挙がり、IT企業の躍進が伺える結果となった。

<2005年はオンライントレードとiPod/iTuneに伸び>
 また、5位の「オンライントレード」は、2004年の調査では9位。2004年に引き続き、2005年はさらに普及したことが伺える結果となった。
 また、2004年には見られなかったニュースとして「ipod・iTunes、ポッドキャスティング」がランクインしている。
 2004年の調査では「光によるブロードバンド」、「IP電話」などがランクインしていたが、2005年の調査では回答が少なく、ランクインしなかった。

<男性は音楽・動画配信、女性はショッピング>
 男性では7位に「ipod・iTunes、ポッドキャスティング」、10位に「ネットで音楽や動画の配信」など、音楽や動画に関するものがランクイン。
 一方、女性では9位に「アフィリエイト」、10位に「ネットオークション」など、ショッピングやお小遣い稼ぎに関するものがランクインしている。


【Q:Eビジネス(主にインターネットを活用したビジネス)の2005年の重大ニュースを"1つだけ"挙げるとしたら何 ですか?(自由回答)】

<2005年「Eビジネス重大ニュース」 TOP10>


●全体(N=5,000)
1位:ライブドアとニッポン放送の攻防(817票)
2位:楽天とTBSの攻防(530票)
3位:IT企業のメディア買収・M&A(全般)(422票)
4位:ブログ(327票)
5位:オンライントレード(320票)
6位:スパイウェア、フィッシングなどのネット詐欺(110票)
7位:個人情報保護・漏洩(71票)
8位:IT企業が野球チーム(70票)
8位:iPod・iTunes、ポッドキャスティング(70票)
10位:アフィリエイト(56票)


●男性(N=2,457)
1位:ライブドアとニッポン放送の攻防(413票)
2位:楽天とTBSの攻防(272票)
3位:IT企業のメディア買収・M&A(全般)(236票)
4位:オンライントレード(171票)
5位:ブログ(166票)
6位:スパイウェア、フィッシングなどのネット詐欺(59票)
7位:iPod・iTunes、ポッドキャスティング(56票)
8位:個人情報保護・漏洩(34票)
9位:IT企業が野球チーム(29票)
10位:ネットで音楽や動画の配信(27票)


●女性(N=2,543)
1位:ライブドアとニッポン放送の攻防(404票)
2位:楽天とTBSの攻防(258票)
3位:IT企業のメディア買収・M&A(全般)(186票)
4位:ブログ(161票)
5位:オンライントレード(149票)
6位:スパイウェア、フィッシングなどのネット詐欺(51票)
7位:IT企業が野球チーム(41票)
8位:個人情報保護・漏洩(37票)
9位:アフィリエイト(34票)
10位:ネットオークション(29票)


※参考
<2004年「Eビジネス重大ニュース」 TOP10>
1位:IT企業のプロ野球参入・知名度アップ・活況
2位:個人情報や顧客情報の漏洩・流出
3位:インターネット販売・オークションが盛況に
4位:ブログの普及
5位:光によるブロードバンドの普及
6位:ウィルスの蔓延
7位:IP電話の普及
8位:アフィリエイトの隆盛
9位:オンライントレード
10位:ネットバンキング


■調査概要■
調査主体 : インターワイヤード株式会社
調査協力 : Eビジネス研究所
調査方法 : インターネットを利用した市場調査
調査期間 : 2005年12月8日(木)~12月12日(月)
調査対象者 : DIMSDRIVE保有モニター5,000人


■属性■
<性別>
男性 49.1%
女性 50.9%

<年齢>
20歳未満 1.4%
20代 15.6%
30代 34.3%
40代 28.7% 
50代 13.3%
60歳以上 6.7%


■ネットリサーチDIMSDRIVEについて■
 インターワイヤード株式会社が運営する『DIMSDRIVE』は、インターネットリサーチを通じて調査企画・設計から分析・提案までを提供する、マーケティングのトータルソリューションサービスです。全国に15万人のモニターを擁し、市場調査を実施。お客様の戦略立案をサポートしています。

<会社概要>
インターワイヤード株式会社 
所在地   東京都品川区東品川2-2-25 サンウッド品川天王洲タワー304
代表者   斉藤 義弘
事業内容  Webマーケティングリサーチサイト「DIMSDRIVE」運営
DIMSDRIVE HP: http://www.dims.ne.jp/


■Eビジネス研究所について■
 Eビジネス業界発展のための支援活動をする組織として2000年より『Eビジネス研究会』を発足。業界の超一流経営者、実務家、テクノロジスト等をスピーカーに迎えセミナーおよびパーティを定期的に開催。
 業界ではコミュニティとの位置づけとして活用していただく。
 企業と顧客をつなぐエージェントとしても幅広い活動を展開中。

<会社概要>
Eビジネス研究所
所在地   東京都足立区千住3-6-901
代表者   代表理事 木村 誠
事業内容  Eビジネス業界に特化したセミナー・イベントの企画、運営
         ・『Eビジネス研究会』の開催
         ・『Eビジネス・オンライン・ショップ』セミナーDVDの販売
         ・業界リサーチ等
HPアドレス http://www.e-labo.net/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-05-12 11:40:32

マクロミルはマザーズから1部上場に

テーマ:リサーチ

今、気がついたのですが

マクロミルは、東証一部になっていたのですね


リサーチ系では絶好調、追随を許さないといった感さえありますね


「すげぇ!」



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。