1 | 2 次ページ >> ▼ /
2007-06-27 18:44:22

■ E ■『Eビジネスの達人たち』【IT業界ならではの働き方って?~第1回 IT人材調査】

テーマ:メルマガ

 こんにちは!【Eビジネス研究所】です。

 他業界とは少し事情の違う、IT業界ならではの働き方の実態を把握する
 べく、「第1回IT人材調査」アンケートを行います。
 このメルマガ上のURLより回答できますので、ぜひご協力をお願いします!
 https://www.opensurvey.jp/op2.php?sec=f32c4427bc14ad7d07ac470bfa7d6a9a

 結果は後日メルマガとEビジネス研究所ホームページ上に公表しますのでお楽しみに! 

━◆INDEX◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1. 第86回『日本版セカンドライフ、スプリューム』2007.07.06(金)ご案内
2.【アンケート】第1回 IT人材調査にご協力をお願いします。
 3.【セミナーレポート】第84回 シリコンバレー特集
 4. ★ 今週のプレミア求人情報  File No.000809

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  『プレミアJOB通信』Start upキャンペーン!ビッグな転職お祝い金!
  10万円プレゼント! ⇒ http://www.e-labo.net/mag_e_cam.html

------------------------------------------------------------------------------------------
1. 第86回『日本版セカンドライフ、スプリューム』2007.07.06(金)ご案内
------------------------------------------------------------------------------------------

 テ ー マ :『 セカンドライフを凌ぐ!?
         日本版の仮想空間「スプリューム」の実力とその全貌 』
        ~シームレスにサーバー間を遊泳する
                        メタバースビジネスの可能性~
Eビジネス : 株式会社スプリューム
マイスター 代表取締役 梶塚 千春 氏
......................................................................................................................

【セミナー概要】

 セカンドライフによって急速に仮想世界、アバター、Webの次世代の形などが注目されています。日本でもいくつかの会社がいわゆる「メタバース」事業に名乗りをあげました。

 弊社は、日本のコンピュータグラフィックスの黎明期からCGに携わってきたメンバーが2000年初頭より始めた仮想世界を、Webの新化形としてのデファクト・スタンダードにするべく、事業展開しています。

 仮想空間がサーバーからサーバーへとシームレスに歩いていけるようにリンクする特許技術を中心に実現されたスプリュームで、インターネットのこれからを体感していただければと思います。

  1. スプリュームのコア・コンピタンスは何か?
    -つながる、ひろがる、オープンエンドな仮想世界を実現する理念、
     技術。
   -いったい、何が、セカンドライフや今までのものとは違うのか?

  2. スプリュームがもたらす新しいユーザー体験
    -オープンエンドな仮想世界はユーザーにとってはどのようなもの
     なのか?
    -BtoB、BtoBtoCの可能性

 3. これから訪れるセカイ
    -スプリュームは「あなたが未来を実現する」場を提供します。
    -では、明日からどのようなアクションを起こせるのか? 
  4. Q&A

 詳細・お申込みはこちらから→→→ http://www.e-labo.net

------------------------------------------------------------------------------------------
2.【アンケート】第1回 IT人材調査にご協力をお願いします。
------------------------------------------------------------------------------------------


  IT業界ならではの働き方について、皆さんの声を形にしてみませんか?


 _____ ★ 第1回IT人材調査 ★_〔 2007.6.27 開始〕______

 Eビジネス研究所の独自調査のお知らせです。

 IT業界は他業界に比べ、転職率が圧倒的に高いことが特徴ではないでしょうか?
 そこで、IT業界で働く皆様が、転職やキャリアアップの方向性についてどのような意向を持っているのか、リサーチすることにしました。
 興味のある職種や取りたい資格、キャリアアップへの取り組みに関してまたはEビジネス研究所に期待することについてなど、お答えください。

 ─実施要領─

 ◇ 調査名  : 「第1回IT人材調査」
 ◇ 調査開始 : 本日 2007年 6月 27日(水)より
 ◇ 内容   : 設問数13問( 所要時間5分程度 )
 ◇ 回答方法 : Webページからご回答いただきます。
 ◇ 結果発表 : 当メールマガジンEビジネス研究所ホームページ上で
           公表いたします。(調査終了の約1ヶ月後を予定して
           います。) 


 下記のURLをクリックするとアンケートページが表示されます。

 ⇒https://www.opensurvey.jp/op2.php?sec=f32c4427bc14ad7d07ac470bfa7d6a9a


------------------------------------------------------------------------------------------
 3.【セミナーレポート】第84回 シリコンバレー特集
------------------------------------------------------------------------------------------

   今回は、過去【 2007年6月8日実施 第84回Eビジネス研究会 】
   開催されたレポートをお届けしています
 
_____ ★第84回 Eビジネス研究会★_〔 2007.6.8 実施〕_____

 ~ シリコンバレー特集 ~

  『 シリコンバレーに学ぶ 』
  ~日本でベンチャーが居心地よく活躍できるにはどうしたらよいか~
   経済産業省 経済産業研修所 所長 原岡 直幸 氏

  『シリコンバレーのエコシステム:インネットワークがキーワード』
   ~USと日本でベンチャーを創業した理由~
   株式会社レペリオ 代表取締役 原 邦雄 氏

    *詳細はこちらからもご覧になれます。
http://www.e-labo.net/report84.html
    
    *当日の photo が見られます
http://www.e-labo.net/photo/photo84.mov    

     *セミナーに参加された方のアンケート集計結果
    → http://ki6ra.ameblo.jp/ki6ra/entry-10036459443.html
_______________________________

『シリコンバレーに学ぶ』
 経済産業省 経済産業研修所 所長 原岡 直幸氏

 ■シリコンバレーの素晴らしさ

 シリコンバレーはベンチャーのメッカと言われています。私はエンジニアで
 はないし、ITとは無縁の世界で仕事をしてきました。しかしながら、シリコ
 ンバレーに行き、そこで働く人達の生き方に非常に関心を持ちました。今日は、皆さんにシリコンバレーの素晴らしさを分かってもらいたいと思い、お話させていただきます。
 まずは、シリコンバレーの3大特徴についてお話しします。

 ■アカデミズムとビジネスを仲介する人々の存在

 シリコンバレーには、スタンフォード大学やカリフォルニア大学バークレー
 校などがあります。将来の技術のシーズになるような研究が行われており、ITだけでなくバイオテクノロジーの分野も盛んです。大学とベンチャー企業が一箇所に集結している―ハイテクベンチャーを支える環境があるということが第一の特徴です。

 そこには、ベンチャー企業を成功に導く超一流のネットワークがあるのです。
 ベンチャーキャピタリストやコンサルタント、会計事務所・法律事務所、ヘッドハンター、そして大学やNPOに至るまで、サポート役をしてくれる人が多数存在します。

 アメリカでは「文系」「理系」という区別がほとんどないに等しい点が、日本と違うところです。エンジニアのdegreeを持っている人が、ビジネススクールやロースクールのdegreeも持っていたりします。つまり、アイデアとビジネス化の両方を考えることができる人がいるわけです。

     続きがご覧いただけます ⇒ http://www.e-labo.net/report84.html


『シリコンバレーのエコシステム:インネットワークがキーワード』
 株式会社レペリオ 代表取締役 原 邦雄氏

 ■シリコンバレーで起業するに至るまで

 私は、1983年に住友商事に入社しました。商社に入ったのは海外で仕事をしたいということと、社費で留学し、MBAが取れる制度があったためでした。
 ところが、入社してみるとMBA制度は形骸化。自費で行く覚悟で入学試験を受けたのですが、当時の上司の働きかけで社費留学が復活し、念願の留学を果たしました。
 夏休みにサマーインターンシップがあり、ウォールストリートのソロモンブラザーズという証券会社で働くことができました。アメリカの実社会はビジネススクールの比ではなくコンペティティブだったことが印象的です。

 帰国後、住友商事で留学させて頂いた恩返しを少しでもしようと3年間勤務しましたが、留学やサマージョブによって芽生えた外の世界で自分を試したいという気持ちに抗しきれず、1991年に留学仲間の紹介で孫正義社長に出会い、ソフトバンクに入社しました。面接ではほとんど質問をされず、孫社長が自分の夢を語るのです。

 当時のプロジェクトは、ソフトウェア流通の改革がテーマでした。「どうしてデジタルのものを箱に入れてお店で売っているのか? デジタルで売るということをどう実現するか?」というテーマに取り組みました。孫社長のもとでの仕事は2回目のビジネススクールに行ったかのようでした。しかしながら当時ソフトバンクはインフラ事業に徹する方針であり、テクノロジーを生み出す側で働いてみたい私の意識とズレが生じるようになりました。

     続きがご覧いただけます ⇒ http://www.e-labo.net/report84.html


------------------------------------------------------------------------------------------
 4. ★ 今週のプレミア求人情報  File No.000809
------------------------------------------------------------------------------------------

『プレミアJOB通信』に、今週も魅力的な求人情報が届いております。

 【募集職種】 研究開発エンジニア
 【事業内容】 大手企業向けERPパッケージシステムの開発・販売・サポー
        ト 
 【仕事内容】 パッケージソフトの企画・開発を行っていただきます。
        プロダクトは、人事・給与分野から、会計を初めとして、新
        たな製品分野に急拡大しております。
        既にある製品の機能強化、あるいはゼロからの製品立ち上

        げ、どちらにも関わることができます。
        仕様書に基づいて、スキルを駆使して実現するのではなく、
        自らが自分の思考力・創造性を駆使して、新たな機能を企画
        ・開発・実装する研究開発型の開発を行います。
 【年収例】  年俸制550万円~(賞与年2回含む)
        ※年齢・経験・能力を考慮の上、決定
 【勤務地】  東京都港区ほか
 【勤務時間】 フレックスタイム制(コアタイムなし)、標準労働8h
 【File No.】 No.000809
......................................................................................................................
 
 ※ 詳細はこちらから
   ⇒ http://www.e-labo-j.net/ebusiness/premier/job.php?company=57#tag809

 ※ 転職希望者の方はこちらにご登録下さい。
  ⇒ http://www.e-labo.net/mag_e_per.html

※ 『プレミアJOB通信』Start upキャンペーン!ビッグな転職お祝い金!
  ⇒ http://www.e-labo.net/mag_e_cam.html

   新サービス「プレミアJOB通信」Start upキャンペーン
   ===ビッグな転職お祝い金 10万円プレゼント!===

------【Eビジネス研究所】編集後記----------------------------------------------

 本日から、Eビジネスリサーチ「第1回 IT人材調査」がスタートしました!
 また、ホームページ上でのワンクリックアンケートも企画中です。

 IT業界に深く関わっている皆さまに、IT業界の実際をお伺いして、結果を
 順次ホームページ、メルマガで発表してまいります。
 ぜひご協力をよろしくお願いいたします!

            
<『プレミアJOB通信』メルマガ配信 >
   こちらからご登録いただけます。
    ⇒ http://www.e-labo.net/mag_e_mail.html

  < ソフトバンク ビジネス+IT :::Eビジネス研究会::: 特設PAGE >
    ⇒ http://www.sbbit.jp/article/4247/


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-06-23 01:36:38

エニグモの将来は楽しみ、超有望株です。85th

テーマ:Eビジネス研究会

本日のEビジネス研究会は、過去85回の中でも5本の指、いや3本の指

いや、見る角度を変えると1番ともいえる会社=経営者でした




    第85回Eビジネス研究会


     『次々と新しいCGMを生み出す「エニグモ」が考える
                ユーザー視点に注力したビジネス戦略とは』
     ~個人をエンパワーメントさせ、
               参加型マーケットプレイスを形成させるまで~


     Eビジネスマイスター

    

     株式会社エニグモ
    代表取締役 共同最高経営責任者 須田 将啓 氏



エニグモ須田氏.jpg



プレスブログをユーザーとして登録した時…


今回の件で、会社にお邪魔し須田氏と田中氏の両代表にお会いした時…


Eビジネス研究会でのお話をお聞きした時…


Eビジネスマイスターとスタッフとの打ち上げで話を聞いた時…


それぞれに受けた印象や聞いた話がた~~~~くさんあって

何を取り上げたらいいか迷います



そんな中で今、感じている最大のことは


「よくも次々とサービスを立ち上げ、ことごとく上手くいっているな~」

といった感想です


それは、本日のEビジネス研究会で一とおりの話が終わって

私が発した言葉でもあるのですが


例え、この成功体験談を誰かに話し

それをそのまま実行しても、決して上手くはいかないだろう


それくらい、ここまでの成功は妙であり

社長2人体制のバランスであり、社内のハーモニーであるのだろうと



そのほかにもた~くさんお話ができて

とっても楽しいEビジネス研究会でした



ちなみに、もうひとりの社長である田中氏は

現在、米国に出張中!


エニグモという日本企業が

世界に名を知らしめるのは時間の問題かもしれません


須田さんの飲みっぷりも見事でした(笑)







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-06-21 23:38:01

ネット株は死んだか?って言われても

テーマ:ブログ

最近、日本経済新聞の記事にもネット系の内容が多くなり

またスクープも増えているようだ


ここのところ連載となっている「ネット株は死んだか」の5回目に

よくまとめられているデータがあったので

更にまとめてみた


明日のEビジネス研究会では

これにもう少し肉付けをして、簡単なコメントができればと思う


明日のエニグモの会員とか

はてなの会員とか


各SNS会員とか


各ISP会員とか


とかとか




【時価総額】

グーグル 1社     約19兆7,000億円
日本のネット企業100社 約 6兆 円
ヤフー      約 2兆5,000億円
楽天             約 5,700億円
ディーエヌエー     約 2,000億円
ミクシィ      約 1,400億円



【会員数】
楽天     楽天会員 3,700万人
ヤフー    利用者ID 2,000万人弱
ミクシィ     会員 1,000万人
モバゲータウン  会員  500万人



【100万人獲得所要年数】
ミクシィ     約1年半   2004年2月~ 
グリー     約3年    ~2007年3月 



【月間10億閲覧件数所要年数】
ヤフー          約3年6ヶ月     
ミクシィ          約1年3ヶ月 
モバゲータウン     約  3ヶ月



【インターネット利用者】
米国          1億5,344万人
中国      8,675万人
日本      5,367万人



(参考 出典:日本経済新聞)




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-06-21 20:00:11

第6回EMクラブは、豪華です!

テーマ:EMクラブ

7月3日に開催予定のEMクラブは豪華な顔ぶれとなっています


前回から、区間ごとのEビジネスマイスターをご招待することとし

今回は、第80回から第85回までの7名が参加される予定です


また、発起人の両名と私がトークセッションをする予定となっており

そこに、ライブドアの平松社長も参加予定となっています



■ トークセッション ■


 ~セカンドライフは、Web2.0を超えるか?~


【パネラー】


株式会社ネットエイジグループ 

代表取締役社長   西川 潔 氏


          ×


株式会社オプト 

代表取締役CEO 海老根 智仁 氏

          ×


株式会社ライブドアホールディングス

代表取締役社長 平松 庚三 氏

          ×


???


          ×


???



【モデレータ】

Eビジネス研究所  木村誠




 ■ 発起人  株式会社ネットエイジグループ 代表取締役社長
        西川 潔 氏
        株式会社オプト 代表取締役CEO 海老根 智仁 氏
        Eビジネス研究所 代表理事 木村 誠


 ■ 今回ご招待のEビジネスマイスター
   ・株式会社エニグモ 代表取締役 共同最高経営責任者
須田 将啓 氏
   ・経済産業省 経済産業研修所 所長 原岡 直幸 氏
   ・株式会社レペリオ 代表取締役 原 邦雄 氏 
   ・株式会社ライブドアホールディングス 代表取締役社長 平松 庚三 氏
   ・ムーター株式会社 創設者 代表執行役社長 ITアーキテクト
    稲村 尚志 氏
   ・株式会社魔法のiらんど 代表取締役 谷井 玲 氏
   ・株式会社野村総合研究所 社会ITマネジメントコンサルティング部 
    主席研究員 山崎 秀夫 氏


面白いことになりそうだから

参加したほうがいいです(笑)

友人を連れて、VIPなパーティーにご参加ください





 ↓↓↓こちらにご記入のうえ、この部分のみ smile2@u-stage.jp 宛に
    メールでお送り下さい。
       
      【〆切 6/26(火)20:00】 =厳守=

 ●7月3日(火) 参加について ( )にご記入ください

 (1)本人   出席(   )     

 (2)本人以外の同伴者            (   )名

 氏名  ・・・
     会社名 ・・・
   
     氏名  ・・・
     会社名 ・・・

     ※特に人数制限はございません

 (3)合計           本人+同伴者(   )名
 
     注)確定人数をお知らせください




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-06-21 19:35:30

ECカンパニーでの面接に同席して

テーマ:プレミアJOB

先日、EC系のベンチャー社長と会食をしているときに

優秀な人材を募集していることをお聞きした


近々、上場準備に入るという段階にあるこの会社では

「戦略チーム」を新たにつくり、そこに強力な人材を登用しようと

考えているのである


ならば、

『プレミアJOB通信』 事業企画や、マーケティング営業若手から

役員クラスまで私が面識があり優秀なプロフィールを持っている人が

たくさんいる」

というお話しをし、現在の募集しているポジションにぴったりと思われる人をご紹介した


ご紹介した人は、20代後半で転職をするのが初めて

従って、面接をするのも初めて

という逸材をお連れし、まずは人事の方と1次面接をすることとなった

私も企業の採用に関する姿勢を理解しようと積極的に同席するようにしている


たまたま人事の方も5月に入社したばかりということもあり

なぜこの会社に入社したのかとか

退職するときは時間がかかったり、引継ぎで大変なことが多い

などと、貴重な転職秘話を披露してくださった


印象的だったのは、


会社は嫌いだけど

仕事は好き


とか


会社は好きだけど

人が嫌い


とか


仕事は好きだけど

会社は嫌い


などとそれぞれの要素によって

転機が訪れるのだという話


なるほどなぁ~と聞いていたが

あなたの考える転職のタイミングってどんなときですか?



ITと転職 プレミアJOB通信
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-06-21 13:17:56

■ E ■『Eビジネスの達人たち』【第6回 EMクラブ≪完全招待制 限定企画≫ 2007.07.

テーマ:メルマガ

  こんにちは!【Eビジネス研究所】です。

  第6回EMクラブのお申込み受付は6月26日(火)までとなっております。
  参加ご希望の方は、お早めにお申込み下さい。

━◆INDEX◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1. 第86回『日本版セカンドライフ、スプリューム』2007.07.06(金)ご案内
2. 第85回『次々と新しいCGMを生み出す・・・』 2007.06.22(金)ご案内
 3. 第6回 EMクラブ≪完全招待制 限定企画≫ 2007.07.03(火)最終ご案内
 4.【セミナーレポート】第83回 ライブドア 平松社長
 5. ★ 今週のプレミア求人情報  File No.000816

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

----------------------------------------------------------------------
1. 第86回『日本版セカンドライフ、スプリューム』2007.07.06(金)ご案内
----------------------------------------------------------------------

 テ ー マ :『 セカンドライフを凌ぐ!?
         日本版の仮想空間「スプリューム」の実力とその全貌 』
        ~シームレスにサーバー間を遊泳する
                    メタバースビジネスの可能性~
Eビジネス : 株式会社スプリューム
マイスター 代表取締役 梶塚 千春 氏
.......................................................................

【セミナー概要】

 セカンドライフによって急速に仮想世界、アバター、Webの次世代の形などが注目されています。日本でもいくつかの会社がいわゆる「メタバース」事業に名乗りをあげました。

 弊社は、日本のコンピュータグラフィックスの黎明期からCGに携わってきたメンバーが2000年初頭より始めた仮想世界を、Webの新化形としてのデファクト・スタンダードにするべく、事業展開しています。

 仮想空間がサーバーからサーバーへとシームレスに歩いていけるようにリンクする特許技術を中心に実現されたスプリュームで、インターネットのこれからを体感していただければと思います。

  1. スプリュームのコア・コンピタンスは何か?
    -つながる、ひろがる、オープンエンドな仮想世界を実現する理念、
     技術。
   -いったい、何が、セカンドライフや今までのものとは違うのか?

  2. スプリュームがもたらす新しいユーザー体験
    -オープンエンドな仮想世界はユーザーにとってはどのようなもの
     なのか?
    -BtoB、BtoBtoCの可能性

 3. これから訪れるセカイ
    -スプリュームは「あなたが未来を実現する」場を提供します。
    -では、明日からどのようなアクションを起こせるのか?
 
  4. Q&A

 詳細・お申込みはこちらから→→→ http://www.e-labo.net

----------------------------------------------------------------------
2. 第85回『 次々と新しいCGMを生み出す・・・』 2007.06.22(金)ご案内
----------------------------------------------------------------------

 テ ー マ :『次々と新しいCGMを生み出す「エニグモ」が考える
               ユーザー視点に注力したビジネス戦略とは』
        ~個人をエンパワーメントさせ、
             参加型マーケットプレイスを形成させるまで~

Eビジネス : 株式会社エニグモ
マイスター 代表取締役 共同最高経営責任者 須田 将啓 氏
.......................................................................

【セミナー概要】

  1. エニグモについて
    -エニグモについての説明
    -エニグモが目指す方向性

  2. グローバル・ショッピング・コミュニティ「バイマ」とは  
    -バイマの仕組み
    -流通に個人が参加したことで生まれた新しいビジネス
    -ビジネスとして成立させるためにこだわった点

  3. ブログくちこみ広告「プレスブログ」  
    -プレスブログの仕組み
    -メディアに個人を参加したことで生まれた新しいビジネス
    -ビジネスとして成立させるためにこだわった点

  4. 消費者制作CMネットワーク filmo(フィルモ)  
    -フィルモの仕組み
    -広告に個人を参加させたことで生まれた新しいビジネス
    -ビジネスとして成立させるためにこだわった点  

  5. Q&A

 詳細・お申込みはこちらから→→→ http://www.e-labo.net

----------------------------------------------------------------------
 3. 第6回 EMクラブ≪完全招待制 限定企画≫ 2007.07.03(火)最終ご案内
----------------------------------------------------------------------
 
7月3日(火)第6回 EM(エム)クラブを開催いたします。
 参加対象者様とこれまでにEMクラブにご参加いただいた方限定の、
 完全招待制のクローズドなパーティーとなっております。
 
 普段のEビジネス研究会の懇親会では少ししかお話できなかった
あのマイスターとも、ゆっくりお話できるチャンスです!
 
 皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。

《 トークセッション 》
 ネットエイジグループの西川様、オプトの海老根様をお迎えして、
 メタバースについてのトークセッションを行う予定です。


 ★ 当日、優秀な人材と成長企業を結ぶ人材紹介サイト
  『プレミアJOB通信』http://www.e-labo-j.net 掲載用の写真撮影の場を
   設けます。
  写真撮影いただいた企業様の情報を、優先的に『プレミアJOB通信』の
トップページに掲載させていただきます。掲載を希望される人材募集中
   の企業様は、会場でスタッフにお声をおかけ下さい!


 ※ EM(エム)クラブとは・・・
   Eビジネス研究所主催のセミナー、および『JANES-Way』カンファレンス
   において、出展・スピーカーをした人々を対象とした限定のクラブ。
   Eビジネス研究会では、スピーカーをEビジネスマイスター=EM(エム)
   とお呼びしています。
 
 EMクラブ詳細ページ→ http://www.e-labo.net/emclub.html


 ■ 日 時  7月3日(火)20:00~22:30

 ■ 場 所  都内某所(赤坂近辺)を貸切にて実施
        申込者のみにご案内します(完全招待制限定企画のため)

 ■ 定 員  80名
        お申込の先着順で締め切らせていただきます。

 ■ 参加費  10,000円

 ■ 参加申込締切日 →6月26日(火)20:00まで 【厳守】

 ■ 発起人  株式会社ネットエイジグループ 代表取締役社長
        西川 潔 氏
        株式会社オプト 代表取締役CEO 海老根 智仁 氏
        Eビジネス研究所 代表理事 木村 誠

 ■ 対象者  Eビジネス研究所主催のセミナー、カンファレンス等で関わり
        のある企業様
 
        1)Eビジネス研究会
         http://www.e-labo.net/seminar_past.html
        2)Eビジネス研究所共催セミナー
        http://www.e-labo.net/ac001.html
        3)『JANES-Way』カンファレンス(=E-LABOメンバーシップ)
        http://janes-way.net/ep2_membership.html
        4)その他
       参加対象者の方からによる紹介客
          社員、友人、知人の招待・同伴をお願いします。。。。。

 ■ 今回ご招待のEビジネスマイスター
   ・株式会社エニグモ 代表取締役 共同最高経営責任者
須田 将啓 氏
   ・経済産業省 経済産業研修所 所長 原岡 直幸 氏
   ・株式会社レペリオ 代表取締役 原 邦雄 氏 
   ・株式会社ライブドアホールディングス 代表取締役社長 平松 庚三 氏
   ・ムーター株式会社 創設者 代表執行役社長 ITアーキテクト
    稲村 尚志 氏
   ・株式会社魔法のiらんど 代表取締役 谷井 玲 氏
   ・株式会社野村総合研究所 社会ITマネジメントコンサルティング部 
    主席研究員 山崎 秀夫 氏

----------------------------------------------------------------------
 ↓↓↓こちらにご記入のうえ、この部分のみ smile2@u-stage.jp 宛に
    メールでお送り下さい。
       
      【〆切 6/26(火)20:00】 =厳守=

 ●7月3日(火) 参加について ( )にご記入ください

 (1)本人   出席(   )     

 (2)本人以外の同伴者            (   )名

 氏名  ・・・
     会社名 ・・・
   
     氏名  ・・・
     会社名 ・・・

     ※特に人数制限はございません

 (3)合計           本人+同伴者(   )名
 
     注)確定人数をお知らせください

----------------------------------------------------------------------
 4.【セミナーレポート】第83回 ライブドア 平松社長
----------------------------------------------------------------------


   今回は、過去【 2007年5月25日実施 第83回Eビジネス研究会 】
   開催されたレポートをお届けしています
 
___ ★第83回 Eビジネス研究会★_〔 2007.5.25実施〕_____

 『ボクがライブドアの社長になった本当の理由(ワケ)をお話します』
 ~キャリアアップ最終段階で出会った
              ライブドアという会社と独自の経営哲学~

  株式会社ライブドアホールディングス 代表取締役社長 平松 庚三 氏

    *詳細はこちらからもご覧になれます。
http://www.e-labo.net/report83.html
    
    *当日の photo が見られます
http://www.e-labo.net/photo/photo83.mov    

     *セミナーに参加された方のアンケート集計結果
    → http://ki6ra.ameblo.jp/ki6ra/entry-10035029399.html
_______________________________

 83回目の今回は、株式会社ライブドアホールディングスの代表取締役社長平松庚三氏をお迎えして、『ボクがライブドアの社長になった本当の理由(ワケ)をお話します~キャリアアップ最終段階で出会ったライブドアという会社と独自の経営哲学~』をテーマに、IT業界で働く人、起業をめざす人へのメッセージをお話しいただきました。

 ■ コントロールできることと、できないこと

 人生にはcontrollableなこと、つまりコントロールできることと、uncontro
 llable、コントロールできないことが誰にでもあります。同じような経験が、
 同じ数だけ来るのです。しかしこれを間違えると、コントロールできるのに、
 できないということになる。自分のキャリアのディベロップメント、転職で
 もいいです。新しいビジネスのlaunchingでもいいです。どこかとアライア
 ンスを組むという機会でもいいです。controllableかuncontrollableなのか
 を決めるときに、右と左、成功と不成功というのが決まってくると思います。

 コントロールできるのに、できないと思うと、大きな機会損失があるわけで
 す。コントロールできないのに、これがcontrollableだと思って飛びつくと、
 そのまま崖下に落ちていくことだってあります。

 ですから、僕がライブドアの社長になったということも、controllable な
 ことかと思いきや、僕にとってはコントロールできないことだったんです。
 でも全てが、ソニーを飛び出したときから決まっていたような気がするんで
 すね。

 ■ ヘッドハンティングであれば受けていなかった

 僕が弥生をMBOして、2年間で4.75倍という日本のエクイティファイナンスの中で最高の実績を付け、そしてライブドアの100%完全子会社になっていました。僕はライブドアの上級執行役員とか上席副社長というふうに、名刺こそなかったもののライブドアのホームページには書かれていました。ライブドアの中の経営会議に週1回出ていましたからね。去年1月16日にこの事件があったのですが、これがヘッドハンターからの話だったとしたら、受けていなかったと思います。

 続きはこちらからご覧下さい。
http://www.e-labo.net/report83.html

----------------------------------------------------------------------
 5. ★ 今週のプレミア求人情報  File No.000816
----------------------------------------------------------------------

『プレミアJOB通信』に、今週も魅力的な求人情報が届いております。

 【募集職種】 テクニカルディレクター
 【事業内容】 インターネット広告事業   
 【仕事内容】 ECサイトの受注~納品までのテクニカル部分を担当するプ
        ロジェクト管理者
        ※営業ではありませんが、営業と同行して提案をします。
 【年収例】  400~800万円
        前年収によって相談
 【勤務地】  東京都新宿区
 【勤務時間】 9:00-18:00(残業あり)
 【File No.】 No.000816
.......................................................................
 
 ※ 詳細はこちらから
   ⇒ http://www.e-labo-j.net/ebusiness/premier/job.php?company=8#tag816

 ※ 転職希望者の方はこちらにご登録下さい。
  ⇒ http://www.e-labo.net/mag_e_per.html

※ 『プレミアJOB通信』Start upキャンペーン!ビッグな転職お祝い金!
  ⇒ http://www.e-labo.net/mag_e_cam.html

   新サービス「プレミアJOB通信」Start upキャンペーン
   ===ビッグな転職お祝い金 10万円プレゼント!===

------【Eビジネス研究所】編集後記-------------------------------------

  もう6月も3分の2が過ぎましたが、満開のあじさいに似合わない
  夏のような天気が続いています。
  夏至も近づき、遅くまで明るいのでついつい夜更かしをしてしまい
  そうです。。。

  早くも夏バテしないよう、
  みなさんも、体調管理には気をつけてくださいね。

              
<『プレミアJOB通信』メルマガ配信 >
   こちらからご登録いただけます。
    ⇒ http://www.e-labo.net/mag_e_mail.html

  < ソフトバンク ビジネス+IT :::Eビジネス研究会::: 特設PAGE >
    ⇒ http://www.sbbit.jp/article/4247/


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-06-19 00:42:25

ますますメタバース関連の話題沸騰!

テーマ:ブログ

今朝も、日経にIMJが三井物産とメタバースに進出するという記事が、、、

ほぼ毎日のようにメタバース関連の話題は報道されているが


いったいどこに行き着くかは未だ持って不明である


先日は、かのセカンドライフに関してほぼ公認企業として

活動しているデジタルハリウッドのS取締役に話を伺った


デジタルハリウッドといえば、電通との協業により

「セカンドライフ研究会」を立ち上げ、活発な活動をしているかに見えるが

S取締役によると、最初からその範疇に納まるつもりはないし

リンデンラボ社のセカンドライフより

メタバースという範疇に理解を示しているようだ



eビジネスからvビジネスへといううたい文句は

今の、セカンドライフ制作・コンサル会社のサイトに行けばよく見かける

台詞であるが、Eビジネス研究所としては、メタバースという範疇で

何かしら仕掛けたいと思っている。。。






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-06-15 01:36:07

Eビジネス研究所創立 7周年記念の日に、松山太河に出会う!!

テーマ:ブログ

本日は、サイボウズドットネットの貫名さんに誘っていただきパーティーに参加



パーティーはBirthの3周年記念

ご存知、山口もえの夫、ZEELの社長、尾関氏


会場で伝説の男、あのビットバレーの仕掛け人

松山太河と出会う~

なんと、本日が33歳のバースデー


  ↓


偶然にも、Eビジネス研究所は

7年前の2000年6月14日に始まった


で、記念を背負った男3人で記念写真を。。。


左から

松山太河氏、尾関茂雄氏、自分


20070614223121.jpg


いや~、それにしても

松山氏は、私にとっても伝説の人でして

今日、紹介されるまでまったく分らない存在としか映っていませんでした


しかし、ビットバレーの創設者としては西川さんと並んで

当時は、時の人


幸いなことに、Eビジネス研究所にも昔メンバー登録してくれていて

なんとそのことをと覚えていてくれました


おまけに、「何であんなに詳しいんですか(ネットビジネスに)~」といわれ

今日は、本当にいい出会いだったと思いました


また、33歳の若さにも拘らずあれだけ立派な視点を

持っている松山氏には、次回インタビューにうかがいたいと思います


今朝の新聞で読みましたが、企業が繁栄することで

社員や、一般市民が豊かになることが最大の目的で


投資をして、投資した人や会社だけが裕福になっているだけでは

何の社会貢献にもなっちゃいないということです


そんな話を、何の奥目もなく朗らかな松山氏は

大変、大変、魅力的な人でした。。。



次回会う機会があったら

もっと詳しいお話をしたいと思います












いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-06-14 14:16:48

■ E ■『Eビジネスの達人たち』【 日本版セカンドライフ、スプリューム 】

テーマ:メルマガ

   こんにちは!【Eビジネス研究所】です。

   次々回のEビジネス研究会が決定しました。
   日本版セカンドライフといわれて久しい本物のバーチャルリアリティ
   カンパニー、「スプリューム」です。   
   代表取締役の梶塚千春様を講師にお迎えします。

━◆INDEX◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1. 第86回『日本版セカンドライフ、スプリューム』2007.07.06(金)ご案内
2. 第85回『 次々と新しいCGMを生み出す・・・』 2007.06.22(金)ご案内
 3. 第6回 EMクラブ≪完全招待制 限定企画≫2007.07.03(火)のご案内
 4. シリコンバレーで仕事をしたい人は46%
 5. ★ 今週のプレミア求人情報  File No.000815

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

----------------------------------------------------------------------
1. 第86回『日本版セカンドライフ、スプリューム』2007.07.06(金)ご案内
----------------------------------------------------------------------

 3月に開催したセカンドライフのマーケティングとしての可能性 
 http://www.e-labo.net/seminar80.html には250人のエントリーがありま
 した。セカンドライフはリンデンラボ社が運営している仮想空間=メタバ
 ース(metaverse)ですが、日本にも本家本元といえるメタバース
(metaverse)企業があることをご存知でしたでしょうか?

 日本版セカンドライフともいわれている日本企業が株式会社スプリューム
 http://www.splume.com/service/jp/index.html です。

 NHKのCG番組なども制作するKAJという会社の社長も兼任する梶塚社長は、こてこての技術者であり3Dの専門家でもあります。
 それが故に、webでもなく、ゲームでもなく単なる3Dでもなくといったス
 プリューム。

 サービス名「スプリューム」の特徴としては、セカンドライフがクローズ
 ドな環境であるのに比べ、一般的なサーバーに専用でない3Dソフトで構築したものを公開することができるという手軽さにあります。かつ、3D空間
 をシームレスにつなぎ、リンクをさせればどこのサーバーともつながって
 いくというつくりは「空間リンク」という特許で構築されています。

 また、ビジネスモデルの違いもセカンドライフが、専用サーバをホスティ
 ングして土地として販売しているのに対して、スプリュームではアバター
 アイテムの販売「METAMO」
 http://www.splume.com/cgi-bin/detail.cgi?type=news&node=000031 や、
 企業向け3D空間の構築といったことでマネタイズしていくというビジネス
 モデルの違いがあります。

 今回は、ほぼ毎日のようにセカンドライフ、仮想空間、メタバース
(metaverse)の話題が世間を騒がせていますが、そういったプレイヤーの
 ビジネスモデルはいったいどうなっているのか?
 それはビジネスとして、または参入する企業としてメリットがあるのかな
 どについてお話をしていただきたいと思います。

 世間には、プレイヤーも続々とでてきていますが、雨後の竹の子状態を1歩も2歩もリードしているスプリューム社、梶塚社長のお話が一見の価値があること間違いなしです。

......................................................................

 テ ー マ :『 セカンドライフを凌ぐ!?
         日本版の仮想空間「スプリューム」の実力とその全貌 』
        ~シームレスにサーバー間を遊泳する
                    メタバースビジネスの可能性~
Eビジネス : 株式会社スプリューム
マイスター 代表取締役 梶塚 千春 氏
......................................................................

【セミナー概要】

 セカンドライフによって急速に仮想世界、アバター、Webの次世代の形などが注目されています。日本でもいくつかの会社がいわゆる「メタバース」
 事業に名乗りをあげました。

 弊社は、日本のコンピュータグラフィックスの黎明期からCGに携わってき
 たメンバーが2000年初頭より始めた仮想世界を、Webの新化形としてのデファクト・スタンダードにするべく、事業展開しています。

 仮想空間がサーバーからサーバーへとシームレスに歩いていけるようにリンクする特許技術を中心に実現されたスプリュームで、インターネットの
 これからを体感していただければと思います。

  1. スプリュームのコア・コンピタンスは何か?
    -つながる、ひろがる、オープンエンドな仮想世界を実現する理念、
     技術。
   -いったい、何が、セカンドライフや今までのものとは違うのか?

  2. スプリュームがもたらす新しいユーザー体験
    -オープンエンドな仮想世界はユーザーにとってはどのようなもの
     なのか?
    -BtoB、BtoBtoCの可能性

 3. これから訪れるセカイ
    -スプリュームは「あなたが未来を実現する」場を提供します。
    -では、明日からどのようなアクションを起こせるのか?
 
  4. Q&A

 詳細・お申込みはこちらから→→→ http://www.e-labo.net

----------------------------------------------------------------------
2. 第85回『 次々と新しいCGMを生み出す・・・』 2007.06.22(金)ご案内
----------------------------------------------------------------------

 テ ー マ :『次々と新しいCGMを生み出す「エニグモ」が考える
               ユーザー視点に注力したビジネス戦略とは』
        ~個人をエンパワーメントさせ、
             参加型マーケットプレイスを形成させるまで~

Eビジネス : 株式会社エニグモ
マイスター 代表取締役 共同最高経営責任者 須田 将啓 氏
......................................................................

【セミナー概要】

  1. エニグモについて
    -エニグモについての説明
    -エニグモが目指す方向性

  2. グローバル・ショッピング・コミュニティ「バイマ」とは  
    -バイマの仕組み
    -流通に個人が参加したことで生まれた新しいビジネス
    -ビジネスとして成立させるためにこだわった点

  3. ブログくちこみ広告「プレスブログ」  
    -プレスブログの仕組み
    -メディアに個人を参加したことで生まれた新しいビジネス
    -ビジネスとして成立させるためにこだわった点

  4. 消費者制作CMネットワーク filmo(フィルモ)  
    -フィルモの仕組み
    -広告に個人を参加させたことで生まれた新しいビジネス
    -ビジネスとして成立させるためにこだわった点  

  5. Q&A

 詳細・お申込みはこちらから→→→ http://www.e-labo.net

----------------------------------------------------------------------
 3. 第6回 EMクラブ≪完全招待制 限定企画≫2007.07.03(火)のご案内
----------------------------------------------------------------------
 
7月3日(火)第6回 EM(エム)クラブを開催いたします。
 参加対象者様とこれまでにEMクラブにご参加いただいた方限定の、
 完全招待制のクローズドなパーティーとなっております。
 
 普段のEビジネス研究会の懇親会では少ししかお話できなかった
あのマイスターとも、ゆっくりお話できるチャンスです!
 
 皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。

《 トークセッション 》
 ネットエイジグループの西川様、オプトの海老根様をお迎えして、
 メタバースについてのトークセッションを行う予定です。


 ★ 当日、優秀な人材と成長企業を結ぶ人材紹介サイト
  『プレミアJOB通信』http://www.e-labo-j.net 掲載用の写真撮影の場を
   設けます。
  写真撮影いただいた企業様の情報を、優先的に『プレミアJOB通信』の
トップページに掲載させていただきます。掲載を希望される人材募集中
   の企業様は、会場でスタッフにお声をおかけ下さい!


 ※ EM(エム)クラブとは・・・
   Eビジネス研究所主催のセミナー、および『JANES-Way』カンファレンス
   において、出展・スピーカーをした人々を対象とした限定のクラブ。
   Eビジネス研究会では、スピーカーをEビジネスマイスター=EM(エム)
   とお呼びしています。
 
 EMクラブ詳細ページ→ http://www.e-labo.net/emclub.html


 ■ 日 時  7月3日(火)20:00~22:30

 ■ 場 所  都内某所(赤坂近辺)を貸切にて実施
        申込者のみにご案内します(完全招待制限定企画のため)

 ■ 定 員  80名
        お申込の先着順で締め切らせていただきます。

 ■ 参加費  10,000円

 ■ 参加申込締切日 →6月26日(火)20:00まで 【厳守】

 ■ 発起人  株式会社ネットエイジグループ 代表取締役社長
        西川 潔 氏
        株式会社オプト 代表取締役CEO 海老根 智仁 氏
        Eビジネス研究所 代表理事 木村 誠

 ■ 対象者  Eビジネス研究所主催のセミナー、カンファレンス等で関わり
        のある企業様
 
        1)Eビジネス研究会
         http://www.e-labo.net/seminar_past.html
        2)Eビジネス研究所共催セミナー
        http://www.e-labo.net/ac001.html
        3)『JANES-Way』カンファレンス(=E-LABOメンバーシップ)
        http://janes-way.net/ep2_membership.html
        4)その他
       参加対象者の方からによる紹介客
          社員、友人、知人の招待・同伴をお願いします。。。。。

 ■ 今回ご招待のEビジネスマイスター
   ・株式会社エニグモ 代表取締役 共同最高経営責任者 須田 将啓 氏
   ・経済産業省 経済産業研修所 所長 原岡 直幸 氏
   ・株式会社レペリオ 代表取締役 原 邦雄 氏 
   ・株式会社ライブドアホールディングス 代表取締役社長 平松 庚三 氏
   ・ムーター株式会社 創設者 代表執行役社長 ITアーキテクト
    稲村 尚志 氏
   ・株式会社魔法のiらんど 代表取締役 谷井 玲 氏
   ・株式会社野村総合研究所 社会ITマネジメントコンサルティング部 
    主席研究員 山崎 秀夫 氏

----------------------------------------------------------------------
 ↓↓↓こちらにご記入のうえ、この部分のみ smile2@u-stage.jp 宛に
    メールでお送り下さい。
       
      【〆切 6/26(火)20:00】 =厳守=

 ●7月3日(火) 参加について ( )にご記入ください

 (1)本人   出席(   )     

 (2)本人以外の同伴者            (   )名

 氏名  ・・・
     会社名 ・・・
   
     氏名  ・・・
     会社名 ・・・

     ※特に人数制限はございません

 (3)合計           本人+同伴者(   )名
 
     注)確定人数をお知らせください

----------------------------------------------------------------------
 4. シリコンバレーで仕事をしたい人は46%
----------------------------------------------------------------------

 84th Eビジネス研究会はシリコンバレー特集でした。
 シリコンバレーで仕事をしたい人は46%、「英語ができれば仕事してみた
 い」人を合わせると約8割にのぼり、やはりシリコンバレーに対する注目
 度は高いですね。
 
 アンケート結果詳細はこちらから
 ⇒ http://ameblo.jp/ki6ra/entry-10036459443.html

 ■ シリコンバレー特集 ■

          『 シリコンバレーに学ぶ 』
  ~日本でベンチャーが居心地よく活躍できるにはどうしたらよいか~
     経済産業省 経済産業研修所 所長 原岡 直幸 氏

  『 シリコンバレーのエコシステム:インネットワークがキーワード 』
       ~USと日本でベンチャーを創業した理由~
     株式会社レペリオ 代表取締役 原 邦雄 氏

セミナー詳細 http://www.e-labo.net/seminar84.html

----------------------------------------------------------------------
 5. ★ 今週のプレミア求人情報  File No.000815
----------------------------------------------------------------------

『プレミアJOB通信』に、今週も魅力的な求人情報が届いております。
  
 「“価値あるもの”をもっと世の中に広めていきたい 」
 私たちはクライアント様の価値ある商品・サービスの普及をお手伝いする
 ことでクライアント様のビジネスを一緒に成功させるために生まれました。 
 企業とターゲット層とを着実にそして効率的に橋渡しすることで、本物の
 付加価値商品を普及させるお手伝いをし、企業も、消費者も共に喜んで頂
 くことができるような新しいインターネットサービスを生み出していきた
 いと考えております。
......................................................................

 【募集職種】 ウェブサイト/クリエイティブデザイナー
 【事業内容】 インターネットマーケティング
  
 【仕事内容】 「あなたのクリエイティブスキルを知りたいと思いません
        か? どんなことが人々の心に響くのかを知りたいと思い
        ませんか?」
        ウェブサイト・クリエイティブデザイナーは、クリエイテ
        ィブサービスグループの重要なポジションで、真に人々の
        心に響き、通じる何かを持った、他にはない創意溢れるウ
        ェブサイトを構築することを繰り返し行い、飽くなき追求
        をして行く創意工夫を我こそは持っていると感じている、
        新しいことに好奇心をもって挑戦する有能な人材のための
        ポジションになります。

 【年収例】  500~600万円 ストックオプション制度有       
 【勤務地】  渋谷区恵比寿
 【勤務時間】 9:00~18:00
 【File No.】 No.000815
...................................................................... 
 ※ 詳細はこちらから
   ⇒ http://www.e-labo-j.net/ebusiness/premier/job.php?company=19#tag815

 ※ 転職希望者の方はこちらにご登録下さい。
  ⇒ http://www.e-labo-j.net/ebusiness/premier/login_1.php

※ 『プレミアJOB通信』Start upキャンペーン!ビッグな転職お祝い金!
  ⇒ http://www.e-labo-j.net/ebusiness/premier/campaign.php

   新サービス「プレミアJOB通信」Start upキャンペーン
   ===ビッグな転職お祝い金 10万円プレゼント!===

------【Eビジネス研究所】編集後記-------------------------------------

 先週金曜日のEビジネス研究会、シリコンバレー特集では、
 経済産業省の原岡様と、レペリオの原様から、実際に現地で仕事をした
 人でないとわからない、生き生きとした貴重な経験談をおうかがいする
 ことができました。
 
 まるで自分がちょっとシリコンバレーを見学してきたかのような気分を
 味わうことができました!
              
<『プレミアJOB通信』メルマガ配信 >
   こちらからご登録いただけます。
    ⇒ http://www.e-labo.net/mag_e_mail.html

  < ソフトバンク ビジネス+IT :::Eビジネス研究会::: 特設PAGE >
    ⇒ http://www.sbbit.jp/article/4247/

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-06-14 01:29:57

セカンドライフ、仮想空間、メタバース(metaverse)とかのビジネスモデル

テーマ:ブログ

第86回「Eビジネス研究会」 平成19年7月6日(金)  

■第1部■ ITセミナー

『セカンドライフを凌ぐ!? 日本版の仮想空間「スプリューム」の実力とその全貌』

~シームレスにサーバー間を遊泳する
        メタバースビジネスの可能性~


株式会社スプリューム
代表取締役 梶塚 千春 氏

http://www.e-labo.net/seminar86.html


3月に開催したセカンドライフのマーケティングとしての可能性

http://www.e-labo.net/seminar80.html には250人のエントリーがありました。

セカンドライフはリンデンラボ社が運営している仮想空間

=メタバース(metaverse)ですが、日本にも本家本元といえる

メタバース(metaverse)企業があることをご存知でしたでしょうか?


日本版セカンドライフともいわれている日本企業が株式会社スプリューム

http://www.splume.com/service/jp/index.html です。

NHKのCG番組なども制作するKAJという会社の社長も兼任する梶塚社長は

こてこての技術者であり3Dの専門家でもあります。

それが故に、webでもなく、ゲームでもなく単なる3Dでもなくといったスプリューム。

サービス名「スプリューム」の特徴としては

セカンドライフがクローズドな環境であるのに比べ

一般的なサーバーに専用でない3Dソフトで構築したものを公開することができる

という手軽さにあります。

かつ、3D空間をシームレスにつなぎ、リンクをさせればどこのサーバ

ともつながっていくというつくりは「空間リンク」という特許で構築されています。


また、ビジネスモデルの違いもセカンドライフが、専用サーバをホスティング

して土地として販売しているのに対して

スプリュームではアバターアイテムの販売

「METAMO」http://www.splume.com/cgi-bin/detail.cgi?type=news&node=000031

企業向け3D空間の構築といったことでマネタイズしていくというビジネスモデルの違いがあります。



今回は、ほぼ毎日のようにセカンドライフ、仮想空間、メタバース(metaverse)の

話題が世間を騒がせていますが

そういったプレイヤーのビジネスモデルはいったいどうなっているのか?


それはビジネスとして、または参入する企業としてメリットがあるのかなど

についてお話をしていただきたいと思います。

世間には、プレイヤーも続々とでてきていますが、

雨後の竹の子状態を1歩も2歩もリードしているスプリューム社、

梶塚社長のお話が一見の価値があること間違いなしです。



ITと人材、転職なら「プレミアJOB通信」

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。