2007-03-29 23:04:46

参加者の約半数は社長または役員

テーマ:EMクラブ

昨日は、第5回のEM[エム]クラブでした


今回も多くの経営者層の方々、もちろん過去のEビジネス研究会のスピーカー

の方々、総勢70名にご参加いただきました


4月2日リリースのEビジネス研究所プロデュースによる

職業紹介(転職支援)サービスのご紹介をチラッとさせていただき


JANES-Way episode3の開催が9月であるアナウンスをさせていただきました


いつもより、社長さんが多くそれなりに意味のある会になったのではないかと

前回までに比べて、充実感がありました



明日は、セカンドライフをテーマにして

第80回目のEビジネス研究会です


実は、とてもびっくりしているのですが

今回、定員60名に対して220名を越える

お申込をいただき、会場を広げて開催することになりました


セカンドライフの注目度はもの凄いです!


しかし、しかしですよ

果たしてそうかどうか

その実態について、明日の資料では

参考になる内容が羅列していました


では、また明日









投稿は久しぶりです。。。べーっだ!

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2007-03-23 11:53:27

第81回「Eビジネス研究会」のご案内

テーマ:Eビジネス研究会

次回の第81回「Eビジネス研究会」が決定いたしました!

4月10日(火)になります。


詳細はコチラから⇒ http://www.e-labo.net/seminar81.html


お申込みはコチラから⇒ http://www.e-labo.net/entry.html


---------------------------------------------------------
■□■ 第81回 :::Eビジネス研究会::: 2007.4.10(火)■□■
---------------------------------------------------------
■第1部■ セミナー

テ ー マ: 『ケータイ小説発行部数522万部、
             脅威を誇るクチコミのメカニズム』
        ~新たな消費者行動を生むモバイルCGMと
                ユーザーコンテンツ~

Eビジネス : 株式会社魔法のiらんど
マイスター   代表取締役 谷井 玲 氏


プレゼント : セミナーに参加された方全員に『あいぴ』
  (魔法のiらんどキャラクター)
         携帯クリーナーをプレゼント!
         ※携帯電話はつきません

-----------------------------------------------------------------
【セミナー概要】

消費者は消費者によって動かされる。
消費者を主役とし、 消費者の行動を活性化させるクチコミ。会員数522
万・月間PV17億の「魔法のiらんど」が 成長し続ける理由もユーザーに
よるクチコミであり、 「魔法のiらんど」発のケータイ小説文化が広が
っている理由もクチコミである。 クチコミ発生のカギは、CGMとユー
ザーコンテンツにあり。 企業の思惑をユーザーコンテンツに結びつける
コツと、クチコミで拡大するメカニズムを 成功事例を交えて解説。

  1. モバイルコミュニティ「魔法のiらんど」とは?
    -誕生の背景と秩序の形成
    -8年間の歴史で培ったユーザーとの信頼関係

  2. クチコミで拡大するメカニズム
    -広告を打たずに、サービスが成長する理由とは?
    -ケータイ小説が生まれ、広まる理由とは?

  3. モバイルビジネスの未来を拓く「魔法のiらんど」の可能性
    -クライアントの事例紹介
    -モバイルの特性とコミュニティの可能性

  4. Q&A

「魔法のiらんど」とは・・・
主にケータイのホームページが無料で作成できるサービスとして1999年1
2月 にサービスを開始。現在会員数522万人、月間PV17億を誇る国内最大
級の ケータイコミュニティ。

ユーザーが公開するインディーズケータイ小説の人気上昇を受けて、200
6年3月 にケータイ小説総合サイト 『魔法の図書館』 を開設。 現在75
万のケータイ小説が設置されている。
2005年10月に初めて書籍化されたケータイ小説の累計発行部数は522万 

部にのぼり、2007年1月 に発売されたケータイ小説『赤い糸』(ゴマブック
ス刊)は、発売から 1週間で100万部突破。
日販のデータによるデイリーランキングで、一般文芸部門3日間連続1位、
週間ランキング (1/26-2/1)総合ランキング1位。紀伊国屋書店、文教
堂書店、CCCなどでも 1位を獲得している。

ケータイから生まれた書籍がビッグヒットを生んだ成功例として話題。

・ 「魔法のiらんど」 コーポレートサイト
・ 「魔法のiらんど」 ポータルサイト
・  魔法の図書館

-----------------------------------------------------------------
【プロフィール】

法政大学工学部を卒業後、89年ソフトウェア開発会社としてティー・
オー・エスを設立。
99年12月iモード利用者向けに、無料のホームページ作成サイト

「魔法のiらんど」を リリース。

当初よりサイト内を巡回・監視するシステム「アイポリス」による安心・

安全なコミュニティを運営。10~20代を中心に多くのユーザーに

支持され、 会員数522万・月間17億PVのサービスに成長。
06年社名を「株式会社魔法のiらんど」 に変更。

-----------------------------------------------------------------
■第2部■ 懇親パーティー

 「谷井 玲 氏 を囲んで名刺交換&懇親パーティー」


 Eビジネスマイスターとの貴重な名刺交換や情報交換はもちろん、

異才人が集まるこの懇親パーティーで人脈の形成がバッチリできます。

全員と名刺交換をし、明日のビジネスに役立ててください。
ご希望があれば、コーディネートのお手伝いもします。
※名刺をたくさんお持ち下さい。

-----------------------------------------------------------------
                                   
 □ 日程  2月23日(金)                        
  
 □ 時間  受 付        18:30 ~
       セミナー・Q&A   19:00 ~20:40
       懇親パーティー    20:50 ~22:00

 □ 場所  ちよだプラットフォームスクウェア 5F
      (地図 http://yamori.jp/modules/tinyd2/index.php?id=10 )

 □ 住所  〒101-0054
       東京都千代田区神田錦町3-21
      ○東西線 竹橋駅 3b KKRホテル東京玄関前出口 徒歩5分
      ○三田線 神保町駅 A8出口 徒歩10分
      ○新宿線 神保町駅 A8出口 徒歩10分
      ○半蔵門線 神保町駅 A8出口 徒歩10分

 □ 参加費 セミナー当日現金払 または 銀行振込
     (銀行振込ご案内 http://www.e-labo.net/ofurikomi.html
      名刺を2枚ご用意下さい。(名札用と受付用)
     ※プレスの方は http://www.e-labo.net/contact_press.html
     よりお問い合わせ下さい。

     【登録メンバー】
      一般 6,000円 (すべて含む)
      学生 1,000円 (すべて含む)

   第1部 セミナー+ 第2部 懇親パーティー(軽食・ドリンク付)

     【未登録メンバー】
      上記金額にプラス1,000円
     (安心してご参加いただけるように、事前メンバー登録にご
      協力ください。)

 □ 定員  60名
      (申込み先着順・定員を超えた場合は、お断りすることが
       ございます。)

 □ メディアパートナー
ソフトバンククリエイティブ株式会社

 □ 協力  首都圏情報ベンチャーフォーラム
       ちよだプラットフォームスクウェア
       早稲田大学IT戦略研究所

 □ 後援  全国デジタル・オープン・ネットワーク事業協同組合
       首都圏コンピュータ技術者協同組合
       首都圏ソフトウェア協同組合

  お申込みはこちらから→→→http://www.e-labo.net

  ※上記内容は、予告なく変更される場合がございます。
  ※ネットワークビジネス、宗教目的等の方お断りいたします。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2007-03-21 14:38:36

【最終案内!EMクラブ≪完全招待制 限定企画≫2007.3.28】

テーマ:ブログ

こんにちは!【Eビジネス研究所】です。


Eビジネス研究会は「参加した者がお互いに有益な時間を創り出す空間」を
コンセプトに、今後ますます充実した内容のセミナーを実施してまいります。


━◆INDEX◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1. 第5回 EMクラブ≪完全招待制 限定企画≫2007.3.28(水)最終案内
 2.『プレミアJOB通信』3/28 プレオープン!
3. 新着!【セミナーレポート】第79回「Eビジネス研究会」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

----------------------------------------------------------------------
 1. 第5回 EMクラブ≪完全招待制 限定企画≫2007.3.28(水)最終案内
----------------------------------------------------------------------
 
 EMクラブの沢山の参加申込みありがとうございます。 
 会場の席の設定を変更しましたので、追加にて申込みが可能に

 なりました!
 
 申込み期日は ⇒ 3月26日(月)12:00まで
 
 下記フォームにご記入の上、smile2@u-stage.jp 宛にメールでお送りくださ
 いますようお願いいたします。

 EMクラブを通じて、新しい出会いを楽しみにしております。 

3月28日(水)第5回 EM(エム)クラブを開催いたします。
 参加対象者様とこれまでにEMクラブにご参加いただいた方限定の、
 完全招待制のクローズドなパーティーとなっております。
 
 今回参加される、Eビジネスマイスターを一部ご紹介させていただきます。
 最近Eビジネスマイスターをしていただいた方になります。
 他のEビジネスマイスターも参加を予定しております。

 ■発起人    株式会社オプト 取締役CEO   海老根 智仁 氏
 ■Eビジネスマイスター  
  ・マイクロソフト株式会社
       デベロッパー&プラットフォーム統括本部
       戦略企画本部 Webプラットフォーム推進部
       エバンジェリスト          鈴木 章太郎 氏
  ・サイボウズ株式会社  取締役副社長     津幡 靖久 氏
・サーチテリア株式会社 代表取締役      大森 拓也 氏
  ・他 

 普段のEビジネス研究会の懇親会では少ししかお話できなかったあの

 マイスターとも、ゆっくりお話できるチャンスです!
  
 皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。

 ※ EM(エム)クラブとは・・・
 Eビジネス研究所主催のセミナー、および『JANES-Way』カンファレンスに
 おいて、出展・スピーカーをした人々を対象とした限定のクラブ。
 Eビジネス研究会では、スピーカーを
 Eビジネスマイスター=EM(エム)とお呼びしています。
 
 →第1回EMクラブ 2005.12.02(金)
    http://ameblo.jp/ki6ra/day-20051205.html
 →第2回EMクラブ 2006.03.10(金)
    http://ameblo.jp/ki6ra/entry-10010120746.html
 →第3回EMクラブ 2006.06.22(木)
    http://ameblo.jp/ki6ra/entry-10014044737.html
 →第4回EMクラブ 2006.09.21(木)
    http://ameblo.jp/ki6ra/entry-10017478988.html

 ■日 時 3月28日(水)20:00~22:40

 ■場 所 都内某所を貸切にて実施
      申込者のみにご案内します(完全招待制限定企画のため)

 ■定 員 80名
      お申込の先着順で閉め切らせていただきます。

 ■参加費 10,000円

 ■参加申込締切日 →3月26日(月)12:00まで 【厳守】

 ■対象者
 Eビジネス研究所主催のセミナー、カンファレンス等で関わりのある企業様
 
 1)Eビジネス研究会
   http://www.e-labo.net/seminar_past.html
 2)Eビジネス研究所共催セミナー
http://www.e-labo.net/ac001.html
 3)『JANES-Way』カンファレンス(=E-LABOメンバーシップ)
http://www.u-stage.jp/janesway/index.html#member
 4)その他
参加対象者の方からによる紹介客
   社員、友人、知人の招待・同伴をお願いします。。。。。

 ■発起人
  株式会社ネットエイジグループ 代表取締役 西川 潔
  株式会社オプト 取締役CEO 海老根 智仁
  Eビジネス研究所 代表理事 木村 誠 
 
 ■対象者および参加予定者 ○の方は、今回新規の方です

 ○マイクロソフト株式会社  鈴木 章太郎 氏
 ○サイボウズ株式会社  津幡 靖久 氏
 ○チームラボ株式会社  猪子 寿之 氏
 ○フジテレビラボLLC合同会社  時澤 正 氏
 ○サーチテリア株式会社  大森 拓也 氏
 ○サーチテリア株式会社  旭 利明 氏
  株式会社Eメールマーケティング研究所  西田 徹 氏
  2ちゃんねる  西村 博之 氏
  楽天株式会社  黒沼 篤 氏
  有限会社ストアゲート  島田 洋一 氏
  日本コカ・コーラ株式会社  足立 浩俊 氏
  工房ポラーノ  おかひろみ 氏
  インターワイヤード株式会社  斉藤 義弘 氏
  株式会社マーケティング ディレクションズ  篠原 秀明 氏
  新潮社  三辺 直太 氏
  株式会社エヌ・ティ・ティメディアクロス  西村 徳行 氏
  株式会社インデックス・ホールディングス  大森 洋三 氏
  ベスタグ株式会社  柴田 健一 氏
  株式会社アスキー  木下 修 氏
  トランスワールドジャパン株式会社  佐藤 浩志 氏
  株式会社アイレップ  紺野 俊介 氏
  株式会社アイレップ  渡辺 隆広 氏
  株式会社アイレップ  高山 雅行 氏
  株式会社アスキー  福岡 俊弘 氏
  株式会社はてな  伊藤 直也 氏
  シーネットネットワークスジャパン株式会社  西田 隆一 氏
  シックス・アパート株式会社  関 信浩 氏
  株式会社アイスタイル  吉松 徹郎 氏
  バリューコマース株式会社  ブライアン ネルソン 氏
  株式会社Jストリーム  古株 均 氏
  株式会社ミクシィ  笠原 健治 氏
  ヤフー株式会社  関 裕司 氏
  株式会社シーエーサーチ  岡本 保朗 氏
  株式会社ゼロスタートコミュニケーションズ  伊地知 晋一 氏
  株式会社ディー・エヌ・エー  川田 尚吾 氏
  株式会社ゆめみ  深田 浩嗣 氏
  株式会社ユビキタスエンターテインメント  清水 亮 氏
  株式会社RSS広告社  田中 弦 氏
  株式会社マーズフラッグ  西田 光良 氏
  株式会社エルゴ・ブレインズ  竹ノ内 崇 氏
  株式会社ネットプライス  伊藤 直 氏
  株式会社ニューズ・ツー・ユー  神原 弥奈子 氏
  株式会社ドリコム  内藤 裕紀 氏
  株式会社アドウェイズ  松嶋 良治 氏
  楽天株式会社  杉原 章郎 氏
  元マイクロソフト株式会社  塚本 良江 氏
  株式会社サンブリッジ  小川 浩 氏
  株式会社セプテーニ  佐藤 光紀 氏
  株式会社ECナビ  宇佐美 進典 氏
  株式会社WEB2.0  佐藤 匡彦 氏
  GMOアドネットワークス株式会社  井上 祥士郎 氏
  NHN Japan株式会社  森川 亮 氏
  株式会社サイバーエージェント  渡辺 健太郎 氏
  トランスコスモス株式会社  長谷川 武恒 氏
  ケイタイ広告株式会社  小野 達人 氏
  株式会社リヴァンプ  加藤 麻衣子 氏
  合資会社モリタ・デライト  森田 慶子 氏
  アンヴィコミュニケーションズ 望野 和美 氏
  株式会社クリエイティブホープ 大前 創希 氏
  株式会社セプテーニ・クロスゲート  小幡 好昌 氏
  株式会社デジタルフォレスト  前野 有美 氏
  シンフォニーマーケティング株式会社  庭山 一郎 氏
  株式会社オプト 福岡 裕高 氏
  株式会社レペリオ  池渕 宏 氏
  NTTレゾナント株式会社  小澤 英昭 氏
  金森マーケティング事務所  金森 努 氏
  GMO VenturePartners株式会社  村松 竜 氏

  E-LABOメンバーシップ企業 53 社

  *社名は、現在所属の社名に訂正しています。

---------------------------------------------------------------------
 ↓↓↓こちらにご記入のうえ、この部分のみ smile2@u-stage.jp 宛に
    メールでお送り下さい。
       
      【〆切 3/26(月)12:00】 =厳守=

 ●3月28日(水) 参加について ( )にご記入ください

 (1)本人   出席(   )     

 (2)本人以外の同伴者            (   )名

 氏名  ・・・
     会社名 ・・・
   
     氏名  ・・・
     会社名 ・・・

     ※特に人数制限はございません

 (3)合計           本人+同伴者(   )名
 
     注)確定人数をお知らせください

----------------------------------------------------------------------
 2.『プレミアJOB通信』 3/28 プレオープン!
----------------------------------------------------------------------

 Eビジネス研究所では、IT業界における優良な人材と優良な企業を結ぶ

 人材マッチングのための人材サポート事業『プレミアJOB通信』を

 スタートさせます。

 2000年6月からスタートしたEビジネス研究所の主催するセミナー・カンファ
 レンスの参加者はのべ12,000名を超えました。多くの実績の中からIT

 業界における人材のサポート活動を実践していきます。
 
 着々と準備は進んでおります! 
 正式には4/2にサイトのOPENを致します。
 
 3/28にプレオープンとして、ご興味のある皆様には登録のみ可能に

 なります。
 登録されました皆様から、随時ご連絡させていただいております。

 昨日も、未公開の求人情報をいただきました。
 これから大きく伸びる企業、注目される事業、そして何より、素晴らしい経
 営者と会社のメンバーです。
 
 いち早く、情報を知りたい方は、下記までメールをお送り下さい。

  ■1.企業紹介を受けたい方    ⇒ thanks@e-labo.net
  ■2.優秀な人材が欲しい企業さま ⇒ kimura@e-labo.net

            
--------------------------------------------------------------------
 3.【セミナーレポート】第79回「Eビジネス研究会」
--------------------------------------------------------------------

   今回は、過去【 2007年2月23日実施 第79回Eビジネス研究会 】
   開催されたレポートをお届けしています
 
______★第79回 Eビジネス研究会★_〔 2007.2.23実施〕_____

『Windows Vista登場!!
マイクロソフトが考えるWeb2.0を超えた次世代Webの姿とは』
~Software Plus Services
          次世代Webユーザーエクスペリエンスの実現~

マイクロソフト株式会社
デベロッパー&プラットフォーム統括本部
戦略企画本部 Webプラットフォーム推進 部
エバンジェリスト 鈴木 章太郎 氏

     *詳細はこちらからもご覧になれます。
     →http://www.e-labo.net/report79.html

     *当日の photo が見られます
→http://www.e-labo.net/photo/photo79.mov   

     *セミナーに参加された方のアンケート集計結果
     →http://ameblo.jp/ki6ra/entry-10026775641.html
 __________________________________

 79回目の今回は、マイクロソフト株式会社の鈴木章太郎氏をお迎えして、

 ソフトウェアとサービスの融合により実現される、ユーザーを中心とした

 次世代のWeb2.0などについてお話いただきました。

 

 ■Web2.0の登場とIT環境の変化
 
 現在のITを取り巻く環境の特徴は、「技術革新とユーザー自身の変化が

 相乗効果をなして、状況が日々刻々と変化している」ということです。
 例えば、これまでパソコン上でしか受け取れなかった情報が、今では

 携帯電話やPDAなど様々なデバイスを使って、色々な場所で受け取れる

 ようになりました。特に最近は、RSSのようにオンラインで更新通知のデー

 タを受け取ることが一般的になっており、それに対応するブラウザなども

 出てきました。
 また、これまでインターネットの広告は採算性が低いと言われてきました

 が、グーグルに代表されるように、広告に支えられたビジネスモデルが

 成立することも証明されてきました。
 
 このような環境変化の中で、いま盛んにいわれている「Web2.0」について、
 マイクロソフトでは、以下のような捉え方をしています。


 (1)プラットフォームとしてのWebのXML化……XHTMLなどがブログの

 主要な構成要素になったり、RSSのフィードなどがプラットフォームとし

 てのウェブのXML化を進めました。その結果、人気のあるサイトやブログ

 に人の関心が集まることになり、その判断に基づく新しい購買行動や

 情報の交流が活発になりました。  

 (2)「データ」を持つ者が強い時代に……企業・個人にかかわらず、カタ
 ログ的なデータを持つことが重視されるようになり、データを持つ者が

 市場の支持を得ています。
 

 (3)ソフトウェアリリースサイクルの終焉…サービス自体が日々更新

 されていくものであり、それがオンライン上のサービスの価値につな

 がる時代になりました。


 (4)軽量なプログラミングモデル……例えば、Webサイトを作る場合、

 これまでは複雑なコンピュータ言語的なものを使っていましたが、

 PHPのように手軽にコピー&ペーストができて、サービスの追加・

 削除が容易に行えるプログラミングモデルが求められるように

 なったことは、大きな変化といえます。

 
 (5)単一でデバイスを超えたレベルのソフトウェア……これまでは、

 携帯、パソコンなど各デバイスによって見られるコンテンツとそうで

 ないコンテンツがありました。しかし、ユーザーにはこれらを同じよう

 に扱いたいというニーズがあるため、それに応えるようなソフトウェア

 が今後増えてくるでしょう。


 (6)リッチなユーザーエクスぺリエンス……これが今回の大きな

 テーマですが、ユーザー中心のウェブ環境を考えた時、動画、音声、

 アニメーションなど、様々なコンテンツをいかに効果的に配信していく

 かということが、ますます重要になっています。

 上記のような環境変化に対してマイクロソフトが着目するのは、

 Web2.0とはユーザー主導の流れであり、その中で「いかに楽しく・

 面白く・心地よく」ソフトウェアを使ってもらうかという点です。

 そうした意味では、すべてのサービスを網羅的に提供することを考え

 るのではなく、自社の強みを生かすことが重要になると鈴木氏は

 いいます。
 
 ■シームレスなユーザーエクスペリエンスの提供

 Web2.0の流れは、人々の生活や仕事のスタイルにも様々な変化を起こ

 しています。人々は、仕事とそれ以外の生活を明確に区別しているわけ 

 ではありません。例えば、仕事もしつつ、次の旅行の計画やカレンダーの

 スケジュール管理等を意識しながら生活を営んでいるというのが現実の

 姿なのです。
 このような中で、次世代のWebに求められるのは、ユーザーが本当に使い

 易いと感じられるソフトウェアやサービスを提供することだと鈴木氏はいい

 ます。しかし、それにはソフトウェアだけでもサービスだけでも足りません。
 すなわち、両者の融合による「シームレスなユーザーエクスペリエンスの

 提供」こそが必要になります。
 マイクロソフトでは、「Software Plus Services」という考えのもとに、ソフ

 トウェアとサービスの融合によって、適材適所でシームレスなユーザー

 体験を提供していくコンテンツを提供しています。例えば、ソフトウェアと 
 サービス、パソコンと携帯などのデバイス、Webブラウザとその他の

 アプリケーション等、すべてをシームレスにつないでいくことで、より

 選択肢を増やしていくアプローチを行っています。以下では、

 この「Software Plus Services」について、具体的に見ていきます。
 
 ■Software Plus Services(ソフトウェアプラットフォーム)

 マイクロソフトでは、以下の5つのソフトウェアプラットフォームを、目に
 見える形で、ユーザーエクスペリエンスの一つとして提供していきたいと

 考えています。

 

 (1)Smart Clients……WindowsアプリケーションやWebアプリケーション
 等が、非常にリッチなコンテンツを提供する上で、提供する方法や視覚

 化していくための方法を考えるときに重要になります。 
 

 (2)ブラウザ……よりリッチなブラウザ上の体験をユーザーに対し提供    

 することが必要となります。
  

 (3)RSS…RSSは、ユーザーインターフェイスとは関係ないようにも見え

 ますが、ユーザーがデスクトップやブラウザ、アプリケーション上で

 情報を組み合わせられるという意味では、RSSもユーザーエクスペリ

 エンスの一つではないかと考えます。

 (4)Media Center……テレビインターネットPCを使ってメディアを「見 
 る」「聞く」ということに特化した機能です。当然、リッチなコンテンツの
 発信に有効なものとなっています。

 (5)Windows Mobile……PDA端末や携帯電話などモバイルデバイス

 のためのプラットフォームです。


 ■Software Plus Services(サービスプラットフォーム)

 次に、マイクロソフトが提供するサービスプラットフォームについて見てい
 きます。
 1つ目は、簡単なことですが、ホスティングのソリューションというものを
 常に持っています。これは、Windowsベースのホスティングをサーバー等

 にホスティングすることができるということです。どちらかというとビジネス
 的なソリューションで、企業向けのセクションといえます。


 2つ目は、Windows Liveを中心とするLive Serviceです。Office Live、 
 Xboxといった多彩で革新的なサービスが用意されています。また、

 この中のサーチサービスについては、グーグル等も最近出されています

 が、弊社も Webやイントラネット、デスクトップアプリケーションなど様々

 なサービスの中で横断的にサーチできるような仕組みを提供しています。

 

■次世代Webの構築に向けた着眼点

 これまで見てきたように、マイクロソフトではサービスとソフトウェア両者
 のプラットフォームを組み合わせることによって、Web2.0に次ぐ次世代の
 Webのようなビジネスが考えられるのではないかといいます。
 例えば、企業向け、個人向けともに今後の期待として考えられるものは、

 高度なユーザーエクスペリエンスを提供する上でのセキュリティや、

 Webのプラットフォーム化、そしてWeb上にある情報をシームレスに連携

 していくという事です。
 

Web2.0を語る上では、最近よく「マッシュアップ」という言葉が使われてい
 ます。一般的には、ユーザーが自由にアクセスできる、あるいはインスト

 ールなどが必要無いようなサービスを提供するという意味で使われる

 ことが多いですが、鈴木氏は、本来そうではなく、異なる認証基盤の、

 異種のプラットフォームを組み合わせてマッシュアップしていかなければ、

 単独のプラットフォームだけではなかなか実現しないと強調します。
 また、今後はそうした観点をユーザーエクスペリエンス、プロセスの最適

 化などに応用し、システムの開発やプロジェクトにあたって欲しいといい

 ます。

 

 ●質疑応答


 Q1.マイクロソフトさんのイメージとして、やはりPCに強いというイメー
 ジがありますが、モバイルに関してはどのように考えているのか教えて

 下さい。


 A1. 弊社では、モバイルに関しては、Windows Mobileというものを展開
 しており、こちらもノートPC上のOutlookを立ち上げるのに変わり得る端末
 として結構、はやり出してきています。
 また、今日ご紹介したWPFはVista限定ですが、今後は、これのサブセット

 であるWPF/E(Everywhere)という物をリリースする予定です。マッキントッ
 シュやリナックス、携帯も含めて非常に多くのデバイスをサポートする、

 リッチなユーザーエクスペリエンスを実現するプレゼンテーション技術

 です。
 プラットフォーム自体がWindows Mobileになっているものに加えて、

 普通の携帯電話で実行できるようなランタイムエンジンという形で捉えて

 いただければよいと思います。


 Q2.エンタープライズ2.0が出現すると、(Vistaを使った前提で考える 
 と)日本の企業がVistaを導入してエンタープライズになっていくかと

 いった、予測や方向性について教えて下さい。 
 

 A2. Vistaについては、11月に企業向けを、1月末にコンシューマー向け
 を出荷させて頂きました。現状、コンシューマー向けの立ち上がりは予想 

 以上に早いものの、企業向けの方はすぐに伸ばしていくことはできないと

 思っています。そういった意味でWPFの例をとりますと、例えば、XPユー

 ザーのことを考えたアプリケーションの設計をしていく配慮が必要だと考

 えています。その場合、見た目や実行環境というのは、.NET Framework

  3.0をダウンロードしてインストールして戴ければ一緒にできます。

 そういう意味では、XPも十分使えると思います。

 

 Q3.グーグルさんのお話はふれられる事も多いと思うのですが、例えば 
 ハードウェアで成功したのはIBMですが、売却してしまいました。ソフトウ
 ェアでマイクロソフトさんが出てきて、次にどうなるのか?グーグルに食

 われてしまうのではないかという話を巷ではよく聞きます。結局、真意は

 わからないのですが、実際はどのようにお考えですか? 
 

 A3. 公式見解と私の意見では若干違いがあるのですが、グーグルさん

 は、最近、エンタープライズアプリケーションというに近いサービスを

 出されて、そういう意味ではオンラインの方に全てのソフトウェアが

 移っていくのではないか、サービス化するのではないか、という話を

 メディアでよくされる方がいます。

 
 しかし、我々はそのようには思っていなくて、やはり携帯電話とかPCとか、
 現在普通に使っているソフトウェアやデバイスはそのまま使っていきた

 いというのがユーザーの心理だと思いますので、その中でどのような

 ユーザーエクスペリエンスを提供していくべきかということを考えてい

 ます。結局、サービスだけあってもダメで、その入り口が必要かつ

 重要です。また、何もかもブラウザだけでできるわけではないので、

 ソフトウェアの方も重要だと我々は考えています。

 これがSoftware Plus Servicesという考え方です。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2007-03-21 14:27:38

【印象に残ったセッション・注目しているテーマは?JANES-Wayのアンケートから】

テーマ:メルマガ

こんにちは!【Eビジネス研究所】です。


先日、国際IT財団の行事に参加、JANES-Wayのプレゼンをさせていただき

ました。理事長であるウシオ電機の牛尾会長にお会いし、経済同友会の

元代表幹事の威風に驚愕し、帰ってきました。

                     代表理事 木村  


━◆INDEX◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1. JANES-Way アンケート集計結果
2.『プレミアJOB通信』3/31スタート 事前受付開始
3. 第5回 EMクラブ≪完全招待制 限定企画≫2007.3.28(水)最終申込み
 4. Akiba Party を企画中!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

----------------------------------------------------------------------
 1. JANES-Way アンケート集計結果
----------------------------------------------------------------------

 随分とお待たせしてしまいましたが、2006年11月15日(水) ベルサール

九段にて行われましたJANES-Way episode2 のアンケート結果が

出来ました。
 各セッション企業様からの資料を整理するのに手間取り、遅くなった

ことをお詫び致します。
 さて、印象に残ったセッション、よく見るメディア、注目しているテーマ・
人・会社は、以下の通りとなりました。参考にご覧下さい。

 

詳細はコチラからもご覧になれます。(グラフ表示)
  ⇒ http://janes-way.net/ep2_question.html

 

<<アンケート結果>>


 1.印象に残ったセッション

 第1位  【基調講演】慶応義塾大学/(財)国際IT財団 中村伊知哉氏 
 第2位  パネルディスカッション
       「激変するメディア、CGMの可能性と未来について」    
  ■モデレーター
  慶応義塾大学/財団法人国際IT財団 教授/専務理事 中村伊知哉 氏

  ■パネラー
  日本テレビ放送網(株) 第2日本テレビ事業本部ED  土屋敏男 氏
  フジテレビラボLLC 代表者 時澤正 氏
  (株)サイバーエージェント アメーバ事業本部マネージャー一谷幸一 氏
  データセクション(株) 代表取締役 橋本大也 氏      

 第2位  チームラボ                     
 第3位  【基調講演】早稲田大学IT戦略研究所/
      早稲田大学商学部・大学院 根来龍之氏    
 第4位  WEB2.0                       
 第4位  マクニカ                    
 第5位  リアルコミュニケーションズ

 2.よく見るメディア(複数回答可)

 第1位  ITmediaエンタープライズ        
 第2位   株式会社Impress Watch        
 第3位  @IT                 
 第4位  株式会社インプレスR&D     
 第5位  株式会社アスキー           
   
3.注目しているテーマ・人・会社(複数回答可)

 [テーマ]
Webマーケティング          15%
モバイルコマース・マーケティング     12%
    ネットビジネス全般               12%
    ブログ                        7%
    SEO/SEM        7%
    SNS 7%
    アクセスログ解析 6%
    企業ホームページ 6%
    RSS/XML 6%
    アフィリエイト 5%
    LPO(ランディングページ最適化) 5%
    検索連動型広告 5%
    ユビキタス 4%
    情報セキュリティ 3%
   
 [人]
    データセクション 橋本大也 氏
    ユビキタスエンターテインメント 清水亮氏
    サイボウズ 小川浩氏
    チームラボ 猪子寿之氏
    その他
 [会社]
    株式会社ドリコム
    DeNA
    ユビキタスエンターテインメント
    Google
    ゆめみ/Sweet
    その他 
 
 4.会場について
    近い      21%
    普通              71%
    遠い            8%

 5.料金について
    安い              10%
    ちょうどよい          72%
    高い              18%

 6.ブースについて
    参考になった           21%
    普通             50%
    あまり参考にならなかった     19%
    不要            10%

 7.セッションの時間について
    短い           27%
    普通            70%
    長い            3%

 8.このイベントをどこで知りましたか?
ブログ          13%
メーリングリスト     4%
メールマガジン      37%
ホームページ           15%
キーワード検索          2%
口コミ          22%
その他          7%

 
 9.全体の満足度
    よかった           15%
    まあまあ         47%
    普通           31%
    あまりよくない       5%
    よくない           2%

 10.参加しやすいセッションの時間帯(複数回答可)
    午前               16%
    午後             35%
    夕方           18%
    夜            14%
    平日               13%
    土日               4%

 11.キャリアアップについて
    興味がある 72%
    興味がない 28%

 12.転職サイトに登録したことがありますか?
ある 52%
ない 48%

 13.Eビジネス研究所の活動に興味はありますか?
関わってみたい 43%
どちらでもない 49%
興味がない 8%

 14.ご意見、ご感想、ご要望などございましたらご記入下さい。

   ・この業界のスピード感が好きです。
   ・インターネットの世界は、最終的にはやはり、人と人を繋ぐもの=ひ
    とありきと日々実感しております。  
   ・また行きます。
   ・事務局の皆様、大変お疲れ様でした!次回イベントを楽しみにしてお
    ります。
   ・今頃、イベントの件でアンケート調査されても、質問内容を思い出す
    のに、困る。わざわざ、『JANES-Way』episode2のサイトを参照して、
    回答している状況です。
   ・プログラム、欲張りすぎて多すぎます。聴きたいセッションの時間が
    重なり、選択と時間調整に苦労し、欲求不満も残った。
   ・ダウンロードのサービスはプレゼンする企業への告知を徹底していた
    だいて、セッション翌日には公開していただきたいです。
   ・前回は行きたいプログラムが重なっていたり、時間がずれて参加した
    いものが続いていて、1コマをすべて純粋に聞くことが出来なかった
    のが残念でした。
   ・セッションの内容が全体的に薄かった。(踏み込んだ話をあまりして
    いない)単なる事業紹介に近い。
   ・受講料をとるならもう少し深い話が欲しかった
   ・開催時間が毎回重なっていて、途中で抜ける時に後援者の人にどう

しても失礼になってしまい気が引けました。もう少しキャパの大きいと
    ころで開催時間を気にせず聞けるようにしていただけるとなおいいで
    す。


 参加された皆様、アンケートにご協力いただきました皆様、アンケート集計
 にご協力いただいたnanoty(http://nanoty.jp/ )様に深く御礼申し上げます。
 次回のJANES-Wayに参考にさせていただきたいと思います。
 
----------------------------------------------------------------------
 2. 『プレミアJOB通信』3/31スタート 事前受付開始
----------------------------------------------------------------------

 Eビジネス研究所では、IT業界における優良な人材と優良な企業を結ぶ

人材マッチングのための人材サポート事業『プレミアJOB通信』を

スタートさせます。

 

 2000年6月からスタートしたEビジネス研究所の主催するセミナー・カンファ
 レンスの参加者はのべ12,000名を超えました。多くの実績の中からIT

 業界におけるサポート活動を実践していきます。
 
 現在、以下について事前申込みを受け付けております。

  ■1.企業紹介を受けたい方    ⇒ thanks@e-labo.net
  ■2.優秀な人材が欲しい企業さま ⇒ kimura@e-labo.net

 ご興味のある方はメールをお送り下さい。  

----------------------------------------------------------------------
 3. 第5回 EMクラブ≪完全招待制 限定企画≫2007.3.28(水)のご案内
----------------------------------------------------------------------

 〆切まで一週間、残席あとわずか・・・
 
 3月28日(水)第5回 EM(エム)クラブを開催いたします。
 参加対象者様とこれまでにEMクラブにご参加いただいた方限定の、
 完全招待制のクローズドなパーティーとなっております。
 
 参加ご希望の方は、3月20日(火)20:00までにこのメールの下記フォーム
 にご記入の上、smile2@u-stage.jp 宛にメールでお送りくださいますよう
お願いいたします。
 
 今回参加される、Eビジネスマイスターを一部ご紹介させていただきます。
 最近Eビジネスマイスターしていただいた方になります。
 他のEビジネスマイスターも参加を予定しております。


 ■発起人    株式会社オプト 取締役CEO   海老根 智仁 氏
 ■Eビジネスマイスター  
  ・マイクロソフト株式会社
       デベロッパー&プラットフォーム統括本部
       戦略企画本部 Webプラットフォーム推進部
       エバンジェリスト          鈴木 章太郎 氏
  ・サイボウズ株式会社  取締役副社長     津幡 靖久 氏
・サーチテリア株式会社 代表取締役      大森 拓也 氏
  ・他 

 普段のEビジネス研究会の懇親会では少ししかお話できなかったあの

 マイスターとも、ゆっくりお話できるチャンスです!
  
 皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。

 ※ EM(エム)クラブとは・・・
 Eビジネス研究所主催のセミナー、および『JANES-Way』カンファレンスに
 おいて、出展・スピーカーをした人々を対象とした限定のクラブ。
 Eビジネス研究会では、スピーカーを
 Eビジネスマイスター=EM(エム)とお呼びしています。
 
 →第1回EMクラブ 2005.12.02(金)
    http://ameblo.jp/ki6ra/day-20051205.html
 →第2回EMクラブ 2006.03.10(金)
    http://ameblo.jp/ki6ra/entry-10010120746.html
 →第3回EMクラブ 2006.06.22(木)
    http://ameblo.jp/ki6ra/entry-10014044737.html
 →第4回EMクラブ 2006.09.21(木)
    http://ameblo.jp/ki6ra/entry-10017478988.html

 ■日 時 3月28日(水)20:00~22:40

 ■場 所 都内某所を貸切にて実施
      申込者のみにご案内します(完全招待制限定企画のため)

 ■定 員 80名
      お申込の先着順で閉め切らせていただきます。

 ■参加費 10,000円

 ■参加申込締切日 →3月20日(火)20:00まで 【厳守】

 ■対象者
 Eビジネス研究所主催のセミナー、カンファレンス等で関わりのある企業様
 
 1)Eビジネス研究会
   http://www.e-labo.net/seminar_past.html
 2)Eビジネス研究所共催セミナー
http://www.e-labo.net/ac001.html
 3)『JANES-Way』カンファレンス(=E-LABOメンバーシップ)
http://www.u-stage.jp/janesway/index.html#member
 4)その他
参加対象者の方からによる紹介客
   社員、友人、知人の招待・同伴をお願いします。。。。。

 ■発起人
  株式会社ネットエイジグループ 代表取締役 西川 潔
  株式会社オプト 取締役CEO 海老根 智仁
  Eビジネス研究所 代表理事 木村 誠 
 
 ■対象者および参加予定者 ○の方は、今回新規の方です

 ○マイクロソフト株式会社  鈴木 章太郎 氏
 ○サイボウズ株式会社  津幡 靖久 氏
 ○チームラボ株式会社  猪子 寿之 氏
 ○フジテレビラボLLC合同会社  時澤 正 氏
 ○サーチテリア株式会社  大森 拓也 氏
 ○サーチテリア株式会社  旭 利明 氏
  株式会社Eメールマーケティング研究所  西田 徹 氏
  2ちゃんねる  西村 博之 氏
  楽天株式会社  黒沼 篤 氏
  有限会社ストアゲート  島田 洋一 氏
  日本コカ・コーラ株式会社  足立 浩俊 氏
  工房ポラーノ  おかひろみ 氏
  インターワイヤード株式会社  斉藤 義弘 氏
  株式会社マーケティング ディレクションズ  篠原 秀明 氏
  新潮社  三辺 直太 氏
  株式会社エヌ・ティ・ティメディアクロス  西村 徳行 氏
  株式会社インデックス・ホールディングス  大森 洋三 氏
  ベスタグ株式会社  柴田 健一 氏
  株式会社アスキー  木下 修 氏
  トランスワールドジャパン株式会社  佐藤 浩志 氏
  株式会社アイレップ  紺野 俊介 氏
  株式会社アイレップ  渡辺 隆広 氏
  株式会社アイレップ  高山 雅行 氏
  株式会社アスキー  福岡 俊弘 氏
  株式会社はてな  伊藤 直也 氏
  シーネットネットワークスジャパン株式会社  西田 隆一 氏
  シックス・アパート株式会社  関 信浩 氏
  株式会社アイスタイル  吉松 徹郎 氏
  バリューコマース株式会社  ブライアン ネルソン 氏
  株式会社Jストリーム  古株 均 氏
  株式会社ミクシィ  笠原 健治 氏
  ヤフー株式会社  関 裕司 氏
  株式会社シーエーサーチ  岡本 保朗 氏
  株式会社ゼロスタートコミュニケーションズ  伊地知 晋一 氏
  株式会社ディー・エヌ・エー  川田 尚吾 氏
  株式会社ゆめみ  深田 浩嗣 氏
  株式会社ユビキタスエンターテインメント  清水 亮 氏
  株式会社RSS広告社  田中 弦 氏
  株式会社マーズフラッグ  西田 光良 氏
  株式会社エルゴ・ブレインズ  竹ノ内 崇 氏
  株式会社ネットプライス  伊藤 直 氏
  株式会社ニューズ・ツー・ユー  神原 弥奈子 氏
  株式会社ドリコム  内藤 裕紀 氏
  株式会社アドウェイズ  松嶋 良治 氏
  楽天株式会社  杉原 章郎 氏
  元マイクロソフト株式会社  塚本 良江 氏
  株式会社サンブリッジ  小川 浩 氏
  株式会社セプテーニ  佐藤 光紀 氏
  株式会社ECナビ  宇佐美 進典 氏
  株式会社WEB2.0  佐藤 匡彦 氏
  GMOアドネットワークス株式会社  井上 祥士郎 氏
  NHN Japan株式会社  森川 亮 氏
  株式会社サイバーエージェント  渡辺 健太郎 氏
  トランスコスモス株式会社  長谷川 武恒 氏
  ケイタイ広告株式会社  小野 達人 氏
  株式会社リヴァンプ  加藤 麻衣子 氏
  合資会社モリタ・デライト  森田 慶子 氏
  アンヴィコミュニケーションズ 望野 和美 氏
  株式会社クリエイティブホープ 大前 創希 氏
  株式会社セプテーニ・クロスゲート  小幡 好昌 氏
  株式会社デジタルフォレスト  前野 有美 氏
  シンフォニーマーケティング株式会社  庭山 一郎 氏
  株式会社オプト 福岡 裕高 氏
  株式会社レペリオ  池渕 宏 氏
  NTTレゾナント株式会社  小澤 英昭 氏
  金森マーケティング事務所  金森 努 氏
  GMO VenturePartners株式会社  村松 竜 氏

  E-LABOメンバーシップ企業 53 社

  *社名は、現在所属の社名に訂正しています。

---------------------------------------------------------------------
 ↓↓↓こちらにご記入のうえ、この部分のみ smile2@u-stage.jp 宛に
    メールでお送り下さい。
       
      【〆切 3/20(火)20:00】 =厳守=

 ●3月28日(水) 参加について ( )にご記入ください

 (1)本人   出席(   )     

 (2)本人以外の同伴者            (   )名

 氏名  ・・・
     会社名 ・・・
   
     氏名  ・・・
     会社名 ・・・

     ※特に人数制限はございません

 (3)合計           本人+同伴者(   )名
 
     注)確定人数をお知らせください

----------------------------------------------------------------------
 4. Akiba プレミア Party 企画中!
----------------------------------------------------------------------
            
 Eビジネス研究所が秋葉原を拠点にしてから、9ヶ月が過ぎました。
 秋葉原の駅前は、続々と新しいビルが立ち並び、以前とはまるで違う美し
 いイルミネーションの街へと変化しております。
          
 先日、そんな秋葉原を一望できる某マンションのラウンジにて、少人数制
 のPartyを開催しました。
   
 今後、秋葉原をITの発信地として、Eビジネス研究所では、新たにIT業界

 の熱い人々を集めていきたいと思っております。

 貴方のところにもEビジネス研究所から、Akiba プレミア Partyの招待状が
 こっそり届くかもしれません。

 秋葉原一番のシチュエーションにお招きいたします。
 お楽しみに!
 
=================【Eビジネス研究所 サポーター募集】 =================

 Eビジネス研究所では、ITおよびネットビジネス業界に興味があり、研究し
 たい!というサポーターを募集しております。
 毎月行われるEビジネス研究会の企画、または当日の運営をサポートし

 一緒にこの業界を盛り上げていきませんか?

 新たに、社会人2名、学生2名のサポーターが加わりました。

  詳しくはコチラ ⇒ http://www.e-labo.net/staff.html
======================================================================

いいね!した人  |  リブログ(0)
2007-03-07 18:43:30

【『プレミアJOB通信』3/31スタート事前受付開始】

テーマ:メルマガ

こんにちは!【Eビジネス研究所】です。

Eビジネス研究会は「参加した者がお互いに有益な時間を創り出す空間」

をコンセプトに、今後ますます充実した内容のセミナーを実施して

まいります。


━◆INDEX◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1. 『プレミアJOB通信』3/31スタート 事前受付開始
2. 第80回 :::Eビジネス研究会::: 2007.03.30(金)のご案内
3. 第5回 EMクラブ≪完全招待制 限定企画≫2007.3.28(水)のご案内
 4. 第79回 :::Eビジネス研究会::: アンケート結果

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

----------------------------------------------------------------------
 1. 『プレミアJOB通信』3/31スタート 事前受付開始
----------------------------------------------------------------------

 Eビジネス研究所では、IT業界における優良な人材と優良な企業を結ぶ

人材マッチングのための人材サポート事業『プレミアJOB通信』をスタート

させます。


2000年6月からスタートしたEビジネス研究所の主催するセミナー・カンファ
レンスの参加者はのべ12,000名を超えました。多くの実績の中からIT業

界におけるサポート活動を実践していきます。
 
現在、以下について事前申込みを受け付けております。

 

 ■1.企業紹介を受けたい方    ⇒ thanks@e-labo.net
 ■2.優秀な人材が欲しい企業さま ⇒ kimura@e-labo.net


 ご興味のある方はメールをお送り下さい。  1次〆切 3月14日(水)

----------------------------------------------------------------------
 2.■□■ 第80回 :::Eビジネス研究会::: 2007.3.30(金)■□■
----------------------------------------------------------------------

 「セカンドライフ」は大注目であり、申込みが殺到しております。
 申込みは早めにどうぞ!!

 次回の、第80回Eビジネス研究会では、今、巷で大ブレイクしている「セカ
 ンドライフ」米リンデン・ラボ(インターネット上の3次元の仮想世界)に
 ついて、野村総合研究所からその道に最も詳しいとされる山崎秀夫氏を

お迎えしてお送りします。


 セカンドライフの加熱ぶりはかなりのもので、既にトヨタ、日産、などなど
 既に多くのナショナルクライアントが動き始めているといわれています。

 ネットビジネスのブームの変遷や、それによる環境変化、広告媒体として

の価値の変化など、過去、いつくかあったブームとよく似ているといわれて

います。SNSやユーチューブの時と状況がよく似ている点、などについて

お話をしていただきます。


 この「セカンドライフ」の日本語化は春頃という未だ漠然とした噂話の域を
 出ない状況ではありますがもしかすると、開催日の3月30日には日本語

版がオープンし、その実態がより明らかになるかもしれません。


 この3D仮想空間は最近ではメタバースと呼ばれ、ネットを全く変えてしま
 うのではという見方も多く、また究極のCGMとも言われています。そんな 
 「セカンドライフ」から見えるネットの未来形を探ってみたいと思います。


 *米リンデン・ラボ http://lindenlab.com/  
  「セカンドライフ」http://secondlife.com/
           http://secondlife.com/world/jp/

----------------------------------------------------------------------

 ■第1部■ セミナー

 テ ー マ:『仮想コミュニティ「セカンドライフ」と
                 マーケティングとしての可能性』
       ~Web2.0の中での仮想世界の立ち位置を考えよう!!~

 Eビジネス:株式会社野村総合研究所
 マイスター 社会ITマネジメントコンサルティング部
       主席研究員  山 崎 秀 夫

    お申込みはこちらから→→→http://www.e-labo.net

━【セミナー概要】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 春先にオープンすると言われているセカンドライフ日本版に広告代理店、

マスコミ、そして企業の動きが過熱している。本セミナーではセカンドライフ
 のWeb2.0上での立ち位置、マーケティングの可能性、更に問題点などを

明らかにし、仮想世界の今後の活用の方向性について説明します。


ブログ、SNS、テレビ、百貨店などとセカンドライフのマーケティングの比較

も試みます。


 1、セカンドライフ流行の背景 
    ―広告費と言うお金が動き始めた。 
    -仮想世界にもお金が流れ始めた。

 2、Web2.0の中での仮想世界コミュニティの立ち位置
    -ブログやSNS、YouTube等の動画の中で何が特徴なのか? 
    -匿名性の世界、ゲームの世界の広がり?
 3、企業は何故セカンドライフのマーケティングに走るのか? 
    -有名メーカーもベンチャー企業も 
    -多くが人のまばらなパビリオン
 4、セカンドライフの可能性、仮想コミュニティの可能性
    -何が生活者にとって魅力なのか?
 5、仮想コミュニティの未来をイメージしよう
 
 6、 Q&A

 ■第2部■ 懇親パーティー

 「山崎 秀夫 氏 を囲んで名刺交換&懇親パーティー」

----------------------------------------------------------------------
                                   
 □ 日程  3月30日(金)                          

 □ 時間  受 付           18:30 ~
       第1部 セミナー・Q&A   19:00 ~20:40
       第2部 懇親パーティー    20:50 ~22:00

 □ 場所  ちよだプラットフォームスクウェア 5F
       (地図 http://yamori.jp/modules/tinyd2/index.php?id=10 )

 □ 住所  〒101-0054
       東京都千代田区神田錦町3-21
      
 □ 参加費 セミナー当日現金払 または 銀行振込
       名刺を2枚ご用意下さい。(名札用と受付用)
      
     【登録メンバー】
      一般 6,000円 (すべて含む)
      学生 1,000円 (すべて含む)

      第1部 セミナー+ 第2部 懇親パーティー(軽食・ドリンク付)

 □ 定員  60名
      (申込み先着順・定員を超えた場合は、お断りすることがござ
       います。)

  お申込みはこちらから→→→http://www.e-labo.net

  ※上記内容は、予告なく変更される場合がございます。
  ※ネットワークビジネス、宗教目的等の方お断りいたします。

----------------------------------------------------------------------
 3. 第5回 EMクラブ≪完全招待制 限定企画≫2007.3.28(水)のご案内
----------------------------------------------------------------------

 3月28日(水)第5回 EM(エム)クラブを開催いたします。
 参加対象者様とこれまでにEMクラブにご参加いただいた方限定の、
 完全招待制のクローズドなパーティーとなっております。

 お忙しいこととは思いますが、業界のアクティブなプレーヤーが集うこの

EMクラブに是非ご参加下さい。


 参加ご希望の方は、3月20日(火)20:00までにこのメールの下記フォーム
 にご記入の上、smile2@u-stage 宛にメールでお送りくださいますようお願
いいたします。

 皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。

 ※ EM(エム)クラブとは・・・
 Eビジネス研究所主催のセミナー、および『JANES-Way』カンファレンスに
 おいて、出展・スピーカーをした人々を対象とした限定のクラブ。
 Eビジネス研究会では、スピーカーを
 Eビジネスマイスター=EM(エム)とお呼びしています。
 
 ■日 時 3月28日(水)20:00~22:40

 ■場 所 都内某所を貸切にて実施
      申込者のみにご案内します(完全招待制限定企画のため)

 ■定 員 80名
      お申込の先着順で閉め切らせていただきます。

 ■参加費 10,000円

 ■参加申込締切日 →3月20日(火)20:00まで 【厳守】

 ■対象者
 Eビジネス研究所主催のセミナー、カンファレンス等で関わりのある企業様
 
 1)Eビジネス研究会
   http://www.e-labo.net/seminar_past.html
 2)Eビジネス研究所共催セミナー
http://www.e-labo.net/ac001.html
 3)『JANES-Way』カンファレンス(=E-LABOメンバーシップ)
http://www.u-stage.jp/janesway/index.html#member
 4)その他
参加対象者の方からによる紹介客
   社員、友人、知人の招待・同伴をお願いします。。。。。

 ■発起人
  株式会社ネットエイジグループ 代表取締役 西川 潔
  株式会社オプト 取締役CEO 海老根 智仁
  Eビジネス研究所 代表理事 木村 誠 
 
 ■今回新規の対象者はコチラ↓

 ○マイクロソフト株式会社  鈴木 章太郎 氏
 ○サイボウズ株式会社  津幡 靖久 氏
 ○チームラボ株式会社  猪子 寿之 氏
 ○フジテレビラボLLC合同会社  時澤 正 氏
 ○サーチテリア株式会社  大森 拓也 氏
 ○サーチテリア株式会社  旭 利明 氏
 
    他、E-LABOメンバーシップ企業 53 社

  *社名は、現在所属の社名に訂正しています。

---------------------------------------------------------------------
 ↓↓↓こちらにご記入のうえ、この部分のみ smile2@u-stage 宛に
    メールでお送り下さい。
       
        【〆切 3/20(火)20:00】 =厳守=


 ●3月28日(水) 参加について ( )にご記入ください

 (1)本人   出席(   )     

 (2)本人以外の同伴者            (   )名

 氏名  ・・・
     会社名 ・・・
   
     氏名  ・・・
     会社名 ・・・

     ※特に人数制限はございません

 (3)合計           本人+同伴者(   )名
 
     注)確定人数をお知らせください

----------------------------------------------------------------------
 4. 第79回 :::Eビジネス研究会::: アンケート結果
----------------------------------------------------------------------

 79th Eビジネス研究会(2007.2.23開催)のアンケート集計結果が
 まとまりました。

 詳細はコチラからもご覧になれます。
      ⇒ http://ameblo.jp/ki6ra/entry-10026775641.html

 『Windows Vista登場!!
 マイクロソフトが考えるWeb2.0を超えた次世代Webの姿とは』
 
 マイクロソフト株式会社
 デベロッパー&プラットフォーム統括本部
 戦略企画本部 Webプラットフォーム推進部
 エバンジェリスト    鈴木 章太郎 氏

 セミナー詳細 http://www.e-labo.net/seminar79.html

 1)今回参加の目的は

   情報収集(18)
   ・windowsの今後の展望 何を考えているのか
   ・vista登場でWebサイトにどのような影響/インパクトが出そうなのか
   ・vistaアプリケーションについての詳細機能
   ・Web2.0系
   ・マイクロソフト殿が考えている方向性が知りたかった
   ・vistaのことについて知りたかった
   ・visutaでどんなことができるのか知りたかったです
   ・vista及びMICROSOFTの今後の展開について

   人脈形成(7)

   その他(0)

 2)今日の感想、その他
      
  ・最新のIT情報を収集できました
 ・今後のIT展開がイメージできました
 ・今後とも参加させていただきたい
 ・“使いやすさ”(ユーザから見た)のレベルが自分が想像していた
    よりはるかに上であり衝撃的でした
 ・WPFのデモがとてもよかったです
 ・今後の展開や方向性について聞かせていただき大変ためになった
 ・vistaのデモに興味を持った
 ・WPFに興味があります
 ・デモの部分をもっと長めにしてほしかった
 ・MSNについての話も聞きたかった
 ・技術の話が多すぎましたね
 ・Windows Vista上で機能するという限定的な部分と今後の普及の課題
    という業界情報が聞けたので参考になった
  ・ソフトウェア関連についてはあまり詳しくないのでわかりにくかった
  ・説明が長い
  ・デモはわかりやすかった

3)今後取り上げてほしいテーマ・人・会社

   テーマ ・・・モバイルコマース・マーケティング(8)
          情報セキュリティ(2)
          アクセスログ解析
          Webマーケティング(10)
          ブログ(3)
          企業ホームページ
          ユビキタス  
         RSS/XML(3)
          SEO/SEM
          検索連動型広告
          SNS(6)
          ネットビジネス全般(3)
          経営関係
          cmode
          自動販売機×web
          mobileの展望

   人   ・・・松井証券 松井道夫氏

   会社  ・・・松井証券
          コカコーラ(自動販売機×web)
         jig.jp
         ゲーム制作の企業
         任天堂
         大学
 
 5) 御社のビジネスについて
   
   BtoB   ⇒ 52%
   BtoC   ⇒ 38%
   その他  ⇒ 10%
 
 6)研究会の情報をどこで知りましたか?
 
   ブログ    ⇒ 52%
   ホームページ  ⇒ 38%
   メルマガ    ⇒ 10%

=================【Eビジネス研究所 サポーター募集】 =================

 Eビジネス研究所では、ITおよびネットビジネス業界に興味があり、研究し
 たい!というサポーターを募集しております。
 毎月行われるEビジネス研究会の企画、または当日の運営をサポートし一緒
 にこの業界を盛り上げていきませんか?

  詳しくはコチラ ⇒ http://www.e-labo.net/staff.html
======================================================================

------【Eビジネス研究所】編集後記-------------------------------------

 次回のEビジネス研究会、「セカンドライフ」ちまたでも噂ですね。
 あの有名なエ○25でも、取り上げられてました。
 先日のメルマガ発行後に、びっくりするほどの申込みがきております!
 今回は定員オーバーになるのでは!?
 是非!早めに申し込んでくださいね!           村松


  <ソフトバンク ビジネス+IT :::Eビジネス研究会::: 特設PAGE>
    ⇒ http://www.sbbit.jp/article/4247/



いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。