2006-03-27 12:30:08

69th Eビジネス研究会アンケート結果

テーマ:Eビジネス研究会

69th Eビジネス研究会(2006.3.24開催)のアンケート集計結果が
まとまりました。

『1日で分かる!決定版、SEMの最新事情と成功の秘訣』
~SEOの第一人者が語る 検索エンジンマーケティングの極意とは~

株式会社アイレップ サーチエンジンマーケティング総合研究所
所長 渡辺 隆広 氏
セミナー詳細 http://www.e-labo.net/seminar69.html


1)今回参加の目的は

   情報収集(34)
    ・実践的・最新の情報を知りたかったので
    ・LPOについて
    ・SEO 対策についての詳細
    ・サイトリニューアル時に将来性を考慮しながら
    ・どのような点を検討すべきか
    ・SEMの現状と展望(米国事情より先取り)
    ・自社サイトの対策
    ・SEMの最新事情を知りたかった
    ・新たな手法などを知りたく参加しました
    ・マーケティング手法の研究
    ・SEO、SEMの最新動向を知りたいので
    ・仕事に役立つように
    ・web制作の現状を知るため
    ・RSSによってSEO、SEMはどう変わるのかを知りたかった
    ・SEO、SEMについて理解を深めたい
    ・SEMについて
    ・web上で卒論を書くのにどうやってトラフィックを得るのか
    ・SEOやSEMに興味があった
    ・最新動向

   人脈形成(5)

    ・視野を広げるためにも異種同業者の方と交流を深めたかった
     ので
    ・自社での取組みとしまして、今後コンテンツ運営にも注力を
     向けていく為、情報交換をしてくれる方、又広告代理店として
     見た時に今後伸びる媒体を引く為
    ・ビジネスについて広い範囲の人脈がほしい
    ・今後のビジネスにつながるような出会いがあれば


  その他(2)
    ・固定観念にとらわれず広い視点で業界を認知する力を得る為
    ・mail検索エンジンについて
    ・勉強


2)今日の感想、その他
    69-1
    ・話に多くの事例が含まれていて、内容は高度だったがわかり
     やすかった
    ・すみません。お話が少し私には難しかったので・・・
    ・最新の情報がたくさん学べて期待していた以上のセミナーで
     した
    ・早くて聞き取れない時がありました
    ・迷って遅刻したのが残念です

3)今後取り上げてほしいテーマ・人・会社

  テーマ ・・・ワンセグ(2)
         携帯マーケティング
         IT起業
         WEB広告の認知の変化
         CMS、今回でほぼ網羅されていた。同じテーマで引き
         続き、続報
         アフィリエイト(3)
         BtoB
         SEO
         比較サイト
         コミュニティサイトの将来
         RSSマーケティング
         CRM
         SNSをビジネスにとり入れる方法
         モバイル
         告知方法としてのプレスリリースの活用とweb集客
         SNS
         web技術(アイデア)を盗むこととの刑法的関連
         SEM
         Web2.0

  人・・・    松井証券 松井道夫氏

  会社・・・  楽天
         OKWeb
         アウンコンサルティング
         ケンコーコム
         トレンダーズ
         mixi
         Google(2)
         Yahoo!(2)
         はてな
         ドリコム


4)本日の参加費支払について
    69-2


5)ブログはお持ちですか?
    69-3


6)御社のビジネスについて
    69-4


7)研究会の情報をどこで知りましたか?
    69-5

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-03-25 00:17:10

第69回ビジネス研究会

テーマ:Eビジネス研究会

SEOの達人、渡辺隆広氏を迎えてお送りし今回のEビジネス研究所

は、無事終了しました。


それにしても、1時間30分以上機関銃のようにしゃべってくれ

それも早口だったので、非常に濃い内容でした


当初は、「ノウハウを小出しにするかなぁ」

と危惧していたのが、全くそんなことはなく

むしろ、質問に対しても真正面から

知っていることはまじめに答えていただいたし


事前に、申込時にもらっていた質問に対しても

これまた誠実に答えていた


アンケートの結果も、そのためか非常に満足したという意見が多かった

ただ、SEO初心者の参加者には少々難しく、早口だったためか

今一という部分もあった


次回は、ロングテールに対抗する

GMOアドネットワークスの井上社長

ホントは、RSS広告社の田中社長と

対決(対談)してもらうと面白いだろうな


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-03-17 00:11:29

20060601 JANES-Way episode1 カンファレンス決定!

テーマ:ブログ

6月1日に、Eビジネス研究所主催でカンファレンスを開催することを決定した


現在、出演者や出展者募集でおおわらわである


このイベントの名前、JANES-Wayの正式名称は

Japan Net business Success Wayで

毎年2回開催していく予定


従って、今回はepisode1となっている

日本におけるネットビジネスのイベントという位置付けで

毎回のテーマを決める予定だが


今回は、なんといっても「Web2.0」もうこれしかない


一応、GoogleとMSNの参加が決まっていて

滑り出しは上々!!


しかし、このイベントは日本のネットビジネスの祭典にしていきたいので

もっと、もっと、盛り上げたいと思っている


そこで、ネットエイジの西川さんにお願いして

GMOインターネットの熊谷社長をご紹介してもらった

「木村さん・・・・残念ですが、6月1日はN.Y.にいます・・・・」

と、結果はだめだったが、ついに熊谷さんとも

メールではあるが直接のやり取りができた


常々思っていたのだが

つい数ヶ月前までのネット系の4天皇といえば

楽天、GMO、サイバーエージェント、ライブドア

他の3名には直接名刺交換等でお会いしたことがあるが

熊谷さんだけは、まだだった


今回は、残念の結果だったが

また先につなげて行きたいと思う


そういえば、今日はライブドアがUSENになり

4天皇は、新しく楽天、GMO、サイバーエージェント、USEN

となっていくのかもしれない








AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2006-03-15 16:47:04

68th Eビジネス研究会アンケート結果

テーマ:Eビジネス研究会

68th Eビジネス研究会(2006.3.9開催)のアンケート集計結果が
まとまりました。

『60分で理解するWEB2.0』
~未だはっきりしないWEB2.0を体感して、理解する60分~

株式会社WEB2.0 技術統括マネージャー 佐藤 匡彦 氏
セミナー詳細 http://www.e-labo.net/seminar68.html


1)今回参加の目的は

   情報収集(46)
    ・WEB2.0を意識したソーシャルマネーサイト
     お金の学校を作ったのでそれに関連した収集
    ・マーケティング的視点から見たネットの変革について
     何かあればと・・・    
    ・自分でWEB2.0的のビジネスを行うかどうかの判断のため
    ・WEB2.0の理解
    ・自社サービスに活用したい
    ・WEB2.0について(5)
    ・あいまいでイメージできなかったWEB2.0を理解するため(2)
    ・WEB2.0による情報発信者の分散化による信憑性のある
     情報入手の困難化をどう乗り越えるのか?
    ・Web界に於いて大転換にあたるテーマをビジネスモデルの
     ヒントを探る為
    ・WEB2.0を使ったビジネスモデルについて
    ・WEB2.0+最新のweb tecnology

   人脈形成(16)
    ・今後のビジネスにつながっていけるような方と
     2.0的な会社との交流
    ・おもしろいことができそうな相手を探す
    ・佐藤さんと少し突っ込んでお話をしたかったからです
     +どんな説明をされるのか興味がありました
    ・同業界、他業界の方を中心に今後のビジネスにつなげる為
    ・なんとなく

   その他(3)
    ・セミナープロデュース
    ・勉強のため
    ・テレビ会議システム、オンラインセミナー実施の可否確認


2)今日の感想、その他    

    68-1    
    ・テーマが難しいと思います。それに取り組まれた佐藤さん
     お疲れ様でした!
    ・「ユーザ主導」というキーワードでイメージが湧きました
    ・やはり実績がないためぼんやりした内容になってしまう
    ・初心者は絶対に60分で分からないと思う
    ・microformatsが興味深かった
    ・テーマが大きすぎたのでは?全体的にぼやけてしまいました
    ・う~んやっぱりぼんやりですね。自分自身何となく
     感じていることを再認識できたかな?
    ・内容がチープ。テンポが悪い。
    ・新しい発見があまり得られなかった
    ・説明がわかりづらかった
    ・もう少し具体的な話が欲しい(2)


3)今後取り上げてほしいテーマ・人・会社

  テーマ ・・・ゲーム
         コミュニティ(2)
         「失敗事例に学ぶ」的なケーススタディ
         情報過多をどう解決するか(に取り組む企業や技術)
         CGM
         エコロジー
         ウェブ進化論
         WEB2.0(2)
         ドロップシップ、ドロップシッピング、dropshipping
         今後の検索エンジンの展開
         フォークソノミー
         ソーシャルブックマーク
         2010年のインターネット広告とは?
         Webマーケティング
         Webサイトへの集客方法について
         今後のWebについて
         API
         Webサービス
         マッシュアップ
         ナレッジマネジメント
         イントラブログ
         Ruby on Rails
         SNSの利便性向上

  人 ・・・   オライリー
         関心空間 前田CEO
         梅田望夫氏(2)
         韓国の企業(ECサイト)(コミュニティ)の話
         人気ブロガー

  会社・・・  google(3)
         はてな(2)
         ガイアックス
         Amazon(2)
         mixi
         テクノラティ
         Yahoo! (2)
         MSN
         Ask
         4travel・carview(サイト立ち上げ時の苦労や工夫などについ
         て)


4)本日の参加費支払について
    68-2


5)ブログはお持ちですか?
    68-3


6)研究会の情報をどこで知りましたか?
     68-4

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-03-14 14:46:10

第2回 EMクラブ

テーマ:Eビジネス研究会

3月9日(金)、都内某所にて第2回 EM(エム)クラブが開催されました

EMクラブ・・・Eビジネスマイスター に限定したネットビジネス業界トップ層による

交流の場

参加対象者からの招待、社員、友人、知人

あるいは、Eビジネス研究会をご贔屓にしてくださる方

木村の親交のある友人、パートナーなどなど


今回も、60名近くの人に集まっていただき

中身の濃い交流ができたようです


ちなみに前回は12月で、ライブドアもこんな風にはなっていなかった訳で

ネット業界の変化というのは本当に早いもの。。。


次回は6月を予定しています

もっと仲間の輪が広がればいいと思っています


下記に参加者の一覧を掲載します


【発起人】

西川 潔 株式会社ネットエイジグループ 代表取締役社長
海老根 智仁 株式会社オプト 代表取締役COO
木村 誠 Eビジネス研究所 代表理事

足立 浩俊 ソフトパンククリエイティブ株式会社 企画営業部企画戦略第2グルー
プ チーフ・マネージャー
池渕 宏 バリューコマース株式会社 パフォーマンスマーケティング本部 本部長
稲村 尚志 サイリバー株式会社 代表取締役社長 グループCEO
岩村 直人 NHN Japan株式会社 Hangame事業本部 Hangame運営室
WEB運用企画チーム
植山 章博 株式会社ファンサイド 代表取締役
内山 幸樹 株式会社ホットリンク 代表取締役社長
大泉 真紗美 株式会社ラソナ 広報部
大森 洋三 株式会社インデックス 取締役 メディア・ソリューション局長
奥野 洋 株式会社ファンサイド SEMコンサルタント
金岡 澄江 有限会社キャリアゲート 代表取締役
岸良 征彦 株式会社ディーツーコミュニケーションズ コミュニケーションプロ
デューサー
倉森 聡 株式会社RSS広告社 事業部長 COO
栗原 茂一 株式会社ラソナ 取締役COO
駒林 健一 RSSマーケティング株式会社 監査役
小森 敬介 株式会社インデックス メディア・ソリューション局 専任部長
紺野 容子 株式会社ティー・ベーシック
才式 祐久 RSSマーケティング株式会社 代表取締役副社長
斉藤 義弘 インターワイヤード株式会社 代表取締役社長
沢畑 道信 株式会社ブレイン55 web2.0アナリスト 代表取締役C.E.O.
椎葉 宏 株式会社アルトビジョン 代表取締役社長
塩田 幸子 GMO VenturePartners株式会社 マネージャー
柴田 健一 ベスタグ株式会社 代表取締役社長
清水 亮 株式会社ユピキタスエンターテインメント 代表取締役社長兼CEO
杉山 めぐみ 株式会社セブンインフォメーション
鈴木 雅臣 RSSマーケティング株式会社 代表取締役杜長
関 直幸 株式会社アドウェイズ ビジネスデベロップメントグループ モバイルチー
ム モバイルアフィリエイトユニット ユニットリーダー
田口 晶士 株式会社アドウェイズ ビジネスデベロップメントグループ
田島 麻里子 株式会社IMJモパイル ESP事業本部 ディレクション&ディベロッ
プメントグループ ディレクター
田中 弦 株式会社RSS広告社 代表取締役社長
田中 洋一 OMNITURE account executive
長田 剛 ザイオソフト株式会社 取締役 開発企画部 マネージャー
庭山 一郎 シンフォニーマーケティング株式会社 代表取締役
原 靖之 株式会社ムラウチドットコム メディア営業部 統括プロデューサー
福岡 俊弘 株式会社アスキー 取締役COO
藤崎 さえ子 株式会社アドウェイズ ビジネスデベロップメントグループ ビジネス
プロデュースチーム
藤崎 正範 株式会社ハートビーツ 代表取締役
藤原 和宏 バリューコマース株式会社 バリューインタラクティブ部 事業部長
松嶋 良治 株式会社アドウェイズ 取締役兼COO
松本 光太郎 合資会社アイナックス 代表取締役社長
宮崎 誠司 ソフトパンククリエイティブ株式会社 企画営業部企画戦略第1グルー
プ プランナー
村内 伸弘 株式会社ムラウチドットコム 代表取締役社長兼CEO
村川 和代 インターワイヤード株式会社 マルチメディア事業部
村松 竜 GMO VenturePartners株式会社 取締役
森田 慶子 合資会社モリタ・デライト コピーライター&ライター
山本 謙治 株式会社グッドテーブルズ 代表取締役社長
吉田 正樹 フジテレビジョン 編成制作局バラエティ制作センター 企画担当(部長)
吉野 次郎 株式会社電通 第20営業局
和田 亜希子 有限会社バードハウス
服部 達也 株式会社サンロフト
大田 勝弘
金澤 創平

順不同、敬称略


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-03-10 10:06:51

WEB2.0を理解する。

テーマ:Eビジネス研究会

060310-100458.jpg


昨日、第68回のEビジネス研究会が無事終了しました。

今回のEビジネスマイスターは、株式会社WEB2.0(ツーポイントオー)の
技術統括マネージャーの佐藤匡彦氏でした。


今回のタイトルは、まったくのお任せで佐藤さんに

考えてもらったのですが、時間が少し延びて
“70分位で”理解するWEB2.0となりました。


さて、結論から申しますと「結論は出ない」ということになります(笑)


この『WEB2.0』というのは概念的なものであって
ネット系のビジネスが始まってから、ある一定の期間を経て
「なんか、一言で次世代のネットビジネスを語れないかなぁ~」
と思っているところで、たまたまティム・オライリーが
『WEB2.0』と言ったことがきっかけでしょう。
それを聞いた業界関係者や、マスコミが大きく取り上げたことによって
波及していった現象だと思います。


従って、実際のWEB2.0を業務としてやっている会社やそういったサービスが
あるわけでもなく、たまたまこの時代に、それっぽい定義された内容の
業務をやっているサービスや会社があるわけです。
そういう意味で、この“WEB2.0時代”のキーワードは、現在を象徴する
テクノロジーであったり、サービス名に入り込んだりし、その実現者として
最たる存在がGoogleだということになるでしょう。


変化の激しい、ネットビジネスを語る上で、常々思っているのですが
結論を求める議論などない(無駄だ)と思っています
それよりは、それで何ができるかとか、どうなっていくかということを
想像(創造)し、ディスカッションしていくことが面白いのだと・・・


ところで、ブログや、SNSはすっかり一般社会に浸透してきていますが
サービスが始まり1年、30万人を超えたという状況でした。
しかし、2005年12月時点では200万人を超え、わずか4ヶ月で100万人が
増えたといいます。


こういった、いわゆるキャズム を超えることができたかどうかで
成功の判断が変わってくるわけですが、その時間差を自分自身で体感することが
今後も経験として生きてくるのではないかと思います。


今朝、たまたま近所の某大手ベンダーの営業をやっている方に
電車で一緒になりました。
「WEB2.0って知ってますか?」と尋ねると
狐につままれたような顔をして、まったく見たことも聞いたこともないという
ことでした。


何であれ、認識の違いがあることは勿論ですが
それがどうあるのかを認識しておくことが重要だなぁ…と。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。