1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2005-04-26 15:11:23

51st Eビジネス研究会アンケート結果

テーマ:Eビジネス研究会

先日のEビジネス研究会 のアンケート集計結果がまとまりました。



 第51回『Eビジネス研究会』2005.4.21(木)アンケート集計結果


 1)今回参加の目的は
    
  ・社員教育の一環
  ・ネットサービスの立ち上げ手法を具体的に知りたかった(4)
  ・ビジネス立ち上げの生々しい話を聞きたかったから
  ・タイトルへの興味(3)
  ・現ビジネスがいったいどういうものなのかを知るため
  ・ネットビジネスの難しさ
  ・ネットビジネスにおいての知識を得るため
  ・ディーエヌエーという会社をよりよく知るため
  ・Eコマース立ち上げに必要なリソースや実際の体験、もしあれば失敗

   の例なども是非聞いてみたいと思い参加させていただきました
  ・勉強のため
  ・業界リサーチ
  ・交流(2)
  ・DeNAのビジネスに興味があった
  ・ベンチャーの生の声を聞きたかった
  ・今立ち上げようとしているサービスについて棚卸の機会がほしかった
  ・インターネットビジネスの勉強
  ・新規サービス立ち上げの参考
  ・現在、同じく立ち上げ時期なため(2)
  ・7月に独立し法人設立のための情報収集
  ・自社内の立ち上げに応用
  ・立ち上がっている事業の改革
  ・同業界にいるため、ビジネスの進め方(立ち上げ)に興味があったため
  ・企画全体の効率的PRを推進するため
  ・これからECサイトを作っていくので、それに必要なことを知るため
  ・事例を聞く
  ・Eビジネスのオペレーションの実態
  ・ネット上のサービスを立ち上げる時の雰囲気、苦労した点などを当事

   者の生の声で知るため
  ・わかりやすいプレゼンとはどういうものかを学習するため
  ・情報収集(3)
  ・DeNA南場さんが大学の先輩で、個人的にとても親しみをもっている

   ので
  ・サービス企画・設計後のシステム構築での苦労された点を学びたか

   ったから
  ・Eコマースに関わる事業展開について聞きたかった
  ・創業のノウハウを知る
  ・Eビジネス全般の知識吸収
    

 2)今日の感想、その他

  よかった(29)まあまあ(6)普通(2)あまりよくない(0)よくない(0)
    
  ・実体験だったのでとても良かった
  ・今後、どのような人材が必要か、ということが良くわかった
  ・体験や、テーマを挙げて話していただけると身近に感じられると
   思います
  ・大変興味深く感じました。ブランドビルディングとサービスプロジェク
   トの企画が合体したプロジェクトリーダーは、ベンチャーの醍醐味が味
   わえる職務なんだなあと感じています
  ・様々な視点での考察が大変良かった
  ・実務体験に基づく生きた話が聞けた
  ・わかりやすく体系的な資料に感動した
  ・非常に面白かった
  ・とてもわかりやすくお話ししていただき、おもしろかったです。
  ・流石によく勉強されている
  ・DeNaさんの上場までの軌跡というような具体性よりも、”起業の仕方”
   みたいなノウハウセミナーっぽい感じだったのがやや残念・・・という
   意味では面白みに欠けたかも。起業を考えている人には参考になる

   内容だったと思いますが
  ・非常に参考になりました

  

 3)今後取り上げてほしいテーマ・人・会社


  テーマ・・ブログ検索エンジン/net marketing戦略など/ネット業界全
       体図/ベンチャーの営業、マーケティング/テレビ等既存メデ
       ィアから見たネット業界/Eビジネスにおける広告/インター
       ネット他業界からの起業(ネット業界で)/ネット広告業界の
       今後の展開/起業(2)/新規事業/ユビキタスとEコマース
       の今後/資金調達とファイナンス/立ち上げから軌道にのせる
       ところ/組織作り、サイト作成会社、レンタルサーバーを選ぶ
       基準/ブログ、SNS、コミュニティー等々/システムを
       ”外注”して成功しているeビジネス企業/Eコマースの事業展
       開/
       

  人・・・・藤田晋氏/コマース系/近藤淳也氏/楽天の創業関係者/

       DeNA 南場氏/SBI北尾氏/三木谷社長/


  会社・・・technorati/ベンチャー企業/フジテレビ等/サイバーエージ
       ェント/インターネット関連会社/IT系上場会社/コマース系
       /はてな/Gree/インデックスなどモバイル系のオンライン
       サービス会社/システムを”外注”して成功しているeビジネ
       ス企業/フォーサイドドットコム/ガンホーオンライン/
       okiweb/楽天/デル/スターバックス/


 4)研究会の情報をどこで知りましたか?

  ①ブログ(1) :SW memo/

  ②メーリングリスト(0)
          : 

  ③メールマガジン(6)
          :異業種交流会情報だったと思います/Eビジネス/ 

  ④ホームページ(9)
          :@IT/FPN(2)/Eビジネス研究会/DeNA/ 

  ⑤掲示板(2)

   (キーワード):ケータイ ビジネス/セミナー/

   (ポータルサイト名)
          :Google/ 

  ⑦口コミ(3):知人の紹介/知人に紹介されて/友人から紹介

  ⑧その他(1):いつも参加している/ 
                                   
                                        ・・・以上

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-04-25 11:48:47

『ビジネスブログのつくりかた 集客・営業・顧客サポートまでこれひとつ!』

テーマ:ブログ

先日、Eビジネス研究会にご参加いただいた秀和システムの編集者の方が作った

『ビジネスブログのつくりかた 集客・営業・顧客サポートまでこれひとつ!』

タイトル: ビジネスブログのつくりかた 集客・営業・顧客サポートまでこれひとつ!

を読んでいると、これまた、皆勤賞ものの、ほぼ毎回

参加してくださっている株式会社ムラウチの代表取締役である、村内伸弘氏が

インタビューと一緒に写真および、サイトが掲載されていた

 

「あ~、村内社長だ!」あのいつも笑顔をトレードマークとした表情を

見逃すはずがなかった

 

ブログについての書籍はたくさん出ているがこの

『ビジネスブログのつくりかた 集客・営業・顧客サポートまでこれひとつ!』

先日までAmazonで1位だった西川さんを抜いて堂々1位という人気ぶり

 

著者であるネタフルの小暮正人氏のブログは大変な人気

そういえば、先日、私は出れなかったがスタッフが参加したという

座談会では、百式氏との対比が面白かった

 

 

著者: 齋藤 伸也, 小暮 正人
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-04-22 01:07:13

ディー・エヌ・エーCOO川田尚吾さん

テーマ:Eビジネス研究会

先ほど、無事「第51回Eビジネス研究会」が終了しました

 

・・・が

 

こともあろうか、毎回恒例のスピーカーとの

2ショット写真を撮るのを忘れ

 

川田さん御一行をお見送りして戻ってきた瞬間に

気がつきました(>_<)

 

 

それは、そうと

本日のお話は、予想通り踏み込んだ話を分かりやすく

してくださり、参加者の満足度も120%とといった状態でした

 

システム系出身の方がビジネスも知らないとダメですよ

といいながら、その進め方、失敗しない方法を語る

 

上場ほやほやの実体験成功者だから

全てに重みがあって、納得のいくお話しでした

 

川田さん、ありがとうございました

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-04-21 12:18:48

第50回Eビジネス研究会 レポート

テーマ:Eビジネス研究会

『インターネットメディアにおけるニュースと報道のあり方』
~市民記者ネットワークによる報道プロジェクト~

 

 

株式会社ライブドア
メディア事業部 執行役員上級副社長 伊地知 晋一 氏

50回目の今回は、メディア部長として、旧ライブドア買収時の担当者として、
また、ポータルサイトに移行させてからもメディア担当部長として、堀江社
長の番頭としてライブドアを切り盛りするメディア事業部 執行役員上級副
社長 伊地知晋一氏をお迎えし、メディアの常識が変わるこの時代に、ライ
ブドアのメディア戦略についてお話いただきました。

■インターネットのニュースに求められるものとは

ポータルサイトでニュースを閲覧するという行為がそれほど珍しくない現在
において、インターネットのニュースに求められるものとは、何なのでしょ
うか?ライブドアが考えるニュースのあり方についてお話していただきまし
た。

現在ライブドアではインターネットにてニュースを配信しております。どこ
のポータルでもニュースは配信されており欠かせないものですが、ライブド
アでは、差別化をはかるために特徴をつけております。新聞社などから情報
を買って載せるということは、お金があれば可能なのですが、後発という立
場からより注目されるために独自のニュースと独自の記者を集めてニュース
配信をしております。記者はプロの人間で20人ほどのチームで、それに加え
市民記者ネットワークというものがあります。ライブドアでは、市民記者ネ
ットワークをパブリックジャーナリスト(以下PJ)と呼んでおります。

■ライブドアが進める市民記者ネットワーク(パブリックジャーナリズム)と

ライブドアが進める市民記者ネットワーク(パブリックジャーナリズム)につ
いて、もう少し説明していただきました。

現在のPJ登録者数は600名ほどおります。研修を受けてから記事を投稿でき
るというシステムを取っておりPJからあがってきたニュースは、ソース確認
や添削を行い1日10本程度配信されているというのが現状です。PJの数が増
えれば記事も増えるという考えで2万人を目指して活動しております。

■今後のインターネットにおけるニュースのあり方と問題点

ライブドアが考える今後のインターネットにおけるニュースのあり方は、ど
のように想像されているのでしょうか?伊地知氏に詳しく説明していただき
ました。

既存のマスメディアというのは、大多数が興味がありそうなものを一方的に
送り出す形式です。インターネットというのは、新聞のように紙面に限りが
あるわけでもありませんし、TV番組の枠という時間的制限もありませんので、
ある意味無限に情報を配信することができます。
そういった状況において、インターネットの役割というのは大多数が興味が
ありそうなニュースを配信することは、社会的貢献という意味ではあまり意
味をなさないので、市民記者ネットワークを有効に使い、よりニッチな情報
を大量に集め、それを束ねてマスメディアのようなものに変えていく必要が
あるのではないかとライブドアでは考えております。
この考えをプロの記者で実施すると経済的に負担が大きくなりますので、こ
こで市民記者ネットワークを有効に使えないだろうか?と思っております。
そもそも価値のあるニュースとは、人それぞれ違うものです。大多数が好む
ニュースももちろん必要になってきますが、個人レベルのニュースも需要は
あるでしょう。高校野球を例にあげると、一般的に報道されるのは何処が甲
子園に出場したか、というレベルですが、個人レベルで興味があるのは自分
の出身校であり、もし一回戦負けをしたとしても、どのような形で負けたの
かというところに興味があるはずです。
つまり、ニュースの価値というのは、社会に対する大小に関わらず、個人に
とっての価値であり、また別のところにもある。そういうところを、何万人
規模になった市民記者ネットワークで拾いあげていければといいと思ってお
ります。また、PJというのは全国に点在しておりますので、天災が起こった
際に、現場に記者を送り込むのではなく天災を体験したPJに記事を書いてい
ただくことで、内からの視点で記事を書くということに新しい価値が見出せ
るのではないかなと思っております。

■ライブドアポータルサイト今後の戦略

 

既存メディアのニュースとインターネットニュースの違いとは、何ですか?
今後どのようになっていくと予想されますか?と伊地知氏は質問されること
が多いそうです。一番皆さんが興味がある質問に答えていただきました。

 

 

新聞であれば、記者の方はたくさんおられて大量の取材をされています。会
社に情報をたくさん持ち帰ってくると思います。しかし、実際新聞になると
紙面に限りがありますから、すごく小さい記事になってしまうケースが多々
あります。せっかく記者が取得した情報が有効に使われず、その記事に興味
がある読者も、もっと深い情報を知りたいという願望があるにも関わらず、
紙面の関係上、小さな記事で終わってしまう。
ここにライブドアとしては、可能性を感じています。小さくなってしまった
記事に対してQRコードを貼り付け、そのQRコードを携帯などで読み込むと、
原文の記事が読める形式を実現できないかと考えています。そうすることに
よって、記者が取得した情報は有効に使われ、記事に興味がある読者も、も
っと深い情報を知ることができる。もっとニュースメディアの価値をあげる
ことができるのはないか?インターネットを補完的に使用することによって
既存メディアの価値をまだまだあげられるのではないかと考えております。
インターネットが流行ると新聞やテレビがいらなくなるのではないか、と皆
さんから質問されます。インターネット以外のメディアで配信されているニ
ュースは、興味のないニュースも視聴したり目を通さなければ、自分の求め
るニュースに辿りつくことはできません。しかしインターネットでは大量な
情報から自分が求める情報だけ取り出すことができる検索性に優れている点
が特徴です。しかし、だからといって新聞やテレビがいらなくなるとは思っ
ておりません。新聞とは優れた媒体で、いっぺんにパッと一覧で見ることは、
インターネットでは難しいですし、使い捨て・携帯性も新聞にはあります。
テレビに関しても同じで、テレビはマルチキャスティングに優れています。
マスメディアには強みがありますので、これがすぐにインターネットに取っ
て代わるということは考えにくいでしょう。むしろ共存していくのではない
かと考えています。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-04-20 19:36:59

Eビジネス研究所-5周年記念 7/8(金) ゲストに西川さん決定!!

テーマ:ブログ

nishikawa

 

本日、打ち合わせをしてきまして

Eビジネス研究所-5周年記念ネットエイジグループ創業者の西川さん

お越しいただくことが決定しました

 

日程は、7/8(金)です

 

詳細はまだ確定しておりませんが、いくつか楽しみな企画を検討中です

特に、今回出版された書籍の中から

 

「もっと突っ込んで聞いてみたいことがあったら何でも話しますよ!」

 

といっていただき、改めて読み返していました

 

書籍の売上は順調なようです、今日は2位か・・・

 

みなさんからも、話してほしいリクエストがあれば

反映させます 

 

それと、5月末にファンドができるそうで

ますます、Eビジネスやベンチャーへの投資を積極的に

行っていくそうです

 

もうひとつニュースで

これまでのEビジネス研究所の活動を

評価していただいてか否か?!

今後、ネットエイジグループで実施予定のイベントの

事務局を仰せつかることになりました

 

まだ、具体的な話が決まったわけではありませんが

依頼をしていただいたということです

 

スタッフにも頑張ってもらわねば!!!

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-04-19 23:58:43

シンデレラの心境

テーマ:ブログ
昨日は・・・
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-04-18 23:47:35

昨日の勝因は・・・

テーマ:サッカー

また、サッカーのことばかり考えていた

好きなことになると誰しもそうだと思うが

次から次へと考えが浮かぶものだ

 

本当に好きな子ができたときに

病気のように熱を上げてしまう

あれとほとんど変わりない状態(笑)

 

電車に乗っていても、食事をしていても、

人と話をしている最中にも・・・

忘れないようにメモを取らないと

 

 

いろいろ分析してみた結果

昨日の勝因は

 

「子供が試合に集中力を傾けたこと」

 

つまり、

 

サボらずに集中してゲームを楽しむ子を

ピッチに立たせ、タイミングを視て選手交代をしていった

 

ということ

 

初めての試合で、周囲を気にする余裕はなかったが

ひとりもサボらせずに、大声をだして

緊張感を持たせていたのは、ウチのチームだけだったのではないか

 

これって、大人も子供も一緒かぁ

 

 

・・・サボらずに一生懸命やればできるんだよね

大抵のことは

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-04-17 22:25:45

初陣を飾った1年生

テーマ:サッカー

先週はずっと、遠足を心待ちにする子供のように、今日の試合を楽しみにしていた

そう、何しろ1年生になって初めての経験だからだ

 

試合といっても、練習試合なので大した話ではないのだが

子供たちにとっては、試合は試合なのだ

 

結果としては、4戦全勝で見事初陣を飾ることができ

まずは、試合に勝てたという記憶をインプットできたかと思う

 

これからが楽しみだ

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-04-16 22:53:53

Eビジネス研究所の5周年記念にネットエイジ西川社長が・・・

テーマ:Eビジネス研究会

早いもので、2000年6月にスタートしたEビジネス研究所は

この6月が来ると、5周年を迎える

 

「本当に早いものだ・・・」といいたいところであるが

変化し続けているEビジネス研究所は、5年間というのは

カレンダーの上での話でしかなく

 

常に、リセットをしリスタートを繰り返している

そういう意味では、昨年の3月にネットエイジの西川潔さんに

スピーカーに来ていただいてから、グンと格が上がったことは

実感として感じている

 

その後、運営を計画的にし、現在は月2回を定例としている

その間にも、ライブドアグループのNS総研との共催企画

『Eビジネス研究所BizMarketingアカデミー』を開講し

おかげさまで、こちらのほうも徐々に認知されてきている

 

今回5周年記念での企画を検討中であるが

ゲストとして、西川さんに来ていただくことが内定した

これまでお世話になったスピーカーのみなさまと

過去ご参加いただいた数千名の参加者のみなさまとに

満足いただける企画を検討中である

 

『乞、ご期待!!』

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-04-15 23:31:47

【ネットビジネスにおける新サービス立上げの実際・・・ディー・エヌ・エー】

テーマ:Eビジネス研究会

実は、昨日スピーカーの川田さま
(株式会社ディー・エヌ・エー サービス開発部 取締役COO )から
当日の資料をいただいたのですが、もの凄く
お世辞抜きで参考になる資料だと感心して読んでいました

 

川田さまは大変、忠実にお仕事をされる方だと思ったのですが
それは、お打ち合わせで決めたアジェンダにほぼ完璧に
沿った内容となっていること、お忙しいにもかかわらず
資料提出の期限をしっかり守っていただけている点など

 

また、そのいただいた内容が、かなり踏み込んでいて
「聞いてみたい!!」とさせるものでした

 

なるほど、こういう人がいてこういう方針で
DeNA社は上場に向っていったのだな。。。
と勝手に感じ取っていたのでした

 

今回は、ネットビジネスで成功するための
ビジネススキルだけではだめ!
テクノロジースキルだけではだめ!
その両方がないと、成功はしない!!
今、求められている人材像はこういう人

という話が聞けます

 

当日、一緒に勉強できればと思います

 

★最近のEビジネス研究会レポートページ
 (当日の写真&貴重な資料が掲載されています)
http://www.e-labo.net/report50.html
http://www.e-labo.net/report49.html

================================
    ■□■ 第51回「Eビジネス研究会」2005.4.21(木)■□■
     
          『ネットビジネスにおける、新サービス立上げの実際』
  ~ ビジネススキルとシステム洞察力の融合によるDeNA上場までの軌跡 ~
        
        →→→ http://www.e-labo.net
        お申込みは、お早めにサイトからお願いしま

================================

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。