プラトンの言葉に

「魂のうちに本当の意味で

書き込まれる言葉

 ただそういう言葉の中に

のみ、明鏡で、完全で、真剣

な、熱意に値するものが、ある。」

とあります。

「思慮」とは

それ自体で、人間の幸せを

作りうるもの。」なり。

 

学ぶのも、人の

幸せを、作る事の出来る力

を付ける為にこそ、あり。

 

教育の目的も

人々の幸福にあると

結論付けられました。

 

「真の幸福」とは自分だけの

ものではありません。

社会の一員として

「自他共に幸福なる

 生活を遂げる事」と

言われており、

「貢献的人生」を歩んで

平和な社会の創造に努力する事

を挙げられています。

 

ブルガリアの芸術史家G氏は

「自分が生きている時代

 が直面する問題に

 正面から向き合うには

 勇気と先を見通す力、

 そして、智慧が必要です。」

と語られています。

 

2度の世界大戦の

歴史に学び

未来を見つめつつ

今この時にベストを

尽くし、前進していく事

が大事だと思います。

 

 

  YouTubeご視聴よろしくお願い致します。

 

https://www.youtube.com/channel/UC_yWVVYx4m0k3krPSMVqAtw

 

 

AD

「3つのF」が大事です。

テーマ:

R博士は

未来を託す青年たちへの

メッセージの中での

3つのF

第一「Free(自由たれ)」

第二「Frank(率直たれ)」

第三「Fearless(恐れるな)」

を訴えられました。

 

1,「Free」

  自分の心を自由自在に

  解き放つ「学びの光を」

  と言う事です。

  R博士は、祖国の人々の

  自由の為に、力をつけながら

  非暴力の闘争に邁進しました。

  究極の非暴力は、学問であり

  教育で、平和を創造する力

  です。

ガンジーは

  「精神の向上は絶え間ない

   努力によってのみ実現する」

  と言っています。

 自身の心を自由自在に

 高く飛翔させていく事が

 大切です。

 

2、「Frank]

  率直に語らい、温かく励まし合う

  事が大切で、平和の文化を

  未来へ、世界へ送っていく事です。

  「美と善の心及び、勇敢と

   柔和の精神」があれば

  社会を明るく照らす事が

  できます。

 

3、「Fearless」

  「太陽の心で、恐れなく

   朗らかに、希望の

  エネルギーを」と

  呼びかけました。

 自分らしく真摯に生きる

 のです。自身の能力に

 確信を持つのです。

 心理をもって、目標

 に達するのです。

 自分を信じて恐れなく

 進むのです。

 

希望のエネルギーを満々と

たたえつつ、軌道を恐れなく

朗らかに勝ち進む事が

大事だと教えられています。

 

 

 YouTubeご視聴よろしくお願い致します。

   

https://www.youtube.com/channel/UC_yWVVYx4m0k3krPSMVqAtw

 

 

AD

対話の力で平和を

テーマ:

今日は、72回目の「終戦記念日」です。

世界の平和とは、

与えられるものでは

ありません。

人が、人間自身の力と

英知で、創造していくものです。

 

核時代に終止符を

打つために、戦うべき

相手は、

核兵器でも

核保有国でも

核開発国でもなく

自己の欲望の為には

相手の殲滅も辞さない

という、

「核兵器を容認する思想」

だと思います。

 

そのためには

対話の力が必要です。

世界を一つに結ぶ

対話によって

解決の糸口を

見つけ出さなければ

ならないと思います。

 

「分断」から「結合」へ

「対立」から「融和」へ

「戦争」から「「平和」へ

 

心と心を結び合いながら

平和への活路を

開いていける対話の

力が必要です。

 

対話によって

山積する解決の糸口

を見出す事が出来ると

信じています。

 

武力によって

戦争と言う、悲惨で、残酷

な愚を繰り返すような事

があっては、絶対に

ならないと強く

念じています。

 

人の命を慈しむ心

を広げる事が、平和な未来

につながると思っています。

 

 

YouTubeご視聴よろしくお願い致します。

https://www.youtube.com/channel/UC_yWVVYx4m0k3krPSMVqAtw

 

 

AD

「食べる人」「作る人」

テーマ:

冷たいものを飲みすぎたり

出先でつい食べ過ぎたり

と、食生活が乱れがちな

この時期です。

 

世間では、グルメ番組の影響

等もあり、あの店がいい

この店がいいと言った

話題で一杯です。

 

料理研究家の土井善晴さんは

最近は、「食べる人」が主役に

なったと言っています。

 

食べるだけの人は

お腹がすくとすぐに不機嫌

になるそうです。

デパ地下に行けば

皆おいしそうに見えて

食べきれないほど

買い込んでしまいます。

 

健康面を考えると

「食べる人」ではなく

「作る人」こそ、主役に

なる必要があると指摘

されています。

 

料理を「作る人」は

例え、一人暮らしでも

台所に立てば、肉ばかりではなく

自然と、野菜を加えようと

します。

料理を作る行為は

栄養バランスまで、正しく

「調理する機能」が

本来的に、含まれています。

 

日頃の食事で

「作る」を基本にする事

が自身や、家族の幸せにも

繋がってきます。

 

不摂生は病気の元です。

欲望の制御が最大の鍵

となりますが、

その有効な方法が

「作る人」になる事だと

言われています。

 

健康第一と言いますが

「食」と言う最も身近で

活力の源となる

食生活を、真剣に考え

体に良い物を

食していきたいと

思っています。

 

健康でいきいきとした

充実した、毎日を

過ごせるように願っています。

 

 

YouTubeご視聴よろしくお願い致します。

 

https://www.youtube.com/channel/UC_yWVVYx4m0k3krPSMVqAtw

 

 

 

 

 

 

学び続ける勇気の人に

テーマ:

学は光

無学は闇

知は力

無知は悲劇

 

「生涯教育」こそ

良き社会を築く鍵なり

 

と言われています。

 

この瞬間も大きく変化

している社会で

ただ、学ぶという事

だけが、新しい創造を

生み、不敗の地に

立つ事が出来ます。

 

人生も社会も永遠に闘争です。

学び続ける勇者は

決して行き詰まりは

ありません。

いきいきと常に

価値を創造し、常勝不敗

の道を開きながら

平和の道を

拡大していく事が出来ます。

 

「学び続ける人は

喜びに輝き

人々に幸の芳香を

放ち、人生の充実

という満開の時を

迎える」と言われています。

 

 

生涯教育を胸に

学び続け心身も頭脳も

益々、頑健になっていきたいと

念じています。

 

  YouTubeご視聴よろしくお願い致します。

   

https://www.youtube.com/channel/UC_yWVVYx4m0k3krPSMVqAtw