長妻昭厚生労働相は21日のNHKの討論番組に出演し、年金記録漏れ問題について「4年後までには一定の信頼回復が必要だ」と述べた。その上で、政府が2013年度に成立を目指す新年金制度の関連法案提出までに、納付記録がない「消えた年金」の被害者を一括救済する年金記録回復促進法案の必要性を判断する考えを示した。
 長妻氏は、古い紙台帳とコンピューター上の記録を全件照合しても、解明できない記録が残ることを認め、「一定の対象者には(記録回復を)一律に認めていく法案が必要か否かも議論しなければいけない」と述べた。同法案は、鳩山由紀夫首相も提出に意欲を示していた。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

公取委の審決取り消し=大成建設などへの課徴金命令-多摩地区談合・東京高裁(時事通信)
カルト対策で連携強化=78大学が情報交換-入学シーズンは要注意(時事通信)
<都条例>改正案を巡り出版関係4団体が反対の緊急声明(毎日新聞)
春の嵐、けが人や交通の乱れ=低気圧が日本海北上、黄砂も-千葉で瞬間38メートル(時事通信)
プラグを抜かずにムダな待機電力をカットする「こまめにスイッチ」新発売
AD