恋人と喧嘩をすると
収拾がつかなくなってしまうと感じている人も
きっといらっしゃるでしょう。
ちょっとしたことからお互いがエキサイトしてしまい、
大きな喧嘩へ発展してしまうこともあるはずです。
しかし喧嘩ばかり続くと、
恋人に会うのが嫌になると感じてしまう恐れがあります。

タイプの人に出会い、
交際に至った当初は恋人に会えることを
楽しみにしていた人も多いでしょう。
交際間もない頃は何をしても新鮮ですから、
デートも毎回楽しむことが出来たのではないでしょうか。
しかし、交際が長くなると
今まで知らなかった相手の嫌な部分に
気づくこともあります。

例えば、喧嘩になると
相手の言葉遣いが乱暴になるという様に
ショックを受けることもあるでしょう。
こうなると、
喧嘩をするたびに嫌な思いをすることになります。
そもそも喧嘩をしないようにするのは
どうしたらいいのか悩んでいる人も大勢いると思いますが、
ここで覚えておいて頂きたいのは、
喧嘩は決して悪いことではないということです。
喧嘩をすることでお互いが思っていることや
考えていることを知り、気付くことが出来ます。
また、喧嘩を重ねることで絆をより深めることも
出来るのではないでしょうか。

中には、喧嘩の度に別れ話が出るケースがあります。
こんな時は、本当に別れたいと思っているのか、
それとも頭に血が上っているだけなのか、
冷静になった時にきちんと話し合う必要があります。
喧嘩の度に「別れる」と言われれば、
相手にいつも不安な気持ちを与えてしまいます。
普段心に「別れ」を抱いていないのであれば、
例えそれが喧嘩の状況下にあるとしても
「別れる」という言葉は口にしないといった
ルールをしっかり作っておきましょう。
そうすれば今までの様な
喧嘩は今後起こらなくなるでしょうし、
良い方向に進む喧嘩が出来るのではないでしょうか。

-口論の打開策-


人気ブログランキングへ

AD