赤松広隆農林水産相は21日の閣議に2009年度の「水産の動向」(水産白書)を提出した。白書は、魚離れなどで減少傾向にある水産物の消費を喚起しようと回転ずしを取り上げた。国産ネタのすしを食べて、水産物の自給率向上に貢献してほしいと呼び掛けている。
白書は、回転ずしを「日本生まれのファストフード」で「魚離れが進む若い世代の魚介類消費に貢献している」と指摘。国民一人ひとりが年に4回、すし店へ行き、国産ネタのすしを5皿ずつ食べてもらえば自給率が1ポイント上がるとの試算を示した。

【関連ニュース】
大都市戦略の策定を=09年度首都圏白書案
65歳以上、総人口の23%=高齢社会白書
ワークライフバランス促す=「競争力高める」
デフレが足かせ=中小企業白書原案
温暖化対策支援を強調=09年版ODA白書

給食費滞納減少の切り札に? 子ども手当と同一口座(産経新聞)
チラシ無償で20万枚…亡き子思い捜査協力(読売新聞)
女子高生にわいせつ行為させる、学生ら3人逮捕(読売新聞)
あかつき打ち上げ 地球の姉妹星探る 大気成分、風向きなど明らかに(産経新聞)
<不同意堕胎>薬品の持ち出し 調査を開始…慈恵医大病院(毎日新聞)
AD