久しぶりの出張

テーマ:

カエル堂は、少し悩んでいました。

 

どうも、最近、私とカエル堂が、なんだかかみ合わない感じなのです。

 

せっかくお問い合わせをいただいたのにっていうことが、続いていたからかもしれません。

 

そんなことを考えていたら、友の会のお友だちから声をかけていただきました。

 

彼女のお宅へ、久しぶりの出張施術。

 

あいにくの雨。駅まで迎えに来てくださって、助かりました。

 

いつもは彼女がヨガ教室をしているというお部屋からは、山里の景色が見えます。

 

私が持参したマットや、黒猫枕に加えて、彼女が用意してくれたライトや布で、あっと今に素敵な出張カエル堂が出来上がりました。

 

IMG_20170322_162114413.jpg

 

IMG_20170322_162128506.jpg

 

トークセン用のお盆も用意してくださいました(つ∀<。)

 

IMG_20170322_162050691.jpg

 

タイ式のマッサージは何度も経験されているようでしたが、トークセンは初めてとのこと。

簡単な説明の後、まずはハーブボールで、からだを温めつつ緩めます。

今日は、スペシャルコースです。( ´艸`)

 

IMG_20170322_162152656.jpg

 

お時間もたっぷりいただけたので、トークセンは、基本どおりの手順、脚から順番に気になる腰痛を意識しながら、入れていきました。

仰向けからうつぶせ、脚、臀部、背中へ木槌を打ちます。

 

施術中に起こった変化を伝えていただきながら、木槌を入れては、からだを触って、確認しながら行いました。

 

終了後は、芯まで冷えていたからだが中から温まったとのこと。

(確かに施術を始める前、手先や足先がずいぶん冷えていらっしゃいました。)

 

施術が終わり、ランチもご一緒して、2人の出会いの場所、くすりの博物館へ。

 

よく話し、よく学んだ一日でした。

 

 

今日のようなカエル堂って、いいなぁ。

 

違うからだを触るとやはりとても勉強になります。

 

最近は、家族はすぐ寝ちゃうので、感想が聞けなかった(ノДT)

 

悩みも少し解決。私とカエル堂、波長がかみ合った感じがします。

 

これからも学びを深めていきます。

 

木槌使い主婦のカエル堂。気になるときはお声をかけてくださいね。

 

追々、カエル堂サイトも私の気持ちと合致したものとなっていくでしょう。

 

ってことで、今後ともみなさまよろしくお願いいたします。

 

それでは、またね。

 

AD

家庭の医学 赤本

テーマ:
今月から、薬用植物園のボランティアの2年目に突入しました。
 
昨日はその関係イベントで、内藤記念くすりの博物館のエーザイ株式会社さんの工園(工場)見学と立派なお庭を見せていただきました。
(初代社長さんが、工場+公園から工園と名づけたらしい。)
 
IMG_20170315_221211737.jpg
 
くすりの博物館は、もう、ここに住みたいっていうぐらい、私が大好きな場所(^^♪
 
日本庭園の見学会は3月28日、29日にも開催予定とのことですよ。
(問い合わせ先 内藤記念くすりの博物館)
 

今回は、雨がパラパラ、肌寒い日でしたが、もうすぐ桜が咲き、植物たちも生き生きと芽を出し始めるかと思うとワクワクです。
 
IMG_20170315_223019139.jpg
 
バスの時刻まで、館内を一巡り。
 
IMG_20170315_221241285.jpg
 
いつかはらんびき欲しいなぁ。(人´∀`*).。:*+゜゜+*:.。.*:+☆
 
 
バスの時間まではまだあったので、もしかして?と、博物館の図書館にもお邪魔しました。
先日、購読しているメルマガから知った本があり、実物を見てみたくて探してました。
 
「家庭に於ける実際的看護の秘訣」、俗に赤本と言われているそうです。

思った通り、ありました。ヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪
でも、残念!図書館がお昼休みに入ったから、パラパラとしか読めなかった。(>_<)
 
 
家に帰ってから、検索していたら、何と!
 
国立国会図書館デジタルコレクションに、昭和21年のものがあるじゃないですか!
ヤッタ(b´ω`d)ゼィ♪
 
 
家庭に於ける実際的看護の秘訣
 
 
どうやら、メルマガ著者の若林先生によると、巷で話題の某健康法のもとになっているものもあるとのこと、じっくりと読んでみたいと思ってます。
旧漢字難しい。目次だけで今日はいっぱい、いっぱい (;´Д`A
 
第15章 處女の教育
・・・・・・・・・。
50年前の本だからね…。(・Θ・;)
 
ちなみに、『医学書としてではなく、自身の健康は自分でつかむ、看護は人任せにせずできるだけ自分で行う、という哲学書、日本にこうした本があったという歴史書として読んで頂ければと思います。』と、新しい版の序章には書かれているようです。
 
第15章、一番新しい版にはなんて書いてあるのだろう?
 
 
それでは、またね。
 
 
 


お問い合わせは こちら からどうぞ。

 
AD

わさびを求め

名古屋から、「特急ワイドビューしなの」に乗って約2時間。

 

長野県の松本まで、「青空フリーパス、休日乗り放題きっぷ」というお得な切符で、ちょっとお出かけです。

 

IMG_20170314_160339888.jpg

 

駅を降り外に出ると、さすがに名古屋よりも寒い。

アルプスの山々には、まだ雪が残っています。

 

今回の旅の目的は・・・。

 

一番の目的はわさびですっ (。+・`ω・´)

 

 

わさびなんてそこらに売っているんじゃ?

 

買っては見たんですよ。でもね、違うんです。

 

自分の求めているものと違うんです。

求めているものがはっきりしていると、代替え品では余計に思いが募ってきます。

夫と意見が合い、それなら行くかってなりました。

 

ま、無計画なんで、前回のわさび屋さんに行くと・・・。

 

IMG_20170314_160418346.jpg

 

なんと、定休日Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

 

IMG_20170314_160502526.jpg

 

気を取り直して、なわて通りから川沿いに歩きます。

松本の街は、毎回面白い発見があります。

 

 

IMG_20170314_160722213.jpg

 

家にはテレビがないから、知らなかったけど、ドラマの舞台になったとか?

私は、屋根にいるカエルのほうに萌え♡です。

 

IMG_20170314_160543563.jpg

 

忍者道場?楽しそうです!

 

 

朝もお昼も、お蕎麦を食べて、大満足です。

 

IMG_20170314_160311943.jpg

 

 

IMG_20170314_160610383.jpg

 

季節だからとおまけしてくれた花わさび。

お店のおじさんが教えてくれた方法で、さっそく漬け込んでみました。

晩酌に、夫作製の燻製チーズと一緒にいただきます。

 

IMG_20170314_160658468.jpg

 

目的のお店じゃなかったけれど、わさびも大小買ってきました。

わさびをするのは夫の役目。葉も細かく刻んでありました。

 

 

IMG_20170314_160639577.jpg

 

そう!私は、これが食べたかったんだよ~!

とっても幸せです(∩´∀`)∩ワーイ

 

なぜ、こんなにからだがわさびを欲したんでしょうね?

謎です。

 

近くて遠い長野。近いうちにまた行けたらいいな。

 

それでは、またね。

 

お問い合わせは こちら からどうぞ。

 

AD