1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2011-11-18

カレーVSカリー

テーマ:カンボジア人日本滞在記

先日珍しくダンナが日本のカレーライスを作った

何が珍しいかというと、ダンナはカリーは好きだが、

日本のカレーはあまり好きではない

なので我が家で食べるカレーというとグリーンカリーや

イエローカリーとなり、

娘やわたしがどうしても日本のカレーを食べたいときはレトルトカレーを食べている


そんなダンナが何を思ったかカレーを作ると言うのだ

久しぶりに鍋一杯のカレーを見て嬉しくなってしまう

カレーの醍醐味は作った翌日、翌々日に食べることだもんね♪

わくわくしながら娘に「今日はパパが作ったカレーだよん」と言うと、

一口食べて目がキラリ~ンキラキラ


「パパ、ココナッツミルク入れたでしょ」


ご名答!!!

ってか、ココナッツミルクが分かる小学生なんてなかなかいないでしょ!?


美味しいカレーの中に、なぜか砂肝が入っていたのはご愛嬌

でも、ダンナはやっぱり日本のカレーは苦手だそうです

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2010-10-09

ダンナのフリマ体験

テーマ:カンボジア人日本滞在記

先日、地域最大規模のお祭りがあった。

家から歩いて10分足らずの海沿いの大きな公園で、

模擬店やステージでの出し物、

その他いろいろなレクリエーションがあり、

大人も子供も一日中楽しめる。

そこで開催されるフリーマーケットに出店し、

我が家にある、娘の大量の服を大放出!!!

日頃財布の紐の固いことで有名(?)なわたしですが、

こと、子供服となると勝手が違う。

衝動買いとは正にこのこと。

もう自分ではコントロールできましぇん。


そんなわけで、増えに増えた服の処分を兼ねて

家族でフリマに参加してみた。

こんなときに大活躍するのがわがダンナ。

自転車でありえないくらいの荷物を、

軽々と運んでくれる。

ダンナに運べない物などないのである。

カラーボックス、机の天板、ビリヤード台(!?)

ホント、助かります。


しかし、ダンナ全く店では役に立たない。

まだお客さんが値切る前から

ダンナがどんどん値切っていく ガーン 

どうやら売れ残って重い荷物をまた持ち帰るのがイヤな様子。

商売のじゃまになるので、ダンナには早々とひっこんでもらった。

そこでダンナ、持参してきたハンモックを木にくくりつけ、

ビール片手にお昼寝としけこむ。

お店は中々の繁盛っぷりで、わたしも夢中になってしまい

気づくとお昼も食べていない。

ダンナはゆらゆらハンモックに揺られて気持ち良さそう。

なんだかなぁ・・・まるでカンボジアの夫婦だよ。


予想以上の売れ行きで、帰りは軽々と帰ることができ、

初のフリマを体験したダンナは意外と楽しかった様子。

「来年はわたしの服を売ろう」とダンナ。

いやぁ~そりゃ絶対売れないわ。


またの楽しい家族のイベントのために、

頑張って(?)娘の服を買いまくるぞぉ~

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2010-09-20

今年の運動会

テーマ:カンボジア人日本滞在記

ダンナにとって、2回目となる運動会。

今年はなんだか余裕しゃくしゃく。

「いっぱい走るぞぉ~」と朝からやる気満々。

主役は子供達なので、いっぱいは走れませんけど。


今年の親子競技は玉入れでした。

これならルールも簡単だし安心してダンナを出場させられます。

がしかし、盲点が・・・・

終わりの笛の音に気づかず、いつまでも玉を入れるダンナ。

勝負事に夢中になりすぎるのだよ・・・

しかも、玉入ってないし。

先生から笛が鳴ったらやめるように注意を受けてました。


保護者の競技は町内対決の綱引き。

娘の学校は4つの番地から通ってきていて、

それを仮に1番地、2番地、3番地、4番地としよう。

4つの番地を1、2番地と3、4番地の2つに分けて綱引きをするとのこと。


「1,2番地にお住まいの方はこちらに並んでください。3,4番地はこっちです。」


役員の方が先導してくれている。

多分・・・意味を理解しているだろう。

ダンナに「うちは3番地だからね」と念押しして送り出す。

ダンナ、やる気を出して列の一番先頭に仁王立ちして待っている。

結局うちの住む3,4番地は人数が足りなく、わたしも借り出されることになった。

先頭にいるダンナの横に並ぶと、隣の列で友達が手を振っている。

「ちょっと、ちょっと。3,4番地はこっちだよ。」

爆笑の渦

なんで意味も分からないのに、堂々と先頭にいるのよぉ~

何食わぬ顔でいるダンナを引っ張って、正しい列に並びなおす。

もうひとつの保護者競技の借り物競争にダンナは出たがったのですが、

これ以上天然っぷりを披露されても困るので出しませんでした。


「もっと走りたかった~」とダンナ。


これ以上勘弁してよ・・・と心で叫ぶわたし。



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。