2011-04-04

いざ!コンポンソムへ

テーマ:里帰り2011年

結婚式の翌日、コンポンソム(シアヌークビル)へ向かった。

khml一家にしては珍しくアクティブ!?

そうなの・・・

今回急遽カンボジアに行くことが決まったのだが、

行くならば国内旅行をするというのがわたしの絶対条件でした。

というのも、シェムリアップにいるとダラダラと何もせず過ぎてしまい、

最後はいつも飽きてしまいお腹一杯状態。

今回こそはそれを避けようと旅行することを決めたのだ。


行き先はダンナもわたしもそれぞれ候補があったのだが、

最終的には娘に合わせることで合意。

きれいな海とプール付きの宿があれば娘も満足するだろう。

結局は10年前にダンナと旅行したコンポンソムへ

再び行くことになった。


コンポンソムへは色々なバス会社がバスを走らせているのだが、

どこの会社でも良かったので友達に予約をお任せした。

今回お世話になったのはMekong Express。

バスは日本車というのが売り(?)ですが、

明らかに日本でお役御免になったバスだと分かる。

それでも、シートは広いし乗り心地には問題なし。



オークントムトム!カンボジア-オークントムトム!カンボジア


バスターミナル。

昔は野ざらしの広場が乗り場だったのが、今じゃこんな立派に。



オークントムトム!カンボジア-オークントムトム!カンボジア


バスには運転手さんのほか、スタッフが2名。

出発するとお手拭と水、そして軽食を配ってくれます。



オークントムトム!カンボジア-オークントムトム!カンボジア


ミートパイとカスタードクリームの入ったパン。


道がきれいになったため、

ものすごい速さですっ飛ばすバスが多い中、

こちらのバスは割りと安全運転。

1車線しかないのにどんどん追い越しかけてくるので、

正面衝突するんじゃないかとヒヤヒヤもの。

我々のバスを追い抜いて暴走していたバスが、

その後牛の群れを轢いていた・・・

事故が多いのも納得。



オークントムトム!カンボジア-オークントムトム!カンボジア


休憩はコンポントムで。

昔は休憩と言えばコンポンクディだったのだが、

今はもっと先のこの町で休憩になるようだ。

道が良くなったので距離がかせげる証拠。

パンが食べられないダンナにとって遅い朝食をとる。

これ以降休憩はなく、一気にプノンペンへ向かう。

7時半に出発して13時過ぎにプノンペンに到着。

ここでコンポンソム行きのバスに乗り換え。



オークントムトム!カンボジア-オークントムトム!カンボジア


どお考えても積載オーバーの車だって、

スピード上げてどんどん進みます。


ここまで順調に来ていたのだが・・・

突如わたしの具合が悪くなる。

何が原因か分からないが、お腹を下してピイピイ。

この後、プノンペン―シェムリアップ間より

ちょっとグレードのおちるバスで一路向かうのだが、

スピードも上がり体が上へ弾む回数が増える度、

わたしの容態もどんどん悪化。

途中休憩の場所では立っていられず座り込む始末。

日が落ちて道が真っ暗になり、ますます気分も落ち込む。

一方バス酔いを心配していた娘は元気一杯。

なんせ道は一本道なので、車酔いもしにくいのだろう。

途中キッズ向けの映画をバスの中で流してくれて、

楽しそうに観ていた。

腰がおかしくなりそうな矢先、

バスは予定時間をオーバーしてようやくコンポンソムへ。



オークントムトム!カンボジア-オークントムトム!カンボジア


コンポンソムでの最初のご馳走。

コンポンソムは海沿いの町なので、

シーフードをたらふく食べるというのも

この町に来た目的のひとつである。

エビ、イカ、カニとダンナの大好きな物ずくし。

一方ゲロゲロ状態のわたしは殆ど口にすることができず・・・


10時間ほどのバスの旅。

その後気絶するようにベットに倒れこむわたしであった・・・・


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2011-04-02

ゆる~い結婚式(3)

テーマ:里帰り2011年

2日目は早朝からスタート。

今日は娘も重要な役割を果たします。

フラワーガールとでも言うのでしょうか。



オークントムトム!カンボジア

新郎の後ろで傘をさしているのがブライダルメイト。

この方達もお色直しが多く大変そう。

疲れが見えるのかしょっちゅうあくびをしていた。

ここは家からちょっと離れた道端なのですが、

これから新婦のいる家へ楽団が先頭となり、

ぞろぞろと並んで向かいます。

皆手に果物などの贈り物を持っています。


ちなみに・・・娘が持たされた花は思いっきり造花。

しかも、ところどころ壊れてるし、やたらと重い。

言葉も分からないのに借り出され、

重いものを持たされた娘はちょっとご機嫌斜めです。



オークントムトム!カンボジア


それでも、写真撮影となるときめ顔でポーズ。


いろいろな儀式を終えると、ようやく披露宴。

美味しい料理やビールを囲み、お客さんも大盛り上がり。

最終的にはテーブルとイスを全部片付け、

ダンスフロアになります。

それも、延々と・・・・


ちなみに、披露宴中は花嫁花婿を含む親族はお客さんを迎えるのに

大忙し。

例え親でも各テーブルに料理やビールなどを運びます。

あくまでも披露宴は来てくれたお客さんが楽しむためのもの。

お腹がぐぅとなるのを抑えつつ、あたふたと動き回ります。


お客さんがダンスをしている頃にようやく親族だけで食事の時間。

姪っ子のダンナさん側の両親、兄妹とはこの2日間で随分と顔なじみになった気分。

もちろん、それ以外にも初めて会ったダンナの親戚一同とも、

この結婚式を通じて繋がったような気がした。

娘もさながら、わたしを気に入ってくれたダンナの叔母などは、

とにかくわたしの横にピッタリとくっついて離れようとしないのだ。

たいして言葉をかわせているわけではないのだが、

受け入れてくれているんだなぁと温かい気持ちになった。


それにしても・・・・親戚が多すぎ。

ダンナに「あの人は誰?」と聞くと、

「親戚だけど良く分からない」というお返事。

いとこの数も半端ない。

お年玉制度があったら大変なこったなぁ。。。。



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2011-04-02

ゆる~い結婚式(2)

テーマ:里帰り2011年

いろいろと細かな儀式があるのですが、

(新婦が新郎の足を洗ったりなどなど)

とりあえず印象に残ったものを書いてみます。



オークントムトム!カンボジア-オークントムトム!カンボジア


両家の親族が向かい合って並ぶなか、新婦の登場。

ちなみに結婚式で使われているイスがプラスチックのイスというのが

うちの両親的にはツボだそう。

慣れとは恐ろしい・・・全く違和感ありませんでした。



オークントムトム!カンボジア-オークントムトム!カンボジア


このお二方が司会進行(?)をしてくれます。

時折歌も歌っちゃうプロの方。

音楽も生演奏ですが、残念ながら画像がありません。

(ビデオを回しながらの写真撮影のため、てんやわんや)



オークントムトム!カンボジア-オークントムトム!カンボジア



式の途中で親族の方達から「それは違う」やら

「これはこうやりなさい」やら声がかかり

日本では考えられないほど中断されます。

このときも、新郎の座り方が違うと注意。



オークントムトム!カンボジア-オークントムトム!カンボジア


これは新郎と新婦の髪の毛を切る儀式。

新郎の両親、新婦の両親、それから親戚へとバトンタッチ。

もちろんわたしとダンナもしっかりとやらせてもらいました。

なんせ親戚も多いので、延々とこの髪切りマッチ(?)が続きます。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。