2011-04-04

いざ!コンポンソムへ

テーマ:里帰り2011年

結婚式の翌日、コンポンソム(シアヌークビル)へ向かった。

khml一家にしては珍しくアクティブ!?

そうなの・・・

今回急遽カンボジアに行くことが決まったのだが、

行くならば国内旅行をするというのがわたしの絶対条件でした。

というのも、シェムリアップにいるとダラダラと何もせず過ぎてしまい、

最後はいつも飽きてしまいお腹一杯状態。

今回こそはそれを避けようと旅行することを決めたのだ。


行き先はダンナもわたしもそれぞれ候補があったのだが、

最終的には娘に合わせることで合意。

きれいな海とプール付きの宿があれば娘も満足するだろう。

結局は10年前にダンナと旅行したコンポンソムへ

再び行くことになった。


コンポンソムへは色々なバス会社がバスを走らせているのだが、

どこの会社でも良かったので友達に予約をお任せした。

今回お世話になったのはMekong Express。

バスは日本車というのが売り(?)ですが、

明らかに日本でお役御免になったバスだと分かる。

それでも、シートは広いし乗り心地には問題なし。



オークントムトム!カンボジア-オークントムトム!カンボジア


バスターミナル。

昔は野ざらしの広場が乗り場だったのが、今じゃこんな立派に。



オークントムトム!カンボジア-オークントムトム!カンボジア


バスには運転手さんのほか、スタッフが2名。

出発するとお手拭と水、そして軽食を配ってくれます。



オークントムトム!カンボジア-オークントムトム!カンボジア


ミートパイとカスタードクリームの入ったパン。


道がきれいになったため、

ものすごい速さですっ飛ばすバスが多い中、

こちらのバスは割りと安全運転。

1車線しかないのにどんどん追い越しかけてくるので、

正面衝突するんじゃないかとヒヤヒヤもの。

我々のバスを追い抜いて暴走していたバスが、

その後牛の群れを轢いていた・・・

事故が多いのも納得。



オークントムトム!カンボジア-オークントムトム!カンボジア


休憩はコンポントムで。

昔は休憩と言えばコンポンクディだったのだが、

今はもっと先のこの町で休憩になるようだ。

道が良くなったので距離がかせげる証拠。

パンが食べられないダンナにとって遅い朝食をとる。

これ以降休憩はなく、一気にプノンペンへ向かう。

7時半に出発して13時過ぎにプノンペンに到着。

ここでコンポンソム行きのバスに乗り換え。



オークントムトム!カンボジア-オークントムトム!カンボジア


どお考えても積載オーバーの車だって、

スピード上げてどんどん進みます。


ここまで順調に来ていたのだが・・・

突如わたしの具合が悪くなる。

何が原因か分からないが、お腹を下してピイピイ。

この後、プノンペン―シェムリアップ間より

ちょっとグレードのおちるバスで一路向かうのだが、

スピードも上がり体が上へ弾む回数が増える度、

わたしの容態もどんどん悪化。

途中休憩の場所では立っていられず座り込む始末。

日が落ちて道が真っ暗になり、ますます気分も落ち込む。

一方バス酔いを心配していた娘は元気一杯。

なんせ道は一本道なので、車酔いもしにくいのだろう。

途中キッズ向けの映画をバスの中で流してくれて、

楽しそうに観ていた。

腰がおかしくなりそうな矢先、

バスは予定時間をオーバーしてようやくコンポンソムへ。



オークントムトム!カンボジア-オークントムトム!カンボジア


コンポンソムでの最初のご馳走。

コンポンソムは海沿いの町なので、

シーフードをたらふく食べるというのも

この町に来た目的のひとつである。

エビ、イカ、カニとダンナの大好きな物ずくし。

一方ゲロゲロ状態のわたしは殆ど口にすることができず・・・


10時間ほどのバスの旅。

その後気絶するようにベットに倒れこむわたしであった・・・・


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

khmlさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。