ひきこもり支援相談士認定協議会のブログ

ひきこもり支援相談士認定協議会 理事長のブログです。


テーマ:

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

 

北海道では桜の季節がやってまいりました。
北海道では花見の際、桜の木の下でバーベキューをするのが主流です。

 

暖かい季節にはなりましたが、皆様是非お体に気を付けてお過ごしになってほしいと思います。

 

さて今回は、以前にも書かせて頂いた、ひきこもり支援をうたう悪徳業者について、今回も書かせて頂きたいと思います。

 

現在、ひきこもりの方の移送サービスが増加しています。病院や施設への移送です。


ですが、ご本人の同意、意思決定が無いまま、無理矢理移送している業者がいることも事実です。


さらには、1回の移送サービスで300万円や500万円といった多額な請求が来たという話が後を絶ちません。


当協議会にも、そのような連絡が来ているのも事実です。

 

当協議会と致しましては、ご本人の同意、自己の意思決定を最優先し、ご本人の意思に基づき、サポートを行って頂きたいと思っておりますので、ひきこもり支援相談士、不登校訪問専門員の皆様にはぜひ、そうした心構えをもって、お取り組み頂きたく思います。

 

このような悪徳なサービスが無くなるよう、今後も健全化を図って参りますので、今後とも、ご支援を宜しくお願い致します。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

文部科学省は、道徳の授業でのいじめ防止教育を充実させるため、各地で実際に発生した事例や授業での実践例などをまとめた教材集を作成します。

 

子どもたちが書き込んで議論できる教材も作り、今年度中に同省ホームページ上に設置する「アーカイブセンター」から教員が自由に活用できるようにもなります。

 

昨年11月16日の衆議院文部科学委員会で、松野文部科学相は、「なぜいじめが起こるのか、なぜいけないとわかっていても止められないのかなどについて、自分のこととして考えることが大切だ」と話し、翌々日18日の閣議後記者会見では、道徳教育を通じて、子どもたちにいじめを考えてもらい、いじめ防止につなげようと学校関係者に呼びかける「大臣メッセージ」も公表されました。

 

教科化を待たずにできるところからいじめに関して考え、議論する授業を展開してほしいと、松野文部科学相も訴えていらっしゃいますので、少しでも実現につながればと思います。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

40代、50代の中年世代の方々が、様々な事由により無職となり、「無職中年」となり、今、大きな社会問題となっています。

 

また、定年退職後、老後に破産し、経済面を理由に、ひきこもりの高齢者が増加する傾向が高まり、無職中年と同様に、大きな社会問題となってきました。

 

こうしたことを理由に今、ひきこもり問題の状況も多様化し、【高齢者のひきこもり】が顕著に表れてきました。

 

さらには、ひきこもり問題が起因し、高齢者が薬物やアルコールにはしり、高齢者のアルコール中毒者や薬物中毒者も、増加の一途をたどっております。

 

単に、ひきこもり問題として捉えるだけでなく、ひきこもり状況に陥ってしまったことを受けて、さらなる社会問題に発展している現状もございますので、我が国が抱える社会問題について、状況をしっかりと受け止め、改善に向かって、取り組んでいけたらと思います。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。