朝鮮問題深掘りすると?

初老の徳さんが考える朝鮮半島関係報道の歪み、評論家、報道人の勉強不足を叱咤し、ステレオタイプを斬る。


テーマ:

金正日国防委員長の長男である金正男氏が「天安艦は北朝鮮の必要によって起きたもの」と語ったという韓国の日刊紙朝鮮日報の報道がまったくのでっち上げであったことがはっきりしました。


韓国の3大紙の一つである朝鮮日報が17日、一面トップで報じたスクープですが、これによると「北朝鮮の立場からすれば西海5島が交戦地域だというイメージを強調する必要がある」「そうしてこそ核、先軍政治も全て正当性を得られる」と金正男紙が語ったというのがその内容です。管理人もその記事を読んでとんでもない嘘を書くものだと思っていたのですが、それが実際にでっち上げで,記者が,いや新聞社ぐるみで作り上げた嘘八百であることが明々白々と暴露されたのです。


朝鮮日報はこの発言が東京新聞の五味洋治編集委員と金正男紙のEメールによるインタビューで出たものだと言っています。朝鮮日報はその対話録を手に入れたとも言っています。ところが韓国の別の言論機関(ソウル新聞)が五味紙にインタビューしたのに寄れば、「金正男紙は天安艦と関連したことは一切発言しておらず、出版されたその対話録のなかでもそうした発言は一切出ていない。朝鮮日報がなぜそのような報道をしたのか理解できない」と発言「朝鮮日報に釈明を求める」としています。


五味氏はすでに出版されている対話録があるのに、朝鮮日報がなぜそのようなデッチアゲを行ったのか理解に苦しんでいるようです。管理人に言わせれば五味氏が理解に苦しんでいるのは,新聞社の編集委員であるはずの彼が、いまだに韓国の言論状況に無理解である事を意味していると言うほかありません。

彼はなぜ韓国で中央3氏が「朝中東」と蔑まれ,「チラシ」と呼ばれておりほとんど言論扱いされていないことをわかっていないのです。とくに朝鮮日報はイエロージャーナリズムの大御所で謀略記事を作り出すのに長けたチラシ大賞です。ついでに言えば産経新聞とは刎頸の友、いや同病相憐れむの関係にあるのは周知のことです。


そこで管理人は日本の中央5紙のネット版を調べたのですが,朝鮮日報のこのスクープ記事は報道していませんでした。日本語で出版されているので即刻でっち上げがバレル恐れが多分にあったからでしょう。仮にその対話録が英文出版されていたとしたら「スワッ!スクープだ!」と産経はもとより読売、毎日当たりは喜んでスクープとして「朝鮮日報が」という但し書きの上で報道しただろうと管理人は勝手に思っています。産経は間違いなく100%報道したでしょう。とくに黒田記者なら報道したに違いないと思っています。


しかし残念ながら対話録は日本語ですでに出版されているので、やりたくても出来なかったと見た方が正解に近いのではないでしょうか。


韓国の「朝中東」3紙の報道はこのように危険きわまりないものです。とくに朝鮮に関する記事はそうです。よく脱北者の「証言」なるものが日本の新聞を賑わしますが、すでにそれらの情報が日本の新聞社やTV局が脱北者らに金を提供して作り上げていたことが具体的事例を挙げて暴露されています。韓国ではそれらがネット新聞などで報道されましたが、日本のマスコミは自分のしたことが恥ずかしいのか(実際に恥ずかしいという思いがあればまだ救えるのですが)知らぬぞんぜぬを決め込んでいます。


例えば事例が少し違うのですが、拉致問題と関連して様々なスクープを提供して日本のマスコミを賑わした安明進という人物がいますが、彼が自分の言ってきたことの大半は嘘で日本の国会での証言も偽証だったとテレ朝の番組で白状したのですが、(そのビデオは撮ってあります。)彼の偽証が明らかにもかかわらず,報道は彼の偽証に則ったそれまでの報道について何一つ検証しようともせず,酷いのは未だに彼の証言にしたがった記事がせっせと作られているという驚くべき事実を上げられます。まったく自浄能力を失っている証拠です。


こうした事実は自分で取材をするのを嫌がり、他人の作り上げたものをいただくことが癖になっている日本の朝鮮報道が、どれだけ日本のマスコミを蝕んでおり、国民の意識を歪めているのかをじっくり考える良い機会になったと思います。もっとも、そうした教訓をどれだけの記者が真剣に受け止めているのかは疑わしいばかりですが。


いずれにせよ今回は日本のマスコミもデッチアゲに乗せられずに良かったと思っています。
今朝鮮は韓国のマスコミに強い警告を送っています。ただの警告ではなく清算させるとまで言っています。その「清算」の具体的内容は定かではありませんが、仮にそのような警告が日本のマスコミに対して発せられた場合に取られるであろう措置についてなら、管理人の想像を語ることは出来ます。


例えば中国は日中国交正常化から20年後に初めて産経の中国駐在を許容しましたが、その例にならえば産経と読売新聞は新聞社の存在する期間,一切の朝鮮取材を許可せず、他の新聞社に対して産経・読売への情報提供を禁じさせるのを条件として平壌駐在を許可する、TV映像に関してはフジ・産経TV,よみうりテレビへの提供あるいは使用許諾の禁止を条件とする、これに違反した場合、今後の一切の取材撮影は許可しないばかりか支局の閉鎖もあり得ると言った内容が考えられます。もちろん旅行者に対してもこれに準じた規制があり得るという内容がそれです。いささか過酷な内容ですが,これくらいしなければ長年にわたってつちかってきた,その悪癖を正すことは出来ないでしょう。


むろん日本のマスコミの悪癖は朝鮮報道に限られたものではありません。何しろフクシマにさえ日本の中央紙やTVの本社記者は言っておらず,フリーランサーや下請けばかりを使っていたのですから。しかも日本のマスコミは全ての面でアメリカオールインで、アメリカのバイアスのかかった報道ばかりです。イラン問題、ロシアでのデモ、イラクやシリア問題でも独自の見方や独自の取材はほとんど無く,独自の取材が行われてもその取り扱い方はアメリカのバイアスのかかったものです。


事実を正面から見据えない日本のマスコミのためにほとんどの日本国民も、アメリカのバイアスのかかった眼で世界を理解しようと、無駄な時間と労力を使っている事を思えば、仮に朝鮮が、管理人が勝手に想像するような措置を取ったとしても,それは返って日本国民に真実をありのままに知らせてくれるという意味で歓迎すべき事だと思うのですが,いかがでしょうか。管理人が朝鮮と関連のある組織の人間であれば,そうしたことを朝鮮当局に積極的に進言したいとさえ思ってしまいます。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

10日、また「北南砲撃戦」の騒がしいニュースが流れました。多くの人が「まさか?」と、去年の延坪島砲撃戦を思い浮かべたでしょう。日本のマスメディアは、それぞれ「専門家」なる人々を寄せ集めては、知ったような解説まで付けて騒ぎました。


もちろんすぐに朝鮮側が、干拓地建設のための発破作業音を韓国軍部がわざと砲撃にでっち上げたと真相を明かしましたが、駐韓米軍も一緒になって騒いでいるので、アメリカ信仰で頭が固まっているマスコミ人(報道の売り子=キャスター)や「評論家」、「専門家」諸氏には朝鮮側が発表した真相を信じようとしないで、未だに「北が砲撃を行った」と思っている人々も少なくないようです。


朝鮮労働党の機関誌「労働新聞」(インターネット版13日付け)が、真相を良く教えてくれます。同紙は3本の記事を載せて、当時発破作業に参加した労働者らのインタビュー記事、12日の作業の様子、発破作業であったことを示す現場の写真などを紹介し、真相を明らかにしています。


写真も付いているのですが、HPの記事と写真はコピペ出来ないようで、残念ながら写真を紹介することが出来ません。


興味のある方はこちらへ⇒http://www.rodong.rep.kp/view.php?tno=5&gno=5

             http://www.rodong.rep.kp/view.php?tno=5&gno=4
             http://www.rodong.rep.kp/view.php?tno=5&gno=3


それによると、朝鮮でリョンメ島の干拓地建設を本格的に始まったのは去年の12月24日でした。12月末に人民軍の該当部門を通じて毎日12時から14時までと、17時から19時までの間に、二回にわたって発破作業が行われることを韓国側に通知しており、1月はじめから7ヶ月近く毎日、発破作業を続けてきたと言います。


通告してあったのですからこの間、韓国側の反応はまったくなかったですが、10日になってなぜか急にこの発破作業を砲撃「挑発」だと騒ぎだしたのです。


発破作業で火薬を設置するための穴を作る削岩作業を行っていたシン・グミル削岩工(23歳)は「(韓国側から砲撃のあった)10日にも私は数十カ所の発破口を掘った。ところがわれわれが発破を行ってからいくらも経たない、午後2時40分頃に韓国側から砲撃の音が聞こえた。そのときは相変わらずの分別のない砲射撃訓練をしているのかと思ったが、後になって我々の発破作業を人民軍の砲射撃『挑発』だとでっち上げているのが判った。…実に情けなく、幼稚な連中だ」と怒ると同時にあきれかえっています。


やはり発破工のチョン・ソンリョン氏は「ここでの発破時間は固定している。南側にもすでに通知済みだ。工事が始まってから私は毎日、間違いなくその時間に発破を行ってきた。10日にも私が直接仕掛け、午後1時と夕方の7時に各7回ずつ発破を行った。そして計画通りの張石(堤防の表を保護するために被い敷く石)を採取した。最初の発破から2時間ほどして、延坪島方向から砲撃の音が3度聞こえた。私は除隊軍人で発破作業などもよくやった。なので砲弾が撃たれたときと発破の違いがよく分かる。発破は一度爆発すれば終わりだが、砲の場合は、最初に砲弾が砲身から発射されながら出す音と、砲弾が落ちて爆発するときと違う音が2度なる。ところが戦端監視装備を持つという連中が、発破の音と砲撃の音を区別することも出来ず、発破を砲射撃『挑発』だというのだから実にばかげた話だ。言いがかりも甚だしく、挑発の謀略もあまりにも稚拙だ。」


怒りを越えて呆れ、嘲笑するにも幼稚すぎる行為に笑うしかありません。


しかし、時期が時期だけに笑って過ごせる話でもありません。問題は韓国側がこの微妙な時期に意図的に事件をでっち上げ、嘘をついたと言うことにあります。南北関係がようやく対話の道を歩もうとしているときに、それを嫌がり反対する反北右翼軍部勢力が再度、何かを仕掛けようとしていると言うことです。そしてそのねつ造、大嘘に日本のマスメディアが積極的に乗っかってそれを拡大しているのです。


もっとも米国務省は、またもずる賢さを発揮しました。ビクトリア ヌルロンド国務省スポークスマンは10日定例ブリーフィングで、関連北朝鮮の砲射撃に対する質問に対して、非難論評はしないまま3回も'“状況はすでに終わった(The incident is now over)”と繰り返しながら対話必要性を繰り返し、繰り返し強調しました。


米軍は知っていたのでしょう。だが、それを隠し韓国だけに強硬姿勢を取らせて、自分は韓国軍をせせら笑いながら明後日の方を向いている。何時ものことです。だが、日本ではどうでしたでしょうか。


たとえばこの事件、日本の新聞は次のように伝えました。「韓国軍などによると、朝鮮半島西側の黄海で10日午後1時ごろと午後8時前の2度にわたり、北朝鮮軍が海上の軍事境界線にあたる北方限界線(NLL)に向けて砲撃し、韓国軍も応射した。NLL付近に向けた砲撃は、昨年11月の韓国・大延坪島(テヨンピョンド)への砲撃以来。」「北朝鮮軍は、16日から韓国で始まる米韓合同軍事演習の中止を求めていた。砲撃は米韓両軍を牽制(けんせい)すると同時に、核問題をめぐる6者協議の再開に向けた動きが始まるなか、強硬派の軍が自らの存在をアピールした可能性もある。」


これは朝日新聞の記事ですが、朝日でさえこうですから他紙は言うまでもありません。この記事の問題点は後半の判断が前半の報道、つまり韓国軍の情報を真実だと認めた上での判断になっていることです。しかし前提が間違っていたので当然、後半の判断も間違っています。


日本の対朝鮮報道は全てこの調子です。しかも間違った報道をしてもそれまでで、謝罪や訂正をした形跡などまるでありません。「評論家」「専門家」そして知ったかぶりの「キャスター」らが、自分の発言を是正したり、謝罪した姿など見たことがありません。報道陣、「専門家」「評論家」としての良心の欠片さえも見ることができないのです。


朝鮮の「若い大将」と呼ばれる金正恩氏の写真を巡る馬鹿げた騒動がそれを良く見せてくれます。ところが他人の写真を勝手に載せて誤報を出した新聞社やTV局が、お詫びと訂正の記事を載せたという話は聞いたことがありません。日本の諺に「旅の恥はかきすて」と言うのがありますが、新聞やTV報道が「報道の嘘は書き捨て(あるいは言い捨て)」では話にもなりません。やはり一度、潰れた方が良いのではないでしょうか?

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

イギリスのメディア王ルパート・マードックが19日、イギリス下院注文会に出席し、自身の所有するニュースコーポレーションの系列社である「ニュース・オブ・ザ・ワールド」のハッキング事件について「誰が指示したかは知らない。同僚に裏切られたし、ハッキングを隠蔽し用とした事について何も知らなかった」と自分に責任はないとしらを切りました。


彼は自分は5万3千人の職員を持っており、ハッキング事件を引き起こしたニュース・オブ・ザ・ワールドはそのうちの1%に過ぎ図、自分二は本質的に責任はないと曰ったわけです。そして「では誰が責任を取るのか」という質問に対しては「私が信頼した人々と多分彼らが信頼した人々」だと言ってのけました。


あきれて物が言えません。言論に携わる者の言う言葉ではありません。言論が腐っていくわけです。
ところで、韓国でも同じような酷い事件が起こっています。起こっているというのはまだ、真相究明の過程にあるからです。


その事件というのは先月23日に国会内の民主党代表室で行われた、最高委員と文化・放送委員らの非公開会合の内容が、誰かによって助詞の一つも違わずにハンナラ党に伝えられ、それをハンナラ党のハン・ソンギョ議員が記者らの前で読んだという事件です。


朝鮮問題深掘りすると? 助詞の一つも間違えずに正確に伝えられていたことから民主党は早速、盗聴されたとして警察に捜査を依頼し、警察はKBSの政治部記者を家宅捜索しましたが、この記者のノート・パソコン、携帯電話はすでに新しい物に変えてあったと言います。


公党のしかも国会内の野党代表の部屋での会議の内容が、そのまま盗聴されたという事だけでも大変な事件です。さらにその内容がそのまま与党議員の手に渡されたと言うのですから、まさに組織的な盗聴が国会内で行われるという一大事です。


ハン・ソンギョ議員は民主党の会談発言録は民主党から出たとの一言を残して、国会議長と共にヨーロッパ出張に出ました。警察は出頭を要請しましたが、国会議員の身分であるハンが素直に出頭するはずもありません。


KBSに容疑がかかったのは当初公開で開いていた会合が途中で非公開になり全ての記者が部屋から出たときに,KBSの記者が自分の携帯電話をそのまま置いてきたことが分かったからです。目撃者がいました。


国会に出入りする各社の政治部記者を対象にした調査ではほとんどの記者がKBSの盗聴だと見ていますが、11日、KBSの政治部は「最近論議されている問題に関するKBS政治部の立場」を出して「第3者の助けを借りて内容を把握した」「第3者」については「取材源の保護」のために明かすことは出来ないと言い訳ならぬ言い訳を必死でしています。


しかしどう考えてもおかしな話です。KBSは広報部の名で30日に発表した「公式立場」で「民主党が主張したような盗聴行為をしたことはない」と言っています。しかし「第3者」が民主党でないことははっきりしています。警察も捜査の結果民主党と関連するものはないとはっきりと言っています。民主党が内容を漏洩したとしてもそれは報道用であり、世論を良好に保つために意図的にするはずです。助詞一つ間違えずに討議内容を全て公開する必要などありません。


第1に、なぜ「政治部記者の立場」なのでしょう。KBSの基本的立場を明らかにする社の声明であってはならないのでしょうか。


第2に、第1の点とも関連しますが、社としてこの問題に深く立ち入らないように用心しているのはなぜでしょうか?


第3に、「民主党の言っているような,いわゆる盗聴はなかった」という言葉は何を意味しているのでしょうか?民主党の行っているような盗聴=盗聴器の設置はなかったが,他の方法で最高会議の録取はしたとでも言うのでしょうか?


第4に、キム・インギュ社長の「壁伝いの取材を通じた資料の獲得は慣行だ」と言う言葉は間接的に認めたことにならないのでしょうか?「壁伝い」とはいわゆる壁に耳あり、と言うことですが、現代の言葉で言えばまさに盗聴です。


第5に、先月27日にハンナラ党院内代弁人だったアン・ヨンファン議員がKBS政治部の記者20人が酒の席を共にしているが、そこには盗聴したと目されるチャン某記者も参加していたのであり、かれがノート・パソコンと携帯電話を紛失した日はこの日だったが、それは偶然なのでしょうか?


第6に、休暇中を理由に調査に応じなかったハン議員の秘書官が8日、国会議員会館の事務室から書類を持ち出す姿が警察によって目撃されているが,証拠を隠滅しようとしたのではなかったのでしょうか?この日警察は主犯とされているチャン某記者の家宅捜索を終え、3,4時間後に議員会館のハン議員の事務室を訪れたが、そこで直接目撃しています。もっとも捜索令状を取っていなかったので、現場保存措置を取ることは出来ませんでした。


疑問点はまだまだありますが、今回はこの辺で終わることにします。


マードックは自分とは一切関係がないとしらを切っていますが、KBSは必死に抵抗しています。しかし「ニュース・オブ・ザ・ワールド」のハッキングを内部告発した記者は翌日死亡をしました。警察は他殺ではないとみているようですが死因は謎です。


KBSのチャン某記者は出てきません。KBSは会社ぐるみで抵抗しています。しかし最近の韓国の大手マスコミの痴態を見ていると、KBSがハンナラ党と組んで盗聴したのは間違いないと思われます。


KBSの姿を見ているとやはり日本のTVメディアの姿がダブってきます。盗聴もやらせも罪の深さでは同じだと思います。盗聴は盗むことで,やらせはねつ造です。日本ではやらせが圧倒的に多いと言えるでしょう。


いずれ日本でも同じようなことが起こるのではないかと心配になってきます。視聴者はやらせに無関心になっており、制作側は当たり前のような感覚に陥っているのですから。いずれ盗聴もするようになるのではないでしょうか。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。